エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 家庭用脱毛器
  4. ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

デリケートゾーン

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。

脱毛サロンで一般的に使用されている光脱毛と同様のIPL光脱毛器にあたり、自宅で脱毛出来ます。

初心者でも安全に使用出来ることが売りで、年齢や性別を問わず人気の商品です。
男性もヒゲの脱毛などに利用しています。

ケノンはVIOラインと相性が良い?

ケノンは家庭用脱毛器で楽天ランキングが4年連続の人気の脱毛器です。
そのケノンですが、VIOとは特に相性が良いようです。

ワキや足はもちろんですが、VIOは女性にとっては繊細な部位で絶対に処理が必要です。
特に異性とお付き合いしている方や夏の水着シーズンには女性の多くはデリケートゾーンの処理に悩みます。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンは恥ずかしいと忙しいので通えないという方には、ケノンのような家庭用脱毛器は人気なのです。

水着

参考⇒ケノンの効果をもっと詳しく

ケノンの仕組み

ケノンは光脱毛というミュゼなどの脱毛サロンと同様の仕組みで脱毛しています。
毛母細胞を刺激して毛が生えにくくする作用があります。

黒いメラニンに反応して脱毛処理するため、日焼けや肌が黒い方は痛みが多少あるようですが、一般的には痛みが少ない脱毛手法として知られています。

脱毛器

参考⇒ケノンで剛毛脱毛

ケノンでVIO脱毛のやり方は?

ケノンのVIO脱毛のやり方

ケノンは誰でも安全に使えるようになっているので、初心者でも安心して使うことが出来ます。

実際に脱毛を脱毛エステや脱毛クリニックで受けたことがあるという人は想像しやすいかもしれませんが、脱毛自体が初めての人のためにも1つ1つおさらいしていきましょう。

①脱毛したい部位を自分でシェービングします。

肌ダメージを避けるためにもケノンを使う直前にシェービングするのではなく、ケノンを使う前日にシェービングしておくのがおススメです。

カミソリ処理

②ケノンの照射レベルを設定します。(初回は低めで設定して使用し、照射時の感じ方や、照射後の反応を見ながら自分の肌や部位に見合った照射レベルを探しましょう。)

照射レベル1

③保冷剤を使用しケノンで脱毛する部位を10秒ほど冷やします。

④1ショットずつ部位をずらしながら、保冷剤で冷やした部分にケノンをしっかり押し当て、照射します。
保冷剤で冷やした部分のみ行っていくので、冷却後3から4ショットくらいが目安です。

保冷剤

⑤③から④を繰り返します。
⑥脱毛後も施術した部位を冷やします。

Vライン脱毛のやり方

Vラインの脱毛も通常の部位と同様の流れで脱毛することが出来ます。

注意点としてはケノンはメラニン色素に反応して脱毛を促すので、照射部位に長い毛が残っていると火傷などのトラブルのリスクとなります。

ケノンをあてる部位はしっかりと自己処理をしておきましょう。

自分の目標の形に整えたいという場合でも、自分の目標の形より少ししっかりとシェービングを済ませておき、必要のない部分はケノンをあてないという方法が安全です。
Vライン

また、Vラインは他の部位よりも肌が薄く痛みを感じやすいため、初回の施術の際は照射レベルを他の部位よりも少し弱めから始めて、保冷剤でしっかり冷やしてから照射を始めましょう。
もちろん照射後もしっかり冷やすことで肌の赤みなどのトラブルを予防できます。

Iライン脱毛のやり方

Iラインへのケノンの利用は、ケノンのメーカー側は非推奨としています。
というのもIラインは粘膜に近く自分でも肌や毛の状態が確認しにくい部位で、Vラインよりもさらに痛みを感じやすい部位になります。

シェービングだけでも自分で行うのはなかな難しい部位になります。
ネット上では非推奨と理解しながらもトライして成功している人もいるので絶対行わない方が良いという訳ではありませんが、あまりおススメはしません。

