女性の美容と癒しの総合マガジン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

デリケートゾーン

Iラインの処理に困っている女性は多いです。
しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くことは難しいですよね。

そこで、今回は、
・Iラインの毛の自己処理
・Iラインの毛の脱毛
・Iライン脱毛の注意点
などについて解説していきたいと思います。

目次

Iラインの毛に悩む女性が多い??

VIOの毛について、何かしらの悩みを抱いている女性は多いと思います。
その中でもIラインの毛については、特にデリケートな部位でもあるため、周囲の人には聞きづらいですよね。

そのため、Iラインの毛について悩んでいる女性が多いようです。

そんな女性に向けて、Iラインの毛に関して、気になる情報をまとめてみたので参考にしてみてください。

疑問Iライン

Iラインが毛深いといわれる毛量はどれ位?

Iラインの毛量や毛の太さ、毛の生える範囲は人によって様々で個人差があります。

普通の毛量であれば、処理をしていない状態でもパンツからはみ出ることはありません。
毛深い剛毛女子は、処理をしていないと毛が伸びてパンツからはみ出てしまったり、そもそもパンツで隠れる範囲以外の場所にムダ毛が生えてくることがあります。

なかなか人と比較することがないのでわかりにくいですが、パンツからはみ出るくらい生えている人は少し処理をしてあげるとぐっと上品な見た目になります。

Iラインの毛の処理をみんなはどうしているの?

Iラインの毛はどのように処理したら良いのか、ご存知でしょうか?

多くの方は、周囲の人に聞くことができず、自分なりに処理をしていることと思います。

他の女性はどのようにして、Iラインの毛を処理しているのかについて解説していきます。
主な方法は3つあります。

・自己処理
・脱毛エステ
・医療脱毛

これらのどれかから、自分に合うと思う方法を選んで処理しているのです。
しかし、これを聞いてもそれくらいは知っているよ、と思う方も多いでしょう。

以下で詳しく説明していくので、このまま読み進めてみてくださいね。

Iラインの自己処理はどこまで行う?頻度や範囲は?

IラインはOラインと同様に、完全に毛がない状態にしている人も多いです。
Iラインの処理範囲を決める際のポイントとなるのは、

  • 衛生面
  • 毛のチクチク
  • 割れ目が見える状態にするかどうか
  • パートナーの好み

などが挙げられます。

Iラインは粘膜部分に近い部分でもあり、Iラインを処理することで生理中でもムレにくく快適に過ごせるようになります。
また、毛のチクチクが気になる人も全て剃ってしまう方が快適なようです。

銭湯に行くような機会がある人は、割れ目の見え具合も処理のポイントになります。
正面から見て割れ目が見えないようにするために、Iラインの上少しやVラインの下を少し残す人もいます。

また、デリケートな部分だからこそパートナーの意見も大切にしたいですね。

Iラインの毛は濃くてしっかりとしていて、1度処理しても1、2日でチクチクとまた生えてきて、1週間も放置していれば少しずつ伸びてきてしまいます。

チクチクするのが気になって頻繁に処理をしている人もいるようですが、高頻度の自己処理はリスクがあります。

繰り返しの処理は毛を太くしてしまうだけでなく、肌にも負担となり黒ずみの原因にもなります。
キレイな状態を保ちたい場合は、脱毛サロンや脱毛クリニックでの処理がおすすめです。

Iラインのニオイはどう対処するの?

Iラインはデリケートゾーンとも呼ばれ、外部からの雑菌の侵入を防ぐためにおりものが分泌されています。
そのためある程度のニオイがあるのは普通のことです。

しかし不衛生な状態にしていると、ムレなどから雑菌が繁殖してさらにニオイを強めてしまうことがあります。

Iラインのニオイを対処するためには、何よりも清潔を保つことが大切です。
ムダ毛はムレの原因となるので、少しでも毛が薄い状態にしておいた方が衛生面を保ちやすくなります。

参考⇒全身脱毛のおすすめランキングはこちら

参考⇒医療脱毛のおすすめランキングはこちら

参考⇒家庭用脱毛器ランキングをもっと詳しく

Iラインの自己処理はどうする?

