エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 黄ぐすみ原因と改善方法!化粧品・サプリで美白な肌が復活!

黄ぐすみ原因と改善方法!化粧品・サプリで美白な肌が復活!

黄ぐすみがない美肌な女性

最近年齢を重ねる毎に肌色が暗くなってきたため、今まで使っていた明るいファンデーションが自分の肌色に合わなくなってきた。そんな悩みをお持ちではないですか?

それは肌の黄ぐすみが原因です。

どんなに日焼け対策やシミ・エイジングケアをしていても、黄ぐすみを起こしている肌は、美肌という印象を与えません。

黄ぐすみとは、肌の一番深い場所にある真皮層が、加齢とともに、どんどん変色することで、肌の色が黄色くくすむことをいいます。

 

黄ぐすみとは?

黄ぐすみとは、肌が全体的に黄色くくすむことを指します。

最初に自分の肌の色に合わせて買ったはずのファンデーションの色が、最近自分の肌に合わなくなってきた気がするという人は要注意です。

あなたの肌にも少しずつ黄ぐすみが起こっているかもしれません。黄ぐすみがあると肌の透明感が失われ、肌が分厚く老けた印象を与えてしまいます。

ファンデーション

今まで使っていたファンデーションの色を変えずにそのまま使うと、肌の色とファンデーションの色が合っていないことになるのでさらに老けて見える原因となり、化粧崩れもしやすくなってしまいます。

黄ぐすみの原因と対策を知ることで少しずつ改善できるので、ここで1つおさらいしておきましょう。

黄ぐすみと肌色の加齢による変化の関係は?

肌は表皮層、真皮層、皮下組織の3層構造で作られています。

加齢に伴い真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少してくると、弾力を失いたるみやしわが出来てきてしまうだけだなく、黄色っぽくくすんだ色になってきてしまいます。

これが黄ぐすみの直接的な1つの原因とされています。

真皮

10代、20代の頃は28日前後で肌のターンオーバーが行われ、肌がダメージを受けてもターンオーバーにより自然と新しいものに作り替えられ、改善されていきます。

しかし加齢とともにターンオーバーのスピードはゆっくりになり、ダメージを受けたままの状態で維持されてしまいます。
※正常なターンオーバーは28日ですが、加齢すると40日になるといわれます。

黄ぐすみを起こす最大の理由とは?

特に黄ぐすみの原因として紫外線が挙げられます。
紫外線を浴びた肌はメラニン色素を作り、黒くなるだけでなく、真皮層では黄ぐすみを起こしやすいです。

普段から紫外線対策を徹底しておくことは若い頃から大切なことですが、30代を迎えたあたりからはより一層注意が必要です。

紫外線

メイクに含まれるSPFだけに頼るのではなく、こまめに日焼け止めスプレーや日焼け止めクリームを塗りなおす習慣をつけましょう。

喫煙習慣があったり、ストレスの多い生活も黄ぐすみに関わってきます。
喫煙習慣やストレスの多い生活が体や美容に良くないということは分かっていても、なかなかやめられない人が多いのが現状です。

喫煙

特にその生活が長ければ長いほど終止符を打ちにくくなるものです。
しかし体は正直で、長く続ければ続けた程、体に支障が出ているのを少なからず感じているはずです。
いつまでも若々しく魅力的な人であり続けるためにも、これをきっかけに生活習慣改善を図りましょう。

また、加齢に伴う代謝の低下は、肌のターンオーバーの低下にもつながります。
定期的に運動習慣を取り入れることで代謝を上げることが出来ます。

運動

運動はストレス改善にも効果的とされており、少しのジョギングでも精神的にリフレッシュすることが出来ます。
激しい運動ではなく有酸素運動がおススメで、自宅でのヨガも代謝改善に効果的です。1日10分だけでも運動を取り入れるだけで将来的には大きな違いが出てくるので、時間を作って運動習慣もつけていきましょう。

