エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. その他
  3. インナードライ対策!クレンジングからクリーム、美容液まで毛穴対策

インナードライ対策!クレンジングからクリーム、美容液まで毛穴対策

アンチエイジングの大敵インナードライの女性

インナードライというと、乾燥肌のことでしょ?と思うかもしれませんが、乾燥肌とは違い、肌の外側はオイリー肌なのに、肌の内側は乾いているという隠れた乾燥肌なのです。

なんとこのインナードライは、80パーセント以上の女性が症状の疑いがあると言われています。

インナードライで起こる肌の症状

インナードライで起こる肌の症状にはどんなものがあるのでしょうか?

皮脂が分泌されて肌表面はテカっているにも関わらず、内側は乾いてしまっているインナードライ。

肌表面には油分がたくさんありテカっているため、その油分を落とそうと洗顔を丁寧にしようとします。

洗顔
しかしその結果、余計にテカってしまい皮脂がより分泌されたり、ニキビができてしまったりということがインナードライの肌ではよく見られます。

その他にも、皮脂が出て肌の表面は潤っているのに突っ張る感じがしたり、かさつき・ごわつきを感じたり、キメが悪く毛穴が目立ち、保湿を入念にしているのに化粧ノリが悪いというのもインナードライで起こる肌の症状です。

インナードライ

インナードライとは?

インナードライとは、肌の外側は大量の皮脂が分泌してテカっているのに、肌の内側は乾燥し、水分が少なくなっている現象のことを指します。

肌の内側の水分量が少なくなってきたときに、私たちの肌は自然に、水分蒸発を防ぐために、大量の皮脂を分泌します。そうして分厚い膜を張り、バリアをを作ります。

保湿

肌にバリアを張ることにより、内側は乾燥しているのに、外側は大量の皮脂分泌のためにテカってしまうということが起こります。

他にも毛穴が黒ずみ、目立ったり、皮脂分泌をしているのに肌がつっぱる気がするという症状があります。

また、肌がゴワつき、かさつくために、化粧のりが悪かったり、肌の状態が安定しないためニキビが出来る場合は、インナードライである可能性があると考えて良いでしょう。

乾燥肌

ターンオーバーが正常に行われないために、シワやハリ等、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

インナードライの原因

インナードライには肌の皮脂分泌ををしている、バリア層と呼ばれる角質層が重要なポイントになってきます。

角質層は皮膚の一番外にあり、皮膚自体の美肌を守るため、しっかりと保湿するとともに、外部からの異物を防御するためのバリア機能が働きます。

このバリア機能である角質が本来より未熟なまま肌に押し上げられることにより、肌の防御機能が低下し、異物を侵入させたり、保湿力が低下するためインナードライとなります。

主な原因

原因は様々ありますが、主な原因としてあげられるのは5つです。
1.洗顔のしすぎ
洗顔は毎日のスキンケアで大事なことですが、洗顔をごしごしと行うことは肌に必要な皮脂も落としてしまうため、肌を守る要素が無くなり角質層を崩す原因になります。

2.紫外線等のダメージ
日中の紫外線等の肌へのダメージも肌の潤い成分を壊してしまうため、インナードライになりやすいです。
肌はダメージを受けると、それを修復しようと新しい細胞を生成します。
すると、皮膚のターンオーバーのサイクルが正常ではなくなり、角質層が未熟な状態で肌に押し上げられてしまいます。

UVケア

3.エアコンのあたりすぎ
エアコンは、肌乾燥の最も大きい原因のひとつです。冬の暖房は喉の乾燥等から肌への乾燥にも気づきやすいかもしれませんが、夏の冷たい空気も肌を乾燥させています。

4.過度なストレス
疲労等の過度なストレスも肌にとってはインナードライの原因です。

5.化粧品の添加物
化粧品に混在する添加物は肌にとって悪影響を及ぼす場合があります。しっかり自分の肌にあった化粧品を選ぶことをおすすめします。

インナードライ対策しよう

乾燥肌対策といえば、化粧水や乳液での肌の保湿ケア。
インナードライは乾燥肌と同じ対策をすればいいのか?実はそうではないんです。

乾燥肌対策をしつつ、テカりの原因である皮脂は必要以上にとってはいけないのです。
なんだか肌がすっきりしなそうなケア方法だな、と感じるかもしれませんが、肌は28日のサイクルでターンオーバーを繰り返してます。

ターンオーバー

インナードライケアをして正常な肌に戻しましょう。

女性の80パーセント以上に疑いがあるインナードライは、あなたも発症している可能性があります。
最近肌がつっぱったり、化粧のりが悪くありませんか?

