女性の美容と癒しの総合マガジン

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノン効果特徴

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。

剛毛や毛深い女性にも対応できていますし、女性だけではく男性のヒゲにも使われてます。

Yoshiko
家庭用脱毛器って使ったことある?
Yui
あるよ!姉が持ってた”ケノン”っていう脱毛器!
Yoshiko
へぇ~!効果はあった?
Yui
うん!今も使っているけど、4.5回目くらいから毛が生えるペースが遅くなってきたよ!
Yoshiko
えー、すごい!でも高いよね?
Yui
サロンに通うよりかは全然安いよ?私みたいに姉妹やお父さんお母さん、みんなでシェアできるし!
Yoshiko
なるほど!”ケノン”について調べてみよう!

 

ここでは

・家庭用脱毛器ケノンとは?
・ケノンの仕組みは?
・ケノンと他商品やエステとの比較

を紹介します。

目次

家庭用脱毛器ケノンとは?

ケノンとは

ケノンとは家庭用脱毛器で6年連続で楽天1位を獲得している売れ筋ナンバーワンの商品です。

家庭用脱毛器とは脱毛エステと同時に流行った自己処理脱毛の方法で、脱毛エステが恥ずかしいといった層や予約や痛みが苦手といった方に適している脱毛方法で人気を集めています。

ケノンは家庭用脱毛器で6年間で1日も1位の座を譲ったことがないと自負しているように他社製品と比較してもものすごい特徴を持っています。

下記にてそれらの特徴を列挙します。

  1. 痛みがない(連続6連射、照射レベルは10段階)
  2. 施術時間が短い(照射範囲は施術時間と連動)
  3. 全身脱毛が20年出来る(照射回数は100万発)
  4. 衛生面(カートリッジ方式)
  5. フェイシャルエステ(美顔器用カートリッジ)

 

①痛みがない

ケノンは連続6連射の機能があります。
これがどんな効果があるかですが、脱毛エステは痛みがあるという事は知られていると思います。

レーザー脱毛と異なり、ケノンは光脱毛ですので、痛みが少ないですがそれでも顔やデリケートゾーンは皮膚も薄く痛みが伴うといわれています。

そんな痛みで脱毛できないと本末転倒です。
6連射にすることで1回の痛みの度合いを減らし脱毛効果を保つ施策をしています。

連続ショット6回

②施術時間が短い(照射範囲は施術時間と連動)

照射範囲は家庭用脱毛器を使うために必要な判断軸です。
この照射範囲が狭いと全身の脱毛をするまでに何回も照射しないといけません。

ケノンは全身脱毛の時間が60分と脱毛エステ並みですが他社製品は2時間以上かかる家庭用脱毛器もあります。

③全身脱毛が20年出来る(照射回数は100万発)

照射回数とは、家庭用脱毛器で何回脱毛が出来るかの指標です。
ケノンの照射範囲ですと全身脱毛に600ショット必要といわれています。
これが狭いと900~1000回もかかります。

仮に10万発の照射回数ですと、1000回で100回の全身脱毛が可能になります。
脱毛効果まで12回~20回といわれていますので、5年程度で使えなくなってしまいます。

全身脱毛

加えてこれは照射レベルが最低の1レベルの場合ですので、どんな商品も脱毛効果が高い照射レベルになると、5分の1から10分の1程度の照射回数になります。

そうすると、購入したのに1年もしくは半年しか全身脱毛が出来ないという計算になってしまいます。

ケノンは照射レベル10でも500回全身脱毛が出来ますので、年間25回全身脱毛施術をしても20年使えます。

④衛生面(カートリッジ方式)

ケノンはカートリッジ方式と取り入れています。
このメリットは、家族など多くの方で使えるという点の衛生面と用途によって、カートリッジを取り替えられます。

ケノンのカートリッジ

デリケートゾーンだと狭い範囲を施術出来る方がよいですし、脚だと広い範囲が良いでしょう。
またフェイシャルエステ専門のカートリッジもケノンには付属しています。

⑤フェイシャルエステ(美顔器用カートリッジ)

フォトフェイシャルカートリッジ

ケノンの付属品の美顔器カートリッジはフェイシャルエステ機能があります。
フェイシャルエステはエステサロンだと1回12000円~20000円かかることもありますので、それだけでもケノンを購入するメリットは高いといえるでしょう。

ケノンのバージョンは最新式を?

