エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌
  4. 抗糖化で肌の老化予防!食品、サプリ、化粧品で糖化体質を改善!

抗糖化で肌の老化予防!食品、サプリ、化粧品で糖化体質を改善!

抗糖化で美肌な女性

みなさん抗糖化という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、今もっとも注目されているエイジング美容ワードです。

抗糖化とは?

黄ぐすみしたりんご

私たちが生きていくうえでかかせないエネルギー源の」と「たんぱく質が血液中に長く残っていることにより結合し、糖化反応(メイラード反応)を起こします。

 

これらが老化し脆くなる現象を最終糖化生成物(Advanced Glycation End Products※AGEs)といい、この物質が生成される現象を糖化といいます。抗糖化とは、これらを予防することを指します。抗糖化はアンチエイジングに欠かせないこととなります

AGE(Advanced Glycation Endproducts)の影響は?

私たちが食事から摂取するたんぱく質や糖質は、過剰に摂取されると血液中に残り、お互いに結合し糖化反応という現象を引き起こします。

この糖化反応によって生成されたものがAGE(Advanced Glycation Endproducts)と呼ばれます。

AGE は正常なたんぱく質が変性した化合物であり、たんぱく質本来の機能を抑制してしまいます。

AGEは年齢と共に体内に蓄積されていき、体内の様々な部位に悪影響を及ぼし、老化や疾病の原因となります。

老化

AGEはコラーゲンを凝り固めてしまい、肌のハリやツヤを奪ってしまうだけでなく、肌自体が固くなり、透明感がなくなり、老け顔の原因となります。

なのでアンチエイジングの視点からこの糖化をいかに予防するかが大切とされ、それが「抗糖化」と呼ばれます。

「抗糖化」は美容に関心が高い人はすでに知っている言葉かも知れませんが、医学的な視点からも着目されており、抗糖化は様々な生活習慣病の予防になるのです。

AGEの肌へ与える悪影響

point1動脈硬化
AGEは体の血管をもろくさせてしまう作用があります。

AGEが長期間体に蓄積することで、血管の壁は炎症が起こりやすい状態となり、血管の弾力は失われ、動脈硬化の原因になります。
動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞など、死に至る病気に繋がる原因にもなるので注意が必要です。

動脈硬化

point1しわ・たるみ

AGEが体内で作られると、抗酸化機能も低下させてしまします。
リンゴが酸化するのをイメージしてもらうと分かりますが、酸化も体内を老けさせてしまう原因となります。

年齢が進むにつれて糖化、酸化が進んだ体内ではコラーゲン繊維が固くなり、エラスチンやヒアルロン酸などの美肌を保つカギとなる働きをする成分は減少していきます。

しわたるみ

AGEが溜まった状態だと、さらに肌のターンオーバーのサイクルが遅くなり、肌はたるみ、乾燥し、シミやしわの原因にもなってしまいます。

point1髪の毛
髪の毛を作るのもケラチンと呼ばれるたんぱく質の一種です。糖化が進むと髪も乾燥しパサつき、枝毛や切れ毛などが目立つようになり、髪のキューティクルが失われ老け込んで見えるようになってしまいます。

さらに以外とケアされていない髪に対する紫外線ですが、髪は紫外線を受けるとAGEと紫外線のダブルパンチでさらにダメージが進んで行きます。

キューティクル

point1腎機能
糖化は血液の老廃物を排出する腎臓の機能も奪ってしまいます。
腎臓が血液をクリーンにするのに使用する膜がたんぱく質で出来ているため、糖化により腎機能も低下してしまうのです。

上手く機能しない腎臓はたんぱく質を十分に血液内にキープすることが出来ず、尿として対外に排せつしてしまいます。

腎機能
一度機能を失った腎臓のフィルターは、多くの場合再生困難とされているので、半永久的に人工透析など定期的に病院に通って血液をキレイにする必要が出てきます。

point1糖尿病

血液内に糖分が多い状態が続くと、もちろん糖尿病の原因になります。糖尿病により血液はどろどろになり、血管に負担をかけ、毛細血管を詰まらせてしまいます。

糖尿病

血管が詰まるということは、血管により栄養供給されている様々な部位の機能を奪ってしまうということです。
代表的なのは目で、糖尿病性網膜症は失明の可能性があります。

point1骨粗しょう症
糖化は体のあらゆる部分に影響を与えます。
年齢とともに気になる骨密度ですが、糖化は骨密度も低下させてしまいます。

スカスカになった骨はもちろん猫背や圧迫骨折の原因となってしまうだけでなく、年齢と共に骨折しやすくなり、くしゃみだけで肋骨が折れてしまうということもあります。

糖化することの肌のデメリットは?