まずは、Iラインの自己処理について解説していきます。

自己処理の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

カミソリでIラインの毛を処理している

自己処理の方法にはいくつかありますが、T字カミソリで処理をしている女性が多いと思います。
しかし、実はカミソリでの自己処理はリスクもあることを知っていましたか?

カミソリはコストもかからず、手軽に処理できるので使用している方も多いです。

しかし、カミソリでの自己処理は、肌にダメージを与えてしまう可能性があります。
なぜなら、カミソリは毛を剃るのと同時に皮膚もそぎ落としてしまうこともあるからです。

カミソリ

そうすると、皮膚は敏感になり、ダメージを受けやすくなります。
もともと刺激を受けやすい部位でもあるIラインの毛をカミソリで処理することには、そのようなリスクがあることも押さえておきましょう。

実際の口コミ

カミソリでのIライン処理。

簡単に手に入るし、安くて買い替えやすく、衛生面でも安心なので、カミソリを使って処理しています。
手軽で扱いやすいですが、カミソリ負けや手元が狂った時に切り傷ができてしまうので注意が必要だと思います。慣れないうちは鏡を見ながら慎重に少しずつした方が良いです。
多少伸びてから処理した方がやりやすいし、分かりやすいので、週1〜2程度のペースで処理しています。

最初は、こまめに。

i字のカミソリを使用して処理をします。
数日後、毛抜きでつまめるほどに毛が伸びたら、毛抜きで抜きます。
立てられる鏡を置いて確認しながら処理すると抜き残しもなく処理できます。
最初は、毎日確認し生えていれば抜くを続けていると徐々に毛が生える密度がなくなり、少なくなってきます。
抜いた後は、スキンケアをして色素沈着を防ぎます。

私のIラインの自己処理法について

私がIラインの自己処理で使っているのはカミソリを使って処理しています。
ではどうして私がカミソリを使っているのかというとそれはカミソリなら手軽に処理できると思ったというのと
肌へのダメージを軽減したいと思ったからです。
ただこれを使ってIラインの自己処理をやるとたまに皮膚を切ってしまう事があるので
そこは残念に思いました。また処理は週に1回程度しています。

saori
カミソリでの処理が多いんですね。
ANRI
あっ私もカミソリでやってました。。でも処理ミスが多かったです。
yui
はい、Iラインは人に聞きずらい上に肌トラブルも多いですね

電動シェーバーでのIラインの処理

次はシェーバーを使用して自己処理をする方法についてです。
シェーバーでの自己処理はカミソリでの自己処理よりもおすすめできます。

なぜなら、シェーバーは肌への負担が少なくて済むからです。
肌に優しい自己処理という観点においては、シェーバーが一番おすすめです。

しかし、シェーバーでの自己処理にもデメリットがあります。
それは、再び毛が生えてきた時にジョリジョリする感覚がある点です。

電気シェーバー

また、剃りのこしの可能性もあるということも覚えておきましょう。
Iラインは、自分自身では見えにくい部位なので、シェーバーを使用すると、そのようなデメリットが生まれやすいのです。

実際の口コミ

Iラインをチクチク痒みを残さずに綺麗に処理するための方法

剃刀を使っていた時は、翌日にはチクチクした痛痒い痒みが生じ、毛根が濃いため伸びた部分を毎日のように処理していたら、肌が剃刀負けしてしまったため、今はネットで購入したIラインシェーバーで処理しています。
Iラインシェーバーはその部分専用のモノなので安心だし、これで処理をすれば、チクチク痛痒い思いをせずに剃刀よりも短時間で見た目的綺麗に剃れるので、秋冬は週に1度、春夏は4日に一度程度使用して処理しています。
デメリットは慣れるまで操作がやや難しいと感じたことです。

