エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. フェイシャルエステ
  3. ピーリングをして美肌効果!ニキビ・しわにも人気?やり方は?

ピーリングをして美肌効果!ニキビ・しわにも人気?やり方は?

急に目立ってくる毛穴のブツブツ汚れやしわ、シミ!どうして?

それは、お肌のターンオーバー(新陳代謝)の不調が起こす肌トラブルです。
若い頃であれば、肌細胞の生まれ変わりもスムーズに行われ、普段の洗顔クレンジングのケアで十分だったのに。

年齢を重ねるとともに、徐々に肌が衰えてきて硬くなった角質層が老廃物となって蓄積することが、本来の肌が持つみずみずしさを失ってしまう原因です。

ピーリングとは?

ピーリングは、いらなくなった皮膚の表面の古い角質層をはがすことで、新しく生まれ変わらせることを目的として行います。

ピーリング

正常に肌のターンオーバーが行われると、皮膚の外側の「表皮」を構成している層の一番奥にある「基底層」で生成された新しい肌細胞がしだいに表面に押し出され、最終的に表面の角質層までたどり着き、古くなった角質と入れ替わります。

このことによって、常にうるおいのある美しい肌が保たれています。
正常なターンオーバーは、約28日間周期。

このサイクルが加齢などによって長くなってしまうと、古い角質層が蓄積し皮脂異常によるニキビや細胞再生機能の衰えによるしわやシミの原因につながります。

しわたるみ

ピーリングは、このようなトラブルになってしまった肌の角質をきれいに除去し、美しい肌をよみがえらせるもっとも最適な方法といえます。

ピーリングとパックの違い

他にも自宅でできる肌のダメージケアには、フェシャルパックがあります。
ピーリングもパックも、毛穴の汚れや余分な皮脂を除去する点では同じです。

違いといえば、パックが主に毛穴除去とうるおいなどの栄養成分を浸透させるスキンケアというのに対して、ピーリングは古くなっていらなくなった角質を除去する効果が高いということ。

パック

つまり、奥で眠っている新しい皮膚の角質層を積極的に表面化させて肌をリセットすることが、ピーリングの目的といえます。

ピーリングの肌への良い影響のメカニズムとは

いくら洗顔やパックを頑張っても、硬くなってしまった角質層を取り除くことはなかなか困難です。
ピーリングが肌のリセットに効果的といえる理由は、あらゆる肌トラブルの原因となる古い角質層を除去できるということ。
このように正常な肌ターンオーバーを促すことは、さまざまなうれしい影響をもたらします。

ピーリングの効果とは?

ニキビやニキビ跡のケア

ピーリングでは、古い角質層が毛穴を詰らせることによるニキビを改善するだけでなく、色素が沈着してしまうニキビ跡のケアにも効果が期待できます。

凹みのあるニキビ跡は、繰り返してピーリングを行うことで、徐々に均一になり目立ちにくくなっていきます。

毛穴の黒ずみの改善と予防

毛穴の黒ずみの正体は、酸化してしまった皮脂汚れです。
ピーリングを行うことで、汚れとなった角質層と皮脂を取り除くだけでなく、毛穴の開きを改善し黒ずみの予防にもつながります。

毛穴の黒ずみ

くすみ

くすみの原因は「紫外線によるメラニン」「肌の乾燥による」「古い角質層の蓄積」など。

ピーリングでは、ターンオーバー促進によって、メラニン色素を除去し肌全体を活性化。
さらに、毛穴の開きを良くすることで、美容液などの栄養成分が浸透しやすい肌状態をもたらします。

保湿効果

古い角質層は乾燥した土のような状態で、外から保湿してもなかなか内部までたどり着きません。
化粧水などの保湿成分が皮膚内部まで染み込みにくい肌状態も、ピーリングで角質ケアをすることで、日頃のお手入れ効果がぐんとアップします。

保湿

しわやシミに効果ある?

ピーリングによって、肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に働いていると、皮膚を構成する「表皮」「真皮」「皮下組織」が肌のうるおいや弾力を保ちます。

しわは、ターンオーバーの乱れから、真皮の働きが鈍くなり弾力を失うことで部分的に固まってしまった状態です。

シミの原因も、やはりターンオーバーの乱れによるもので、角質層が硬くなり、メラニンが溜まって色素沈着した部分にあらわれます。

シミ

ピーリングは、肌本来のもつ保湿能力を取り戻すこと、また角質の状態を改善することによって化粧水や美白クリームなどを浸透させるという相乗効果をもたらします。

どの位の期間と頻度で行えばいい?

