エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 痩せない
  3. ダイエット
  4. どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

どうしても本気で瘦せたい女性

「どうしても痩せたい!」
「とにかく痩せたい!」
と、心から思っていてもどうしたら痩せられるかが分からないと悩む方は多くいるかと思います。

なかなか上手くいかないのがダイエットです。

カロリーを減らした食事にしても食欲を抑えられなかったり、運動が習慣にできなかったり。
その為、ダイエットをしたけどどうしても痩せられないという声をたくさん聞きます。

そんな人たちが知りたいのは
「一番効果的なダイエット方法は?」

ってことですよね。

その答えは、人によって、違いが出るでしょう。
何故なら、
「早く痩せたい!」
「単に痩せるだけではなく、美しく痩せたい!」
「健康的に時間をかけて痩せたい!」

など、どんな風に痩せたいのかは、人によって異なるからです。
どうしたら痩せられるか、まず何から行えば良いのかについて、その答えをご紹介したいと思います。

どうすればスリムになる??

痩せた女性

まず自分がどんな風に痩せたいかを考えましょう。

・早く簡単に痩せたいのか
・痩せやすい体質になって、リバウンドを起こさず痩せたいのか

など、ご自分がどのように痩せたいのかによって、選択するダイエット法も変わっていきます。

一時的に痩せたいなら短期間ダイエット(2~3日、または1~2週間、或いは1ヶ月)、健康的に痩せるなら1ヶ月以上の長期ダイエットがベストです。

どうしたら痩せられるか?【マインド編】

具体的なダイエット方法とは
具体的には、どんなダイエット方法を実践すれば体重を落せるのか?

ということなのですがそれは人によって、痩せると言う定義が違ってきますので、これだという答えはないと言って良いでしょう。

例えば、特に太っていない(むしろ痩せている)のにどうしたら痩せられるかとお悩みになる女性は数多くいます。

特に10代~20代の若い女性に多い傾向があります。

また近くに同窓会や結婚式など大切なイベントを予定していて、その日までに5キロくらい体重を落したいという人がいます。このような方は一時的に痩せればいいと考える傾向があります。

結婚式

そして、かなり肥満体型で、確実に20~30キロ減量しなければ健康に悪影響を及ぼす恐れがあると言う人は、確実で、健康的な痩身を望む傾向にあるでしょう。

このようにとにかく痩せたい理由は人によって様々です。
しかし、どうすれば痩せられるかと聞かれた場合、どんな人にも共通して答えられることがあります。

それは、「どんな人でも努力すれば1~2キロは確実に落せる」です。

実際、この程度の減量であれば、どんな人も簡単に落せる事は可能です。
しかし、これを目的の体重になるまで、続けて行くということは容易ではありません。

意思の強さ

【結論】どうしたら痩せるか?

その答えは、本気で痩せるという強い意思を持ち続けることです。

また、なぜ痩せたいのか、その理由によってもどのくらい効果がでるか変わってきます。
・ただモテたいだけなのか
・自分に自信を持ちたいのか
・ある大事な日にだけ痩せたいのか

など様々な理由がありますが、どんな理由にせよ本気で痩せる強い覚悟なければダイエットを成功させる事は困難です。

ダイエットへの強い意欲を持ち続けることで、ご自分の明確な目的を達成する事が出来ます。

 

どうしたら痩せられるか?【理屈編】

ダイエットで失敗
数々のダイエットに挑戦してきたけど、痩せたいのに痩せない、全く痩せないことにイラ立って、ダイエットを諦めてしまったという方、多くいるかと思います。

痩せない原因は、無理なダイエットを行ったせいかもしれません。

例えば、食事の量を極端に減らすと筋肉が落ちる事で基礎代謝が下がって、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
そうなってしまうと一旦、痩せる事が出来てもすぐにリバウンドしてしまうようになります。

 

一時的(短期間)ダイエットと言う点では、ダイエット成功と言えるかもしれませんが
もし健康に害が生じてしまった場合、それは成功とは呼べませんし、当然、長い目で見た場合、ダイエット失敗と言えます。

ダイエットリバウンド

どうしたら痩せられるか?

それはダイエットの原理・原則である消費エネルギーを摂取エネルギーより大きくする事を守ることです。

 

消費エネルギー>摂取エネルギー
にさせるには、食事制限によるダイエット、有酸素運動によるダイエットなどがありますがどちらもハードなダイエットは、必ずリバウンドが生じますので注意しましょう。

本気で痩せたいなら必ず守るコト

極端な食事制限はしない!