黄ぐすみの原因

黄ぐすみの原因は主に二つあり、それは肌の内側でおこっています。黄褐色に変色したたんぱく質が血液中に蓄積する現象であり、「糖化」と「カルボニル化」が問題であるとされています。これらは一度できてしまうと、増え続けてしまいます

 

1.糖化

抗糖化を意識せずに甘いものを食べる女性

糖化とは、余分に摂取した糖分が血液の中に残っていることで、たんぱく質と結合し血液中に蓄積してしまい、最終糖化産物(AGEs)となることを指します

糖化は、糖分を過剰に摂取してしまっていることや、血糖値を急減に上げる食事など、毎日の乱れた食生活が原因とされています。

糖化は私たちの肌や体を徐々に老化させていきます。これが原因で、肌が黄ぐすみするだけでなく、若々しい肌を持続させるためのハリや弾力が失われてしまい、シワやたるみの原因となります。

糖化をもっと詳しく

アンチエイジングの視点からも注目を集めているこの糖化とは、食事から過剰に摂取された糖分が血液内に貯蓄し、たんぱく質とともに変性を起こすことです。

糖分

最終的に化合された糖分はAGEと呼ばれる物質に変化し、体内から体を老けさせてしまう原因とされています。

糖化は体のさまざまな部位に影響しますが、美容面では特に肌が乾燥し、シワ、たるみ、黄ぐすみを起こしてしまいます。

しわたるみ
糖化には食事の内容ももちろんですが、その食事方法も大きく関わっています。摂取された糖分を体内でたんぱく質と合成しないことが大切なので、血糖値を上げない工夫が効果的です。

point1甘いものは控える
糖分の多いケーキやお菓子などの摂取をなるべく控えることが基本です。

特に空腹時に甘いジュースやチョコレートなどをお腹いっぱい食べることは血糖値の急激な上昇につながり、黄ぐすみの原因となります。

point1バランスの取れた食事
バランスの取れた野菜や肉を中心とした食事を心がけ、おなかが減ったから食べるのではなく、3食なるべく決まった時間に食事をとることが理想的です。

空腹時の食事摂取は、ごはんや炭水化物は体内で糖へ変化するため、炭水化物の摂りすぎも予防した方がいいでしょう。
また、食事の順番は炭水化物の摂取を後に持ってくるのが理想的です。

空腹時に最初に摂取する食べ物は特に効率的に体内に吸収されるため、ごはんやうどんなどの炭水化物から食べ始めるのも急激な血糖値の上昇に繋がります。

野菜や海藻類などの食物繊維を多く含む食品から摂取し、次に肉や魚などのたんぱく質になるものを食べましょう。

野菜

ごはんやうどんは後に食べるように心がけるだけでも抗糖化して黄ぐすみを予防することが出来ます。また、いつもおなか一杯食べるのではなく、腹8分目で止めておくのが抗糖化には理想的です。

この抗糖化の工夫は黄ぐすみだけでなくアンチエイジングや健康面からも着目されており、美容だけでなく健康を維持するためにも大切なことです。
食べる順番だけでも普段から習慣にしておくといいでしょう。

また、抗糖化にはカモミールティーやドクダミ茶、ホットショウガなども効果的とされています。

カモミールティー

食前や食後のホッと一息の時間にお茶の習慣を取り入れてみると、リラックスする時間を設けることが出来、抗糖化のアプローチも出来るのでおススメの方法です。

 

2.カルボニル化

もう一つの原因は、カルボニル化です。
カルボニル化とは、たんぱく質と酸化した脂質の分解物とが結合することにより、終末脂質過酸化産物(ALEs)という物質になることを指します。

カルボニル化の原因は紫外線による肌へのダメージや、タバコの喫煙やストレス、加齢による鉄分の蓄積とされています。

カルボニル化は、糖化より肌の色を黄ぐすみさせる原因であるとされ、体の内側から私たちの肌を老化させます。

 

黄ぐすみがあるとどうなる?