糖化することににより、肌に与えるダメージはとても大きいです。
体の中にAGEsが留まることにより、コラーゲンが固まります。コラーゲンは体内の美肌成分なので、肌にハリや弾力が無くなります。肌の表面も硬くなるため、シワやたるみの原因となります。肌が乾燥しメイクのノリも悪くなります。

AGEsは黄褐色なため、肌が黄ぐすみ透明感が無くなり、いつも疲れ顔のイメージになり、老け顔になりがちです。

肌だけではなく、医学の観点からも体にも老化を引き起こすと注目されています。私たちは糖化をそのままにしておくと、糖尿病などのとても恐ろしい病気になる可能性があります。

 

抗糖化について疑問に思う女性糖化は、血管内で私たちの体を徐々に老化させます。 そしてとても恐いのは、一度これらのAGEsができてしまうと、取り除くことができません。 糖尿病の方が起こす腎臓病や神経障害などの合併症、失明などは糖化が進行してしまったことが原因です。

 

糖化の原因は何?

糖化の主な原因は、やはり糖質の過剰摂取です。また、血糖値を急激に上昇させることも糖化の原因です。早食いの方やジュースや菓子パンや白い穀物(ごはんやうどん、そうめん等)をよく飲食する人は要注意です。

食事をとるときに、炭水化物から摂取してしまったり、3食しっかりごはんを食べず、食間が長い時間空いてしまうことも血糖値を急激に上げてしまいます。

 

抗糖化の方法とは?改善法は何?

糖化がもたらす老化現象や糖化の原因は理解していただけたと思います。さて、いざ抗糖化をしようと思ったときにどうやったらいいのでしょうか?

実は、私たちにとって糖化は避けられません。食事として摂取した炭水化物を分解し、糖にしてエネルギーとすることは、私たち人間にとって生きるためには欠かせないことです。

 

イコール生きるということは、糖化をし続けるということです。ここでは、糖化を避けるのではなく、必要以上に糖化させないことが大切なのです。
抗糖化のポイントを6つの生活習慣で紹介します。
この6つを意識して生活に取り入れてみましょう♪

抗糖化で有酸素運動をする女性

1.糖質制限をする

まず大人1人が1日に摂取する糖分の適量目安は、自分の体重の半分にグラムをつけたくらいの量と言われています。例えば体重が50キログラムなら、25グラムとなります。糖質を考えながら、外食を避け、糖分が高いジュースや食べ物は食べないようにしましょう。

2.早食いを辞める

早食いをやめて、最低でも食事に20分かけましょう
早食いをすると、急激に血糖値があがるので、絶対に避けてほしいのと、糖が血液から脳に運ばれると満腹中枢のサインが脳からでます。そのサインが出る時間は20分程度と言われているからです。

3.食事の順番を意識する

食事の順番を意識して食べましょう。まずは野菜や海藻類などから先に食べ、次に肉や魚などのたんぱく質、最後ごはんやうどんなどの炭水化物をとるようにしましょう。これは、急激に血糖値を避けるためです。

4.有酸素運動をする

体を動かすことは健康の基本です。糖が肉や肝臓へ取り込まれる割合が多くなり、すぐ使われて血糖値安定します。毎日忙しく、運動が難しいというかたはエスカレーターではなく階段をつかうなど、少しでも体を動かしましょう。

5.食物繊維を摂取する

糖質の吸収を抑える食物繊維が豊富な食材を食べましょう
積極的に摂取することで、糖質の吸収を抑えることができますので、必ず炭水化物などの糖を摂取する前に食べてください。
糖質の吸収を抑える食材:アーモンドなどのナッツ類、きのこ類、海藻類、あさりやシジミ等貝類、ごぼう、かぼちゃ、ブロッコリー、こんにゃく、玄米

6.血糖値を上げない

血糖値を下げるものを飲食しましょう
毎日コーヒーや紅茶を飲んでいるところをカモミールティーなどのハーブティーに変えてみるのもいいかもしれません。
血糖値を下げる主な食材:玉ねぎ、お酢、グァバ茶、カモミールなどのハーブティー

その他の抗糖化の方法とは?

