女性の美容と癒しの総合マガジン

毛深いうなじの脱毛処理は?シェーバー?キレイなうなじの作り方とは?

うなじの毛の処理について

普段は自分で確認することも少ないうなじの毛。

しかし男性はうなじを結構見ているって知っていますか?
女性の毛深いかどうかはうなじの背中の毛で判断しているともいわれています。

ここでは
・うなじは処理すべきか
・うなじの毛が濃い女性の処理方法
・うなじ脱毛について
などをご紹介していきます。

うなじは処理した方が良いの?

まず、初めに気になるのが、うなじの毛を処理した方が良いのかどうかですよね。
仮に処理をしなくとも問題がないのであれば、手間をかけて処理をする必要もありません。

果たして、うなじの毛は処理した方が良いのでしょうか?

うなじ脱毛

うなじが濃い女性は処理している

口コミや意見を調査したところ、うなじの毛を処理しているかどうかは人によって異なることが分かりました。

つまり処理している人はしており、処理していない方は処理していないということです。
これに関しては、どの部位も変わりませんね。

何がきっかけでうなじの毛を処理するの?

うなじの毛を処理している女性の多くは、
「人に指摘された」、
もしくは、
「人のうなじの毛が気になって自分のも確認したところ、処理した方が良いと思った」
などがきっかけとなり、うなじの毛の処理を始めているようです。

うなじ

他には、「うなじとおくれ毛が混ざっているのが汚く見える」という意見もありました。

自分では気になる部位ではありませんが、周囲の女性や、男性から見ると気になる部位なので、今一度、ご自身のうなじの毛を確認してみることをおすすめします。

うなじの毛が濃い場合の処理方法

うなじに限らず毛が濃い場合は自己処理が大変ですよね。

大抵はカミソリ・シェーバー、毛抜き、家庭用脱毛器などで自己処理しますが、うなじは背面で見れないこともあり、みんなどうしているのでしょうか?

・自己処理
・脱毛サロン
・美容院

などがうなじの自己処理法としては代表的です。

うなじの毛を自己処理する

自分で処理しようと考えた際に、どのようにして処理したら良いのか解説していきます。

うなじの毛を自己処理している方の口コミを見ると、
「カミソリで剃っている」、「ハサミで切っている」という意見が多くありました。

電気シェーバーで処理する

電気シェーバーも最近では一番人気に近いうなじの自己処理方法ですね。
安価な上に手軽なので気にいられています。

電気シェーバー

実際の口コミ


浴衣を着るときはシェーバーでお手入れしていました

真冬はアップスヘアにすることがほとんどなかったので気になりませんでしたが、真夏浴衣を着用してアップスタイルにするときうなじの毛が気になったものです。
うなじがイマイチと思われないように「明日浴衣を着る、アップヘアにする」という前日はシェーバーでお手入れを欠かせませんでした。
ポイントは専用のクリームを必ず使うことです。

家庭用脱毛器で処理する

最近は家庭用脱毛器も安価になっているので大人気です。
特に脱毛サロンと同等効果を得られる光脱毛器が人気です。

家庭用脱毛器

実際の口コミ


家庭用脱毛器でムダ毛の処理をしています

私はとてもムダ毛の量が多く濃いので、家庭用脱毛器を使って自己処理をしています。
うなじやバストといったデリケートな部分も家庭用脱毛器があれば簡単に処理ができるため、とても便利です。
現在は1月に1回程度施術をしていますが、ムダ毛が気にならなくなり自信を持てるようになりました。

脱毛クリームで処理する

脱毛クリームは除毛効果が高い上に手軽なので人気が高いです。
ただ伸びてくるとその都度脱毛を行う所が欠点です。

実際の口コミ


脱毛クリームを使ってムダ毛の処理をしています

毛深くてムダ毛の量が多い私は、脱毛クリームを使って体毛の処理をしています。サロンに行くことも考えたのですが、脱毛クリームを使って自分で処理をした方が格段に安いのでこちらの方法を選択しました。
うなじもバスト周辺も1月に1回の処理で、十分きれいになります。
顔にも使える低刺激の脱毛クリームを使っているため、肌トラブルもなく安心です。