毎日せずに済む。

カガミは、必須です!
カガミを前に立て確認しながら処理をすると残すことなく、処理することができます。
長いと処理しにくいので、ハサミで切り揃えておくと抜きやすいです。
深ぞり電気シェイバーで除毛すれば3日ほどツルツルが保てます。
生えてきたときのチクチクとする不快感はありますが、毎日せずに済むのでラクです。

毛抜きを使用する

Iラインに限らず毛抜きを使用して自己処理をする方も、中にはいらっしゃるかもしれません。
しかし、Iラインの毛を毛抜きで処理することはおすすめできません。

なぜなら、毛を抜くとIラインに刺激が加わるため、肌トラブルの原因となりやすいからです。

毛抜き
また、痛みも生じるためデメリットばかりとなります。毛抜きでの自己処理はなるべく控えましょう。

その他の口コミ

Iライン処理はヒートカッターならチクチクしない

ヒートカッターという、電熱線でヘアを焼切る方法でIラインを処理しています。
ハサミやカミソリで処理したときのチクチク感の解決策を調べたところ、ヒートカッターが良いということを知り、使うと実際にチクチクしなくなったのでずっと使っています。
カミソリでカットするとヘアの断面が鋭くなってチクチクしますが、ヒートカッターだと熱で断面が丸まって、チクチクしないのが大きな特徴とメリットです。デメリットは、一度に大体10本前後しかカットできないことと、根本からカットできないことです。しかしVラインに比べると毛量は少ないので、前者はあまり問題ありません。
一度トリミングしてしまえば、毎週カットする必要はありません。好みによりますが、3~4週間に1度の処理で済みます。チクチクする不快さに困っている人や、根本から完全に処理しなくても構わない人なら、ヒートカッターが役に立ちます。

ブラジリアンワックス

Iラインはブラジリアンワックスでも処理することが出来ます。
ブラジリアンワックスならデリケートなIラインも刃を使わずにムダ毛を処理できるので安全です。
また、Iラインの濃くてしっかりした毛でも根元から抜くことで、処理後は肌がツルツルの状態になります。

Iラインのムダ毛をブラジリアンワックスで処理する場合、上手く毛を抜くためのコツがいくつかあるので紹介します。

ブラジリアンワックスの使うコツ

Iラインのムダ毛は濃くて長く伸びてきます。
あまりにも長くなっていると、毛も密集して上手く抜けません。

長くなりすぎたIラインの毛は、事前にハサミで1センチくらいの長さに切っておきましょう。

また、準備段階のコツとしてIラインを清潔かつ水気のない状態にしておくことも大切です。

ブラジリアンワックスは施術箇所が水で濡れていると脱毛効果が低下してしまいます。

シャワーの後清潔なタオルでしっかりと水気を拭き取って、準備が出来ればベビーパウダーをはたくとよいでしょう。

ストリップスはあらかじめIラインにピッタリの1センチ幅くらいの長方形にカットしておきましょう。
適度に温めたワックスは、Iラインの上に収まる程度のストリップス乗せてから張り付けてもいいですね。

さらにポイントははがす際はなるべく肌をしっかりと押さえてはがすことです。

Iラインは皮膚が伸びてしまいやすいので、ストリップスをはがす際に皮膚が一緒に引っ張られて痛みを感じやすいです。

またストリップスをはがす際は、横からではなく縦にはがすと上手く毛が抜けます。

ヒートカッター

ヒートカッターは毛先がチクチクしないので、処理後のチクチクが気になる人におすすめです。
ほとんどのヒートカッターはくしの部分に熱線が仕込まれていて、熱で焦がして毛を焼きます。
デリケートな部分なので不安に思う人もいますが、普通に使用していれば安全に使うことが出来ます。
むしろカミソリよりも刃が直接肌に当たらない分、肌を傷つけずに処理することが出来ます。