糖化して肌が老化して顔を覆う女性

黄ぐすみがあると、肌がくすみ透明感が失われることにより、いつも疲れている印象になりがちです。またお肌の表面も硬くなり、柔軟性がなくなるのでファンデーションのノリが悪くなったり何度も重ね塗りすることにより、老けたイメージを相手に与えてしまいます。今まで似合っていたピンクのチークも不自然に浮いていると感じることもあるでしょう。

そんな悩みを解決し、10代・20代の時のような透明感のある美肌を取り戻しましょう。

 

どうしたら黄ぐすみが治る?

前述でご説明した通り、黄ぐすみの原因は糖化とカルボニル化です。
その二つの対策や解決策をよく理解することにより、黄ぐすみを防ぎ、改善することができるでしょう。

 

1.黄ぐすみの原因である糖化の改善方法

抗糖化で食べる順番を考える女性

糖化は徐々に老化が進行していく自然現象であるため、毎日の食生活が一番の改善方法です。まずは甘いものを食べ過ぎないこと

ジュースなどは思っている以上に糖分が含まれています。
次に血糖値を急激に上げないバランスの良い食事と、食べる順番に注意しましょう。

特にごはんやうどんなどの白い穀物は血糖値を一気に上昇させるため、食べ方に注意が必要です。食べる順番に関しては、糖質の吸収をいかに抑えるかが重要です。

まず、食物繊維を含む、野菜や海藻類を食べます。つぎは、お肉や魚などのたんぱく質を食べ、血糖値を上げるごはんなどの炭水化物はなるべく最後のほうに食べます。毎日の食事で、この食べ方を意識することで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖化を防ぐことができます。

また、1日3食を必ず摂取することも大切です。空腹の時間を長くすればするほどに、その後の食事で血糖値を急激に上昇させます。

食生活の他に糖化を予防する方法として、適度な運動が効果的です。十分に睡眠をとり、ホルモンバランスを乱さないように注意することも大切なことです。

また紫外線は肌に刺激を与え、糖化を促進させてしまうため、紫外線対策も必須です。

カモミールティーや、ドクダミ生姜は抗糖化にとても良い食べ物とされています。毎朝コーヒーを飲んでいるというかたは、この機会にカモミールティーなどに変えてみてはいかがでしょうか。

 

2.黄ぐすみの原因であるカルボニル化の改善方法

カルボニル化の一番の原因は紫外線です。紫外線は夏だけでなく、一年中私たちの肌に降り注いでいます。肌は紫外線を浴びると酸化が起こり、これがカルボニル化に繋がる直接の原因になるため、メイクをする前に日焼け止めの乳液を塗ったり、メイク下地やファンデーションをSPFが配合されたものにしましょう。また化粧直しをする際に、ミスト状の日焼け止め化粧水をメイクの上からシュッとひとかけするのとしないのでは、大分違うでしょう。

抗カルボニル化で紫外線対策紫外線対策以外にもカルボニル化対策として、抗酸化が大切です。
肌が乾燥することにより、余分な皮脂を作ってしまいますので、保湿ケアは都度念入りにすることも重要です。化粧品を選ぶ際は、なるべく抗酸化作用のあるものを選びましょう。オリーブ葉エキスも効果的とされています。

たばこは活性酸素を過剰発生させます。これをきっかけに、喫煙者の方はお肌のために禁煙してみるのもひとつの方法です。

また、ストレスもたばこと一緒で活性酸素を過剰発生させる原因です。
なるべく溜めないようにストレスはどんどん発散していきましょう。

 

最近、抗糖化や抗カルボニル化の美容液などが販売されています。これらは黄ぐすみを外側からケアしています。もちろん外側からケアすることは大切なことですが、それぞれ共通して重要なのは、「原因は体の内側からおこっている。」ということです。