インナードライケアを早めにして、肌を綺麗な状態にし他の人と差をつけましょう。

インナードライの対策と改善方法

インナードライの対策と改善方法は、皮脂対策をせずに、徹底した保湿をすることです。

間違ったスキンケアはインナードライを招くことになるし、その間違ったスキンケアを続けていると、ますますインナードライになってしまいます。

インナードライ対策にはスキンケアが重要なんです!インナードライに有効なスキンケア方法見ていきましょう。

クレンジング

クレンジングはインナードライ対策の中でも重要なスキンケアの1つです。
無理にゴシゴシと摩擦を与えてしまったり、メイクを落としきれずにいると酸化してしまったり、合わないクレンジングは肌トラブルを招いてしまいます。

クレンジング
クレンジングを選ぶときに重要なのは、保湿成分を落とし過ぎないものにすることです。

インナードライは肌表面には皮脂がありテカっていることから、その皮脂を落とそうとさっぱりとしたものを選んでしまいがちなのですが、これは間違いです。

特に成分に界面活性剤を含んでいるものは、保湿に必要なセラミドまで洗い流してしまうことがあるので注意が必要です。

肌の潤いを残したままメイクを落としてくれるのは、クリームタイプのクレンジングがオススメです。

クレンジング女性
クリームタイプは、肌に馴染みやすく肌への摩擦も少ない点から見ても、肌に優しく潤いも残してくれるインナードライを引き起こしにくいクレンジングだと言えます。

洗顔

インナードライで肌表面の皮脂が気になって、一日に何度も洗顔をしてしまう。
これは、大きな間違いで、ますますインナードライを悪化させてしまいます。

洗顔を何度も行って、肌の皮脂を取りすぎてしまうと、肌は新しい皮脂を出そうとしてもっとたくさんの皮脂を送り出します。

皮脂の分泌は増えてしまい、ますますテカってしまうことに。
だからといって、皮脂を残しておいても皮脂が酸化してしまい、その参加した皮脂が原因でニキビや毛穴の開きといった肌トラブルを招いてしまいます。

美肌

皮脂は取りすぎても残しすぎても肌にはよくありません。
洗顔は不要な皮脂をきちんと洗い流すということが重要なのです。

そのためには洗顔は一日二回、なるべく不要な成分の入っていないもので行うようにしましょう。泡立ちがいい洗顔料で洗うとしっかりと洗えている気分にはなりますが、その洗顔料は発泡剤という余計な成分を含んでいます。

洗顔泡

洗顔は不要な皮脂を落とすというシンプルなもの。無駄な成分が入っていない固形石鹸をしっかりと泡立てて行うのがオススメです。

美容液

クレンジング、洗顔で汚れや不要な皮脂を洗い流した後には、しっかりとした保湿をすることが大切です。
インナードライの肌は内側が乾いてしまっていますから、しっかりと適切な美容液を使って対策をすることが必要なのです。

美容液

インナードライ対策のポイントとなるのが『セラミド』です。

水を蓄える性質を持つセラミドは肌の保湿には欠かせません。
セラミドを配合した美容液がインナードライ対策には有効なのです。

美容液にはさらに保湿成分に加えて油分も含まれています。

セラミド
その油分が保湿した水分が蒸発するのを防いでくれ、内側が乾いてしまうことを防いでくれます。

化粧水だけでは補った水分が蒸発してしまい、肌の内側が乾いてしまうことを防げません。化粧水に加えて、美容液も使ったスペシャルな保湿ケアをすることで、乾燥を防ぎインナードライの対策をすることができるのです。

セラミドと油分を含む美容液を使って、インナードライ対策をしていきましょう!

クリーム

クリームをつけるとべたつくから肌表面がテカっているインナードライには向かないのでは?と考えてしまっていませんか?

それは間違いです。

クリーム

インナードライの対策で一番大切なのは、しっかりと保湿してあげること。
クリームを使ったスペシャルなケアはインナードライの肌にとても効果があるのです。

クリームは夜寝る前につけるのが効果的。

寝ている間も人はコップ一杯分の汗をかくというのは有名な話ですが、それだけの水分を失うということは肌も乾燥していきます。
それをクリームでしっかり蓋をして防いであげることで、インナードライは対策することができるのです。

時間

それに夜は肌が生まれ変わる大事な時間帯でもあります。
そのときにクリームでしっかりと保護することで、肌がしっかりと生まれ変わることができ、調子も整うのです。

キュレル商品はインナードライに効果あり?

