エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 乾燥
  4. かかとのガサガサやひび割れの原因は乾燥?治すケア方法までご紹介!

かかとのガサガサやひび割れの原因は乾燥?治すケア方法までご紹介!

ガサガサかかとがキレイになった人

乾燥して粉が拭いているガサガサなかかと問題。露出が増える夏に向けて、いつもより入念にケアしている女性が多いのではないのでしょうか?

意外と忘れがちなかかとは、女性らしさを現す部分でもあります。ひび割れ、乾燥した状態をそのままにしておくと、ストッキングやタイツが伝線しやすくなってしまうんです。

 

もしも意中の人といい感じの雰囲気になっても、かかとがガッサガサに乾燥していたら百年の恋もなんとやらで、儚く散ってしまうことだってあるかもしれませんね。

お風呂の後に気が付いて慌ててクリームローションで保湿をしても、一向に改善しないのは一体なぜなのでしょうか?かかとがガサガサになる原因とそれを防ぐ方法、改善方法についてお教えしましょう。

かかとのひび割れの原因は?

かかとがいつの間にかひび割れて来たという人はかかとの角化症がかなり進行してきている状態です。

症状がひどくなると、皮膚は深部まで裂けて神経に触れるため痛みを感じたり、出血することもあります。

かかとひび割れ

かかとのひび割れの原因は上記で上げた乾燥や外部からの刺激、血行不良だけではなく、雑菌や水虫による可能性もあります。
足指の水虫は有名ですが、かかとの水虫はあまり耳にしないので気付きにくいです。

フットケアを怠っていると銭湯など公共の場から雑菌や水虫を知らない間にもらってきて、繁殖させてしまっていることもあります。

かかとがひび割れるだけではなく、白い粉をふく場合は早めに皮膚科で見てもらいましょう。

かかとのガザガサの原因は?

かかとは普段目につきにくい場所なので、顔の皮膚のようにケアすることを怠りがちですが、かかとはケアをしてあげないとどんどんとボロボロになっていってしまいます。

私たちの皮膚は3層構造で出来ていて、再表面が角質層、その下が真皮、その下が皮下組織になっています。
再表面の角質層は、外部の乾燥から皮膚を守り肌に必要なうるおいを閉じ込める役割を担っています。

顔の肌のターンオーバーはおおよそ28日周期で繰り返され、再表面の角質層は毎日少しづつ剥がれ落ちて下から出てくる新しい角質へと生まれ変わっていきます。

しかしかかとは体の全体重がのしかかる部位なので、角質層が厚くなる構造になっています。なのでターンオーバーにかかる日数も顔が28日なのに対してかかとは120日と、顔の肌のおおよそ4倍の期間が必要になります。

真皮のターンオーバー

つまりかかとの角質層はそれだけ長い間体重を支え続けるので、乾燥や過度なストレスによって角質が必要以上に分厚くなりやすいのです。

顔の皮膚は些細なガサガサ感でもピーリングしたりとすぐに対処しますが、かかとは多少乾燥していても、角質がたまっていても放置しがちです。その結果、気付いたころにはガサガサひび割れかかとが完成してしまうのです。

ピーリング

このかかとのガサガサには、歩き方も関わっています。歩き方は加齢とともに癖が出てきて、右に傾いていたり、左に傾いていたりします。

特にカバンをいつも同じ方の手で持つ人や、立つ姿勢でいつも片側に体重をのせて立つ癖がある人は要注意です。
右手でカバンを持った場合、右足以上に左足に負荷がかかります。左手でカバンを持った場合も同様で、反対側の右側に負荷がかかります。

つまり、いつも右手でカバンを持つ人は、左足に負荷がかかってかかとも左足の方がガサガサになりやすいのです。

カバンを持つのは左右交代で持つようにしたり、片足で立つ癖は修正すると足の裏にアンバランスな負担がかかりにくくなります。

鞄

また、歩くときはかかとから床について、最後は親指で床を蹴るようにあるくのが理想的です。
歩き方に関してはもう1つチェックポイントがあります。靴の裏側を見てみましょう。

靴のかかと部分が外側、あるいは内側に傾いていたりしませんか。かかとが傾いて削れている場合は、体重が体の外側、あるいは内側にアンバランスにかかってしまっている証拠です。

かかとの削れた靴は履かないようにして、かかとが外側に削れやすい人は足の内側に力を入れて歩きましょう。
反対にかかとの内側が削れやすい人は、足の外側に力を入れて歩くようにするとかかとにかかるストレスも軽減します。

靴選びも大切なポイントですが、歩き方も十分注意することでかかとのガサガサは改善します。

かかとの原因は乾燥だけではない!?