ピーリングは、基本的に肌表面の角質をはがすことを目的としたケアです。
自然に剥がれにくい角質をはがすということは、やはりお肌へ刺激を与えることになります。
自宅でできるピーリング剤にはさまざまなタイプがあります。

一般的なピーリングジェルタイプのものでは、肌の状態を見ながら1〜2週間程度の間隔をあけるなど、くれぐれも「やりすぎてお肌を傷めない」よう注意が必要です。

また、ピーリングの後は、日光による紫外線やマッサージなどお肌への刺激を極力控えるようにしましょう。

ピーリング化粧品の選び方

ピーリングは、弱っている皮膚に行うことなので、特にお肌に優しく副作用のない化粧品選びがもっとも大切です。
では、実際にどのような基準で選べばいいのか、検証してみました。

成分

「AHA配合」「BHA配合」「無添加」あたりがチェックポイントでしょう。
「AHA配合」のAHAとは、リンゴ酸やクエン酸、グリコール酸、乳酸などの総称であるα-ハイドロキシ酸のこと。角質層と肌の密着を弱めて、皮膚表面のいらない角質だけを除去できるというものです。

また、フルーツ酸や植物酸などもこれに含まれます。
「BHA配合」のBHAとは、サリチル酸と呼ばれるもので、毛穴に詰まった皮脂汚れを溶かす作用があり、黒ずんでしまった毛穴のケアに効果的です。

さらに、香料などの添加物は肌への刺激になるので、お肌のためにはできるだけ「無添加」のものが安心です。

価格

自宅でケアできる市販のピーリング剤の中には、一般的なジェルタイプや化粧水タイプの他にも、ふき取りタイプや石鹸タイプなどさまざまな種類があります。

特に、安定した効果が期待できる「洗い流すタイプのジェル剤」と「化粧水タイプ」で、価格帯を調べてみました。

ジェルタイプでは、手軽なもので2000円くらいからエステで使用できるような高品質なもので3000円以上。
化粧水タイプでも、2000円くらいからプラセンタやヒアルロン酸など美容成分が配合されているものなどで4000〜5000円程など、商品によって価格帯に幅があります。

お試しサイズが用意されているものもあるので、まずは一度試して肌状態を確認しながら続けるとより良いでしょう。

肌との相性

ピーリング剤を選ぶ際のポイントに、自分の肌との相性があります。
商品のタイプを見極めて自分にあったタイプを見つけましょう。

  • 肌にやさしいアロマオイル配合タイプ
  • 乾燥肌の人には、保湿成分入りのピーリングジェル
  • コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分配合タイプ
  • さらっと使いやすい植物由来成分入り
  • リラックスタイムに使えるバス専用タイプ
  • 強い効果が欲しい人はフルーツ酸入りタイプ

など

口コミサイトで気になる商品や自分と同じ肌タイプの人のコメントをチェックしてみても参考になりますよ。

自宅で行うホームピーリングのメリット・デメリット

自宅で行うピーリングのメリットは、手頃な価格で始めやすいということ。

一方、市販のピーリング剤の中で「どれを選べば良いのか?」「自分のタイプに合う商品は?」「どれくらいの頻度が適切なのか?」。

間違った方法では、逆に肌トラブルにつながるというデメリットといえます。
市販のピーリング剤は医療用と比べて成分が弱いので、効果ができずに湿布時間や使用頻度などついつい過剰に行ってしまうという危険性があります。

ピーリングは、医療現場で行うような繊細な肌へのケアであるということ。
そのためには、商品にあった正しい使い方を自分でしっかり管理しなければいけないことを知っておきましょう。

クリニックで行うピーリングのメリット・デメリット

クリニックで行うピーリングには、一般的なケミカルピーリングの他にも、クリスタルピーリングやレーザーピーリングなどがあります。

病院で行うピーリングは、専門医師が肌の状態や症状によって刺激の強さや時間などをしっかり管理してくれるので、副作用などのトラブルは回避できるといえます。
一方、費用は1回5000〜15000円、レーザーにおいては、20000〜30000円など非常に高価です。

病院
ピーリングは、何度かに分けて複数回行うことが前提なので、費用がネックとなって続けらなくなることがデメリットといえます。

ピーリングといっても、セルフケア・クリニックケア、ピーリング剤の種類など選択肢はさまざまです。
一番はお肌を良いコンディションに保つことなので、長く安心して続けることができるケア方法を見つけたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • コラーゲン不足にはアスタリフトコラーゲン10000がおすすめ!

  • 顔のたるみにはフェイシャルエステが効果的!ほうれい線も消える?

  • クレンジングで肌が乾燥する?!正しいクレンジング選びから方法まで徹底解説!

  • イオン導入器の効果は?ニキビやたるみへの使い方

  • 超音波マッサージの顔・足・セルライト・肩こりへの効果は?

  • 毛穴エステのおすすめランキング!口コミ体験と効果は?