エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌
  4. 市販のハイドロキノンを使って美白治療をしてみよう

市販のハイドロキノンを使って美白治療をしてみよう

美肌
  1,300 Views
ハイドロキノンを使ってアンチエイジング

みなさんはハイドロキノンの効果を知っていますか?
若いときは肌が黒いほうが体が引き締まって見えるからと、とにかく日焼けをしていたかた。最近顔のシミが気になりだしていませんか?

あの時しっかり美白しておけばよかったと、後悔をしていても何も始まりません。
ハイドロキノンはそんなあなたの悩みを解決してくれます。
他に、顔以外のシミや色素沈着が気になる方にもおすすめですよ♪

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンについて疑問をもつ女性

シミや色素沈着に効果的なハイドロキノンという言葉は聞いたことがあるけど、実際どんなものか知らないというかたが多いと思います。

ハイドロキノンの特徴や役割は?

私たちの肌は紫外線や刺激を外部から受けると、肌を守るために活性酸素がメラノサイトに働きかけ、メラニン色素を作るよう指示します。

指示を受けたメラノサイトは、肌の中でチロシナーゼという酵素を働かせ、チロシンを酸化させることでメラニン色素を作ります。

メラニン

メラニン色素が作られ続けると、肌表面には日焼けやシミとなって表れ、ターンオーバーの遅れとともに肌に定着してしまいます。

ハイドロキノンはシミの元となるメラニン色素の発生を抑制してくれるだけでなく、メラニン色素を作る細胞のメラノサイト自体を減少させてくれる働きを持つ成分です。

肌の漂白剤としても知られるハイドロキノンは、アメリカでは美白化粧品として長い歴史があります。

日本では2001年の薬事法の規制緩和まで使用が禁止されていたため、まだまだこれから化粧品として発展していく成分となります。

美白

 

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの効果はズバリその高い美白効果です。

メラニン色素やメラノサイトに直接アプローチすることが出来るので、すでに出来てしまったシミや色素沈着にも効果があると期待できます。

他の美容成分はシミが出来るのを予防するための美容成分が多いですが、ハイドロキノンはすでに出来てしまったシミや色素沈着が気になってからアプローチ出来るというのが最大のメリットです。

肌のハリ

ハイドロキノンを一言で表すと、「肌の漂白剤」です。ハイドロキノンがなぜ肌の漂白剤と呼ばれるのかというと、メラニン色素を作り出す、チロシナーゼを抑制し、メラノサイトを減少させるからです。

メラニン色素は、シミや色素沈着の原因でもあります。

なので、ハイドロキノンをシミや色素沈着しているお肌に塗ると、段々色が薄くなっていきます。また、同時にシミや色素沈着を予防してくれます。

ビタミンCやプラセンタなども美白効果がありますが、ハイドロキノンが他の成分より優れている部分は、既に出来てしまっているシミや色素沈着に、大きな効果があると考えられているところです。

ハイドロキノンはどのくらいで効果がでる?

ハイドロキノンを塗布した肌は非常に紫外線に対して弱くなっています。

ハイドロキノンを使用するのは夜だけにして、夜間ハイドロキノンの利用を継続している間は日中も日焼け止め対策を徹底しましょう。

日焼け止めが徹底出来ていないと逆にシミの原因になってしまうので注意が必要です。

UVケア

徹底した日焼け止め管理の元ハイドロキノンをコンスタントに使い続けることが出来れば、薄いシミであれば2週間くらいで効果がではじめます。濃いシミに対しても効果が認められており、1カ月程度使用するとシミが薄くなってくるのが実感できます。

ハイドロキノンはメラノサイトやメラニン色素にアプローチが可能ですが、ハイドロキノンだけの力ではなく、肌のターンオーバーとともに改善していくものです。

20代では28日前後と言われている肌の生まれ変わりのサイクルを意識して使用を継続し様子をみましょう。

ハイドロキノン使用時の濃度は濃くても4パーセントから5パーセントとされています。

しかし一般的に安全に使用できる濃度は1パーセントから3パーセントです。
濃度を下げた分即効性は下がりますが、そもそも働きの強い成分なので安全性が高まります。

敏感肌の人やパッチテストで赤みが発生したり刺激を感じた場合は最大限に濃度を下げて使用を開始しましょう。

バリア機能

 

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの効果を知り、使ってみたい!と感じているかたに注意していただきたいことがあります。それは、ハイドロキノンには副作用があるということです。

間違った使用方法や過度な量を使用してしまうと、肌の一部だけが白くなる白斑が顔に出来てしまう肌トラブルを起こす可能性があります。 また肌が敏感なかたは、あかくかぶれてアレルギー症状が出てしまったり、かゆみが生じることもあります。

ハイドロキノンは他の成分より、美白効果がはるかに優れている分リスクを伴います。
ハイドロキノンを使用した治療をする場合は、専門医のいる美容皮膚科で診療してもらうと安心・安全です。