中古などの場合、ケノンのバージョンが古い可能性があります。

ケノンは常に開発しているので、最新式とその前の脱毛器ですと5倍近く効果が変わったりします。

なので常に最新バージョンのケノンをお使いください。

Saori
失敗せずにケノンを購入するなら絶対に最新バージョンを選びましょう!
下のボタンから公式サイトで最新のケノンをチェック♪

ケノンの公式サイト

[surfing_other_article id=13442]

家庭用脱毛器の種類とケノンの仕組みは

家庭用脱毛器は3種類大きく分けて脱毛手法が異なる脱毛器があります。

それぞれの効果や脱毛方式が異なります。
まずは下記にてそれらの種類と違いを表してみます。

ケノンの仕組みは?

ケノンの仕組み

ケノンは光脱毛と呼ばれるミュゼプラチナムなどと同様の脱毛手法です。
これは脱毛効果は医療レーザーより低いですが、痛みが少なく美肌効果もある手法です。

またケノンはカートリッジ方式を採用しており、カートリッジを変えることで
フェイシャル・剛毛・毛深い女子にも対応出来るようにしております。

照射範囲が広いことで脱毛時間も短くしてますし、照射レベルや回数を多くして痛みが長く使えるような仕組みにしています。

他社製品と比較しても圧倒的に良い商品といえるでしょう。

ケノンの脱毛効果はある?ない?

脱毛効果

さて次にケノンの効果についてです。

やはりケノンは商品価格が7万円近くしますので効果が気になりますよね。
医療脱毛や脱毛エステと比較するとどうか?

他家庭用脱毛器と比較するとどうか?などについて下記ではご紹介していきます。

ケノンの効果的な脱毛頻度は?

Saori
ケノンを効果的に使うには適切な頻度で脱毛することが大切♪
どれくらいの頻度で脱毛したら良いのかな?

ケノンの脱毛頻度は2週間に1回程度がベストとなっています。

まずは最大でも2週間に1回の施術からはじめて、脱毛が進んできたら少し間隔を延ばしてある程度ムダ毛が生えそろってきた時点で施術をすると効果的です。

早く脱毛を進めたいからと言って2週間に1回以上の頻度で脱毛してしまうと、肌に負担をかけてしまうことになります。

早く脱毛したい人はしっかりとこの2週間に1回の頻度を守って継続的に施術していきましょう。

スケジュール帳に脱毛した日を記入しておくこともおすすめです。

ケノンで効果が出るまでの期間・回数は?

Saori
ケノンで脱毛をして、効果が出るまでの期間や回数をチェック♪
サロンの脱毛機と比較してみますね!

IPL脱毛機を利用した一般的な脱毛サロンで脱毛を行うと、平均的に必要な回数は6回から12回程度と言われています。
IPL脱毛では2から3回目程度から脱毛効果を少しづつ実感する人が多いです。

ケノン利用者も3、4回目あたりから脱毛効果を実感している人が多いようです。

ケノンで脱毛完了を目指す場合は脱毛エステの+4回程度が目安となるので、10回から16回程度が目安の脱毛回数と言えます。

1か月に2回施術を行う計算をすると、10回の施術を終えるのに必要な回数は5カ月となり、16回の施術を行おうと思うと、8カ月ほどかかることになります。

なので毛が薄い人は半年程度で満足できるかもしれませんが、元々剛毛な人はさらにこの1.5倍の1年から2年程度かけて脱毛を行っていくことをイメージしておくといいでしょう。

照射レベルは?