毛抜き・カミソリで自己処理脱毛

実際の口コミ


昔からのコンプレックス

私は背中やお腹など、うぶ毛がたくさんあり毛深いのが昔からのコンプレックスでした。
中でも乳首周りのうぶ毛は中学生くらいから悩んでいました。
その処理方法として、中学生から20歳くらいまではカミソリで処理していましたが2~3日で目立ち始めてしまうのが嫌で、社会人になってからは毛抜きでの処理に変えました。
毛抜きだとカミソリより生えてくる日にちが遅いので、
週に1度くらいの処理をしてました。
うなじの処理は夏の髪の毛を縛る時期のみで、10日に一度くらいのペースでカミソリでの処理をしていました。

ただ、このような方法で自己処理をしたことにより、青くなってしまって、自分でやらなければよかったと思っている方も多いようです。

カミソリ

脱毛サロンやクリニックでうなじの毛を処理してもらう

自己処理をして失敗した経験のある方や、自己処理をする手間が面倒くさいという方は、脱毛サロンやクリニックで施術をしてもらっているようです。

こちらの方が安全に安心して、うなじの毛を処理できるのでおすすめです。

カミソリを使用すると、皮膚が傷ついてしまう場合もありますし、無理に自分で処理するよりも、サロンやクリニックで処理してもらった方が、キレイになりますよ。

脱毛サロン

美容院でうなじの産毛を処理してもらう

うなじの産毛に関しては、美容院でも処理してもらえる可能性があります。

結婚式や、何か特別なイベントがある際は美容院にも問い合わせてみると良いですよ。
普段通っている美容院でカラーリングやカットなどをしてもらうついでに、うなじの産毛の処理もお願いしてみましょう。

うなじ

実際の口コミ


私のムダ毛の処理方法

うなじは時々、美容院でシェーバーで剃ってもらいます。特に自分で処理する事は有りません。
胸毛や乳首周り、お腹のムダ毛はカミソリで処理しています。
そんなに濃くないので、ほとんど処理する事は有りませんが、目立つようならカミソリで処理しています。いたいので抜いたりはしません。

うなじ脱毛について

自己処理ではなく、脱毛サロンやクリニックでうなじ脱毛をしてみようと思った場合に気を付ける点や知っておくべきことなどについてご紹介していきます。

うなじ脱毛の効果

うなじ脱毛は効果があるのか、について解説していきます。
そもそもどうしてこのような疑問が出てくるのか、理解ができない方もいらっしゃると思います。

なぜ、この問いが大切なのかというと、「うなじ脱毛はうなじの産毛には効果があるものの、おくれ毛には効果がない」からです。

脱毛機

おくれ毛は髪の毛の部類に入るため、施術を断られるケースもあるようです。

したがって、始めのカウンセリング時におくれ毛の扱いについて、スタッフに質問しておきましょう。
結果的に、おくれ毛の脱毛はしてもらうことができず、効果がなかったと後悔することのないようにしましょうね。

うなじ脱毛はサロンとクリニックのどっちが良い?

うなじ脱毛に限らず、脱毛サロンと医療クリニックのどちらで施術をお願いしたら良いのか分からなくなることもありますよね。

ここでは、脱毛サロンがおすすめの場合と、医療クリニックがおすすめの場合のそれぞれについてご紹介していきます。

脱毛サロンがおすすめの場合

まずは、脱毛サロンがおすすめの場合についてです。

こちらはある程度、時間に余裕がある女性におすすめです。
例えば今は秋(冬)なので、来年の夏までに脱毛が完了していれば良いという場合です。

間をかけてゆっくりと進めていくので、料金も安くなっているのが脱毛サロンの特徴です。

医療クリニックがおすすめの場合

次に、医療クリニックがおすすめの場合についてです。
医療クリニックの特徴は短期間で脱毛を完了させる点にあります。
結婚式まで1ヵ月を切っていると言った場合は医療クリニックのレーザー脱毛により、短期で済ませてしまいましょう。

医療脱毛
短期で脱毛効果を実感できる代わりに料金がサロンよりも高いことを覚えておきましょう。

このような特徴を踏まえた上で、自分にぴったりの方法でうなじ脱毛を受けてみてください。

うなじの自己処理の方法のメリット・デメリットは?

