エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 抗酸化物質を増やして、老化原因の活性酸素を増やさない!

抗酸化物質を増やして、老化原因の活性酸素を増やさない!

しみ 老け
  1,188 Views
抗酸化

老化のメカニズムを皆さんは知っていますか?
私たちはストレスや生活習慣の中で活性酸素という物質を体内に取れ入れます。
活性酸素が増えることにより、健康な細胞が酸化してしまい、肌や細胞が老化してしまうということです。

抗酸化とは酸化を防止することにより、老化を防いでくれる作用です。
この抗酸化の物質を体内に増やすことが重要です。

老化は自分自身で予防することができます。

メカニズムを知り、予防と改善をしアンチエイジングしていきましょう!!

抗酸化とは?

私たちは呼吸により、空気中の酸素を体内に取り込みます。

取り込まれた酸素のほとんどは栄養素と合成されエネルギーに変えられます。
しかし、使われなかった酸素は体内を酸化させてしまう活性酸素になります。

活性酸素は体に取り込まれてしまったウイルスや毒素を殺菌する効果があります。
活性酸素割合は全体酸素の2から3パーセントと決して大きくはない値です。

しかしこの少ない割合の活性酸素は、私たちがエネルギーを作るのに必要な酸素をも阻害してしまいます。

バナナ酸化
(上記は酸化症状のバナナ)

活性酸素はエネルギーを作るのに必要な酸素も活性酸素に変えてしまう働きがあり、どんどん連鎖的に増えていってしまうのです。

活性酸素の特徴

活性酸素の力は強力で、増えすぎた活性酸素はウイルスや毒素ではない正常な細胞にまで障害を与えてしまうのです。
活性酸素は近年の大気汚染や、食事内容の変化により、必要以上に私たちの体を酸化させています。
何もしていなくても加齢に伴い発生しやすくなります。

さらにアルコールの飲みすぎ、ストレス、食品添加物、タバコ、負荷の高すぎる運動、紫外線なども活性酸素の原因となります。

ストレス
金属が錆びたり、リンゴが酸化して黄色くなるのと同じように活性酸素が活発になると私たちの体は体内から酸化します。

人間の体は60兆個の細胞から出来ています。
1つ1つの細胞が潤っていて元気であれば、健康的でキレイな体を保つことが出来ます。

酸化

反対に細胞がうるおいを失い、酸化していくと正常な機能を失います。
活性酸素が活発になり、体中の様々な細胞が酸化してしまうと、最終的には病気となって現れます。

酸化のリスク

健康面では動脈硬化、ガン、糖尿病、高脂血症、肝機能低下などがリスクとして挙げられます。また、美容面でもシミやしわの原因になったり、白髪が増えたりします。

これらのリスクを軽減するために、「抗酸化」を意識することが健康面からも美容面からも近年特に着目されるようになってきています。

抗酸化
活性酸素はエネルギーを作り出す過程で発生するものなので、完全に無くすということは不可能です。
しかし、いかにこの活性酸素を体内から減らしていくかが健康と美容を保つためのカギなのです。

活性酸素の原因は上記にも挙げたように体に負担をかける行為です。
これらの体にかかるストレスを減らして、抗酸化作用のある食事やサプリメント、化粧品を利用することで抗酸化アプローチが出来ます。

化粧品

抗酸化を意識して食事や生活習慣に気を付けることで、健康増進を図り、いつまでもキレイで若々しい状態を保つことが出来ます。

抗酸化と活性酸素の関係性

抗酸化と活性酸素の関係はけんか

私たちは酸素を体内に摂取することにより、エネルギーをつくります。

その過程の中で、酸素が活性酸素に変化します。

活性酸素は酸化が強いため、体内で増え過ぎてしまうことにより、細胞や血管等を傷つけてしまうのです。

酸化とは錆びるということで、細胞や血管が錆びるということは老化する原因になります。

 

そこで活性酸素が増えてしまうのを防ぐ抗酸化作用が必要です!