脱毛効果をあげたい方は10段階ある照射レベルを上げてもらえれば効果が得やすいです。

また6連射も可能にしているので痛みに弱い方でも同等の時間で効果が出るような仕組みになっています。

Saori
他の家庭用脱毛器よりもレベル分けが細かいのがケノンの特徴♪
部位や肌質に合わせてレベルを使い分けることで高い効果を期待できます!
下のボタンから公式サイトで購入できます♪

ケノンの公式サイト

[surfing_other_article id=13449]

実際の口コミ

ケノンで埋没毛が綺麗に

他商品と比較して一番レビューが良かったケノンを購入しました。
脱毛サロンとも比較しましたが、サロンで脱毛するには恥ずかしい部位も自宅でいつでも手軽に脱毛できるのでケノンを購入。
私は全身の毛量は普通ですが、敏感肌で脚の埋没毛に悩まされていました。
Vラインと埋没毛でブツブツしていた脚に2週間に一度のペースでケノンを使っていますが、Vラインは2ヶ月で綺麗に、脚は3ヶ月経った頃から埋没毛が綺麗になったことを実感しました。
カミソリで自己処理していた時はカミソリ負けしたり、肌がカサカサしましたが、ケノンは敏感肌でも安心して使うことができて肌がツルツルになります。
痛みや刺激もなく、カミソリよりも綺麗になるのでケノンを購入して良かったです。

実際の口コミ

カミソリ等よりずっと楽!

毛が濃く太さも密度も高かったので脱毛必須でしたが、敏感肌のためワキなどの薄い皮膚のところがカミソリ負けしてしまうので頻繁に処理できませんでした。
除毛が必要な時は敏感肌用電気シェーバーで除毛していましたが、剃った後毛根のプツプツが目立って見た目が汚くなるのが嫌でした。
脱毛器だとカミソリよりも肌を傷めずに毛を薄くと聞いたのでネットで色々探し、値段・評価からケノンを購入しました。
使用した部位はワキ・腕・太もも~つま先までの足です。
出力が設定できるので部位によって強さを調節できたので肌が赤くなったりせず続けられ、1年位続けて特に腕・ワキ部分の濃さ・太さ・密度が軽減されてきました。
足も密度は軽減しましたが、太さ・濃さはまだまだなのでもう少し頑張る必要がありそうです。
肌に異常が出にくく継続しやすいのが良い点ですが、すぐに効果が出ないことはシェーバーやカミソリと比べた時の難点に思います。

ケノン脱毛器は美顔効果もある?

フェイシャルエステ

ケノンには美顔器用のカートリッジが付属していますので美顔効果は期待できます。

フォトフェイシャルと呼ばれる光の波長を利用したもので、しわやほうれい線などに効果が期待出来るでしょう。

フェイシャルエステは1回サロンだと12000円~20000円するのでとてもお得なカートリッジといえるでしょう。

[surfing_other_article id=13445]

ケノンは永久脱毛効果もある?

ケノンに永久脱毛の効果があるか?ですが、これは難しいですが、
多くの皆さまが捉えている永久脱毛の効果はありません。

国の定義する永久脱毛とは一定期間減毛することですのでそのロジックからするとケノンに永久脱毛の効果はあるでしょう。

しかし多くのことは永久に生えない事を永久脱毛と解釈しているので、その解釈でいうと医療クリニックで行う脱毛以外は永久脱毛の効果はないといえるでしょう。

参照:永久脱毛とは?

ケノンは剛毛やヒゲにも効果ある?

ケノンは剛毛女子や毛深い女子または男性のヒゲ脱毛にも使用されています。

基本標準のカートリッジも3つありますし、それ以外でも1つのカートリッジがあります。
基本標準のストロングカートリッジは毛深い剛毛女子やヒゲ脱毛にも効果があります。

デリケートゾーンなどにも使えるのがこのストロングカートリッジです。

[surfing_other_article id=13455]

参照:毛深い剛毛の方の脱毛はこちら

脱毛の効果を決める判断軸とは?

脱毛器ケノンは、カートリッジや照射レベル、連射機能、連射数が設定出来るようになっています。

これらの細かい調節によって脱毛効果が左右してくるので、自分の要望に合った設定で、家庭用脱毛機ケノンを使いこなしましょう。

照射面積の範囲は効果にどう影響する?