抗糖化をきっかけに禁煙をする女性

毎日の生活習慣の改善が直接、抗糖化に反映してきます
しかし最近、抗糖化の食品、サプリ、美容液などが販売されています。
これらは体の外側からのケアになります。
もちろん外側からのケアも大切ですが、まずは体の内側からの改善を目指しましょう。

 

たばこもAGEsを増やすという結果が出ています。

喫煙者だけではなく、周りにいる人も副流煙を吸った後に30分でAGEsが増えます。糖化は肌に対して大きなダメージを与えることはもちろんですが、健康にも大きく影響しています。

 

自分の毎日の生活習慣を見直すことで、糖化を必要以上に増やすことは止められます。抗糖化をし、いつまでも透き通るような若々しい肌と健康な体で、老化を防ぎましょう。

抗糖化と糖質制限や糖尿病の関係は?

糖分の多い食品を摂取することで、お肌内部に存在しているコラーゲンが破壊され、黄くすみやシワなどのトラブルが起きやすくなるお肌の糖化

また、糖質の過剰な摂取は、怖い糖尿病を引き起こすリスクも高まってしまいます。

糖尿病

お肌の老化現象のひとつである糖化、糖尿病は、抗糖化にアプローチした糖質制限が予防・改善のキーポイント!
ここでは、抗糖化と糖質制限、糖尿病の関係性について学んでみましょう。

抗糖化と糖尿病のかかわり

糖質の多い食品、炭水化物などの過剰な摂取で引き起こされる糖尿病。

カラダの機能が若い世代であっても、糖質の多い食事は、糖尿病のリスクを高めてしまいます。
糖質を摂りすぎてしまうと、体内のタンパク質や脂肪と結合することで、悪玉の老化物質や、糖尿病の原因物質が大量に発生します。

コレステロール

糖質は、そのまま腸から吸収され、血液内に入って糖尿病の原因物質を発生させるだけではなく、血液中に悪玉コレステロールを増やし、ドロドロの状態に変えてしまうことも。

不健康な血液は、食事やサプリメントから摂取できる栄養素・成分を取り込むことができないので、糖尿病が治りにくかったり、お肌にもたくさんのエイジングサインを出してしまうリスクがあります。

糖尿病のリスクを防ぐためには、糖質制限がベストな方法。
すると、自然に抗糖化でき、お肌にもカラダにもたくさんのメリットをもたらすことができます。

抗糖化に効果のある成分は?

糖尿病やお肌の糖化を解消・予防するためには、次のような成分を食事やサプリメントから積極的に摂取することがポイントになります。

ビタミン群

抗酸化作用や、紫外線のダメージからお肌とカラダを守るはたらきを持つビタミン群。

お肌やカラダの糖化現象で生成される、AGEsという老化物質のはたらきをブロックする効果があります。

ビタミン群

カモミール

ハーブティーなどに使われることの多いカモミールは、体内に吸収されると、糖質を包み込み、分解してデトックスするはたらきを持ちます。

サクラの花エキス

サクラの花から抽出できるカフェオイルグルコースなどは、糖化を抑制しながら、お肌のコラーゲン生成を活性化させる効果が毛認められています。

抗糖化を早く改善するには?

上記は生活習慣による抗糖化対策ですが、下記では即効性や効果を高める抗糖化対策をご紹介します。

抗糖化食品とは?

糖化を防ぐには、抗糖化食品を積極的に摂取することをおススメします。

「グリセック・インデックス」、いわゆる「GI値」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、このGI値は食後の血糖値の上昇スピードを表したものです。

最高が100で、GI値が高ければ高いほど食後に血糖値が上がります。

GI値は食品1つ1つに定められているので、低GI値の食品を知っておいて低GI値の食品を意識的に摂取することが抗糖化のカギですね。

血糖値

もちろん高いGI値の食品も食べると思いますが、食べる順番だけでも低GI値の食品から摂取することをおススメします。

低GI値を含む食品は?

お米やうどんなどの炭水化物やジャガイモ、スイカ、コーンフレークやシリアルなどがGI値70以上の高GI食品で、全粒粉製品やサツマイモはGI値56から59の中GI食品、ほとんどの野菜や果物、豆類、ナッツ、乳製品、海藻類などがGI値55以下の低GI食品とされています。

GI値60未満が抗糖化に理想的とされているので、野菜を中心に食べ始め、よく噛んで時間をかけて食事を摂取するよう心がけるといいでしょう。

お米を食べる場合は玄米にするなど精製されていないものを摂取するようにするとGI値を下げることが出来ます。

緑黄色野菜

と言ってもパンなどの炭水化物など高GIの食品ももちろん食べたいですよね。食事はバランスよく食べることが大切なので、高GIの食品を全く食べないのではなく、食事の順番が大切です。

野菜を最初に摂取すると野菜に含まれる食物繊維が血糖値の急激な上昇を予防してくれるので、高いGI値食品を摂取する場合は、まずサラダなど食物繊維の高い食品から摂取するように心掛けましょう。
野菜でも意外とジャガイモとニンジンは高GI食品なので要注意です。

抗糖化ダイエットとは?抗糖化ダイエットのメリットや効果は?

