女性の美容と癒しの総合マガジン

ケノンで埋没毛の可能性!?埋没毛の原因とならないための対策は?

ケノンの脱毛
Saori
ケノンを使うと埋没毛が治る?悪化する?
本当はケノンと埋没毛はどのような関係性なのでしょうか?
埋没毛の原因からケノンを効果的に使用する方法まで分かりやすくご紹介♪

ケノンで埋没毛の可能性が・・・原因は?

埋没毛の原因

脱毛時のトラブルとして挙げられる埋没毛ですが、埋没毛の原因は実はケノンではありません。

埋没毛の原因は、ケノンを利用する前のムダ毛の自己処理方法に原因がある可能性が高いです。

埋没毛が起こる原因として、

  • 肌の乾燥
  • 毛穴の硬化

などが挙げられます。

埋没毛とは?

埋没毛

埋没毛とは、肌が固くなり、毛が肌の外に出られない状態になってしまうことです。
ひざやひじなど、机や床によくつく部位にも起こりやすいとされています。

脱毛の前には、カミソリやシェーバーを利用してムダ毛を自己処理する必要があります。

脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受ける場合、

  • シェービング
  • 肌の水分量

などの脱毛事前チェックが比較的厳しく行われます。

そのため自分でシェービングを行っていたとしても、丁寧にシェービングを行い、保湿ケアも徹底している人が多いです。

適当にシェービングをして、剃り残しなどがあると、脱毛サロンや脱毛クリニックまで足を運んだとしても、当日チェックに引っかかって施術してもらえない危険性があるからです。

カミソリ

埋没毛の原因は?

自宅で脱毛を行う場合は、全てシェービングや肌の保湿ケアも全て自分でチェックするだけなので、面倒に思ったりしてついつい手を抜きがちになります。

しかし、これが埋没毛の主な原因になるのです。

Saori
シェービング後にしっかりケアしないと、埋没毛の原因になってしまんです。。
でも、そもそもどんな仕組みで埋没毛って起きるんでしょうか?

一般の自己処理などで埋没毛が起こるメカニズム

保護機能

埋没毛の原因として、自己処理方法が挙げられます。

多くの女性がカミソリで処理していると思いますが、カミソリは肌への負担がとても大きいものです。

カミソリが肌も削ってしまい、傷ができることがあります。

この傷が毛穴やその周辺の細胞を傷つけ、肌を硬化させてしまうのです。

Saori
ムダ毛処理には、電気シェーバーがおすすめ♪
肌を傷つけずに、優しくムダ毛を処理してくれます!

シェービング

カミソリによって、傷ついた皮膚細胞は肌組織を硬化させることでさらなる刺激から肌を守ろうと働きます。

しかし、この働きが毛の出口を塞いでしまい、外に出られなくなったムダ毛は肌の下で成長し渦を巻いて皮膚表面からもうっすらと見える状態になってしまうのです。

毛穴が詰まることで毛穴から分泌される汗や皮脂も詰まることになり、炎症が起こりやすい状態になります。
埋没毛と同時にニキビが出来るという人が多いのはそのためです。

美肌を目指して脱毛をしているはずなのに、肌トラブルが重なってしまっては元も子もないですよね。

ケノンで埋没毛にならないための対策は?

ケノンで埋没毛を予防するためには、ケノンを使用する前の自己処理のときにしっかりと保湿などのケアを怠らないことが大切です。

また、シェービングの際はシェーバーを肌に押し付けないように工夫することも効果的です。

脱毛が進んで行くことで埋没毛が起こるのも防止することが出来ます。
脱毛中は自宅で脱毛を行う場合も肌ケアを徹底していきましょう。

Saori
埋没毛を予防する一番のポイントは保湿ケアの徹底♪
自己処理の後、ケノンの使用後はしっかりケアを行いましょう!

ケノンで埋没毛になった際の対処法は?

ケノン

ケノンを使用して埋没毛が出来てしまった場合は、ケノンの使用を一時的に中止して肌ケアを徹底しましょう。

埋没毛が起こっていても、その部位を避けてケノンで施術するという人もいるようです。

しかし、埋没毛が起こるということは、皮膚が乾燥してストレスを受けている状態ということが出来ます。

皮膚が敏感な状態でさらなる刺激を与えるのは美肌を目指す人にとっては望ましくないです。

埋没毛は

  • 肌の水分量
  • 肌硬化

が改善すれば自然と治ってきます。

普段から日焼けを予防したり、埋没毛が起こっていない状態でも入浴後など肌が乾燥しやすいタイミングで保湿クリームを活用して、肌の水分量を守ることで埋没毛は予防できます。

Saori
埋没毛ができた場合は、埋没毛の改善を優先して症状が落ち着いてからケノンの利用を再開しましょうね♪
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です