女性の美容と癒しの総合マガジン

ラポマインの効果は?ワキガが治る?使い方や口コミまとめ

ラポマイン

欧米では8割以上の人がわきがだと言われていて、みんながそうなためにそれほど気にはされていません。
しかし日本では1割~2割程度のためにわきがの人は臭いを非常に気にしています。

それだけわきが専用の薬なども販売されているのですが、どれが良い商品かわからないという人も多くいます。
そこでここでは、高い効果があると評判の「ラポマイン」について紹介していきたいと思います。

ラポマインとは?成分は?

わきがは脇にあるアポクリン汗腺から出た汗を皮膚常在菌が分解してしまうことが原因で起こります。

分解するときに発酵した感じになり、そのときに強い臭いが出るのです。

ラポマインはこの臭いを消しさるために昔から愛用されてきた「柿渋エキス」にカモミラやオウバク、ローマカミツレ、オトギリソウなどの天然の植物エキスを主成分としてできています。

ラポマイン

そのため肌を刺激する添加物などが含まれておらず、非常に肌に優しい仕様となっているのが特徴です。

さらにそれらが高い保湿成分を持っているために軽く汗をかいた程度で効果が失われることなく、消臭効果が持続するという強みを持っています。
一般的な制汗剤は急激に冷やすことで冷却と乾燥という方法を使って汗の分泌を抑えています。

しかしそれはあくまで一時的な方法であり、肌は冷却や乾燥されると余計に皮脂や汗を出すことで乾燥状態を打破しようとします。

汗対策
つまり結果的には汗や皮脂が多く分泌されることで臭いはさらに強くなってしまうのです。

また、汗を分解してしまう菌の活動を抑制する成分である「イソプロピルメチルフェノール」が含まれており、臭いの原因を防いでくれます。

クリアネオとの違いは?

わきが対策のものとして他に人気の製品に「クリアネオ」があります。

こちらも高い効果で評判のものですが、臭いの原因を抑えていく成分にはラポマインと似たものが使用されています。

違いはラポマインのほうがチューブ式のクリームが小さい容器なので目立たないという所です。

わきがの人はこういったクリームなどを使用していることはあまり人には知られたくないものです。

その点、ラポマインは非常に小さいチューブのために目立ちません。

また、使用後の感想として
「不自然なほど爽やかなにおいが強くない」
ことと
「手触りがサラサラしている」
ということがあげられています。

これは香料などが使用されていないために自然なにおいにできていることが理由となっています。
着色料なども一切含まれていませんので衣服に色やにおいがつくこともありません。

このあたりはクリアネオも同様なので差はないかもしれません。

クリアネオと比べると容器が小さく目立たない、天然由来の植物成分が多く含まれているために自然な感じの無臭という印象が強いというところが差と言えるでしょう。

ラポマインの効果は?

期間はどれ位ででる?

まずこういった薬は「わきがの度合い」「生活習慣」「体質」などに個人差があるために全員にまったく同じ効果が出るわけではありません。

また、正しい使い方をしないとうまく効果が出ない場合もありますので、出来る限り正しい方法で使用することが重要です。

わきが

効果の口コミは?

そしてもっとも重要な効果ですが、これが一番個人差が出ています。
使用された方の体験記を見ていても「すぐに効果が出た。

使用した日からにおいが弱くなった」という人も居ますし、「1~2週間はほとんど効果がでなかった」という人も居ます。

これはラポマインが即効性のある刺激の強い成分を使用していないことが原因と考えられています。

天然由来の植物成分を主成分としているために肌に優しいという長所もあるのですが、強い臭いを一撃で打ち消すような成分ではないという短所もあるのです。

そのためにわきがの度合いによっては「即効性がない」と感じる人が出てきているのです。

しかし、体験記を読み続けていると「1カ月使用し続ければにおいがほとんどしなくなった」という声が圧倒的に増えてきます。

これは消臭成分が浸透して効果を発揮していることに加えてラポマインに含まれているイソフラボンなどの成分が影響しています。

ラポマインのサプリメントの効果は?

ラポマインには臭いの原因を体の中から消していくというサプリメントもあります。

お試し用として10日分もらえる場合もありますので、一度試してみるのもよいかもしれません。

サプリ

サプリメントにはコーヒー豆や柿から抽出した消臭効果がある成分のほかにも、ゴボウパウダーのような植物由来の成分、さらには乳酸菌やオリゴ糖などの栄養分が配合されており、味もさわやかなミント風のものなので非常に摂取しやすくなっています。

その食べやすさから大量に食べてしまうこともありますが、これは避けましょう。

人によっては下痢などの体調不良の原因になります。
使用量は守りましょう。

これも1度食べたから臭いがなくなるというものではありませんが、体の中からにおいの原因となるものを消していくという気持ちで食べ続けるということが大事になってくるものです。

誤った臭い対策とは?