照射面積はケノンのカートリッジによって左右します。
ケノンには、脱毛用カートリッジの

  • エクストララージカートリッジ
  • ラージカートリッジ
  • ストロングカートリッジ
  • プレミアムカートリッジ

美顔器として利用する
・スキンケアカートリッジ
の5タイプが存在します。

照射面積の違いは、

  • エクストララージカートリッジ:3.7センチ×2.5センチ
  • ラージカートリッジ:3.5センチ×2.0センチ
  • ストロングカートリッジ:3.0センチ×1.5センチ
  • スキンケアカートリッジ:3.0センチ×1.5センチ
  • プレミアムカートリッジ:3.5センチ×2センチ

となっています。

照射面積が広いカートリッジを選択すれば、広範囲の脱毛をスピーディに行うことが出来ます。
一方照射面積の狭いカートリッジは、Vラインなどの細かい部位を丁寧に脱毛するのに優れています。

照射レベルが多いと効果に影響する?

ケノンの照射レベルは、照射出力最小の1から照射出力最大の10まで自分で好きな出力に調節することが出来ます。

照射レベルを比較してみてみると、

  • スムーズな脱毛効果が期待出来る:レベル8から10
  • 自分のペースで脱毛出来る:レベル5から7
  • 肌に優しく脱毛出来る:レベル3から4
  • 痛み刺激に弱い人でも脱毛出来る:レベル1から2

となっています。

出力が高ければ高いほど高い脱毛効果が期待出来ますが、その反面施術時の痛みも強く感じられます。
出力が低いと肌に優しく施術時の痛みも緩和されますが、その分脱毛効果を実感するまでに長期間を要します。

連射機能は脱毛効果にどう影響する?

ケノンには連続照射機能も備わっています。
ケノンの照射機能は、

  • ワンショット
  • 3連射
  • 6連射

の3パターンから選択することが可能です。

連続照射にした方がたくさん照射出来てお得だと勘違いしてしまう人もいますが、連射数を上げるとその分1ショットあたりの照射出力が下がってしまうことになります。
高い脱毛効果を期待したいのであれば、連射機能は使用せずワンショットで施術をすすめていくのがベストです。

照射数はどう影響する?

ケノンはカートリッジによって照射出来る回数が異なります。

  • エクストララージカートリッジ:レベル1の場合20万発、レベル10の場合1万発
  • ラージカートリッジ:レベル1の場合20万発、レベル10の場合13043発
  • ストロングカートリッジ:レベル1の場合8万5千発、レベル10の場合8,400発
  • プレミアムカートリッジ:レベル1の場合100万発、レベル10の場合30万発

レベル10で使用した場合、エクストララージカートリッジなら17回、ラージカートリッジなら22回、プレミアムカートリッジなら500回全身脱毛することが出来ます。

脱毛は回数を繰り返せば繰り返すほど、脱毛効果も安定してきます。

カートリッジは脱毛効果にどう影響する?

ケノンの脱毛効果はカートリッジの機能によっても異なります。
ケノンのカートリッジの中で一番脱毛効果が高いのがストロングカートリッジになります。

ストロングカートリッジは脱毛効果が高い分、照射面積がラージカートリッジやエクストララージカートリッジよりも狭くなっています。

ケノン利用者の多くはレベル8以上の出力で利用していますが、ラージカートリッジのレベル10でも脱毛効果が弱いと感じる人にはストロングカートリッジがおすすめです。

ストロングカートリッジは出力が高い分、火傷などの肌トラブルのリスクも高くなります。
照射出力の設定は十分慎重に行いましょう。

ケノンとの他商品との脱毛効果の比較

※照射面積・レベル・連射・照射数・カードリッジ、痛みなどで比較して下さい。

ケノンとラヴィ

ケノンとラヴィはどちらも家庭用IPL脱毛機です。

ラヴィは女性誌などでもよく紹介されているため、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

照射面積

ケノン:4.5から9.25平方センチメートル
ラヴィ:7.4平方センチメートル

ケノンとラヴィの照射面積を比較すると、ケノンの方が照射面積が広くなっています。

広範囲の脱毛を行う場合は少しでも照射面積が広い方が施術しやすいので、全身脱毛を考えている人にはケノンがおすすめです。

レベル

ケノン:10段階調節
ラヴィ:7段階調節

照射レベルで比較すると、ケノンの方がより細かいレベル調節を行うことが出来ます。

どちらも十分な段階調節ですが、ケノンとラヴィで比較するとケノンの方が肌状態や体調に合わせて毎回細かくセッティング出来るので、よりキメの細かい施術を行うことが出来ます。

