エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 部位脱毛
  4. ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼのVライン脱毛について

ミュゼは両わき+Vラインで100円という破格の料金プランを打ち出しました。
そんな激安プランに含まれているVラインの脱毛について解説していきます。

ここでは、特に
・ミュゼのVライン脱毛の脱毛範囲
・ミュゼのVライン脱毛の料金
・ミュゼのVライン脱毛の効果
などについて解説していきます。

Vライン脱毛とは

そもそもVライン脱毛とは何なのでしょうか?

Vの字のビキニラインのことを「Vライン」と呼びます。

Vラインの特徴

Vラインは太ももの付け根と下着の境界線部分にあるため、下着が擦れて黒ずみ・色素沈着や、肌荒れが起きやすい部位です。

Vラインのムダ毛を処理してキレイにすると、そのような肌トラブルを防ぐことができます。さらに、下着や水着からムダ毛がはみ出るといったことも防ぐことができます。

Vライン以外も全体的に脱毛した方が良いの?

ミュゼはアンダーヘア部分をを7種類に細かく分類しています。

ミュゼⅤライン脱毛

このように、ミュゼでは7つの部位に分類されています。

・トライアングル上
・トライアングル下
・Iライン
・ヒップ奥
・へそ下
・Vライン上
・Vライン

これらのうちの「Ⅴライン」部分がミュゼのⅤラインの脱毛範囲になります。

アンダーヘアをすべて脱毛したい方もいるかもしれませんが、Ⅴライン以外の部位も含むと割高になってしまいます。

また、Ⅴラインの脱毛は回数が無制限なので納得いくまで脱毛を繰り返すことができますが、他の部位に関しては脱毛回数が決まっているため、それ以上脱毛したい場合は脱毛回数を増やす必要が出てきます。

お得なセットもおすすめ
ミュゼでVIOをすべて脱毛したい気持ちがある方もいるかもしれません。まずはVラインに特化してお試し気分で脱毛をしてみるのも良いと思います。

また、両わきとVラインをセットで脱毛することも可能なので、全身脱毛までは必要ないものの、1ヶ所だけ脱毛をするのも心細いという方はこちらのプランもおすすめです。

初めての脱毛におすすめのVライン脱毛

Vライン脱毛は、料金が安くて痛みも少ないため初めての脱毛におすすめの部位です。もちろん、Vラインを脱毛するためにサロンに通っていると、他の部位も脱毛したくなる可能性があります。IラインやOラインの脱毛もしたくなってくるかもしれません。

そんな気持ちになったら、追加で部位を増やせば良いのです。ミュゼは料金も安いサロンですし、Vラインの脱毛のためにサロンに通っていたら雰囲気や効果も知ることができるので、他のサロンを一から探す必要がなくなります。

ミュゼのVラインの脱毛範囲ってどこまで?

ミュゼのVラインの脱毛はどこまでなのでしょうか?

Vラインプレートで脱毛範囲を確認!

ミュゼに行くと、始めにVラインの範囲を知る目安となるVラインプレートをもらえます。それは台紙なのですが、その台紙を自分のVライン部分に当てることでそこからはみ出たところを脱毛してもらうことができるのです。

脱毛の施術日の前日までにその部分のムダ毛を処理しておく必要があります。

Vラインプレートがあることで、どこまで処理しておけば良いのかがはっきり分かるので、困らずに処理しておくことができます。

Vラインプレートをもらってない場合は?

ミュゼでVラインの脱毛をする際は、Vラインプレートを使用して自己処理をするのですが、Vラインプレートをなくしてしまうこともあるでしょう。また、もらい忘れてしまうこともあるでしょう。

もし、Vラインプレートをもらってない、なくしてしまったときは、もう一度もらうことができます。

Vラインプレートがなくて自己処理に困った場合は、なるべく広く自己処理をしておきましょう。どこまで自己処理したら良いのか分からないときは、スタッフに問い合わせてみることもおすすめですよ。

ミュゼのVライン脱毛がおすすめの理由

ミュゼのVライン脱毛

参考⇒VIOの形を詳しく

人気の高いミュゼのVライン脱毛はお得なのでしょうか?実は他のサロンの方がお得なんじゃないの?という方もいるかもしれません。

ミュゼと他のサロンの料金・回数を比較してまとめてみました。

脱毛サロン 部位 料金 回数
ミュゼ 両ワキ+Vライン 100円 無制限
TBC VIO・5脱毛 6,000円 2回
アリシアクリニック  Vライン 27,500円 5回
エピレ 両ワキ+Vライン 700円 6回
キレイモ 全身脱毛
(VIO含む)
114,000円 6回

