エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 脱毛サロン
  4. ミュゼの脱毛効果は?脱毛機はどんなもの?IPLとの違いは?

ミュゼの脱毛効果は?脱毛機はどんなもの?IPLとの違いは?

脱毛サロン
  17 Views
ミュゼプラチナム

通っている人も多く、脱毛ブームの中でも安定した人気を誇るミュゼ。

今回はミュゼの脱毛効果を、脱毛の仕組みも踏まえて説明していきたいと思います。

ミュゼの脱毛効果は?

ミュゼでは痛みを抑えて肌に優しい脱毛方式を採用しています。

痛いのは苦手という人にとってはとてもありがたい脱毛方式になります。

しかし痛みが強ければ強いほど脱毛効果が高いのが一般的になっている脱毛では、痛みが少ないと脱毛効果も少ないのではと心配になる人が多いです。

永久脱毛

結論から言えば、ミュゼでもしっかりとした脱毛効果を期待することが出来ます。
脱毛が痛くない=脱毛効果がないと理解してしまわないようにしましょう。

それではミュゼの脱毛で脱毛効果を期待出来る理由について、おさらいしていきましょう。

脱毛機はどんなものを利用している?

ミュゼが採用している脱毛機は、公式サイトでも公開されていません。

SSC方式を採用した脱毛機を取り入れているのは確かですが、それ以上の詳細は公開されていないのです。

SSC方式はスムース・スキン・コントロールと言われる脱毛方式になります。

SSC方式はイタリアのDEKA社によって発明された脱毛方式で、肌をいたわりながら脱毛を可能にする仕組みです。

SSC方式では、脱毛施術時に脱毛効果を促進する働きのある脱毛ジェルを利用します。

脱毛機
このジェルの上からクリプトンライトと言われる無害な可視光線を照射していきます。

脱毛効果はフラッシュの力だけでなく、ジェルに含まれる脱毛成分も作用しているので、相乗効果で脱毛効果を高めることが出来ます。

また、SSC方式の脱毛ではジェルを利用するので、フラッシュの出力を押さえて肌に負担をかけずに施術をすすめていくことが出来ます。

何回程度で効果がでる?効果が出やすい部位とそうではない部位は?

ミュゼの脱毛では、4回から6回程度でムダ毛を自己処理しなくてはならないストレスから解放されるとされています。

回数を繰り返していけばその分1回ごとにムダ毛は少なくなり、8回から12回程度で脱毛から卒業する人も少なくありません。

脱毛効果が出にくく、脱毛完了までに回数が必要な部位は、

  • ワキ
  • VIO

となっています。

一方脱毛がスムーズに進む部位は、

となっています。

部位によっては多い脱毛回数を必要としますが、それは生えている毛の太さや、肌の状態によっても脱毛効果が異なるからです。

ワキ脱毛の料金相場

SSC脱毛機とIPL、SHR脱毛機との違いは?

インテンス・パルス・ライトと言われるIPL脱毛方式は、キセノンランプというフラッシュを搭載しています。

キセノンランプはフェイシャルエステでも用いられるフラッシュの1つで、脱毛効果だけでなく美肌効果も期待することが出来ます。

IPL脱毛の脱毛の仕組みは、キセノンランプがムダ毛のメラニン色素に反応することです。

キセノンランプによりダメージを与えられたムダ毛は、施術から数日または1週間程度で毛根から抜け落ちていきます。

毛周期

最近ではIPL脱毛の進化系脱毛機も発売されていて、照射ヘッドで肌をクールダウン出来るようになっていたり、肌に優しい工夫がされている脱毛機も多いです。

SHR脱毛方式を採用した脱毛機は、SSCやIPLとは異なった部位に対して働きかけます。

SSCやIPLでは、毛の毛根にある毛乳頭に対してダメージを与えることで脱毛効果を促します。
一方SHRが働きかけるのは毛の生成工場であるバルジ領域と言われる部位です。

バルジ領域は毛が生える前の段階でも存在するので、IPLやSSCを採用した脱毛で重要視されていた毛周期にこだわらず、スムーズに脱毛を進めていくことが出来ます。

それぞれの脱毛方式のメリットは異なりますが、SSC脱毛とIPL脱毛、SHR脱毛を比較すると、SSC脱毛は一番始めに肌に対するストレスを軽減させた脱毛方式と言えます。

脱毛効果を高める為に出来ることは?

脱毛をスムーズに、かつ効果を上げるためにはコツがあります。

もちろん脱毛方式や、採用している脱毛機も大切なポイントです。
しかし脱毛を成功させるためのコツは日常生活の中にあります。

脱毛を行う前は、肌の水分量や毛の状態をチェックしますね。
これらは脱毛効果を左右する重要なポイントとなるからです。

脱毛中に気を付けることは、

  • 日焼けを徹底して予防する
  • 普段から化粧水や保湿クリームを活用して、肌保湿を心がける
  • 加湿器を利用して、室内の湿度をコントロールする
  • 脱毛前後は代謝の上がる行為を避ける

の4点が挙げられます。

脱毛中は肌にかかる負担を最大限に予防する必要があります。
肌が負担を感じると、体は自然と毛を濃くする働きをします。

例えば床にひざをつく習慣のある人はひざの部分の毛が濃くなっていたりしますね。

これは生活習慣によるムダ毛の硬化です。

脱毛施術

脱毛中は特に肌が敏感になっていて、些細な刺激で毛が濃くなりやすいです。
床にひざをつくなど明らかに肌ストレスになる行為をしていなくても、日焼けや肌乾燥も肌にとっては刺激となります。

これらの刺激により、肌は黒く、硬くなり外からの刺激に対して体を守るように働いてしまうので、脱毛効果が低下してしまうのです。

この4点を気を付けるだけで、脱毛効果をぐっと上げることが出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ミュゼプラチナム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ピカリ脱毛の料金・予約や効果は?口コミなどどんなサロン?

  • キレイモとストラッシュの脱毛はどっちが良い?料金・効果・口コミ比較

  • ディオーネの脱毛効果や料金・口コミまとめ

  • 恋肌(旧ラヴォーグ)の全身脱毛!月額制と回数パック制でお得なのは?

  • シースリーのキラメキクリームとは?保湿効果抜群で美肌キープを実現!

  • ミュゼとジェイエステどっちが良い?併用もあり?効果や料金を徹底比較

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!