痩せるには
「なるべく長く理想の体重をキープしたい」
「健康的に痩せたい」
「デートの日までどうしても痩せたい」
など、どんな風に痩せたいかは人それぞれ異なりますがどんな人にも言える事があります。

それは、極端な食事制限をしないということです。

やってはいけないこと

例えば、20キロ痩せたいからと言って、極端に食事の量を減らしてしまうと筋肉が落ちて、基礎代謝が低下することで、逆に太りやすくなりますし、また当然健康に悪影響が及ぶ可能性が高くなります。

最悪、拒食症や過食症という摂食障害を発症する恐れがありますので、注意しましょう。

どうしたら痩せられるのか?
それは、以下の3つを組み合わせてダイエットを行うことです。
これにより、空腹感が少なくなって、無理なく簡単に痩せていくことが出来ます。

・消費エネルギー>摂取エネルギー
・栄養バランスの良い食事
・食べる量は8割

消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多ければ当然、痩せる事は出来ません。
ですので、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多くなるように食事の量を減らしていきましょう。

 

しかし、食事制限によるダイエットでは、極端に食事の量を減らしてしまいがちになります。
極端な食事制限
これにより、体にとって必要な栄養素が摂取出来なくなる事で、体は消費エネルギーを制限してしまうようになります。
結果、脂肪が蓄積して、太りやすい体に変化してしまいます。
だからこそ、極端な食事制限は、行わないことが大切です。

 

以下の栄養素にはダイエットをサポートする働きがあります。

・ アミノ酸・・・脂肪燃焼を促す。
・ ビタミン、ミネラル・・・アミノ酸から筋肉を合成する。
・ 食物繊維・・・腸内環境を整え、便秘を改善する。糖質や脂肪の吸収を緩やかにする。

このような栄養素が不足しないように栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
そして、食事の量を8割にしていきます。
「少しだけ量を減らす」

これが正しい食事制限のやり方です。
体に必要な栄養素を摂ることで、健康的に痩せる事が出来ます。
また腹八分目なら空腹感が辛すぎるということもありませんので、無理なく痩せる事が出来ます。

 

栄養バランス&腹八分目を守ろう!

栄養バランスが重要
痩せる方法とは?

その答えは、ズバリ、栄養バランスに富んだ食事をする事です。
そして、腹八分目を守る事が大切です。

 

体にとって必要な栄養素には様々ありますがその中でも最も太りやすいと言われているのが糖質(炭水化物)です。
ですので、まずは糖質オフダイエットを実行していきましょう。

 

太りやすくなるのは、一見、脂質やタンパク質と思いがちですが脂質やタンパク質は糖質と比べて、血糖値は上がりにくい為、インスリンはあまり分泌されません。
対して、糖質を摂取すると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。

インスリンには、脂肪を体内に溜め込もうとする性質がありますので、太りやすくなるのは、実は糖質なのです。

うどん

ご飯やパン、うどんやパスタなどには糖質が多く含まれています。
ですので、これらの食べ物の量を控える事が大切です。
ダイエット中は、お米なら1日3膳(150g×3杯)を守るようにしましょう。
過剰に減らすと逆にストレスによる過食が生じやすくなりますので、注意してください。
タンパク質
タンパク質は筋肉を作る上で欠かせない栄養素です。
筋肉が減ると基礎代謝が低下する事で、太りやすい体になっていきますので、過剰に減らさないように注意しましょう。
大豆製品や魚、肉、卵などにはタンパク質が多く含まれています。
ビタミンE
ビタミンEには、毛細血管の血流を良くする働きがあります。
血流が良くなると体が温まって、脂肪が燃えやすくなったり、基礎代謝がアップする事で、痩せやすい身体になっていきます。
ビタミンEは、かぼちゃやほうれん草、たらこ、いわし、うなぎなどに多く含まれています。
ビタミンC
ビタミンCには、鉄の吸収を良くするという働きがありますので、ダイエットによる栄養不足で生じる貧血から守ってくれます。
ビタミンCは、赤ピーマン、黄ピーマン、モロヘイヤ、パセリ、ブロッコリー、レモンなどに多く含まれています。

 

このように健康的に痩せるには様々な栄養素をバランス良く摂取することが大切です。
そして、腹八分目(少し足りないと思う量)を守っていくことがダイエット成功へのカギです。どうしても痩せたいと真剣にダイエットを考えている方は是非、これらに注意して実践してみてくださいね!