乾燥性敏感肌の方におすすめで、肌に優しいイメージのあるキュレル商品ですが、インナードライ対策としても効果的なのでしょうか?

その答えはイエスです。

なぜならキュレルは、肌本来のセラミドの働きを守り補ってくれることに重点を置いた商品だからです。

キュレルの洗顔料は、洗顔で流れてしまいがちなセラミドを守って洗うことができるものです。
保湿もキュレルが独自に開発したセラミド機能成分が、肌本来の持っているセラミドの働きを補い、角層のすみずみにまで浸透し潤いで満たしてくれる商品です。

キュレルはそもそもがセラミドを補うということを目標に開発されており、洗浄から保湿まで一貫してセラミドにこだわったものです。

乾燥性敏感肌に有効で低刺激、赤ちゃんから年を重ねても使うことのできるキュレル。
乾燥性敏感肌もインナードライも大切なのは保湿でセラミドを補うこと。

この2つは対策が共通しているため、乾燥性敏感肌のための商品であるキュレルは、インナードライ対策としても効果的なのです。

キュレルは低刺激でもありますから、誰でも気軽に試してみることができます。
インナードライで悩んでいて、何を使ったらいいか分からないというときにはキュレルから試してみるとよいでしょう。

インナードライには化粧下地を塗ることが重要

インナードライには何よりも保湿が重要で、スキンケアでも保湿を重要視すればいいことが分かりました。

では、メイクをする時にはどんなことに注意すればよいのでしょうか?

インナードライの場合は、メイクアップでも保湿成分に着目しましょう。

肌に一番最初に触れる化粧下地は特に大切で、塗ることでインナードライから来る化粧のノリの悪さや、化粧崩れまで防いでくれます。

化粧下地

化粧下地は保湿成分配合のものを選ぶことで、乾燥することを防ぎましょう。

また、皮脂を吸着してくれるパウダーが配合されているもの、油分を含まないものを選ぶことで、過剰に出る皮脂を抑えてくれ、肌表面だけがテカってしまうインナードライの症状を抑えられます。

こういったものを選ぶと、表面はテカっているのに内面は乾燥していることを防いでくれ、皮脂を吸収してくれることで、メイクのノリもよくなりますし、メイクが長持ちして崩れにくいという効果もあるのです。

メイク

化粧下地を選ぶ際にもインナードライ対策を考えるなら、一番着目してほしいのは保湿成分が含まれているかどうかという点です。

化粧下地の成分表に着目してインナードライに立ち向かいましょう!

<皮脂対策をしない>
油とり紙やティッシュなどで皮脂を必要以上にとらない。
みなさん油とり紙やティッシュなどで鼻の油をついついとりがちだと思いますが、それはお肌から水分を蒸発させ、繰り返しすることにより、摩擦で肌を傷つけてしまいます。●顔をごしごしと洗わない。
顔を念入りにごしごしと洗ったり、1日に洗顔する回数を増やしてしまうと、肌の乾燥を促進させる原因となります。
また合成界面活性剤入りの洗顔料は、肌の保湿機能を弱めてしまうためにおすすめしません。

過度な皮脂対策をしてしまうと、さらに皮脂分泌を促進させてしまうため、ますますインナードライを起こす原因となります。

<保湿をする>
ぬるま湯で洗顔をする。
冷たい水で洗顔をしてしまうと、肌の油脂を抜きすぎてしまいます。
毎日繰り返し行うことにより、肌の保水機能を下げ、インナードライの原因となります。洗顔時の水温は、30度から35度くらいがおすすめです。●肌に刺激が少ない洗顔料を使用する。
洗浄力が強く、刺激が強い洗顔料は、細胞と細胞の間にある脂質を刺激します。そのことにより、角質の保水力を低下させ、インナードライの原因となります。

肌への刺激が強い、合成界面活性剤であるクレンジングは特におすすしません。
毎日肌に乗せるファンデーションをお湯で落ちやすいものにしたり、メイク落としと洗顔が行える洗顔石鹸で肌になるべく刺激を与えないよう、泡立てながら優しくあらうことが大切です。

 

水分をたっぷりと肌になじませる。
肌が乾燥し、水分不足のために皮脂分泌が過剰になっている状態がインナードライなので、角質を保湿することが大切です。たっぷりと水分を入れてあげましょう。