黄ぐすみに効く成分を食品で摂取しきれない場合は、サプリで補うということもひとつの手でもあります。毎日の生活習慣を見直し、黄ぐすみのない肌を手に入れましょう。

実際の口コミ

私が試してみた黄ぐすみの改善対策

私が30代の半ばを過ぎて肌の黄ぐすみを感じるようになってなんとかしないと
さらに老けて見えるようになると思って対策をやるようになりました。
それで私が実際に試したのが日焼け止めサプリでした。
なぜなら肌の黄ぐすみの原因は紫外線を多く浴びる事によって起きると思ったからです。
その結果これを飲むようになってから3か月くらいで黄ぐすみが改善できました。

黄ぐすみ解消には

睡眠と保湿と紫外線対策である程度緩和された気がします。
睡眠不足や乾燥で肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、紫外線でダメージを受けてしまったりしてきちんとしたケアを怠ってしまうと一気に改悪してしまいます。
肌の保湿力を内側からも改善するためにプラセンタとコラーゲンのゼリーも毎日摂取しました。
気分的にですが少し解消されてきたかなと思います。

黄ぐすみにはコントロールカラーを使用?

食生活や生活習慣を改善し、抗糖化を意識することで黄ぐすみを内側から改善するのが1番の黄ぐすみの解決策です。

すでに黄ぐすみが起こっている肌をすぐに改善するのは難しく、肌質を改善するのには時間が必要です。

黄ぐすみの肌をすぐに明るくキレイに見せたいのであれば、コントロールカラーの使用がおススメです。

コントロールカラーとは?

コントロールカラーとは、ファンデーションの前に使用する化粧下地のことを指します。

肌のくすみやシミなどを全体的にカバーするだけでなく、肌表面を滑らかにして化粧ノリをよくする働きもあります。肌の色に合わせてコントロールカラーを選ぶことで、黄ぐすみを改善して透明感のある滑らかな肌に見せてくれます。

化粧下地

コーンシーラーなどでは隠し切れない肌のコンプレックスも全体的にしっかりとカバーしてくれるのがコントロールカラーで、顔全体に塗るものなので、面倒くさがりな人にもおススメです。

日本人の肌はイエローベースの肌の人が多く、ブルーのコントロールカラーを使用することで黄ぐすみを改善できるとされています。

肌のハリ
ブルーと聞くと顔色が悪くなってしまうのではと思うかもしれませんが、実際に塗るのはかなり薄いので顔がブルーになることはありません。
コントロールカラー自体も青みがかったホワイト色のものが多いです。

コントロールカラーの塗り方

コントロールカラーは化粧下地として使用されることが一般的です。

基礎化粧品でしっかりと保湿し、肌を整えた後に顔の中心部分から外側に向けてコントロールカラーを塗り伸ばしていきます。
鼻の高いところ、おでこ、あごに最初に乗せるのがおススメです。

化粧下地

コントロールカラーと言えど、顔色が明らかに変わることはありません。

パール1粒分くらいで十分顔全体に塗り伸ばせるので、厚塗りにならないようにするのがポイントです。
なるべく薄く塗ることで、その後に塗るファンデーションがぱっと明るく見えるようになります。手で伸ばしてもOKですが、キメの細かいパフで塗り伸ばすとさらに薄塗り出来ますよ。

実際の口コミ

パープルのコントロールカラーで透明感をキープ

夕方になると出てくる黄ぐすみ対策にコントロールカラーを使用しました。
黄ぐすみにはブルーのコントロールカラーが良い、と言われて試しましたが、顔色が悪く見えてしまいました。
私の場合、ピンクがかったパープルが相性が良く、時間が経っても透明感をキープすることができました。
使用したのは「インフィニティ コントロールカラー 001」。
使った瞬間から顔色が明るくなるので気に入っています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

黄ぐすみがない美肌な女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!

  • 美容ドリンク♪試して美肌&元気になったランキング【最新ver.】

  • そんなすごいの?いちごのアンチエイジング効果が尋常ではない

  • 気になるプラセンタの効果はどうなの?

  • ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

  • 活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!