中には完全に間違えた臭い対策になってしまっている人もいます。
ラポマインを使用しながら「まだ完全に臭いが消えていない」と感じて脇を中心に香水を使用している人です。

においを気にする人のなかにはそのにおいを消すために香水を使用する人がいますが、これは完全に逆効果です。

わきがなどの臭いに香水の匂いが混じることで「においはさらに強く刺激的なもの」になります。

本人は香水を使用したから大丈夫だと感じているかもしれませんが、周囲の人にはより強い刺激を与えていることになってしまいます。

ラポマインなどの薬と香水を併用することはやめておきましょう。

ラポマインと医療手術との料金の違い

ただ、体験記のなかには
「効果はわかるんだけどラポマインは少し高い」という声もあります。

これらのわきがの薬は体への負担を考えて天然由来成分などを使用するためにどうしてもコストが高くなるということがあります。
そのためどうしても価格も高くなってしまうのです。

手術

これも考え方によるのですが、においがする度に制汗スプレーを使用し続けたり、わきがの手術を受けるということを考えれば、はるかに割安という考え方もあるのです。安価な制汗スプレーでも使用し続けているとかなりの費用になります。

手術費用はさらに高いものになるでしょう。それらを総合的に考える必要があります。

ラポマインの使い方とは?

まず、使用量はワンプッシュの量で十分です。

小豆大~アーモンドほどでしょうか。
これを一日二回使用します。

朝の出発前などはこれで良いでしょう。
使用してもすぐに乾いてさらさらになりますので、すぐに衣服を着てもべたついたりはしません。

においが特に気になるという人は外出先でも使用することもあるでしょう。
ラポマインは一般的なハンドクリームほどの大きさで持ち運びできるために抵抗なく使用できると思います。その際は出来る限り脇を清潔にしてから使用しましょう。

そして夜に寝る前ですが、このときも正しい使用法があります。
入浴時にシャワーを脇に1分~2分ほど当て続けます。

シャワー

そして保冷剤などを使用して冷やします。
冷やすことで毛穴をぐっと引き締めることができるのです。
そこにラポマインを塗り込みます。
わきがなどのにおいの原因となる雑菌や細菌は昼間だけでなく、寝ている間も活動します。そのために寝る前の使用が重要となるのです。

イソフラボンの効果とは?

イソフラボンは抑毛効果があるために脇毛の増殖を抑えます。

そして毛穴に詰まった汚れや黒ずみなども解消してくれるために、においの原因が少しずつ解消されてくるのです。
それがの効果が結果として出てくるのが1カ月という目安になっているのでしょう。

納豆

それらを考えると「数回使ったけど効果が出ない」とあきらめてしまうのは早いということになります。

脇のニオイ

ワキ脱毛のメリットは?ワキガと脇汗の関係や臭いはどうなる?

脱毛すると脇汗をかきやすくなるという噂があります。 脇汗もワキのムダ毛と同じくらい悩みになりやすい問題の1つな…

コメントなし

ワキガでシャツに黄ばみができる原因と対策は?落とし方は?

目次どのくらいの黄ばみがワキガ症状?わきがと黄ばみの違いわきがの黄ばみを予防する方法は?わきがの黄ばみを消す洗…

コメントなし
ミュゼのワキ脱毛の効果

ミュゼのワキ脱毛は効果ない?料金や効果までの回数などを徹底解説

格安価格で脱毛ができることで人気のミュゼの中でも、最もお得なワキ脱毛についてまとめました。「安くても効果はある…

コメントなし

脇脱毛おすすめ安いサロン人気ランキング|値段・効果を医療と口コミ比較

脱毛初心者に人気のワキ脱毛。 料金が安いので若い女性にも人気の脱毛部位です。 今回は、 ・ワキ脱毛におすすめの…

コメントなし
ワキ医療脱毛クリニック

ワキの医療脱毛おすすめランキング!安い・痛みが少ない・効果が高いクリニック

脱毛部位の中で最も人気の高いともいえる「ワキ」。 料金が安く、手軽に始められる脱毛部位なので、初めての方にも人…

コメントなし
ワキのちくちく

ワキ毛がチクチクしてかゆい時はどうしたら良い?原因や対策方法!

ワキ毛を処理したはずなのに、すぐにチクチクしてしまう。 そんな悩みはありませんか? ワキは毎日処理するもので肌…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です