ヒートカッターを利用する上での注意点は臭いです。
ヒートカッターは熱線の熱を利用して毛を焦がして処理するので、処理の際は焦げ臭いにおいが発生します。

処理後もシャワーを浴びる前は焦げ臭さが残るので、デートの直前には行わない方が良いでしょう。

Iラインの剛毛は自己処理よりも脱毛サロンがおすすめ

Iラインの毛を自己処理することは悪いことではありません。
上記でご紹介したような処理をするのは、手軽で時間もかからないというメリットがあるからです。

しかし一番効果的にIラインの剛毛を処理するためには、脱毛サロンがおすすめです。

もちろん、お金や通うための時間が必要になるというデメリットはあります。

脱毛サロン

それでも脱毛サロンに行くことで、自己処理が必要なくなっていきます。
脱毛が完了すると、その後の自己処理に困らなくなると考えたら、やはり脱毛サロンで脱毛をしてしまった方が楽になります。

キレイに形を整えたり、パイパンにしてすっきりしたりもできるので、おすすめです。

最近はVIO脱毛が人気になっているので、流行りにのってみてはいかがでしょうか?

Yoshiko
Iライン脱毛はしてくれるサロンとしてくれないサロンがあります。してくれるサロンを選びましょう

Iライン脱毛の注意点

上記では、Iラインの毛の自己処理方法や、脱毛サロンがおすすめの理由などについて解説してきました。

ここでは、実際にIラインの毛を脱毛する際の注意点をご紹介していきます。
参考にしてみてください。

痛みがあることを把握しておく

Iラインに限らず、VIOの部分の脱毛は痛みが生じます。

皮膚が刺激を感じやすい上に、他の部位よりも毛の密度が高く脱毛器が反応しやすくなっているため、痛みが強いのです。

剛毛で、毛深い方ほど痛みも強く、施術時はびっくりするかもしれません。
しかし、それだけの痛みが伴うというように事前に覚悟しておくと、それほど痛くなかったということもあります。

痛み

また、最近では痛みをほとんど感じない脱毛器も採用されていて、意外と痛くないという可能性もあるので気軽にチャレンジしてみてくださいね。

施術前にキレイにしておく

Iラインの脱毛時に多くの女性に注意していただきたい点がこちらです。

どうして施術前にキレイにしておく必要があるかと言うと、施術の際に「汚れていると思われないか」、「濡れていたら恥ずかしい」と思う女性が多いからです。

事前にウェットティッシュなどでキレイにしておくことで、そのような不安を軽減することができるので、その点にも注意してみてください。

Iラインの自己処理の肌リスクは?

Iラインの自己処理を繰り返していると、肌が黒ずみを起こしてしまうリスクがあります。
Iラインの繰り返しの自己処理により肌は傷つきその刺激により、肌自信が肌を守る仕組みが働きます。
肌は繰り返し外部からの刺激を受けると、肌内部でメラニン色素を活性化させ、肌色を黒く、かつ肌を分厚く硬くさせてしまいます。

Iラインが黒ずんでいると見た目もよくなく、場合によっては遊んでいる人と勘違いされてしまうこともあります。

また、肌だけではなく毛も肌を守るためにさらに濃くなっていきます。
実際に自己処理を繰り返してムダ毛が濃くなったと感じて脱毛をスタートする人も多いです。

Iラインの自己処理をする場合は、肌をいたわることを忘れずにスキンケアを徹底しましょう。

Iライン毛深い悩みQ&A

Q:Iラインを自己処理でツルツルの状態にしたいのですが、脱毛サロンや脱毛クリニックに通うという手段以外でIラインのムダ毛を無くしてツルツルにする方法はないでしょうか?
A:Iラインの毛は他の毛よりも伸びるのが早く、1、2日でチクチクと生えてきてしまいます。ヒートカッターなら少しましですが、生えて来たときにチクチクする感じは仕方ないです。