連射

ケノン:1、3、6連射
ラヴィ:1、2、5連射

ケノンとラヴィではケノンの方が最大連射数が多くなっています。

敏感肌の人は回数を分けて照射するのもおすすめです。

照射数

ケノン:最大100万発
ラヴィ:10万発
ケノンの照射数はカートリッジによって異なります。

しかしラヴィの10万発と比較すると、ケノンの100万発がいかに多いかが実感できますね。
1つのカートリッジで全身脱毛も行う場合は、ケノンが1歩リードですね。

どちらの脱毛機も、照射回数が液晶ディスプレイに表示されるので、残りの照射回数を確認しながら施術をすすめていくことが出来ます。

カードリッジ

ケノン:脱毛カートリッジ4種類、美顔カートリッジ1種類
ラヴィ:脱毛カートリッジ1種類、美顔カートリッジ1種類

ラヴィは脱毛カートリッジが1種類のみとなっています。

優柔不断な人は選択しやすいかもしれませんが、照射部位に合わせてカートリッジを使い分けたい場合はケノンがおすすめです。

痛み

ケノン:レベル8以上で痛みが強い

ラヴィ:痛みは比較的抑えられていますが、顔への施術は痛みを強く感じる人もいるので冷却してからの利用がおすすめです。

ケノンとラヴィで比較すると、ケノンの方が機能に多用性があります。
特に広範囲の脱毛を検討している場合は、ケノンの方が便利でしょう。

ケノンとトリア

ケノンとトリアは家庭用脱毛機の中でもよく比較される代表的なIPL脱毛機とレーザー脱毛機です。

どちらも家庭用なので安全に使用することが出来ますが、それぞれスペックが異なるのでチェックしていきましょう。

照射面積

ケノン:4.5から9.25平方センチメートルの長方形
トリア:直径1センチ弱の円形

ケノンの1回あたりの照射面積はトリアの約12倍に相当します。
この照射面積の狭さはトリアのデメリットの1つでもあり、広範囲の施術を考えている人にはケノンの方がおすすめです。

レベル

ケノン:10段階調節
トリア:5段階調節

ケノンはトリアよりもより細かいレベル調節が出来るようになっています。
脱毛初心者は痛みの少ない低いレベルから挑戦できるのもケノンのメリットです。

連射

ケノン:1、3、6連射
トリア:連射機能なし

連射機能を利用すると出力が落ちてしまいますが、連射機能はより細かなレベル調節を行うのに優れています。
連射機能があるかないかで比較すると、もちろん連射機能がついている方が理想的です。

照射数

ケノン:最大100万発
トリア:最大15万発

照射数はケノンの方が6以上多いです。

カードリッジ

ケノン:脱毛カートリッジ4種類、美顔カートリッジ1種類
トリア:カートリッジなし(本体ごと取り換えが必要)

トリアはカートリッジがないので、充電が出来ない状態になったら本体ごと取り換える必要があります。

痛み

ケノン:レベル8以上で痛みが強い
トリア:肌の奥が焼かれるような痛み

ケノンとトリアで比較すると、トリアは指などより細かい部位に対しての脱毛に向いています。

ケノンとソイエ 

ソイエはIPL脱毛機ではなく、毛を抜き取る脱毛機の1つです。

価格だけで比較して間違って購入しないように、それぞれの違いをしっかり押さえておきましょう。

/h4>照射面積

ケノン:4.5から9.25平方センチメートル
ソイエ:3つのディスクが連動して動くことで、広範囲の毛を一度に脱毛することが出来る

ソイエは3つのディスクが凹凸に対応してムダ毛を残さず抜き取ってくれます。
あくまでも抜くだけなので、施術後に長期的な脱毛効果は認められません。

レベル

ケノン:10段階調節
ソイエ:オン、オフのみ

連射

ケノン:1、3、6連射
ソイエ:なし

照射数

ケノン:最大100万発
ソイエ:なし

カードリッジ

ケノン:脱毛カートリッジ4種類、美顔カートリッジ1種類
ソイエ:なし

痛み

ケノン:レベル8以上で痛みが強い
ソイエ:ピンセットで抜くよりも痛みは少ない程度
ソイエの仕組みは毛を絡ませて抜くだけなので、ムダ毛をピンセットで抜かれる痛みと非常に似ています。