 

私たちは抗酸化酵素を体内に持っていますが、年齢を重ねる毎にその量は少なくなってしまいます。
抗酸化物質を増やして、活性酸素を増やさない生活を心掛けることが大切です。

抗酸化のメリット

私たちが病気になる原因の90パーセント以上は活性酸素が原因だと言われています。

活性酸素がいかに私たちの体に害を及ぼしているかが理解出来れば、活性酸素の異常な増加を予防することが出来ます。

アンチエイジング

抗炎症と抗酸化の違い

炎症とは、体を常に正常な状態に維持するための体の反応を指します。

ケガをしたり、ウイルスに感染したりすると、体は傷を治したり、ウイルスを追い出したりするために、熱を起こしたり、痛みを感じたりします。

この反応は問題となっている部位に血液や神経を集中させて、その部分の回復を補う作業にあたります。

回復

体が体に受けた被害を重症化させないための自然な反応ですが、熱や痛みを伴うため苦痛に感じることが多いです。

抗炎症とはこの炎症症状に対して働くことで、風邪薬や炎症を起こした肌に使う外用薬に効能として含まれることが多いです。

抗炎症

抗酸化は体内が悪化した酸素により酸化してしまうことに対して、それを予防する働きをするものを指します。

炎症も酸化も本来はどちらも私たちの体が、外のある菌やウイルスから体を守るための働きです。
しかし過剰な反応で自分が自分を攻撃してしまうことがあるのです。

炎症の過剰な状態はアトピーなどのアレルギー反応となり、酸化の過剰な状態は、明らかに目では見えないものの、老けた印象になったり、病気が起こりやすい状態になります。

活性酸素の原因は?何故出来るの?

アンチエイジングで禁煙

活性酸素という物質は、呼吸をするだけでも私たちの体内で生成されます。

環境や生活習慣の中で、私たちは日々、活性酸素のリスクと向き合って生活をしているとうことを頭に入れおいてください。

 

紫外線

私たちは紫外線を浴びることにより、皮膚を守ろうとする作用が働きます。
その時に活性酸素が働き、その細胞の酸化を食い止めるために、シミの原因であるメラニン色素が発生してしまいます。

 

紫外線によって、コラーゲンも酸化してしまいます。
肌のハリが無くなり、シワができやすくなってしまう原因です。

また、紫外線が原因で、水晶体内に発生した活性酸素が、白内障の原因になるのではないかとも言われています。

そんな恐い病気にならないためにも、紫外線対策として日焼け止めクリームを普段から塗ったり、日傘をさして日焼けしないようにしましょう。

 

ストレス

強いストレスを感じると、血圧が上がることにより血管に負担がかかります。
この血管へのストレスが活性酸素を生成します。

また、活性酸素は血液の中でコレステロールを酸化させるために、突然の動脈硬化の原因となるとも言われています。

ストレスは十分に発散しましょう。

 

食品添加物

毎日忙しいために、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜、手軽なカップラーメンなどで食事を済ませていませんか?

加工食品には、食品添加物がほとんど使われています。

私たちが食べた食品添加物は、肝臓で分解されますが、その途中で活性酸素が発生します。
そのため、肝臓への大きな負担の原因になります。

なるべく自炊をして、食品添加物を摂取しないようにしましょう。

 

喫煙

タバコには、発がん性物質のタールという物質があります。
それが肺に入ると、私たちの身体は有害物質を体外に出そうと活性酸素が生成されます。

 

活性酸素が発生することにより、肺の細胞組織が破壊されます。
息切れや肺がんの発症はそこから生まれます。

また、喫煙者だけではなくその周りで受動喫煙している人にも影響を与え、たばこを吸っていなくても活性酸素が生成されてしまいます。

喫煙者は禁煙を!禁煙者はなるべく喫煙者のいる場所にはいかないようにしましょう。

 

飲酒

肝臓は代謝や解毒作用とたくさんの働きをします。

そのために活性酸素の生成もも多くされます。
そこに飲酒することによるアルコールの大量摂取が加わると、肝臓への負担がとてつもないものになります。

お酒はほどほどにしましょう!