ハイドロキノンとヒルドイドの違い

保湿効果に優れるヒルロイドの主成分は、ヘパリノイドと言われるヘパリンに類似した物質になります。

化粧水や美容液と違い、主な働きは保湿です。

保湿

乾燥による血行不良やしもやけなどの改善効果も認められており、体全体の肌乾燥に対して使用することが出来ます。

肌表面の血行改善作用は、傷痕をキレイにすることもできるので傷跡をキレイに消す薬として処方されることもあります。

一方ハイドロキノンは保湿効果はなく、漂白効果が主になります。
アンチエイジングの方法としてどちらも使用されますが、その作用は全く異なります。

ハイドロキノンとトレチノインの違い

ハイドロキノンもトレチノインも美白に効果が高い化粧品成分となります。

ハイドロキノンが直接メラニン色素やメラノサイトにアプローチ出来るのに対して、トレチノインは肌に栄養分を与えて肌のターンオーバーを促進してくれます。

真皮

作用する対象がどちらも異なるので、同時に使用することでさらに高い美白効果を期待することが出来ます。

トレチノイン・ハイドロキノン治療とは

皮膚科で処方されるトレチノインとハイドロキノンクリームを利用した在宅治療法です。

市販の基礎化粧品に含まれる濃度よりも高濃度の成分のものを使用することでより高い肌改善効果が得られます。

治療方法は洗顔後、普段利用している自分の基礎化粧品で肌を整え、その上からシミの部分のみにトレチノインを塗布します。

クリーム

綿棒などでシミの部分以外にトレチノインがはみ出さないように塗るのがコツです。

トレチノインが十分に乾いたらハイドロキノンをその上からカバーするように塗り広げます。

効能が強いので使用開始から1から2週間で塗布した部分が赤くなったり、刺激を感じることがあります。
肌が乾燥してボロボロになることもありますが、この過程を通り超えてシミがはがれていくのです。

短期間で日焼けによるシミの日光性色素班やニキビや肌荒れの跡に出来るシミの炎症性色素沈着、そばかすなどには高い効果が期待されています。

ニキビ

同じメラニン色素によるものでもほくろはとることが出来ません。目の周りや口の周りなど、粘膜に近い部分も適応外になるので使用方法には注意が必要です。

医療機関に受診して処方してもらう薬になるので、ジェルやクリーム代だけではなく初診料、カウンセリング料、診察料、技術料など病院によりさまざまな料金がかかってきます。

またほとんどの場合保険適応外となるため、クリームも2,000円から5,000円と比較的高額になります。

人前に出るのに抵抗を感じるくらい肌が一時的に荒れることがあるので、長期休みなどを上手く利用して試してみるといいでしょう。

クリニック

市販でも買えるハイドロキノン

ハイドロキノンは、ドラッグストアで手軽に購入が可能です。一般的に漂白剤と聞くと、洗濯のときに使用する漂白剤をイメージしますよね。

 

手袋をしながら使用しなければいけないくらい強力な印象がある漂白剤を、セルフケアで使用していいの?と疑問に思うかもしれませんが、使用方法や使用量をしっかり守れば、最強の美白化粧品となります。

「ハイドロキノン化粧水の作り方」
用意するもの
・ハイドロキノン…1g
・精製水もしくはハーブ水…50ml
・クエン酸…0.5g
・グリセリン…小さじ1杯
①まず精製水を清潔な容器に入れる。
②そこにハイドロキノンとクエン酸を加えて溶かします。
③さらにグリセリンを加えて混ぜ合わせます。※今回ご紹介しているのはハイドロキノンの比率は2%です。
※日本で使用できるのは、5%までです。

使用方法と注意点

point1パッチテストを実施
まずは必ず行って頂きたいのが、パッチテストです。
絆創膏に作ったハイドロキノン化粧水を、二の腕などの皮膚の薄い部分に貼り付け、24時間そのまま放置してください。
赤くなったり、アレルギー反応など、異常がなければ問題ないかと思います。

point2洗顔後に使用する
ハイドロキノン化粧水は、使いすぎるのは良くないです。
使用は、洗顔後にいつも化粧水を塗るタイミングで、ハイドロキノン化粧水をを綿棒等で塗布します。
ハイドロキノンを使用したお肌は、紫外線に対して、とても弱くなるという副作用がありますので、夜の洗顔後のみに使用したほうが良いです。

point3外出前に使用する場合は紫外線対策をしっかりとする
ハイドロキノンを使用したお肌は、紫外線に対してとても弱いです。
紫外線の対策をしないと、益々シミや色素沈着が出来てしまう可能性があります。
今日は曇りだから大丈夫と、日焼け止めを塗らずに外出してしまうと取り返しのつかないことになりますので、絶対に紫外線対策をしましょう。

point4顔全体に使用はNGです。
顔全体に塗ってしまうと、白斑になる危険性がありますので、シミが気になるポイントにのみ塗布してください。
また、厚塗りしてしまうと刺激が強すぎて、炎症を起こす可能性があります。薄塗りを心がけましょう。
敏感肌の人や、肌が弱いかたは化粧水の濃度を低くしてください。

point5冷蔵庫保存が最適
ハイドロキノンは、酸化が進むのが早いため長期間外に放置すると、すぐに劣化してしまいますので、必ず25度以下で保存してください。

point6妊娠中は使用NG
妊娠中や授乳中のかたは、使用することはできません。赤ちゃんに影響を与える可能性がありますので、使用しないでください。

肌が弱く、敏感肌のためハイドロキノン化粧水を使うのが恐いかたは、医師の指示を受けるのが、安心安全です。人によっては、副作用が出やすく、肌が真っ赤になったり取り返しのつかない肌トラブルを引き起こす場合もあります。
また、濃度の高い薬を使用する場合も、皮膚科の医師に指示を受けるのが適切です。