抗糖化食品を摂取することは、実はダイエットにも直結します。

普段の食事の中から糖質の高い食べ物や炭水化物を減らす方法で抗糖化ダイエットが行えます。
糖質の高い甘いケーキやジュースなどは特に控えるようにしましょう。

糖分

食べる順番は上記でも野菜からと挙げましたが、野菜の次にたんぱく質、最後に炭水化物の順が理想的です。

野菜だけでなく、アーモンドなどのナッツ類、きのこ類、海藻類、ゴボウやカボチャ、ブロッコリーなども糖質の吸収を抑えるのに効果的な食べ物です。

体重の減量を図りたい場合は、さらに有酸素運動を取り入れて代謝を上げることで痩せやすい体になります。

運動
抗糖化ダイエットはただのダイエットよりも美容効果が高く、痩せられるだけではなく、いつまでも若くハリツヤのある肌を手に入れ、様々な疾病を予防して体の健康も促進することが出来ます。

ダイエットはがむしゃらに取り組むのではなく、健康を意識して行ってくださいね。

サプリなどではどのような成分を摂取すればいい?

なかなか自分では食事内容がコントロールしにくいという人は、お茶やサプリメントを活用するといいでしょう。
カモミールやホーソンベリーなどのお茶は、AGEが生成されるのを予防する働きがあるので抗糖化に効果的です。

サプリメントでも同様で、アルファリポ酸、サラシア、アルギニン、マカ、Rリポイック酸等を含むサプリメントが抗糖化には効果的です。

カモミールティー

抗糖化化粧品とは?どんな成分が良い?効果ある?

抗糖化は摂取する食品からだけではなく、化粧品からでもアプローチすることが出来ます。
AGEの概念自体まだまだ新しい分野で、今後発展していくことが予測されるAGEの予防に焦点を当てた抗糖化化粧品。

すでに販売されているものもあるので、肌のしわやシミが気になり始めた人は悪化していく前に要チェックです。

化粧品

抗糖化に効果的な成分としてはEGFやカルノシン、ビタミンC、ビタミンB!1、ビタミンB6、αリポ酸などが有名です。

まら、植物性エキスのコラーゲン生成を助けてくれる桜の花エキスや、抗炎症効果のあるコウキエキス、AGEを直接的に遮断できるシモツケソウエキスやセイヨウオオバコエキス、マロニエエキス、よもぎエキス、イチョウの葉エキスなどが有効とされています。

これらの成分を配合し、抗糖化とうたっている化粧品がおススメです。

APPS

特に同じ化粧品メーカーから販売されているものをラインでそろえて使用すると、化粧水と保湿液と美容液と全て別々のメーカーのものを使用するより高い効果が表れます。

全て買い替えるのには金銭的にも抵抗が、と感じる人はトライアルセット等で自分の肌との相性を確認してみることをおススメします。

一度抗糖化ケアの化粧品を使い始めたら、肌のターンオーバーに必要な28日周期を目安に使い続けてみましょう。

抗糖化化粧品は主にAGE予防に役立つので、すぐに効果が出るというよりも、続けて使っていくことで周囲と差が出ると認識しておくといいでしょう。

美肌

抗糖化化粧品と抗酸化化粧品の効果が出る成分の違い

抗糖化化粧品では体内で余分なAGEが生成されるのを予防する成分にあたる、EGFやカルノシン、ビタミン類やαリポ酸が主に含まれています。

一方、抗酸化化粧品では体内で活性酸素を作るのを予防する成分のビタミンC、植物性ビタミンOPC、ビタミンE、アスタキサンチン、アントシアニン、コエンザイムQ10、フェルラ酸、ルテインが主に含まれています。
年齢と共に減少してくる抗酸化物質のSODという成分をいかに補うかが抗酸化化粧品のカギになります。

成分

もちろんメーカーにより配合される成分は違ってきますが、これらの美容成分が主に含まれていることが多いです。購入する前に自分が使う化粧品に何が配合されているのがしっかりチェックしておきましょう。

抗糖化化粧品では肌のたるみや黄ばみ、シワなどの改善に効果を発揮し、抗酸化化粧品ではシミやたるみなどの改善に効果を発揮します。

抗酸化と抗糖化のどちらが大切か、というよりも抗酸化も抗糖化もどちらも大切な役割を果たしています。

化粧品は1つのメーカーを選択することをおススメしますが、生活習慣や食生活はどちらも意識して健康やアンチエイジングを促進していきましょう。

生活習慣改善

抗糖化にl効果のあるレシピは?