酸化が原因で起こる症状とは

活性酸素は全身の細胞にダメージを与えますが、特に血管系にダメージを受けるとが様々な疾病に繋がります。
血管は全身に栄養を運ぶ働きをしているので、活性酸素により血管がボロボロになると様々な器官が栄養不足に陥ります。

血管

血行不良になり代謝が低下すると、手足は冷えやすくなり、体は太りやすくなります。

老廃物の循環も悪くなるため体はむくみ、疲労感を強く感じるようになります。
症状が進行し、心臓で血管が詰まれば狭心症や心筋梗塞、脳で血管が詰まれば脳梗塞や認知症、血管が破裂すれば脳出血となり様々な機能障害が起こります。

脳出血

 

抗酸化物質を増やすと身体に良いの?

抗酸化してアンチエイジングした女性

さて、活性酸素が生成される原因がわかったところで、今度は抗酸化物質を多く摂取することが大切です。

抗酸化の働きとしては、活性酸素が増えるのを防ぎます

抗酸化をすることにより、加齢による老化を身体の中から防ぎ、若々しい肌だったり、健康的な身体を保つことができます。

年齢を重ねることで、肌や肝臓等の老化は仕方のないことと諦めていませんか?

まだまだ諦めるには早いです。
毎日の生活習慣を見直すことにより若々しさは取り戻すことができますので、抗酸化物質を増やして、アンチエイジングをしていきましょう。

抗酸化としわ・たるみなど肌老化との関係

肌が活性酸素を発生させてしまう主な原因に紫外線が挙げられます。

紫外線は活性酸素を作り、肌の細胞を攻撃してしまいます。
肌の細胞はとても弱く、活性酸素の攻撃によりすぐ弱ってしまいます。
攻撃された細胞はコラーゲンを再生する力が弱くなり、肌のターンオーバーは遅れていきます。

真皮しわ

肌は28日のサイクルで再生を繰り返し、新しい肌が作られることでしわやたるみのないキレイな肌を維持することができます。
しかし肌細胞の再生が遅れ、ターンオーバーが正常に起こらないとしわやたるみが少しづつ肌に定着し、残っていってしまいます。
活性酸素は肌を年齢よりも早く老化させてしまう原因なのです。

紫外線は活性酸素を活発にしてしまう1つの原因ですが、加齢によりSODと呼ばれる酵素も減っていくことが肌老化の原因として挙げられます。

SODとは活性酵素のことで、活性酸素を抑制してくれる働きがあります。

しわたるみ

SODは25歳から低下しはじめ、年齢とともに速度を増して低下していきます。SODが減少すると活性酸素を抑制してくれる酵素の働きが弱くなるので、活性酸素はより活発になりやすくなってしまいます。

つまり25歳を過ぎたら、紫外線などの活性酸素を活発にしてしまう原因に特に気を付ける必要があるということです。

どうやって抗酸化物質を増やすの?

生活習慣を見直してアンチエイジング

抗酸化がアンチエイジングに大切なことだと知って頂けたと思いますが、もともと私たちは、抗酸化作用が体内で常に働いています。

そのために、普段の生活習慣から見直すことが抗酸化に繋がります。

しかし、抗酸化物質を増やすための、栄養素を摂取することでより効果的になります。

ビタミンEで摂取

細胞の酸化である活性酸素を防ぐ抗酸化作用があります。
体内代謝を良くし、血液循環もスムーズにする働きがあります。

 

ビタミンCで摂取

ビタミンEが酸化してしまった場合に、抗酸化に戻す再生作用があります。
本来細胞が酸化してしまうところを変わりに酸化してくれる働きをします。

 

亜鉛で摂取

亜鉛は肝臓が弱ってしまったときに、手助けをする栄養素です。
活性酸素を抑制するための酵素成分ですので、抗酸化作用があります。

仕事や子育て等に追われてしまい、食事で抗酸化物質を摂取できない場合は、サプリメントで足りない栄養素を補うというのもひとつの手です。

抗酸化に効く成分とは

抗酸化にはポリフェノール、カロテノイドなどの植物の色や香りから得られるフィトケミカルと言われる成分や、ビタミン類、ミネラルの摂取が効果的です。

特にビタミンEは活性酸素の働きを抑制してくれるだけでなく、代謝を向上させて体内環境を正常化してくれる働きがあります。

ビタミンC

ビタミンCも美容には欠かせない成分で、高い抗酸化力を持ちます。
亜鉛も抗酸化力が高く、肝臓の働きを助け体調を整えてくれます。

抗酸化食品の摂取方法は?