適度な運動をしよう!

適度な運動
どうやったら痩せるのか?
その答えは、上記でも紹介したように、「消費エネルギー>摂取エネルギー」です。

 

摂取カロリーが消費エネルギーよりも上回らないように毎日の食事の量を腹八分目に心がける事が大切です。

しかし、もう一つ摂取カロリーが消費エネルギーよりも上回らなくする方法があります。
それは運動です。

効率的に痩せる方法として、オススメなのは有酸素運動と筋トレを組み合わせることです。

運動

ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、運動中、直接体脂肪を燃焼させてくれる効果があります。
また心肺機能を高めてくれることで、有酸素運動は脂肪燃焼効率が高まると言われています。

脂肪燃焼

対して、腕立てやバーベルを挙げる筋トレは、無酸素運動となります。
有酸素運動のように運動中に直接体脂肪を燃やす効果はありませんが、無酸素運動は筋肉がつくことで基礎代謝が高まって太りにくく痩せやすい体質になることが出来ます。
無酸素運動と有酸素運動
このように有酸素運動、無酸素運動には、それぞれ違った痩身効果があります。
どうしても痩せたい、早く痩せたいと言う方は、有酸素運動と筋トレを併用する事で、よりスムーズにそして、筋トレ効果により痩せやすい体質になることで、より長い痩身効果を得る事が出来ますのでオススメです。

 

女性は、筋肉が付いてしまうのを避ける傾向があります。
そうすると、有酸素運動だけ行ってしまいがちですが有酸素運動ばかり行うと脂肪が過剰に燃焼されていきますので、体はこれ以上、脂肪を燃やすわけにはいかないと認識します。

そうしたら、筋肉を分解してエネルギーを作る為、元々筋肉量が少ない女性の場合、筋肉が大幅に減少します。

これにより、基礎代謝が大幅に減少する事で逆に太りやすい体となっていきますので、過剰な有酸素運動は極端な食事制限と同じく控える事が重要です。

運動後は、栄養を補給すべし!

栄養(糖質)補給
運動によって、筋肉にダメージが及ぶことがあります。
なので、運動後は筋肉に栄養を与えて、筋肉のダメージを修復させましょう。
これにより、筋肉の異化(筋肉が分解されて減る)が起こりにくくなることで、効率的に筋肉を増やすこと出来るようになります。

 

特に運動後に必要となる栄養素は糖質です。
糖質はエネルギーの源であるグリコーゲンと言われる物質を生成します。
グリコーゲンは、肝臓や筋肉に貯蔵されますが活動中や運動中など必要な時に分解されてエネルギーとなります。

肝臓
運動後はこのグリコーゲンが少なくなりますので、疲れやすくなります。
そして、筋肉の分解(筋肉の異化)が進んでしまいますので、運動後は、すぐに等質を補給することが大切です。

「なぜ、すぐ補給する必要があるの?」
それは、運動直後は糖質の吸収速度が通常の2~3倍になるからです。
これによって、素早い速度で多くのグリコーゲンが生成されるようになります。

 

ですので、筋肉量を増やして、基礎代謝を高め、痩せ体質になりたい人は、運動後に糖質を補給してください。

またタンパク質やアミノ酸などの他の栄養素も同時に摂取することで、より基礎代謝が高まっていきます。

代謝

そして、有酸素運動と筋トレを組み合わせて行うとより痩身効果を得る事が出来ます。
そして、くれぐれもやり過ぎには注意してください。

以下の運動は、ハードになりますので控えましょう。

・ ビリーズブートキャンプ
・ コアリズム
・ ターボジャム

ハードな運動は継続しにくい為、オススメ出来ません。
無理に続けるとストレスが生じることで、リバウンドしやすくなります。
適度な運動であっても毎日、続けていけば消費エネルギーは確実に増えていきます。

 

このように運動する際の注意点をしっかりと忘れないことがダイエット成功へのカギです。

睡眠不足をなくそう!

睡眠
どうすれば痩せられる?