人気のサロン、医療脱毛を比較しています。
ミュゼと他のサロン・クリニックとの大きな違いは脱毛できる回数にあります。

他のサロンクリニックでは、約6回のところがほとんどです。
しかしVラインの毛は他の部位と比べても太くて毛の量も多いため、6回では足りないという口コミが多いです。

したがって、回数に制限があるサロンやクリニックではなく、何度でも納得のいくまで脱毛ができるミュゼがおすすめなのです。

参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら

ミュゼのおすすめポイント

おすすめポイント

脱毛回数が無制限なところ以外にもミュゼにはお得なサービスがあります。

独自の保湿ケアサービス
ミュゼは独自のミルクローションで保湿ケアもしてくれます。

他の脱毛サロンでは、デリケートな部位はそのようなサービスが難しいことも多いため、珍しいサービスと言えます。Vラインはムダ毛が気になるだけではなく、黒ずみ(色素沈着)、肌荒れなど、肌トラブルが多い部位でもあるので保湿ケアが大切なのです。

ワキ脱毛とセット
ミュゼの脱毛はVラインに加えて、ワキ脱毛もセットなので、初めて脱毛をする人にぴったりです。料金も安くて、若い女性はまずはミュゼで脱毛をするという人がほとんど。
学生でも気軽に通うことができる脱毛サロンがミュゼなのです。

多くのランキングサイト、口コミサイトでも評価が高く、1位にランクインしていることが非常に多いサロンです。

ミュゼのⅤライン脱毛のやり方【自己処理・紙パンツ等】

脱毛をしようと思ったときに気になるのが脱毛前の自己処理についてだと思います。

ミュゼに初めて行った時には、スタッフさんから注意事項や施術日当日の流れなどについてお話されます。その話の中で、施術日までに必要な自己処理についても教えてもらいます。

初めての方は忘れがちですが、脱毛はムダ毛が生えたまま行うことはできません。そのままでは脱毛器を照射することができないからです。
事前に施術部位のムダ毛を処理しておくことが必要なのです。

Vライン脱毛の施術前の自己処理のコツ

Vライン脱毛の自己処理

参考⇒脱毛の事前準備はこちら

脱毛の施術日までに脱毛をする部分のムダ毛を処理しておくことが大切です。

ムダ毛を処理する際は、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。

Vラインの自己処理のコツ
Vラインを自己処理する際は、カミソリで剃ったり、毛を抜いたりしないようにしましょう。それらは肌トラブルの原因となる可能性があるからです。

自己処理には電気シェーバーがおすすめです。肌に負担をかけずに処理することができます。

Vラインの脱毛前の自己処理を忘れたら?

Vラインの施術前に自己処理をしていない場合、もしくは、剃りのこしがある場合は、施術はどうなってしまうのでしょうか。

その場合は、処理がされていない部分に限って脱毛する、もしくは、施術自体を断られてしまう可能性もあります。

料金やその回数分はどのような扱いになるのかというと、コースによって異なります。

・脱毛完了コース
⇒追加料金なし

・セットコース
⇒施術できなかったとしても返金はなし

参考⇒アンダーヘアの自己処理方法について詳しく

Vライン脱毛は恥ずかしい?紙パンツ等について

Vライン脱毛はどのような格好で行うのか心配ですよね。女性スタッフさんであっても恥ずかしい気持ちを抱く方も多いです。

恥ずかしいのではないかという心配があっても安心できるように、Vライン脱毛のやり方について解説します。

お手入れの際は、紙ショーツに着替えます。サロンで用意されされている紙パンツをはいて脱毛を受けることができ、施術時は紙パンツをずらしながら脱毛していきます。恥ずかしいかもしれませんが、施術経験が豊富なスタッフがお手入れしれくれるのでリラックスしていきましょう。

※紙パンツは無料です。

Vラインの脱毛は痛いって本当?

Vラインの脱毛は痛い

Vラインの脱毛は痛いのではないかと不安に思う方も多いと思います。脱毛器によっては痛みを感じるため、サロンごとで痛みは異なります。

ミュゼでは、S.S.C方式の脱毛器を採用しています。
女性の肌への負担を減らして、脱毛効果だけではなく、美容効果も期待できる脱毛器です。

そのため、レーザー脱毛やニードル脱毛と比較しても少ない痛みで脱毛できるというメリットがあります。

ミュゼ脱毛の美肌効果と保湿効果
S.S.C方式は、脱毛箇所にジェルを塗って照射するものです。ジェルが光に反応すると抑毛効果を発揮してくれるようになっています。ミュゼでは独自のジェルを使用しています。そのジェルにはプラセンタエキスが含まれているため、美容・保湿効果も期待できます。

ミュゼの脱毛は予約が取れない?