毎日の食事内容を、抗糖化に効果のあるレシピに変えられたら、美味しく楽しい糖化対策ができそうですね。
糖化現象が起こりやすい、40代以上の女性が多く取り入れている、人気の抗糖化レシピをチェックしてみましょう。

ゴボウと水菜のフレッシュサラダ

食物繊維がたっぷりのゴボウと水菜のサラダは、糖質の吸収を穏やかにしたり、水分が多いことで満腹感も◎!
夏のサラダレシピとしても美味しく食べられるフレッシュサラダで、カラダの中からの抗糖化にトライしてくださいね。

材料

水菜  1/2束
うす揚げ  1/2枚
ごぼう 1本
ベビーリーフ  1/4パック
生姜すりおろし 小さじ1
お酢・おしょうゆ       各大さじ1
オリゴ糖  小さじ1
ココナッツオイル  小さじ2
クレイジーソルト  少々

作り方

1.水菜を冷水につけ、適度な大きさに切り、ベビーリーフを洗います。
2.うす挙げをフライパンで焼きます。
3.カットした皮付きのごぼうを入れ、フライパンにごま油少々加えて炒めます。
4.5つの調味料をすべて合わせ、ドレッシングにします。
5.炒めたごぼうをボールに入れたら、ドレッシングであわせ、水菜とベビーリーフ、うす揚げを加えて混ぜ、完成です!

生芋こんにゃく&バナナのグリーンスムージー

続いてご紹介する抗糖化レシピは、多くの女性が愛飲しているスムージーレシピ。
手軽でカンタン、いつものスムージーをこちらの抗糖化レシピにシフトすると、強力な美肌効果があると言われている、グルコシルセラミドを効率よく補うことができます。
グルコシセラミドは、お肌の水分量を高める効果があるので、シワやたるみなどがリフトアップできるメリットも!

材料

生芋こんにゃく 150g
小松菜 100g
バナナ 一本
アーモンド 10g
水 100ml
ハチミツまたはオリゴ糖 大さじ1
レモン果汁 小さじ1

作り方

1.生芋こんにゃくを茹でてアクを抜きます。
2.一口大にカットし、小松菜の根元を切って3~4cmに切り、バナナの皮を向いて一口大に切ります。
3.生芋こんにゃく、小松菜、バナナ、アーモンド、水を入れたらミキサーにかけてなめらかにし、ハチミツまたはオリゴ糖、レモン果汁をプラスし、味を整えて出来上がりです!

抗糖化のQ&A

糖化現象は、お肌やカラダ、ココロにまでも悪い影響を与えてしまう怖いもの。
良くある疑問点をここで解決し、抗糖化の毎日を目指していきましょう。

Q.抗糖化はスキンケア商品でもできる?
A.白銀がブレンドされているスキンケアアイテムは、抗糖化に特化した製法がなされています。
ナノサイズのマイナスイオンの発生によって、お肌の内部から抗糖化にアプローチできます。
Q.お米が止められないので、玄米にシフト!抗糖化に効果はある?
A.玄米や雑穀米は、白米よりも糖質やGI値が低く、抗糖化にマッチした食品といえます。
Q.手軽なサプリで抗糖化したい!おすすめ商品は?
A.糖化ケア・酸化ケア・UV対策が同時にできる、【AFREVI】がランキングでもトップの座をキープしていますよ。

フェイシャルエステ

顔のたるみにはフェイシャルエステが効果的!ほうれい線も消える?

あれ?30代になって顔がたるんできた。 そんな女性は多いのではないでしょうか? 結婚式や同窓会の写真を見るとし […]

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
化粧品

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー […]

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません […]

コメントなし
しわ

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。 […]

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上 […]

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい […]

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線 […]

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で […]

コメントなし
コラーゲンの効果

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物 […]

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

抗糖化で美肌な女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 6つのアンチエイジング習慣|老けない人の特徴や共通点

  • 顔&おでこのテカリや脂を防ぐには?《脂性肌・オイリー肌対策》

  • ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

  • シミに効く美白化粧品ランキング|効果が高いおすすめプチプラ化粧品!

  • 黄ぐすみ原因と改善方法!化粧品・サプリで美白な肌が復活!

  • ホホバオイルの効果とは?ニキビや毛穴に効く?使い方やおすすめは?

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!