シェーバーのメリット・デメリット

うなじの自己処理方法で一番おすすめなのが電動シェーバーです。

電動シェーバーは他の脱毛方法と比較すると肌に負担がかかりにくいのが最大のメリットです。

うなじを電動シェーバーで処理する場合、足や腕用の大きなタイプのシェーバーではなくIタイプの顔にも使えるような細いシェーバーを使用すれば、細かいうなじのデザインも自分の理想通りに仕上げることが出来ます。

電気シェーバー

浴衣美人でもうなじの形は重要視されるように、うなじはデザインも大切なので、失敗しないように鏡で何度も確認しながら処理しましょう。
うなじの自己処理に慣れていない人は、慣れるまではあらかじめ水性ペンやアイラインなどで自分の理想のラインを書いてから、それに沿ってシェービングするのも1つの方法です。

シェーバーは1度しっかり剃ってもまた生えてきてしまうのがデメリットですが、すぐに処理できる点と肌への負担が少ないということで自己処理の中ではベストな方法です。

カミソリのメリット・デメリット

うなじ処理方法としてカミソリを利用する人も多いようです。
カミソリは薬局やコンビニなど身近なところで簡単に、かつコストも安く準備することが出来るのがメリットです。

普段顔をカミソリで剃っているというカミソリ慣れしている人はうなじの処理でもカミソリを利用できます。
足や腕のシェービングで利用するT字カミソリではなく、顔用のI字カミソリがうなじの細かいデザインを作るのに向いています。

カミソリ

しかし、デメリットとしてT字カミソリでは失敗しにくいですがI字カミソリは角度を間違えると簡単に肌を切ってしまいます。

カミソリの刃は切れ味が良ければ良いほど肌に負担がかかりにくいですが、その分失敗すると出血を伴うような深い傷を作ってしまうことになります。
特にうなじは自分からは見えにくい部分にあたるので、カミソリ慣れしていない人にカミソリでの自己処理は向いていません。

カミソリ

T字カミソリやI字カミソリなどカミソリの形に関わらず、カミソリは目で見える傷が出来ていなくても、肌表面の角質層をムダ毛と一緒に削ってしまっていて、肌への負担もシェーバート比較すると大きいので、デメリットが多くカミソリはあまりおすすめしません。

肌を傷つけてしまうとムダ毛がさらに濃くなるリスクがあるので繰り返しの処理をする場合はさらに要注意です。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

うなじを半永久的にキレイに保ちたいのであれば家庭用脱毛器がおすすめです。

最近では家庭用脱毛器も安く手に入るようになって、脱毛サロンよりも安く広範囲を処理することが出来ると人気です。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器であれば自宅で自分の好きなタイミングで処理することが出来るので、脱毛サロンや脱毛クリニックのように予約をとったり通う手間が省けるのがメリットです。

うなじがコンプレックスという人は、他人に見られることなく自分だけで処理できるというのもメリットですね。
家庭用脱毛器は自分で出力を設定するものも多く、個人の力量によって脱毛効果も左右します。

家庭用脱毛器の当て方もコツが必要で、肌に対して垂直に押し当てるようにするのがベストの方法ですが、うなじの部位は自分では見にくい上、手も周りにくいので施術には慣れるまでコツが必要です。
上手く施術出来ずに脱毛効果が表れない場合や、失敗して肌の赤みが出てしまったり火傷してしまうリスクがあるというデメリットもあります。

炎症

参考⇒家庭用脱毛器ランキングをもっと詳しく

除毛クリームのメリット・デメリット

うなじの処理に除毛、脱毛クリームを使用している人もいます。

目や手が届きにくい部位だからこそ、カミソリやシェーバーの刃や、家庭用脱毛器のレーザーや光でダメージを与えたくないという人にはおすすめです。

クリーム

見にくい部位でも簡単に処理することが出来、1回あたりのコストも脱毛サロンや脱毛クリニックと比較すると安くなるのがメリットです。
肌が弱い人は肌荒れするリスクがあるので、パッチテストなどを事前に行う方がいいでしょう。

となると除毛、脱毛クリームを使用する前に事前準備が必要になるので、ひと手間増えるのがデメリットです。また、永久的な脱毛方法ではないので、定期的に繰り返して処理する必要が出てきます。

参考⇒除毛クリームランキングをもっと詳しく

脱毛サロンでうなじ脱毛した場合の効果までの回数は?