ミュゼについて調べると、「予約が取れない」という口コミが多いです。

知名度も高く、料金も安いため、多くの女性がミュゼに行きます。
そのため、夏場は特に予約が取れずに困る方も多いようです。

初めての方は、100円で脱毛を始められるということはVラインの脱毛で通うにしてもかなり混むのではないかと心配になってしまいますよね。

実際のところ、ミュゼは1年間の込み具合はほとんど変わらないようです。ただ、5月くらいから混み始め、そこから夏の終わりまでは、新たなお客さんが増える時期でもあるため、特に混みあうようです。

ミュゼの予約をうまくとるためには?

ミュゼの予約をうまくとる方法

ミュゼは脱毛サロンの中でも特に人気が高いです。
1日当たり100人以上の人が来店することもあるようです。
したがって、他の脱毛サロンに比べると混みあうことも多いでしょう。

それでも、料金が安いからミュゼで脱毛してみたい方はどうしたら良いのでしょうか?

ミュゼで上手に予約を取るコツについて解説します。

・無料カウンセリングは予約が取れたところで受ける
・その次からは、自分が継続して通いやすいところにする

これらがミュゼで予約を取るコツです。

また、ミュゼで予約を取る際はwebやアプリで簡単に予約ができます。
他の脱毛サロンや医療脱毛クリニックの場合、電話で予約をかけないといけないこともあります。その場合、営業時間に合わせて電話をする必要があったりするため、忙しいときは予約をとるだけでかなりの手間になってしまいます。

その点、ミュゼは忙しいときでも手軽に予約をとることができます。大手のサロンならではのメリットと言えますね!

ミュゼの予約が取れない理由

有名な脱毛サロンの場合、予約が取りにくいのは正直仕方がないとは思います。そんな人気脱毛サロンの中でもミュゼはwebやアプリから予約をできるのがポイント。

いちいち電話をする必要もない上に、サロンのミスでブッキングしてしまう心配もありません。

また、ミュゼは予約が取りにくいというところだけピックアップされがちですが、実はキャンセルが多いサロンでもあるようです。キャンセル料金が無料なので、予定が合わなくなってしまった場合はキャンセルしやすいのです。そこを狙うことも上手に予約をするためのポイント。

ミュゼの店舗が多い地域にお住いの方は予約も取りやすくなると思います。

Vライン脱毛のメリット・デメリット

Vライン脱毛のやり方

Vライン脱毛をしたいとは思ったものの、いまいち不安がある…後悔しないかな…と心配な方に向けて、Vライン脱毛のメリットとデメリットを解説していきます。

Vライン脱毛のメリット

Vライン脱毛をすることのメリットには、

・男性の評価UP
・可愛い水着や下着を着ることができる
・蒸れにくくなる
・生理のときのかゆみを軽減
・チクチクしなくなる

…などがあります。

特に可愛い水着や下着を着ることができるというのは女性にとって嬉しいポイントですね!

Vライン脱毛のメリット

Vライン脱毛のデメリット

それでは、反対にVラインの脱毛をすることには、どのようなデメリットがあるのかを確認しましょう。

・お金と時間がかかる
・サロンやクリニックに通う手間が必要になる

…などがVラインの脱毛のデメリットといえます。

これらは、Vライン脱毛だけではなく、どの部位を脱毛する場合でもデメリットとなります。

しかし、実際は、脱毛をせずに自己処理を続けることにも、同様のデメリットがあるのです。

今後何十年自己処理を続けていくかを考えると、それにかかる費用と時間はミュゼに通うよりもはるかに高く・長くなるでしょう。

早く始めれば早く始めるほど、お得になるのです!

ミュゼでVラインの形って選べるの?