かかとの主な原因は乾燥によって肌の代謝が乱れ、角質が硬くなってしまうことが最大の理由だといわれています。これについては後ほどまた詳しくお話しますが、実はそれだけではないんですよ。

 

部屋にいる時は基本素足

室内にいる時、開放感から素足で過ごしている人が多いのではないでしょうか?かかとが露出した状態だと乾燥して様々な刺激を受けやすくなってしまうのです。

中には靴下を履くことに抵抗を感じる人もいるかと思いますが、室内でも靴下を履くことでこうした刺激からかかとを守る役割をしてくれています。

 

足のサイズに合わない靴を履く

自分の足のサイズに見合わない窮屈な靴を履き続けることによってガサガサかかとの症状が起こります。試着をせずインターネットで注文した靴が、自分の足のサイズよりも小さかったなんてことありませんか?

こうした無理が角化症に拍車をかけて、ガサガサかかとを招いてしまうんです。それに、外反母趾が悪化したり、足に過度な負担をかけて骨盤が歪んでしまう場合も。

 

足の指先が冷えている

足の末端が冷えているということはつまり、体の血流が悪くなっている状態です。血行不良になると血液によって栄養や酸素が十分に行き届かず、肌のターンオーバーのリズムが乱れて角質がたまり安くなってしまいます。

こうした足の冷えは靴下を履かないこともひとつの要因です。かかとも顔の皮膚と同じように呼吸しているため、血流の悪化はガサガサかかとを生み出してしまいます。

 

1日中エアコンのきいた部屋にいる

オフィスワークで毎日エアコンのきいた室内の中で仕事をしていると、知らず知らずのうちに乾燥してしまいます。

1日中乾燥したオフィスの中にいると、顔の目元や口まわりが乾燥してパキパキしてきますよね。かかとも同じです。長時間空調のきいた室内で仕事をしていると、乾燥してどんどん角化症が進んでしまうんです。

 

乾燥

冒頭でもお話しましたが、ひび割れかかとの多くの原因は乾燥です。体の皮膚は全て一枚の皮膚で繋がっています。冬場は季節的な寒さからタイツや靴下を履く機会が増えますが、夏場はサンダルやヒールなど素足で過ごすことの方が多くなりますよね。

クッションの役割を果たす靴下の存在がないため、体重の負担や紫外線のダメージを直に受けてしまうんです。その結果、こうした刺激から肌を守ろうとして角化症がエスカレートし、ガサガサなかかとを引き起こしてしまいます。

 

角質ケアをしていない

かかとのケアをいうのは誰でも見落としてしまうもの。歩いたり、しゃがんだり、走ったりと私たちの全体重を支えているかかとは、想像以上に負担がかかっています。

こうした刺激から肌を守ろうとして、ますますかかとの角質が厚く硬くなってしまうのです。こうした負のループを食い止めてツルツルの状態にするためには、定期的なケアが必要となります。

 

かかとのガサガサを予防したい

ジャストサイズor余裕のある靴を選ぶ

自分の足のサイズに合った靴、歩きやすく負担のかからない靴を選びましょう。自分の足のサイズよりも小さい靴を履き続けていると、皮がかかとに寄って硬くなってしまうからです。

もし大きすぎる場合な厚手の中敷を敷いて長さを調整する、サイズ選びが不安な場合は実際に店頭で試着するなどして靴選びも慎重に行いましょう。

 

室内ではできるだけ靴下を履く

夏でも冬でも基本的には室内でも靴下を履くことを心がけましょう。靴下には、肌への刺激を抑えりクッション的な役割があるからです。また、乾燥や足先の冷えを防ぐ働きもあります。

肌が露出していると、摩擦が生じて刺激を受けやすくなります。靴下を履くのが苦手という人もいるかと思いますが、女っぷりをあげるためにはこうした地道な方法も必要です。

 

かかとのガサガサを改善するケア方法

ネイルサロンでの定期的なフットケア

角化症が進んでしまった角質を除去するには、ネイルサロンでプロの手でケアするのが一番の改善策です。皮が厚く硬くなってしまったしぶとい角質は、一度きれいに落とす必要があります。