脱毛サロンでうなじを脱毛した場合、4回目あたりかだ脱毛効果を実感し、6回くらいで満足する人が多いです。これはあくまでも平均的な回数なので、個人の毛質や肌質、脱毛満足度によっても回数は異なります。

脱毛サロンの光脱毛器はメラニン色素に対して反応し、脱毛を促す機器が多いので、元々毛深いく、毛の色がしっかりと濃い人の方が早く脱毛効果を実感できる傾向があります。

背中脱毛

参考⇒うなじ脱毛について詳しく

しかし元々毛深い人の方がムダ毛のコンプレックスから完璧にツルツルにしたいと思う傾向も強いので、結果的に脱毛回数が多くなることが多いです。

うなじ脱毛6回を平均的な目安と考えて、完璧主義の人は少し多めの7から8回、ある程度薄くなればいいという人は6回を目安に契約すると良いでしょう。

うなじが毛深い原因

うなじが毛深い原因は、
・体質
・ホルモンバランス
・外的ストレス
の3つが挙げられます。

元々毛深い体質の人は、やはりうなじも毛深くなりやすいです。
しかしこれは体質なので仕方がないですね。

ホルモンバランス

ホルモンバランスは、ストレスや睡眠リズム、食事バランスなどから大きく影響を受けます。

不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが崩れてムダ毛が濃くなる傾向があります。
普段から規則正しい生活を心がけて、特にストレスをため込まないようにするのがポイントです。

外的ストレス

また、うなじが毛深いからと言って繰り返しの自己処理などによる肌ダメージもうなじの毛をさらに濃くさせてしまう原因になります。

自己処理をする場合はカミソリの利用を避けて、シェーバーで処理したり脱毛サロン、脱毛クリニックでの処理がおすすめです。
また、紫外線を避けたり、スキンケアを徹底することでうなじが濃くなるのを予防することも出来ます。

永久脱毛

永久脱毛とは?医療脱毛クリニックとエステ脱毛の違いや効果・期間・値段を比較!

医療脱毛クリニックや脱毛サロンに通うことで永久脱毛ができると思って言る方も多いでしょう。 しかし、実際のところ…

コメントなし
顔脱毛サロン

顔脱毛が安いおすすめサロンランキング!効果・料金・口コミあり

美肌・美白効果も期待して人気が高まっている顔脱毛。 気になる異性と会う予定の日、デート直前に顔脱毛をする女性も…

コメントなし
スキンケア

ケノンで顔の産毛脱毛!使い方や美顔器機能で毛穴・ニキビ対策!

目次ケノンは顏の産毛脱毛に効果なし?顏脱毛のリスクとは?ケノンは顔の産毛脱毛にも向いている?ケノンの顔脱毛のや…

コメントなし
背中

ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

楽天で6年連続で売上1位を記録している爆発的大ヒットのケノン。 脱毛サロンに通わずに脱毛サロンと同等の効果が期…

コメントなし
顔脱毛

キレイモで顏脱毛の料金は!フォトフェイシャルはニキビ・肌荒れにも効果!

目次キレイモの顔脱毛とは?キレイモの顔脱毛の効果の回数は?キレイモの顔脱毛はフォトフェイシャル効果がある?キレ…

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています…

コメントなし
全身脱毛

家庭用脱毛器のおすすめ口コミランキング!安い&高い効果で徹底比較!

脱毛サロンと同様、家庭用脱毛器を利用する人も最近多くなってきました。 自分の好きな時間に処理できサロンと比較し…

コメントなし
顔の脱毛

顔脱毛の安い医療クリニックおすすめランキング!口コミ・効果・料金を比較!

「顔脱毛すると化粧ノリが良い」 という事を脱毛経験者からいわれ顔の脱毛を行う方が増えてきたようです。 加えて毛…

コメントなし
産毛脱毛

産毛の脱毛おすすめサロン!顔・背中・うなじ部位の効果と医療比較

脱毛サロンでの脱毛といえば、ワキやVIOなどのデリケートゾーンだと思うかもしれないですが、最近では産毛の脱毛も…

コメントなし
美顔

顔の医療脱毛・サロンの口コミおすすめランキング!!効果や料金を徹底比較!

目次顔脱毛のおすすめランキング顔の医療脱毛のおすすめランキング顔脱毛の選び方各脱毛サロンの特徴顔脱毛とは?顔脱…

コメントなし
背中の脱毛ランキング

背中の医療脱毛・エステサロンのおすすめランキング!効果と回数はどれくらい?

背中の産毛処理は皆さんどうしていますか? 口コミなどではシェーバーで処理している方が多いようですがやはり背面と…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です