お風呂にはいったり、洗顔をした後は、皮脂膜や保湿クリームも一緒に洗い流してしまうため、洗顔が終わったら、すぐに化粧水を肌になじませましょう。
洗顔から1分以内に化粧水をぬることが乾燥を防ぎます。

潤いを与える化粧水をたっぷり入れた後に、すぐに保護膜である美容液を入れ、保湿クリームの油膜でしっかりフタをすることをおすすめします。
こうすることで、潤いを角質の中にしっかりとに入れ、閉じ込められます。

顔脱毛サロン

顔脱毛が安いおすすめサロンランキング!効果・料金・口コミあり

美肌・美白効果も期待して人気が高まっている顔脱毛。 気になる異性と会う予定の日、デート直前に顔脱毛をする女性も […]

コメントなし
フェイシャルエステ

顔のたるみにはフェイシャルエステが効果的!ほうれい線も消える?

あれ?30代になって顔がたるんできた。 そんな女性は多いのではないでしょうか? 結婚式や同窓会の写真を見るとし […]

コメントなし
毛穴ケアエステ

毛穴エステのおすすめランキング!口コミ体験と効果は?

毛穴の汚れやたるみ 女性にとって毎日のお化粧や加齢によるコラーゲンの減少などで、 年々黒ズミや肌のたるみはあり […]

コメントなし

毛穴に効く化粧品ランキング!毛穴開きに引き締め効果のあるプチプラ商品!

「毛穴の黒ズミが気になる」 「毛穴を引き締めたい」 など毛穴ケアを気にする方はとても多いです。 しかし毛穴の改 […]

コメントなし
美白化粧品

シミに効く美白化粧品ランキング|効果が高いおすすめプチプラ化粧品!

あれっこんなところにシミが と感じた女性も多いのではないでしょうか 30歳前後になると気になるのがシミですね。 […]

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
フェイシャルエステランキング

フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!

「毛穴が気になる」 「しわやシミが気になる」 「ニキビができてきた」 など顔の悩みが深くなってきた際に気になる […]

コメントなし
産毛脱毛

産毛の脱毛おすすめサロン!顔・背中・うなじ部位の効果と医療比較

脱毛サロンでの脱毛といえば、ワキやVIOなどのデリケートゾーンだと思うかもしれないですが、最近では産毛の脱毛も […]

コメントなし
美顔

顔の医療脱毛・サロンの口コミおすすめランキング!!効果や料金を徹底比較!

Contents1 顔脱毛のおすすめランキング2 顔の医療脱毛のおすすめランキング3 顔脱毛の選び方4 各脱毛 […]

コメントなし
セラミド

セラミドの効果とは?種類やサプリ・化粧品・食べ物の摂取方法をご紹介!

「最近なんだか肌に元気がない」 「数年前の写真と比べてみると明らかにたるんでる」 「乾燥でしわが気になる」 な […]

コメントなし
目の下のたるみ

目の下のたるみは老けの始まり…原因4つと改善方法

あなたは、目の下のたるみ気になりますか?目の下がたるんでいると目尻が下がって、顔に覇気が感じられず疲れて見えて […]

コメントなし
年齢肌を感じさせない女性

乾燥肌の原因と症状は?年齢肌対策のおすすめ化粧品ランキング!

女性なら誰しも一度は通ると思われる年齢肌。 スキンケアは毎日して乾燥対策のために保湿をたくさんしているのに、な […]

コメントなし
しわ

ゴルゴラインを消す方法!原因は加齢しわ?パソコンのみすぎ?

ゴルゴラインがあると険しい顔つきになって、ガクンと老けて見られます。 ほうれい線は有名ですが、最近はゴルゴライ […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線 […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

アンチエイジングの大敵インナードライの女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • かかとのガサガサやひび割れの原因は乾燥?治すケア方法までご紹介!

  • ヒルドイドは究極のアンチエイジングクリーム?効果や副作用は?

  • 知らないのはもったいない!?まつエクを長持ちさせるマル秘テク

  • 若々しさの秘訣とは?健康的な女性の特徴まとめ

  • アスタキサンチンとは?肌の抗酸化力に効果ある美肌成分

  • Tゾーンのテカりやニキビは乾燥が原因!?

人気記事

  • 【楽して痩せる方法】面倒くさがり屋が手っ取り早く痩せる15の方法

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。