毎月ネイルサロンでのケアとなるとコストがかかるので、週に1度のスペシャルケアとして足用スクラブで角質を除去したり、パックを行うことにより乾燥によるかかとのガサガサが少しずつ改善していくはずです。

 

こまめに保湿する

お風呂から出たら、たっぷりオイルを塗りましょう。皮膚が柔らかくなっているバスタイムの直後は浸透率が格段にアップします。その上からさらにクリームを塗って、とにかく保湿をしてあげることが大切です。

もしもべたつきが気になる場合は乳液をたっぷり付け、さらにそのあとに靴下を履くと保湿効果がさらにアップします。

かかとのひび割れを治すケア方法

かかとがすでにひび割れしてしまっている場合は、早急な対応が必要です。

今以上に進行しないようにいますぐひび割れを食い止めましょう。

かかとがまだ出血にまで至っていない場合は、まずは分厚くなってしまった古い角質削っていきます。
分厚い角質をいきなり削るのはかかとの負担になってしまうので、まずはかかとを柔らかくします。かかとをふやかすためには、お湯につけるのが1番です。

少なくても15分以上温かいお湯につけておくことで、かかとの角質は水分を含んではがれやすい状態になります。
かかとのひび割れを削る場合も、スクラブする場合も、保湿する場合もまずはこのお湯につけるというプロセスが非常に大切です。

実際ネイルサロンなどでフットケアをする場合も、まずはお湯につけるところからスタートします。家庭で行う場合は洗面器にお湯を張って温めるのもOKですが、入浴後に行えば自然とかかとが柔らかくなっています。

かかとにしっかりと水分が浸透したら、スクラブややすりなどで分厚くなりすぎた角質を除去していきます。
すでにガシガチになってしまったかかとの場合、やすりで削るのがおすすめです。

スクラブで磨く場合は、変化が少しづつなので、角質が固い間は辛抱強く続ける必要があります。

スクラブ
しかしその分スクラブは肌にかかる負担も少ないというメリットがあります。

最近では足裏の皮がベロっとむけるような薬剤で角質をはがす商品も発売されています。10分から15分程薬剤につけることで、足裏の皮が全体的にめくれてきます。

しかしこの方法は1週間くらいかけて足裏の皮がはがれていくので、途中経過はあまりきれいなものではありません。海やプールなどに出かける予定がある場合は、十分余裕をもって使用するようにしましょう。
古い角質にピーリング作業が終わったら、保湿が肝心です。
かかとを削っただけで終わってしまうと、また乾燥して結局また硬い角質が出来上がってしまいます。

同じように角質を作らないように、かかとの角質を取り除いたらオイルやクリームなどでしっかりと保湿をしましょう。

油分

入浴後はそのまま素足で歩くとカーペットなど床に水分や塗ったオイルの成分が奪われてしまうので、靴下をはいたりスリッパを活用するのがおすすめです。

角化症とは?

あなたは角化症というこの言葉をご存知でしょうか?これは、かかとの角質が厚く硬くなり、その部分が乾燥によるセラミド不足を引き起こす状態のことです。セラミドが不足すると肌細胞が元気を失い、水分不足を引き起こしてあの憎いひび割れかかとを生み出してしまうというわけ。

そしてここで悲しいお知らせです。一度硬くなったしまったかかとにいくら保湿クリームを塗り込んでも、全て弾かれて浸透しないためほとんど意味がないのです、、、。

そこまで進行してしまったら、病院で一度診察したほうが良いでしょう。

 

まとめ:かかとを制する者が美を制す

意外と怠りがちなかかとケア。乾燥によってカチカチになったり、ひび割れたり、粉が拭いたりと慌ててネイルサロンに駆け込んだり靴下でごまかす女性が多いのが現状です。

人から見えない部分だからこそ入念にケアを行い、本物の美を手に入れましょう。

綺麗なヒップライン

扁平尻とは?たるみがちはお尻に効果のあるエクササイズ!

『扁平尻』とは? 扁平尻とは、平たくてメリハリがないのっぺりしたお尻のこと。この扁平尻になってしまっている人が […]

コメントなし

美・皇潤の特徴や成分・効果!飲む美容液のテッパン♪

Contents1 高級食材を贅沢に使った美容ドリンク2 芸能人御用達の美肌ドリンク3 魅力はなんといっても即 […]

コメントなし
尿素でキレイになる女性

尿素のアンチエイジング美容効果!クリームや化粧水に使用?

