エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 頭痛やイライラ・・更年期障害は漢方の力でケア

頭痛やイライラ・・更年期障害は漢方の力でケア

朝から晩まで一日中体が疲れる、小さなことに腹が立ってイライラしてしまう、急に不安な気持ちになる、肩の凝りや頭痛がひどい、手足が冷えて眠れない・・・。

こうした体の不調を感じたこと、ありませんか?これは俗にいう「更年期障害」と呼ばれるもの。

 

45〜55歳の女性の多くが、こうした辛い症状に悩まされています。女性ホルモン・エストロゲンの分泌量は30代がピーク。

 

そして40代に入るとまた、急激にその量が減ってゆきます。また、閉経によって卵巣で生産される黄体ホルモン・プロゲステロンの量が低下。

こうしたホルモンバランスの乱れに体と心、脳がうまくついていけずに混乱を起こし、目の疲れ、疲れやすい、寝付きが悪い、めまいといった不調につながってしまうんです。では、こうした更年期障害の症状を漢方で治療できるのでしょうか?

 

エストロゲンの働き

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、別名細胞ホルモンとも呼ばれています。このホルモンの分泌量は30代をピークに、年齢とともに少しずつゆるやかに減少。

エストロゲンにはコラーゲンの生産を促すによって肌を健やかな状態に保つほか、毛穴から分泌される皮脂の量を調整したり、肌内部の水分量をコントロールしたり、血管を広げて血流をよくする働きがあるんです。また、イライラした気持ちを和らげるリラックス効果も。

 

女性らしい丸みのあるヒップやバスト、しなやかなボディライン、自然なハリ・ツヤに満ちた肌と髪の毛を保ち、心と体の健康を司る働きを持つエストロゲンは女性にとってなくてはならない存在なのです。

 

そうした素晴らしい働きを持つエストロゲンの分泌量が減る年齢を迎えたら、まずあなたができることは何か。更年期障害だからと受け入れるのも、大切なことかもしれません。しかしそれだけでなく、漢方の力で根本となる体質を改善してみてはいかがでしょうか。

 

どんな漢方がいいの?

ここでは、一般的にいいとされている漢方をいくつかご紹介します。漢方には大きな副作用はないとされていますが、必ずしもないとは言い切れません。その日の体調や気分、もともとの体質も関係する場合があるので、心配な方は一度専門医に相談してみるといいですよ。

 

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

おおよそ10種類の生薬が配合されている漢方で、滞った血液の流れをよくして体の代謝を高めてくれます。血のめぐりがよくなると末端の手足、脳まできちんと栄養分や酸素が行き届くため、疲労回復に効果が見込めるんです。

また崩れたホルモンのバランスを整えて、気持ちの乱れからくるイライラ、不安、やる気の欠如、集中力がない、気分が落ち込むなどの精神的トラブルも安定させてくれるのだと言います。更年期障害のひとつ、自律神経失調症にも使われており、症状の緩和に役立つそうです。

 

抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)

みかんの皮を乾燥させた陳皮と呼ばれる生薬が配合されています。柑橘系の果物に多く含まれるポリフェノールの一種「ヘスペリジン」という成分には、末梢血管を強くして血液の流れをよくして冷えを改善。

 

さらに、当帰(トウキ)という生薬の働きによって血行がよくなります。血管を流れる血液の量が増えると、脳に運ばれる酸素の量も増加。

手足だけでなく脳にきちんと酸素が行き渡ることにより、立ちくらみ・めまいなどの貧血症状を和らげられるのだそうです。

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

貧血、めまい、肩凝り、疲れやすいなど、体の冷えによる症状を和らげる働きがあります。滞った血液の流れをスムーズにして、加齢とともに低下する体の基礎代謝をアップ。

代謝が高まることにより、ひどい肩の凝りが改善されます。また、疲労物質である乳酸も外に出ていきやすくなるため、疲労を回復させる効果もあるんです。

 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

体の代謝機能を高めて血のめぐりをよくし、冷えによって起こる腰痛、手足の冷え、便秘、顔のくすみ、目の疲れを改善する働きがあります。

血行が悪くなって便秘になると、下っ腹が出て幼児のような体形になってしまうばかりか、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを招いてしまうんです。

肌のコンディションがよければ、気持ちも前向きな状態をキープできるはず。ちなみにこの漢方は、体がしっかりしている人に向いているようです。

 

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

「黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)」には4種類の天然由来の生薬が配合されています。顔がのぼせ気味で赤くなったり、イライラしたりなかなか夜寝付けない、気持ちが不安定になりやすいなどの症状を和らげる働きがあるようです。また、二日酔いや多汗症のケアにも使われています。

 

五苓散(ゴレイサン)

5種類の生薬が配合されている「五苓散(ゴレイサン)」。利尿作用を促して、体の中に溜まった水分の量をコントロールし、スムーズに排出する働きがあるのだといわれています。むくみや頭痛、めまい、お腹の下痢などの症状を改善する働きがあるのだそうです。

 

このように、漢方に用いられている生薬には、汗をかきやすい、のぼせ、偏頭痛がひどい、わけもなくイライラする、小さなことが気になって仕方がない、体がほてる、手足が冷える、寝ても全然疲れがとれない、目の疲れなどの心と体の不調を根本から改善する効果が見込めるんです。

体質や体格、症状によって向き不向きがあるため、まずはかかりつけの医師に相談してみましょう。

 

まとめ:健やかな健康を維持しよう

30代は分泌が高まり、女性として心も体も一番潤う時期だと言われています。しかし、40代を迎えるとホルモンの変化によって心と体のバランスが崩れてしまうんです。

 

漢方に用いられている生薬には、植物の根、茎、葉から摂れるファイトケミカルという植物性化学物質が豊富に含まれています。これらを多く含む漢方には、症状ピンポイントではなく体の体質そのものを改善する力があるのです。

 

根本的な体の体質をケアすることで、更年期障害の症状を少しずつ和らげられるのかもしれません。漢方は毎日コツコツ続けることでその底力を発揮するのです。有酸素運動や正しい食生活プラスアルファ漢方を取り入れて、健康な心と体を育んでいきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期障害?イライラが止まらない時の処方箋はコレ

  • 胃腸が弱い人は鍛えてアンチエイジング♪

  • αリポ酸の抗酸化作用でさびついた体をこんなに変えられる

  • 長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

  • 体の老化は脳に左右されていた!脳を活性化する方法とは?

  • 青汁サプリメント口コミランキング!錠剤・粒タイプと粉末の違いやダイエット効果もご紹介!