Vライン脱毛をする際は、どんな形にするのか悩む方も多いです。

そもそもミュゼではVラインの形を選ぶことはできるのでしょうか?
実は、Vラインの形を選ぶことができるかどうかは、コースによって異なります。

人気の高い「両ワキ+Vライン」のコースでは、Vラインの形を選ぶことはできません。。先にもお伝えしたとおり、こちらのコースでは、太ももの付け根と下着の境界部分を脱毛するおとになるからです。

Vラインの形を選んで脱毛をしたい場合は、「ハイジニーナ7美容脱毛コース」がおすすめです。こちらでは、Vラインのデザインを自由に選ぶことができます。

IラインやOラインの脱毛について

Vラインを脱毛すると、IラインやOラインも脱毛したくなることがあります。

しかし、IラインやOラインは脱毛部位の中でも他の人に聞きにくい部分です。なので、ここでIラインやOラインの脱毛について解説しておきます。

Iラインとは

Iライン

Iラインとは、こちらの画像の部分のことを指します。
Vラインよりもさらに奥の部分ですね。陰部のサイドに生えている毛を脱毛することをIライン脱毛と呼びます。

Iラインを脱毛すると下着や水着からムダ毛がはみ出る心配がなくなるというメリットがあります。

Iライン脱毛はどこまで?

脱毛サロンによっても、Iラインの範囲は異なります。
一般的には、割れ目が見える部分から、お尻の穴の手前あたりになります。

それ以上細かいところに関しては、気になるサロンに問い合わせてみましょう。

参考⇒Iライン脱毛について詳しく

Oライン脱毛について

Oラインは自己処理がしづらい部分です。
自己処理をすると肌トラブルが起きやすい部位なので、自分で処理するにもリスクが伴います。

そこでOラインを脱毛することで自己処理が必要なくなり、衛生面でも安心できるため、Oラインも脱毛してしまうという女性も多いです。

Oラインの毛は痛みが強いという意見もあるのも事実ではありますが、Oラインも脱毛すると、どんな下着、水着でも自由に着れるようになるので、意外と人気なのです。

ミュゼでは、ハイジニーナ7VIOコースでOラインも一緒に脱毛することができます。
Vラインだけではなく、VIOをすべて一気に脱毛したい方は、こちらのコースがおすすめですよ!

参考⇒女性のOライン脱毛について詳しく

参考⇒銀座カラー全身脱毛の料金や体験
参考⇒ミュゼ全身脱毛の料金や体験
参考⇒キレイモの友達紹介割引はこちら

vio脱毛の痛み

VIO脱毛が痛い理由と痛くない脱毛方法|医療レーザーの痛みをなくすには?

可愛い水着や下着を楽しむために、VIO脱毛をする女性が増えています。 ただ、デリケートゾーンの脱毛になるため、 […]

コメントなし
vio脱毛効果の回数

VIO脱毛の回数は何回必要?ハイジニーナ脱毛の効果が出るまで回数は?

VIO脱毛はきれいになるまでの脱毛回数が他の部位よりも多いと言われています。 ただ、どれくらいの脱毛回数で効果 […]

コメントなし
水着

VIOの黒ずみの原因とは?デリケートゾーンの黒ずみにはニベアのクリーム?

デリケートゾーンは黒ずみができやすい部位の一つです。 クリームなどでケアをすることもできますが、ここでは ・V […]

コメントなし

VIO脱毛は恥ずかしい?アンダーヘア脱毛が恥ずかしい体勢や服装

VIO脱毛をする女性が増えていますが、その一方でVIO脱毛は恥ずかしいのではないかと心配している方も多いと思い […]

コメントなし
全身脱毛の痛み

全身の光脱毛の痛みはどう?脱毛器は痛いの?

光脱毛や、医療脱欧をした人の口コミを見ると「痛かった」という方も多いです。一方、「全く痛みはなかった」という方 […]

コメントなし
脱毛トラブル

脱毛サロン・医療脱毛クリニックのトラブルとは?エステでの光脱毛の被害

女性だけでなく、男性の人気も上がっている脱毛。 ただ、脱毛サロンやクリニックでの脱毛にはトラブルのリスクもあり […]

コメントなし
ミュゼのVライン脱毛について

ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼは両わき+Vラインで100円という破格の料金プランを打ち出しました。 そんな激安プランに含まれているVラ […]

コメントなし
VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

今大人気の全身脱毛特化サロンのキレイモ! そんなキレイモでVIO脱毛をしたい! でも料金や効果までの回数などの […]

コメントなし
除毛クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています […]

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ […]

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い […]

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ […]

コメントなし
お尻

女性のOライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも […]

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に […]

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ミュゼのVライン脱毛について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 腕の脱毛サロンが安い口コミ人気ランキング!回数やキャンペーン情報も

  • SSC脱毛とは?脱毛効果や仕組み、メリット・デメリットをご紹介!

  • 銀座の医療脱毛ランキング!口コミでも人気のおすすめクリニック7選

  • メディオスターNeXT Proの脱毛効果は?口コミや痛み・回数を検証!

  • 全身脱毛の料金比較ランキング!いくらかかる?総額・相場を解説!

  • 除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!