エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. そんなすごいの?いちごのアンチエイジング効果が尋常ではない

そんなすごいの?いちごのアンチエイジング効果が尋常ではない

いちごを食べてアンチエイジングする女性

突然ですがみなさんは、いちごはアンチエイジング効果絶大な食材だとご存知でしたか?「ビタミンCの宝庫」と呼ばれるにふさわしい、豊富なビタミンを含んでいます。

ダイエットや便秘効果の高い食物繊維、抗酸化作用にすぐれたポリフェノール、疲れを和らげるクエン酸、むくみを改善するカリウムなど、たった一粒にたくさんの栄養素がぎっしり詰まっているんです。

 

また、女性の大敵となるシミを予防する美白効果、アンチエイジング効果、目の疲れを回復する働きも期待できます。

また、食べ方次第でその効果はさらにアップすると言うんです。いちごに含まれる栄養素とそれらがもたらす効果について、早速見ていきましょう。

いちごにはこんなに栄養があった!

shutterstock_547056877

ビタミンC

いちごに含まれる代表的な栄養素と言えばビタミンC。肌のハリ・弾力・潤いを保つのに必要なコラーゲンづくりをサポートする働きがあります。また脳を活性化して、やる気を出したり集中力を高めるホルモン「アドレナリン」の生産量を増やすパワーもあるんです。

 

クエン酸

寝ても疲れがとれない、体が重いと感じるのは疲労物質である乳酸が溜まっているから。クエン酸にはこの乳酸を分解・排出する働きがあります。また、細胞の酸化(サビ)を抑えるキレート作用にすぐれているんです。

 

食物繊維

いちごには水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維の両方が含まれているんです。

水溶性は体のなかに取り込まれてゲル状に変化し、栄養の吸収をおだやかにする働きをします。一方不溶性は腸内で水分を吸収して膨らみ、腸の働きを活発にして便を押し出してくれるんです。

 

マンガン

骨の形成に関わるミネラルの一種・マンガンは、私たち体の肝臓やすい臓、髪の毛に含まれています。

「代謝のミネラル」と呼ばれていて、体の取り込まれた糖質や脂質の代謝を促しエネルギーとして消費する働きがあるんです。また、肌代謝を高めるアンチエイジング効果も。

ポリフェノール

アントシアニンやクロロゲン酸といったポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールには、元気な細胞にダメージを与えて体の老化を早める活性酸素を取り除く、抗酸化力にすぐれているんです。若さを保つうえで、ポリフェノールは欠かせません。

葉酸

葉酸は、DNAの合成や細胞の分裂・増殖に深く関わるビタミンの一種。また、ビタミンB12と一緒に赤血球をつくる働きがあるため、貧血の改善に役立ちます。もし葉酸が足りなくなってしまうと、頭がぼーっとしたり、貧血を起こしやすくなってしまうんです。

カリウム

体の中で増えすぎてしまったナトリウム(塩分)をスムーズに排出し、血圧を下げる働きがあります。また利尿作用を促して要らないナトリウムを体の外に出して、顔や体のむくみを和らげる効果もあるんです。

 

いちごのアンチエイジング効果

shutterstock_77866291

美白効果

いちごに含まれる豊富なビタミンCには、メラニン色素の生産を食い止めるほか、沈着を抑える働きによる美白効果が期待できます。

紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生して、細胞を攻撃。

これに対抗しようとしてメラニン色素が黒くなり、シミを生み出してしまうんです。シミをつくらせないために、積極的にいちごを食べましょう。

疲労回復

いちごに含まれるクエン酸には、疲労の原因となる物質・乳酸を分解、排出する働きがあります。

乳酸はエネルギーとして消費されるわけではないため、溜まり続けるとだるい、重いなどの体の疲れを生み出してしまうんです。クエン酸にはこれらの症状を和らげる疲労回復効果があります。

 

便秘改善

shutterstock_152050823

豊富な食物繊維が、がんこな便秘を改善してくれます。水溶性食物繊維が脂肪や糖分の代謝を促し、不要生食物繊維が腸のぜん動運動を活性化。

この両方の働きによって、便の通りをよくして腸内に溜まった老廃物をスムーズに押し出してくれるんです。結果、辛い便秘の改善に役立ちます。

貧血改善

いちごに含まれる葉酸はDNAを合成して、ビタミンB12とともに赤血球をつくる働きがあります。そしてこの赤血球の大部分を占めているのが、ヘモグロビン。

全身に酸素を届ける役割があり、赤血球が増えれば脳、末端の手足まで酸素が行き渡るから、貧血改善につながるというわけ。

 

むくみ改善

いちごに含まれるカリウムには、体内のナトリウム(塩分)の濃度を調整する働きがあります。

ナトリウム濃度が濃くなりすぎてしまうと、顔や体のむくみの原因に。カリウムが利尿作用を促し体の中に溜まったナトリウムを排出する働きがあるんです。つまり、不要な毒素が外に出ていくから、むくみ改善に役立つというわけ。

 

肌のゴワつき改善

shutterstock_329858900

加齢とともに基礎代謝が下がると肌の代謝サイクルも乱れがち。古い角質が肌表面に残り続けて厚く固くなり、ゴワつきや乾燥などの肌トラブルを引き起こします。

いちごに含まれるアントシアニンが細胞を活性化して肌代謝を促してくれるから、なめらかな美肌へ導いてくれるんです。

 

やる気を高める

豊富なビタミンCには、脳を活性化する働きがあります。と言うのは、ビタミンCには興奮作用があるホルモン・アドレナリンの分泌を高めて、脳の前頭葉を活性化する効果があるからです。

また、ビタミンCは外的・内的な抗ストレス作用があるから、心と体の健康に欠かせない栄養素なのです。

 

アンチエイジングに効果的ないちごの食べ方

shutterstock_198727919

いちごの栄養素をあますことなく最大限に効果を引き出すのであれば、生で食べてください。いちごに豊富に含まれているビタミンCは、熱に弱いという性質があるからです。

また、ヘタを取ってから洗うとビタミンCが流れていってしまうので、ヘタ付きでサクッと水洗いしましょう。

 

知ってた?おいしいいちごの選び方

おいしいいちごを選ぶポイントをお教えします。スーパーでいちごを選ぶときは、ぜひ下記の項目を意識してみてください。

・ふっくらした丸みがあるもの

・つぶつぶがしっかりしているもの

・ヘタのギリギリまで赤く熟しているもの

・ヘタが上向きに反り返っているもの

 

まとめ:いちごをよりよく

shutterstock_311180957

いちごたった1粒には、疲労回復効果、アンチエイジング効果、便秘改善、脳の活性化など、美容・健康に関わるたくさんの栄養素が含まれているのでした。

ビタミン豊富ないちごを食べて、衰え知らずの若々しい体を手に入れましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

いちごを食べてアンチエイジングする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 目の下のたるみは老けの始まり…原因4つと改善方法

  • ビタミンの補酵素を摂取して健康的にアンチエイジング

  • 長いもで5歳も若返る?いいこと尽くめの効果とレシピを紹介

  • 30代の肌との付き合い方-上手に本物の素肌美人に

  • コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

  • 飲む美容液のテッパン♪美・皇潤の特徴や成分・効果