みなさんは「尿素」について、どれくらい知っていますか? 現在、ハンドクリームや美白クリーム、石けん、ファンデー […]

コメントなし

ファイトケミカルのアンチエイジング効果!野菜摂取で抗酸化!

突然ですがあなたは、「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことはありますか? 聞いたことはあっても、何のことだ […]

コメントなし
ピクノジェノールサプリ

ピクノジェノールの効果はビタミンの600倍?成分や効果口コミ

あなたは、「ピクノジェノール」という成分をご存知ですか?このピクノジェノールとは、フランス南西部ボルドー地方の […]

コメントなし
お金をかけない美容をする女性

【お金をかけずに美肌に導く方法】キレイになるスキンケア方法

なかなか景気は上がらず、お給料も上がらない。でも常にきれいでいたいと思うから、エステサロンに通ったり高級スキン […]

コメントなし

「アーリーアンチエイジング」とは?若いうちから肌に良いスキンケア美容!

人の体は、ほぼ20才を境に、新陳代謝、免疫力、体を構成している細胞までも老化が始まり衰えていきます。これは、1 […]

コメントなし
頭がぼーとしてスッキリしない猫

「すっきり目覚められない、頭がぼーっとする」知られざる原因と改善方法

あなたは毎朝、気持ちよくすっきりした目覚めの朝を迎えられていますか? しっかり寝たはずなのにすっきりしなくて頭 […]

コメントなし
ベルタ酵素の効果

ベルタ酵素を飲んで1ヶ月で3.8キロ痩せた!!~ダイエット継続中~

私は33歳の会社員です。 身長は157㎝、体重は55㎏ 着やせするタイプなのであまり太っているとは言われません […]

コメントなし
肝臓機能と内臓機能の低下を助ける医師

肝機能と内臓機能の低下は病気の原因になるって本当?

皆さんは肝機能や内臓機能が低下していると実感したことはありますか? 実は肝臓や腎臓の病気は、実感がないことが多 […]

コメントなし
長寿遺伝子について考える女性

長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子が老化防止に効果がある! NHKで放送されて以来どうやったらサーチュ […]

コメントなし
血管の若返りを表すケチャップ

血管年齢を若返らせて、健康的にアンチエイジング

皆さんは自分の血管年齢を知っていますか? 血管が老化することにより、身体も肌もどんどん老化していきます。 その […]

コメントなし
成長ホルモンで大きくなる子供

成長ホルモンを分泌させ、アンチエイジングに繋げよう♪

成長ホルモンと聞くと、身長を伸ばす作用や筋肉を増やす作用だけだと思っている方は多いのではないでしょうか? 実は […]

コメントなし
ホルモンバランスの乱れで落ち込む女性

ホルモンバランスの乱れを改善して、美しい女性へ♪

私たち女性は自分が思っている以上に繊細な生き物なんです。 例えば、ちょっとしたストレスや不規則な生活をするとニ […]

コメントなし
保湿

水素水比較ランキング-エイジングケア効果ありの水素水は?

近年、健康・美容に優れた効果があるとして、水素水が数多くのメディアで取り上げられています。 そして、様々な水素 […]

コメントなし
補酵素は酵素を助ける作用がある

ビタミンの補酵素を摂取して健康的にアンチエイジング

みなさんは補酵素という成分をご存じですか? 酵素という成分は聞いたことがありますよね? 酵素ドリンクは、今やア […]

コメントなし
アンチエイジングをして若々しい女性

若々しさの秘訣とは?健康的な女性の特徴まとめ

皆さんが思う女性の若々しさとは何ですか? そしてあなたは若々しさを保つためにどんなケアをしていますか? セサミ […]

コメントなし
ストレスが溜まり疲れが取れない女性

疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング

しっかり寝たはずなのに、朝起きたら全然疲れが取れない。 身体に疲労感がありすっきりしないどころか、疲れが抜けな […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ガサガサかかとがキレイになった人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 乾燥肌や肌の疲れの原因は?サプリ・化粧水・食事など改善法

  • 洗い流す?拭き取る?クレンジングの選び方変わる明日の肌・・・

  • 岩盤浴で乾燥肌がすべすべに!遠赤外線効果がすごかった♪

  • 乾燥肌の原因と症状は?年齢肌対策のおすすめ化粧品ランキング!

  • Tゾーンのテカりやニキビは乾燥が原因!?

  • 唇が荒れてしまう原因は?腫れやかゆみの症状や改善法!リップ・ワセリン・はちみつ