食べ物

食べ物にも抗酸化作用の高い成分が複合的に含まれているので、いくつかおすすめを紹介します。
アボカドは森のバターとも言われ、その高い栄養価が評価されています。

アボガド

ビタミンA,ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれているだけでなく、カロテノイドやルチンなどの栄養素も一緒に摂取することが出来ます。

トマトはリコピンを多く含み、アンチエイジングには欠かせない野菜です。
熱を通して食べることで、より吸収率がアップします。

トマト

朝ごはんにピッタリなバナナも高い抗酸化物質を持っています。
βカロテンやビタミンA,ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールも含まれています。
手軽に食べれる抗酸化食品としておすすめです。

野菜の王様と言われる緑黄色野菜も抗酸化食品です。

緑黄色野菜

βカロテンが豊富で、体内でビタミンAに変換して抗酸化作用を発揮します。脂と一緒に摂取することで吸収率がアップします。

美容成分の一つとして知られるイソフラボンを豊富に含む大豆製品も抗酸化作用が強いです。イソフラボンは成分が女性ホルモンと似ていて、美肌効果も期待できます。

イソフラボン

香味野菜のネギやニンニクにも活性酸素を抑制するアリシンという成分が含まれます。
ナッツ類もビタミンEが高く含まれます。塩分や砂糖のついていないものをおやつにすると健康的ですね。

これらの食品を一度にたくさん摂取するのではなく、毎日続けて少しづつ摂取するのが理想的です。

最近では健康を意識したお弁当なども多く販売されていますが、使われている食品がどこのものかも大切なポイントです。
中国産の野菜を使った冷凍食品は安いですが、食べるものは出来れば国産の無農薬栽培のものが望ましいです。

無農薬

サプリ

食品で摂取しきれない成分は上手くサプリメントを活用していきましょう。

サプリメントは薬とは違い、あくまでも食品なので副作用がなく、美容だけでなく健康も促進することが出来ます。
特に忙しくて食事を作る暇がない人や、ついつい外食続きになってしまう人には手軽に栄養素を補助出来るので、健康管理の手助けとなってくれます。

サプリ
抗酸化を意識するのであれば、ビタミンE、ビタミンC、亜鉛のサプリメントを試してみて下さい。

活性酸素を予防する方法

まずは食事です。

ビタミンやポリフェノールを含む抗酸化物質は、活性酸素の働きを抑えてくれます。

抗酸化物質はフルーツやワイン、コーヒーなどに多く含まれるので、意識的に抗酸化物質の高い食事をとることで活性酸素を予防できます。

コーヒー

また、殺虫剤や農薬、添加物も活性酸素を活発にしてしまう原因になるので、無農薬のオーガニック食品を選ぶようにしたり、加工食品を避けて自然に近い状態の食品を食べるように心がけましょう。

また、紫外線も活性酸素を活発にしてしまいます。

UVケア
日焼け止めを日常的に使用したり、日傘を使う習慣を身につけるのもいいでしょう。

大気汚染に対して空気清浄機を使用したり、ストレスをためないように定期的に趣味活動に没頭するもの効果的です。

抗酸化を意識していれば病気の予防になるだけでなく、美容面でもメリットがたくさんあります。
体を若々しく保つことが出来るので、いつまでも元気で、つやのある肌を手に入れることが出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

抗酸化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • あなたの体、サビてない?アスタキサンチンの抗酸化力

  • 美容ドリンク♪試して美肌&元気になったランキング【最新ver.】

  • ハーブティー界の救世主!ルイボスティーのエイジング効果がスゴい

  • エクオールとは?更年期障害への効果効能

  • 抗糖化で肌の老化予防!食品、サプリ、化粧品で糖化体質を改善!

  • 「アーリーアンチエイジング」顔の中で老けたと感じるパーツは?