 

トレチノインも一緒に使ってみよう

ハイドロキノンと一緒に使うと良いをおすすめする女性

ハイドロキノンのほかに、トレチノインという成分も、美白に効果的な成分です。

その他にトレチノインの効果は、皮脂の過剰分泌を抑えて、肌の角質をはがしてくれます。
また、みずみずしいお肌に必要なコラーゲンを肌に内部で増やしてくれます。

より若々しい美白肌を持続させるために、ハイドロキノン化粧水の前に、トレチノインを塗布するのもひとつの手ですね。

ハイドロキノンの効果的な使い方は?

ハイドロキノンはとても効果の強い成分なので、直接顔に試す前にまず他の部位でパッチテストを行うことをおすすめします。

パッチテスト

二の腕の内側など、肌の柔らかい部分に小さいパール大くらいを塗り、その上から絆創膏やガーゼなどでクリームがはがれないようにカバーします。

丸1日程度放置して、赤みやかゆみなどの肌トラブルが発生しないか確認してみて下さい。

もちろん何か異常が起こった場合はすぐにパッチテストを中止して、水で洗い流して様子を見て下さい。
肌荒れが治らない場合はそのまま放置せず、医師の診察を受けましょう。

医師

パッチテストで特に問題がなかった場合は、顔のシミや色素沈着が気になる部分に塗布します。
顔全体に塗ることは白斑という部分的に白い部分を作ってしまう色むらの原因になってしまうので避けましょう。
シミや色素沈着が気になる部分に綿棒などで薄く塗ります。
厚塗りも刺激が強すぎるので控えましょう。

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分で、常温で長時間放置すると成分が成分が劣化してしまいます。
25°以下の冷暗所に保管し、開封から1カ月以内に使い切るようにしましょう。使い切れない場合も新しいものに買いなおすなど、使い続けない方がいいですね。

妊娠中

妊娠中や授乳中の人もハイドロキノンの使用は禁忌です。
子どもに影響を与える恐れがあるので使用は中止してください。

敏感肌の人も、医師に相談するなど対策をとってから使用を開始することをおすすめします。副作用が出やすいので使用前に十分注意してくださいね。

毛穴ケアエステ

毛穴エステのおすすめランキング!口コミ体験と効果は?

毛穴の汚れやたるみ 女性にとって毎日のお化粧や加齢によるコラーゲンの減少などで、 年々黒ズミや肌のたるみはあり […]

コメントなし

毛穴に効く化粧品ランキング!毛穴開きに引き締め効果のあるプチプラ商品!

「毛穴の黒ズミが気になる」 「毛穴を引き締めたい」 など毛穴ケアを気にする方はとても多いです。 しかし毛穴の改 […]

コメントなし
美白化粧品

シミに効く美白化粧品ランキング|効果が高いおすすめプチプラ化粧品!

あれっこんなところにシミが と感じた女性も多いのではないでしょうか 30歳前後になると気になるのがシミですね。 […]

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
フェイシャルエステランキング

フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!

「毛穴が気になる」 「しわやシミが気になる」 「ニキビができてきた」 など顔の悩みが深くなってきた際に気になる […]

コメントなし
年齢肌を感じさせない女性

乾燥肌の原因と症状は?年齢肌対策のおすすめ化粧品ランキング!

女性なら誰しも一度は通ると思われる年齢肌。 スキンケアは毎日して乾燥対策のために保湿をたくさんしているのに、な […]

コメントなし
しわ

ゴルゴラインを消す方法!原因は加齢しわ?パソコンのみすぎ?

ゴルゴラインがあると険しい顔つきになって、ガクンと老けて見られます。 ほうれい線は有名ですが、最近はゴルゴライ […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

Contents1 ほうれい線とは?2 ほうれい線が出来る仕組み・過程は?3 ほうれい線を消すおすすめ化粧品ラ […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ハイドロキノンを使ってアンチエイジング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • デコルテニキビができる原因とケア方法!オロナイン・皮膚科などでかゆみ対策!

  • そんなすごいの?いちごのアンチエイジング効果が尋常ではない

  • 30代の肌をキレイに!シミ・乾燥・毛穴開きのスキンケアの秘訣

  • 紫外線対策に!守ると攻めるのスパイラル♪「アスタリフト ホワイト」

  • 美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

  • 敏感肌の症状と原因と改善方法!ニキビ・赤み・かゆみ肌対策!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!