やってはだめ

参考⇒Iライン脱毛について詳しく

でも一応方法だけ紹介しておきますね。
Iラインにケノンを使う場合、シェービングがしっかり出来ているかどうかがまず肝心なポイントです。
そり残しがある上にケノンをあててしまうと、他の部位と同様に肌トラブルの危険性があります。

また、粘膜の上は基本的には脱毛できません。
これは脱毛サロンや脱毛クリニックでも同様です。

Iライン粘膜

粘膜はそれだけ肌が薄くトラブルになりやすい部位なのです。
また、かなり剛毛な人でも粘膜の上まで毛が生えているという人は少ないです。

恥ずかしい気持ちにもなりますが、Iラインにケノンを使う場合は鏡などを使用し施術する部位をしっかり目で確認して、脱毛を進めていきましょう。
照射する角度も大切なので、斜めにならないようになるべく肌に水平に押し当てて照射しましょう。

Oライン脱毛のやり方

OラインもIライン同様にケノンのメーカー側が非推奨としている部位になります。
理由はIラインと同様で粘膜に近く肌トラブルが起こりやすいからです。

OラインはIライン以上に自分で施術するにはコツが必要な部位になります。

Oライン

参考⇒女性のOライン脱毛について詳しく

シェービングでも同様のテクニックが必要ですが、鏡を利用して照射部位を手を使ってしっかり開き、必要な部位にケノンが水平にあたるようにして脱毛しましょう。

粘膜の上には照射しないように要注意です。
慣れてくればコツが掴めるようになりますが、初回でも失敗するわけにはいきません。
上手くできるかどうか自信がないという人はIOラインだけでも脱毛サロンや脱毛クリニックでの施術をおススメします。

効果までの回数の平均は?頻度はどの程度が良い?

ケノンで脱毛する場合、照射レベルの設定や使用するカートリッジの種類にもよって効果は微妙に異なります。

もちろん個人の毛質や肌質、ホルモンバランスも関与してくるので一概には言い切れませんが、おおよその期間として6回から10回程度の照射で脱毛効果が期待できます。

ビキニライン効果

毛周期を意識し、ある程度肌を休めて毛が生えそろうのを待った方が効果的に脱毛できるので、2週間に1回のペースで照射するのが理想的です。

効果までの期間の平均は?

おおよそ2週間から3週間に1回の施術を続けていくと、3から5カ月ほどで6回から10回の施術が完了します。
VIOの施術には特に毛が濃いので「ストロングカートリッジ」を使用すると効果が高いですよ。

クーリングなどの施術前後のケアも脱毛効果を左右するので、時間に余裕のある時に心にもゆとりを持って施術を行いましょう。

カートリッジ

ケノンでVIO脱毛のメリット・デメリット

ケノンにはメリット、デメリットも両方あります。
脱毛サロンや脱クリニックと比較しても悩むところですね。
メリット、デメリットの両方をしっかりと把握して、自分に合った脱毛方法を選択しましょう。

メリットデメリット

VIO脱毛を脱毛サロンと比較した際のメリット・デメリット

ケノンは自宅で自分の好きなタイミングで、誰にも見られることなく処理が出来るというのが最大のメリットです。

特にVIOの施術はどれだけ脱毛サロンのスタッフが慣れていると言えど他人に見られるのは恥ずかしい部位ですね。
わざわざ脱毛サロンまで通わなくても自宅で出来るので、予約をとったりキャンセル待ちをしたりというわずらわしさからも解放されます。

恥ずかしい

デメリットとしてはやはり自分では処理しにくい部位であるということです。

特にIライン、Oラインは鏡を使っても見にくいし、ケノンも当てにくいです。
ケノンを使う場合は何かトラブルが発生した場合、自己責任となるのでアフターケアも自分で行う必要があります。

実際の口コミ

全身に使えるのが魅力

公式ホームページでケノンを購入しました。魅力はなんといっても全身に使えることです。
恥ずかしくてVIOの施術を脱毛サロンで受けられないので、ありがたいと思います。また、冷却機能がついているのもメリットです。
乾燥肌ですが、使っていてダメージを感じたことはありません。