入浴時に利用できるようにもなっているので、毛穴が開いた状態で施術することで痛みは軽減します。

ケノンとローワン

ワーロンもケノンと同様、人気のIPL脱毛機の1つです。
細かな違いを理解して、自分にあった脱毛機を購入しましょう。

照射面積

ケノン:4.5から9.25平方センチメートル
ローワン:6.0平方センチメートル
ケノンはカートリッジによって照射面積が異なります。

レベル

ケノン:10段階調節
ローワン:8段階調節

連射

ケノン:1、3、6連射
ローワン:シングル、ダブル、トリプル

照射数

ケノン:最大100万発
ローワン:20万発

ケノンとローワンの大きな違いの1つが照射数です。
ケノンの100万発は業界の中でも最大照射数で、比較するとローワンの照射数が少なく感じられます。

カードリッジ

ケノン:脱毛カートリッジ4種類、美顔カートリッジ1種類
ローワン:脱毛カートリッジ1種類、スキンケアカートリッジ1種類

ケノンはカートリッジも豊富に用意されています。
一方ローワンは脱毛カートリッジとスキンケアカートリッジそれぞれ1種類づつなのでシンプルです。

痛み

ケノン:レベル8以上で痛みが強い
ローワン:レベル6以上で痛みが強い

ケノンとローワンで比較すると、ケノンの方が多機能なことが分かります。

ローワンや連射機能やレベル調節が比較的細かく設定できるようにはなっていますが、ケノンと比較するとケノンの方が多機能です。

ケノンとレイボーテグランデ

レイボーテは据え置き式の脱毛機の中でも人気の機種になります。
ケノンと同じように家族や友達とシェアして利用するのに向いています。

照射面積

ケノン:4.5から9.25平方センチメートル
レイボーテグランデ:12平方センチメートル
レイボーテの最大のメリットはこの広い照射面積です。
広範囲脱毛をスムーズに進めていくのに広範囲の照射面積は欠かせないので、全身脱毛を検討している人にレイボーテはおすすめです。

レベル

ケノン:10段階調節
レイボーテグランデ:10段階調節

連射

ケノン:1、3、6連射
レイボーテグランデ:10連射

レイボーテグランデには、連射機能に加えてクール機能が搭載されています。
クールヘッドは別売りとなっていますが、クールヘッドに取り換えることで効率的に施術前後の施術部位をクールダウンすることが出来ます。

照射数

ケノン:最大100万発
レイボーテグランデ:20万発
照射数で比較するとレイボーテの方が少し劣るスペックとなっています。

カードリッジ

ケノン:脱毛カートリッジ4種類、美顔カートリッジ1種類
レイボーテグランデ:脱毛カートリッジ3種類

レイボーテにはラージランプ、スモールランプ、フェイスランプの3種類のカートリッジが存在します。
スモールアタッチメントに取り換えることで、VIOなどの細かい部位も丁寧に脱毛することが可能です。

痛み

ケノン:レベル8以上で痛みが強い
レイボーテグランデ:最大照射面積が広い分、痛みが抑えられている

レイボーテは比較的高いコスト設定にはなっていますが、家族や友達とシェアして利用すればお得に利用できる脱毛機です。

家庭用脱毛器ケノンと他の脱毛手段との比較

下記ではケノンと他の脱毛手段との比較をしていきます。

効果の違いや料金、効果までの回数などをご紹介していきます。
是非、参考にしてください。

ケノンと脱毛サロンの違い

ケノン 脱毛エステ
目的 毛母細胞を刺激して弱める 毛母細胞を刺激して弱める
料金 68,000円 全身脱毛なら
6回13万
12回25万
痛み ない ケノンと比較すると多少ある
施術者 自分 エステティシャン
脱毛手法 光脱毛 光脱毛
効果までの回数 12回~20回 6回~8回

ケノンと医療脱毛の違い

ケノン 医療クリニック
目的 毛母細胞を刺激して弱める 毛母細胞を刺激して破壊する
料金 68,000円 全身5回28万
痛み 痛みなし かなり痛い
施術者 自分 医師
脱毛手法 光脱毛 レーザー脱毛
効果までの回数 12回~20回 5回前後

ケノンはどこで買うのが最安値?購入場所はamazon?楽天?