Q:Iラインの処理って実際みんなどのようにやっているのですか?
A:私はお風呂に入る前に電動シェーバーで処理しています。広告を床にひいて、据え置き式の鏡を利用してそり残しがないかどうかもチェックします。

Q:子どもを出産してからIラインの色素沈着がひどくなりました。元々毛深くて今でも悩みの1つなのでどうしても脱毛したいのですが、脱毛サロンに通うことは出来ますか?
A:色素沈着があると施術してくれないサロンと、出力を下げて施術を行うサロンがあると思います。全ての脱毛サロンが色素沈着があっても施術してくれるという訳ではないので、一度無料カウンセリングで相談してみると良いと思います。

Q:脱毛に行くためにIラインの毛を全てない状態にしたら、汗をかきやすくなったように感じます。気のせいでしょうか?
A:毛がない状態になると、汗やおりものがつたうのがわかりやすくなります。脱毛をしたからと言って汗をかきやすくなるわけではありません。

Q:Iラインの毛がボーボーなくらい毛深いのですが、目が悪くて自己処理が大変です。
しかしプールに行く予定があってそのままにしておくわけにもいきません。どんなポーズでどのようにすれば上手く処理できるでしょうか?脱毛サロンに行くお金もないので自己処理方法で教えてもらいたいです。
A:電動シェーバーがおすすめです。慣れてこればしっかり見えなくても、手で触った感覚で処理出来るようになりますよ。又は家族やパートナーに相談して処理してもらうのも1つの方法です。

VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

目次キレイモのVIO脱毛とは?キレイモの全身脱毛プランでVIO脱毛もできる?料金は全身料金?キレイモのVIO脱…

コメントなし
VIO処理

VIO自己処理はどこまでやれば良い?カミソリ、シェーバーなどのおすすめ処理法

女性にとって欠かすことのできないデリケートゾーンの処理ですが、実際これって聞けない悩みですよね。 デリケートゾ…

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ…

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や…

コメントなし
全身脱毛

家庭用脱毛器のおすすめ口コミランキング!安い&高い効果で徹底比較!

脱毛サロンと同様、家庭用脱毛器を利用する人も最近多くなってきました。 自分の好きな時間に処理できサロンと比較し…

コメントなし
エステ

全身脱毛人気の高いおすすめランキング!口コミ・効果・料金!

全身脱毛はいまや多くの女性に受け入れられており、認知度もあがってきました。 そしてキレイモ、恋肌(こいはだ)、…

コメントなし
VIO脱毛

VIO脱毛のおすすめランキング!安いサロンや医療クリニックとの違い!

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいというのが昔は定説でしたが、 脱毛サロンが普及した事で多くの方が脱毛サロンや…

コメントなし
キレイモお得プラン

全身脱毛が安いサロン・クリニックランキング!おすすめ店を料金比較!

全身脱毛は昨今ワキ脱毛と同等の人気を誇ってきています。 7年前から脱毛サロンが普及し、ミュゼプラチナムによりワ…

コメントなし

全身の医療脱毛のおすすめランキング!料金や効果を徹底比較!

脱毛エステでも全身脱毛専門店が出ている程全身脱毛コースには人気が集まっています。 実際3部位以上の脱毛を検討し…

コメントなし
脱毛学割

脱毛学割がある安いサロンをご紹介!分割支払いにも対応!

「毎日のカミソリ処理が時間の無駄」 「足やワキの脱毛を毎日やると肌が痛む」 「毛深いので人の目が気になる」 既…

コメントなし
比較

医療脱毛の料金比較|アリシア、リゼクリニックなどの全身~vioの回数料金をご紹介!

2010年前後から人気になったミュゼなどの脱毛エステですが、最近ではアリシアクリニックやリゼクリニックなどもC…

コメントなし
脱毛効果

医療脱毛の効果は?効果の回数は5回じゃ足りない?クリニックをご紹介!

自己処理脱毛に限界を感じ、脱毛サロンを検討したけど医療脱毛も最近人気!! 「効果の違いってどうなんだろ?」 「…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です