VIO脱毛を医療脱毛と比較した際のメリット・デメリット

VIO脱毛は毛が濃い分、他の部位よりも多くの照射回数が必要とされます。

ケノンを使えば2週間に1度と比較的多めの頻度で施術出来ます。
しかし医療脱毛と比較すると、トータルの脱毛回数は多くなります。

回数

医療脱毛では照射出力が高いレーザー脱毛器を使用するため、照射回数はケノンを利用するよりも少ない回数で完了します。

どちらが自分に向いているかは人それぞれだと思いますが、脱毛が面倒だという人は医療脱毛の方が向いているかもしれませんね。

ケノンはしっかりと自分で肌の状態を確認する必要があるので、自分自身で自分では見にくい部位もケアする能力が高まるという点はケノンのメリットの1つです。

その分何かしたのトラブルが発生した場合、自分で対応する必要があります。
医療脱毛では医師の指示の元脱毛が行われることになるので、万が一トラブルが発生した場合もしっかりと応急処置を施してくれるので安心して脱毛することが出来ます。

医療脱毛

ケノン.カートリッジは何を使う

ケノンには部位に合わせてラージカートリッジ、エクストララージカートリッジ、ストロングカートリッジ、美顔、プレミアムカートリッジの5種類が用意されています。

中でもVIOのような濃くて太い毛に対しては、ストロングカートリッジと呼ばれる脱毛効果の特に強いものが効果的です。

ストロングカートリッジはその効果の高さゆえに、使い方を失敗してしまうと火傷や肌荒れのリスクがあります。
そのためストロングカートリッジを使用する場合は、カートリッジ接続時に表示される同意所を確認してから、ロックを解除する必要があります。

ストロングカートリッジの照射回数はレベル1で85,714発、レベル10で10,000発となっています。

脱毛範囲はVIO以外の全身に使用することが出来るので、ケノンでVIOを脱毛しようと考えている人はストロングカートリッジも用意しておきましょう。

現在は発売中止しているケノンのカートリッジとして、小さな範囲を対象としたスリムカートリッジというのも発売されていましたが、スリムカートリッジはかなり古いバージョンになるので使用はおすすめしません。

ケノンカートリッジ

Iラインの照射レベルは?

ケノンのストロングカートリッジを使用して脱毛した場合、施術時の痛みはかなり強いものを想定して施術をスタートしましょう。

レベル1から4程度をスタート地点として、少しずつ我慢できる範囲でレベルを上げていく方法が適切です。
実際に脱毛サロンや脱毛クリニックでも、施術時の肌トラブルを避けるために弱い出力から様子を見ながら出力調節を行っていくのが一般的です。
家庭用脱毛器のケノンで始めから最大出力の10で施術するのは肌へのストレスが大きく、リスクが高すぎます。

I ラインの肌は特にVラインよりもさらに粘膜に近く刺激に弱いので、無理せず我慢できる範囲の痛みでレベルを調節し、脱毛を進めていきましょう。

照射レベル4

Iラインの粘膜は処理できる?

粘膜の上は基本的に毛が生えていません。粘膜ギリギリに部位に毛が生えていることがありますが、粘膜上にもムダ毛がびっしりという人はまずいないと言えます。

毛深い人は粘膜に近い部分に毛が生えていることがありますが、この毛をケノンで脱毛するためにはコツが必要です。
粘膜の部分にタオルやサージカルテープ、絆創膏などを張り付けて粘膜をカバーしましょう。

ケノンで黒ズミは治る?

ケノンには肌のターンオーバーを促す効果もあり、繰り返しの利用で黒ずみを改善することもできます。

VラインやIラインはアンダーヘアが減ってくると、今度は黒ずみが目立つようになり気になるという人が多いです。
ケノンではムダ毛と同時に美顔ケアできるので、黒ずみにもアプローチすることが出来ます。

ケノンのVIO脱毛Q&A

ケノンのVIO脱毛

Q.埋もれ毛や埋没毛になることはないですか?