さて購入しようか検討する所まで来るとケノンの価格が気になります。
69800円ですので高い買い物ですね。

脱毛エステが全身脱毛だと6回10~15万円なのでそれと比較すれば安いですが、やはり最安値で購入したいという欲求があるのが人の性でしょう。

ではどこで購入すると最も安いのでしょうか?

ケノンを購入出来る場所は公式サイト・amazon・楽天の4つ

ケノンは主に上記3つの流通手段で卸売り業者を通さずに販売しています。

家電量販店などでは仲介料が高い事や価格競争に巻き込まれる可能性があるせいかケノンは取り扱いなしです。
ですので価格.comなどで比較してもどの業者もほぼ同じ価格になっています。

69800円です。

ケノンは公式サイト経由での特典を出している事が多いです。

カートリッジ特典をつけたり、商品価格を割引したりしています。
これらはいつ行うかはわかりませんが、公式サイト経由でのサービスを充実するというのは企業側としては至極当然でしょう。

中古品にはご注意!最新バージョンを購入すべき

ケノンは日々開発し商品をリニューアルしています。
例えばプレミアムカートリッジが出る前は最大照射回数が20万発でしたが、今は100万発です。

全身脱毛20年分ともいわれる回数ですが、以前は5分の1の4年分でした。
中古だとそういったリスクがありますし、加えて中古の場合カートリッジを追加購入できなかったり、故障の修理ができない可能性もあります。

Saori
ケノンは公式サイトで購入するのが一番お得♪
下のボタンを押して公式サイトに飛んでみましょう!

ケノンの公式サイト

ケノンの効果的な使い方について

1、シェービング

ケノンを使い始める前に、まずはしっかりとシェービングを行います。

ケノンは黒い色に反応して脱毛効果を発揮するため、毛が伸びている状態だと火傷など肌トラブルの原因になったり、熱エネルギーが毛根に届かず脱毛効果を軽減させてしまう原因になります。

シェービングはケノンを使う前日又は当日に行い、そり残しがないようにしっかりとチェックしましょう。

シェービングに使う器具は、肌ダメージを予防するためにもカミソリより電動シェーバーがおすすめです。

2、出力調節を行う

ケノンは最小出力のレベル1から最大出力レベル10までレベルを調節することが出来ます。

ネット上ではレベル7以上をおすすめしている人が多いですが、まずはレベル1または2からスタートしましょう。

回数を重ねてレベルを少しづつ上げていき、痛みや違和感を感じない程度で照射していきます。

また、ケノンには連続ショットの機能があります。

連続ショットは1回で行う方が脱毛効果が高く期待出来るので、肌に問題がなければ連続ショットは1回で使用することをおすすめします。

3、クーリング

ケノンは熱エネルギーを使用して脱毛を進めていく仕組みになっています。

そのため照射時には痛みや熱刺激を感じる人もいます。

照射の前にしっかりと肌表面をタオルでくるんだ保冷剤等でクーリングしてから施術を行っていきましょう。

4、照射

照射はケノンを肌表面にしっかりと密着させて行います。

肌に対して垂直に、少し押し当てるようにすると上手く照射することが出来ます。

5、クーリングとスキンケア

施術が終了したら、肌表面を再度クーリングして保湿などのスキンケアを行います。

このスキンケアを行うか行わないかでも脱毛効果に差が出るので、スキンケアはしっかりと丁寧に行いましょう。

また、脱毛中は紫外線を受けないように日頃から注意することも大切です。

脱毛器ケノンのQ&A

Q.日焼け後などは脱毛器を使用しても良いでしょうか?

