エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 脱毛サロン
  4. 脱毛ラボとシースリーはどっちがいい?脱毛効果や料金・口コミを比較

脱毛ラボとシースリーはどっちがいい?脱毛効果や料金・口コミを比較

脱毛サロン
  11 Views
脱毛ラボとシースリー比較

全身脱毛の料金が安く、人気の高い2つのサロン「脱毛ラボ」と「シースリー」。
ここでは、どちらのサロンの方が良いのか、
・脱毛料金
・脱毛範囲
・脱毛効果
などを比較して解説していきます。

脱毛ラボとシースリーのどちらがおすすめ?

おすすめのサロン

脱毛ラボとシースリーは、どちらも口コミで定評がある脱毛サロンです。
2つの脱毛サロンの大きな違いは、脱毛ラボでは部分脱毛もできるのに対して、シースリーは全身脱毛専門で行っているという点です。

では全身脱毛を行う場合、どちらの脱毛サロンがお得で快適に脱毛を進めていけるのか比較してみたいと思います。

脱毛ラボとシースリーの脱毛料金を比較

脱毛料金

脱毛ラボもシースリーも、どちらも料金設定はリーズナブルになっています。

・脱毛ラボの場合

プラン 料金
月額制 月額1,990円
6回パック 109,760円
12回パック 209,980円
18回パック 229,980円
1回単発 Sパーツ:1,500円
Mパーツ:2,500円
Lパーツ:3,000円

※回数パックプラン(全身脱毛48か所の場合)

 

一方シースリーの場合、公式サイトに価格の記載が無いので混乱しやすいですが

プラン 料金
月額制 月額5,800円
6回パック 95,000円
10回パック 140,000円
13回パック 190,000円
通い放題 290,000円

脱毛ラボとシースリーの月額制の仕組みは異なります。
脱毛ラボの月額制は月謝のように毎月支払っていく仕組みですが、シースリーの月額制はトータル料金を月々で分割した分割料金になります。

つまり脱毛ラボの月額制は自分の好きなタイミングでいつでも辞めることができるのがメリットで、シースリーの場合はトータル料金の支払いが終わればその後は無料で脱毛に通う続けられることがメリットです。

また上記の月額制の価格を比較するときにポイントとなってくるのが脱毛頻度です。

脱毛ラボでは、1回につき全身の12分の1を施術し、1カ月に1回通えるため全身脱毛1回施術するのに1年かかる計算になります。

一方シースリーでは1回につき全身の4分の1を施術し、2週間に1回通えるため2カ月で全身1回分を施術できる計算になります。

つまり月額制の場合全身脱毛1回分の料金を比較すると、脱毛ラボが23,880円なのに対してシースリーは11,600円なのです。
料金で比較するとシースリーの方が1歩リードですね。

追加料金比較

追加料金

・脱毛ラボの場合

月額制ではシェービング代は1回1,000円となっています。
さらに顔やVIOを含む場合は、シェービング代も少し高くなり1回1,500円となっています。

また、当日、前日キャンセルもペナルティとして1,000円かかります。
回数パックプランの場合は、1回分の脱毛消費扱いになります。

・シースリーの場合

シェービングは基本的に自分で行うことがルールになっていますが、そり残しがあってもその場で無料でシェービングしてくれます。
顔やVIOなどデリケートな部分のシェービングも必要になる場合は、自分用のシェーバーを持参する必要があるので忘れないようにしましょう。

キャンセルは予約時間までに連絡すれば無料ですが、予約時間を1分でも超過してしまうと違約金として3,000円かかってきます。

脱毛ラボとシースリーの脱毛部位を比較

脱毛部位比較

脱毛ラボとシースリーはどちらも顔、VIO含めた全身の施術が可能です。

施術箇所は
・脱毛ラボ:全身48か所(顔、VIO含む)
・シースリー:全身53か所(顔・VIO含む)
となっていますが、どちらも全身なので同じです。

顔脱毛の範囲は、
・脱毛ラボ:鼻下、もみあげ、あご周り
・シースリー:おでこ、左右頬、左右もみあげ、鼻下、口下
となっています。

脱毛ラボとシースリーの脱毛効果を比較

脱毛ラボとシースリーは、どちらも毛の毛根にあるメラニン色素に対して効果を発揮する脱毛方式を採用しています。

脱毛ラボの脱毛効果

脱毛ラボで採用されているSSC方式は、スムース・スキン・コントロールと言われる肌への負担が少ないフラッシュ脱毛です。
世界的にも脱毛効果が認められているイタリア産DEKA社の脱毛機を採用しています。

脱毛に通う頻度は1カ月に1回ですが、全身脱毛が完了するまでにかかる期間は選択するコースによって異なります。
脱毛ラボでは月額制の場合1年に1回の全身脱毛になるため、脱毛完了までに数年から数十年の月日がかかってしまいます。
しかし回数パック制であれば、最短6カ月で6回の全身6回の施術を行うことができるので、早くて半年から1年半程度で脱毛を完了させることができます。

シースリーの脱毛効果

一方シースリーで使用されているIPL方式は、インテンス・パルス・ライトを使用したフラッシュ脱毛で日本では長く愛用されている脱毛方式になります。
採用している脱毛機は国産のルネッサンスと呼ばれる脱毛機です。