A.ケノンを使ったから埋もれ毛や埋没毛になるということはありません。
ケノンを使うにあたってシェービングしたり、ケノンを使用する前後の保湿ケアを怠ったりすると埋もれ毛や埋没毛になるリスクが発生します。

Q.赤みや炎症はどうでしょうか?
A.ケノンを利用した後に赤みや熱っぽさが発生する場合がありますが、これはサロン脱毛や医療脱毛でも同じことです。

ケノンもメラニン色素に対してアプローチしているので、刺激された肌が赤みを伴うのは特別トラブルという訳ではありませんが、この赤みは数日から長くても1週間以内で改善するのが普通です。

この症状を少しでも和らげるために施術前後に肌を冷やすことが非常に大切です。

Q.敏感肌ですが平気でしょうか?
A.ケノンは日本人の肌に合うように作られた国産の脱毛機器なので、敏感肌の人でも使用することが可能です。
しかし敏感肌の場合、使用方法には十分に注意する必要があります。

照射レベルは一番低いレベル1からテスト的に行い、1日その後の状態を見てから次のステップに進むことをおススメします。
ケノンには6連射という1回分のショットを6回に分割して照射する機能もあります。

6回に分割される分1回分の出力が優しくなるので、この機能を使用して使用をスタートしてみてもいいでしょう。

脱毛石鹸

脱毛石鹸の効果とは?メリットやデメリットもご紹介!

モデルやアイドルなども使用していると言われている脱毛石鹸。 ここでは、 ・脱毛石鹸とは ・脱毛石鹸のメリット […]

コメントなし
ヴィート除毛クリームの脱毛効果

ヴィート除毛クリームの脱毛効果はない?使い方なども徹底解説!

Contents1 ヴィート除毛クリームとは2 ヴィート除毛クリームの効果はVIOや背中にも?3 ヴィート除毛 […]

コメントなし
ヤーマン脱毛器

ヤーマン脱毛器の効果や痛み・口コミをご紹介!ケノンとの違いは?

ヤーマンの家庭用脱毛器シリーズ商品について ・ヤーマン脱毛器の特徴 ・レイボーテの製品とケノンの比較 ・ヤーマ […]

コメントなし
センスエピの脱毛効果

センスエピの脱毛効果の口コミは?センスエピXとJの違いも解説

可愛いデザインの家庭用脱毛器「センスエピ」。 今回は、 ・センスエピの特徴 ・センスエピXとセンスエピJの違い […]

コメントなし
ケノンレベル10の痛み

ケノン脱毛器レベル10は痛い?ワキ・顔で効果のあるレベルと回数は?

ケノンは自分に合った出力レベルで施術が行えるように出力レベルやショット数をカスタマイズできる仕組みになっていま […]

コメントなし
ケノンのカートリッジ

ケノンのカートリッジ種類!プレミアム・ストロング・エクストラの使える回数から違いまで

家庭用脱毛器で人気のケノン。 ケノンのカートリッジには4種類あり、どのように使い分けたら良いのか分からない方も […]

コメントなし
ケノン美顔

ケノンの顔脱毛の美顔効果は毛穴・ニキビもあり?使い方や頻度を伝授!

家庭用脱毛器のケノンはカートリッジによって美顔効果も期待できます。 しかし脱毛器と美顔器が1つになっていること […]

コメントなし
毛深い女性

ケノンは剛毛女子にも効果あり?VIO・すね毛・男にも効く使い方は?

ケノン愛用者の中でも、剛毛な人ほど脱毛後に手に入れるツルツル肌に満足しています。 元々ムダ毛が濃い人ほどその変 […]

コメントなし
背中

ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

楽天で6年連続で売上1位を記録している爆発的大ヒットのケノン。 脱毛サロンに通わずに脱毛サロンと同等の効果が期 […]

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ […]

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や […]

コメントなし
全身脱毛

家庭用脱毛器のおすすめ口コミランキング!安い&高い効果で徹底比較!

脱毛サロンと同様、家庭用脱毛器を利用する人も最近多くなってきました。 自分の好きな時間に処理できサロンと比較し […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

デリケートゾーン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。