A.ケノンは黒いメラニン色素に反応しますので、日焼け後は使用を控えてください。

Q.痛みはどうでしょうか?
A.基本的には痛みはありません。しかし痛みを感じないためには、しっかりと使用前後にクーリングをしてください。

Q.どんな時に使用を控えた方がよいでしょうか?
A.激しい運動をした後は体内が熱を持っている可能性があるので使用をお控えください。

ケノンで脱毛効果をあげるためのコツ!

ケノンで脱毛効果を高めるためには、いくつか使い方のコツがあります。

  • まずはしっかりとムダ毛を処理する
  • 肌を冷やして肌ダメージ予防
  • 出力調節は慎重に
  • 自分のペースでしっかり継続
  • 日焼け予防や体調管理をしっかり行う
  • 脱毛中はスキンケアを徹底する

これら6つのコツをしっかりと押さえていれば、ケノンでしっかりと脱毛することが出来ます。

Q.ケノンは男の脱毛にも効果がある?
A.ケノンを使用している人の40パーセントが男性と言われているほど、ケノンは男性にも多く利用されています。

ネット上にも男性が利用したときのケノンの脱毛効果が多く紹介されており、男の脱毛にも効果があることが証明されています。

ケノンはIPLの仕組みを利用した脱毛機なので、男性のような濃くてしっかりとしたムダ毛に対してはしっかりと脱毛効果を期待することが出来るのです。

参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら
参考⇒全身脱毛のランキングはこちら
参考⇒家庭用脱毛器ランキングはこちら

脱毛石鹸

脱毛石鹸の効果とは?メリットやデメリットもご紹介!

モデルやアイドルなども使用していると言われている脱毛石鹸。 ここでは、 ・脱毛石鹸とは ・脱毛石鹸のメリット …

コメントなし
効果

ヴィート除毛クリームの脱毛効果はない?使い方なども徹底解説!

目次ヴィート除毛クリームとはヴィート除毛クリームの効果!VIOや背中にも?ヴィート除毛クリームの使い方ヴィート…

コメントなし
ヤーマン脱毛器

ヤーマン脱毛器の効果や痛み・口コミをご紹介!ケノンとの違いは?

ヤーマンの家庭用脱毛器シリーズ商品について ・ヤーマン脱毛器の特徴 ・レイボーテの製品とケノンの比較 ・ヤーマ…

コメントなし
センスエピの脱毛効果

センスエピの脱毛効果の口コミは?センスエピXとJの違いも解説

可愛いデザインの家庭用脱毛器「センスエピ」。 今回は、 ・センスエピの特徴 ・センスエピXとセンスエピJの違い…

コメントなし
ケノンレベル10の痛み

ケノン脱毛器レベル10は痛い?ワキ・顔で効果のあるレベルと回数は?

ケノンは自分に合った出力レベルで施術が行えるように出力レベルやショット数をカスタマイズできる仕組みになっていま…

コメントなし
ミュゼのカウンセリング

ケノンのカートリッジ種類!プレミアム・ストロング・エクストラの使える回数から違いまで

目次ケノンのカートリッジの種類ケノンのカートリッジの使い分けについてケノンのカートリッジのバージョンの違いにつ…

コメントなし
紫外線対策

ケノンの顔脱毛の美顔効果は毛穴・ニキビもあり?使い方や頻度を伝授!

目次ケノンとは?ケノンの顔脱毛の効果は?産毛も脱毛可能?ケノンの美顔器とは?仕組みや特徴は?ケノンの美顔効果は…

コメントなし
毛深い女性

ケノンは剛毛女子にも効果あり?VIO・すね毛・男にも効く使い方は?

ケノン愛用者の中でも、剛毛な人ほど脱毛後に手に入れるツルツル肌に満足しています。 元々ムダ毛が濃い人ほどその変…

コメントなし
背中

ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

楽天で6年連続で売上1位を記録している爆発的大ヒットのケノン。 脱毛サロンに通わずに脱毛サロンと同等の効果が期…

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ…

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や…

コメントなし
全身脱毛

家庭用脱毛器のおすすめ口コミランキング!安い&高い効果で徹底比較!

脱毛サロンと同様、家庭用脱毛器を利用する人も最近多くなってきました。 自分の好きな時間に処理できサロンと比較し…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です