日本人の肌質に合わせて開発されているので、肌トラブルが起こりにくく確実な脱毛効果を狙えるとしています。
脱毛に通う頻度は全身の場合2か月に1回(1回全身の4分の1の場合、月2回)で、全身脱毛は1年半から2年半で完了します。

どちらの脱毛方式も十分なサンプル数が獲得されていて、抑毛、脱毛効果に一定の効果が認められています。
脱毛効果はどちらもほぼ同じと考えて良いでしょう。

脱毛ラボとシースリーの予約の取りやすさを比較

予約の取りやすさ

店舗数を比較すると、

  • 脱毛ラボ:55店舗
  • シースリー:82店舗

とシースリ―の方が27店舗多いですが、結局のところ予約の取りやすさは店舗によって差があるようです。

脱毛ラボは予約の取りやすさに重点を置いていて、最新脱毛器を導入することで1回あたりの脱毛施術時間を2、3時間から1時間~1時間半に減らして混雑を解消しています。
また、脱毛ラボは店舗によっては夜の10時まで営業しているため、仕事帰りの社会人でも通いやすくなっています

一方シースリーは口コミでも予約がとりにくい店舗があると言われています。
シースリーはWEBから24時間予約をとることができる仕組みの「どこでも予約」や、キャンセルが発生した際に自動的に空き状況をメールでお知らせしてくれる「かよエール」を採用しているので、気軽に自分の好きなタイミングで予約を入れたり、予約の変更をすることができます。

予約開始となる毎月1日の深夜0時に予約が殺到して2か月先まで埋まってしまうという問題も挙げられています。
店舗によって差があるため全ての店舗が混雑しているわけではないですが、予約の取りやすさでは脱毛ラボの方が少しリードしています。

シースリーは店舗数は多いものの水曜日と第2火曜日に定休日を設けていることや、各店舗のベッド数が少ないことが影響しているようです。

時間に余裕のない人は脱毛ラボの方が安心ですね。

脱毛ラボとシースリーのメリット・デメリット

メリットデメリット

脱毛ラボとシースリーのメリット、デメリットを比較してどちらの脱毛サロンが自分に向いているのかもう一度おさらいしてみましょう。

脱毛ラボのメリット・デメリット

脱毛ラボのメリットは、
・予約がとりやすい
・月1回の頻度で通えるので、脱毛の進行もスムーズ
・パーツ脱毛にも対応してくれる
の3点が挙げられます。

脱毛ラボのデメリットは、
・通い放題のプランがない
・予約変更は2日前までに連絡する必要がある
・顔の脱毛範囲が狭い
の3点が挙げられます。

シースリーのメリット・デメリット

一方シースリーのメリットは、
・通い放題プランがある
・全身脱毛がわずか45分という短さで完了する
・店舗数が多いので、どこに住んでいても通いやすい
の3点が挙げられます。

シースリーのデメリットは、
・通う頻度が3か月に1回なので、長期的なプランが必要
・予約がとりにくい
・部分脱毛には対応していない
の3点が挙げられます。

それぞれどんな人におすすめ?

脱毛ラボとシースリーはどちらも低価格で全身脱毛を行えるので、どちらを選択するかは悩ましいですね。

脱毛ラボがおすすめの人

脱毛ラボ

脱毛ラボは部分脱毛にも対応できるのが特徴の1つです。
1部位わずか1,500円で施術を行うことができるので、全身脱毛ではなく自分の脱毛したい部位を絞って脱毛を進めていきたい人に脱毛ラボはおすすめです。
脱毛ラボでは回数パックプランに全身の半分の範囲の24か所を脱毛するプランも用意されています。
価格は78,760円と全身48か所の半額よりも高い設定になっていますが、希望の脱毛部位が限られている人にとっては少しでも安く脱毛できた方がありがたいですね。

また、忙しくて何より時間が大事という人にも脱毛ラボとシースリーを比較すると比較的予約がとりやすい脱毛ラボの方がおすすめになります。
脱毛ラボの回数パックプランでは、最短2週間に1回施術を受けることができ、通常でも1カ月に1回は来店することができます。

シースリーがおすすめの人

シースリー

脱毛料金や、月額制の脱毛に通う頻度を比較するとシースリーの方がおすすめです。
また、ひとまず月額制で通い始めて、回数が必要だと思ったら通い放題に変更したいという人にもシースリーは向いています。
シースリーの月額制は、290,000円に達した時点で追加支払いせず脱毛を継続することができます。
元々毛深い人や、肌が敏感で脱毛機の出力を下げて施術を続けたいという人にもシースリーの方がおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

脱毛ラボとシースリー比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • シースリーのキラメキクリームとは?保湿効果抜群で美肌キープを実現!

  • キレイモとストラッシュの脱毛はどっちが良い?料金・効果・口コミ比較

  • ミュゼとジェイエステどっちが良い?併用もあり?効果や料金を徹底比較

  • ミュゼのキャンペーン情報まとめ!半額でお得に脱毛できる予約方法

  • 銀座カラーのVIO脱毛は効果なし?料金・脱毛範囲・痛みなどまとめ

  • ミュゼの解約方法や返金額・返金期間まとめ!契約書がなくても良い?