それは、消費エネルギー>摂取エネルギーと、なるように日頃から食事制限や運動などを行うことが重要です。
しかし、それ以外にも重要なことがあります。

 

それは睡眠をしっかり取るということです。

 

睡眠不足になると起きている時間が長くなりますよね。
起きている時間が長ければ、お腹も空きやすくなるので、食べる時間が増えるということになります。

 

睡眠時間は、つまりプチ断食と言えるかもしれません。
睡眠時間が多い程、食事する時間が減る事で、自然と無理なく食事の量を減らしていく事が出来ます。
そして、睡眠の質が良ければ良い程、成長ホルモンが多く分泌される事で脂肪がより多く燃焼されていきますので、なるべく日中に多く活動するようにして、深い眠りにつけるようにしましょう。
朝にコルチゾール
更に朝が近づくとコルチゾールという体脂肪を分解してくれる物質が分泌されます。
コルチゾールは、朝起きる3時間前から分泌され、朝起きた時が最も増えると言われています。
しかし、夜遅くまで起きて、朝方近くに寝た場合、コルチゾールのダイエット効果は得られなくなります。

 

また睡眠中は、副交感神経が優位に立つ為、深夜に食事をして寝た場合、脂肪が蓄えられやすくなりますので太りやすくなります。

 

「食事制限は辛いし、運動も面倒」

 

と言う方の場合、どうしたら痩せられるのか?
と言う疑問は、かなり強くなるかと思います。
しかし、そのような方にこそピッタリな答えなのが睡眠をしっかりと取るということです。

 

 

睡眠をしっかりと取るには、寝る3時間前は飲食しないことが重要です。
また毎日3食の食事は、腹八分目に抑える事も必要ですよ。

睡眠

眠りにつく頃には、胃の消化作用は済んでいますので、胃が空っぽの状態です。
これによって、体は睡眠する時間と認識し、寝つきが良くなります。

そして、成長ホルモンが多く分泌される事で多くの脂肪が燃えていきます。
ですので、質の良い眠りを心がける為にも夜中に飲食しないようにしましょう。

また、睡眠をしっかり取るとレプチンという食欲抑制ホルモンが多く分泌されます。
すると、グレリンという食欲増進ホルモンの分泌が低下する事で、満腹中枢がしっかりと刺激されるようになって、自然と食べる量を減らしていけるようになります。

そうすれば、無理のない消費カロリー>摂取カロリーとなってくれますので、是非、睡眠をしっかりと取っていきましょう。

上記を踏まえた、効果的なダイエット方法は?

断食ダイエット
・極端な食事制限をしない

・栄養バランスを意識して腹八分目

・適度な運動

・運動後は、栄養補給

・睡眠不足をなくす

これらを行うことは基本なのですが、あくまでこれは「生活の基本」なだけであり、太りやすい生活から普通の生活に戻しただけです。

 

この状態に持っていったとして、何をしたら痩せられるのでしょうか?

 

断食ダイエットをしよう!

断食ダイエットの方法
どうしたら痩せられるか?

それは多くの女性にとって、永遠のテーマかもしれません。
それ程、ダイエットを成功させるということは困難と言う事です。
しかし、様々なダイエット法を知り、その中でご自分に合ったダイエット方法を正しいやり方で行い続けていけば必ず痩せる事が出来ます。

 

断食と聞いて、健康に良くなさそうと思われる方は多くいらっしゃると思います。
しかし、どうしても痩せたい!と言う方は、断食ダイエットが非常に有効です。

 

 

断食ダイエットは、

・早く痩せたい方

・どうしても痩せたい方

・健康的に美しく痩せたい方

など実に多くの方に最適なダイエット方法です。

 

断食を行う事で、内臓や消化器官をゆっくりと休ませてあげる事が出来ます。
消化吸収には大変なエネルギーを要します。

その為、内臓や消化器官が休まれば体の全ての器官も休養することが出来ます。
これによって、体は正常な状態に戻っていく事が出来るようになるのです。

特に毎日、食べすぎている方やお酒を飲みすぎる方などは、体内に毒素や老廃物が蓄積している可能性が高いですので、是非、断食ダイエットを行って、体をリセットさせましょう。

 

断食ダイエットのやり方はとても簡単です。
3日間、酵素ドリンクかグリーンスムージーなどのダイエットドリンクを飲むだけです。
お水は自由に飲んで構いませんよ。

初日は空腹感が辛くなるかと思いますがそれ以降は、余分な脂肪や毒素、老廃物が排出される事で、スムーズに体重が減少したり、便秘や肌荒れが改善したり、免疫力がアップします。
さらに、傷や疲労からの回復が早くなったり、風邪などの病にかかりにくくなったり、ストレスに対する抵抗力がアップするなどダイエット効果だけではなく、実に様々な健康・美容効果が得られるようになります。
断食ダイエットは多くの痩せたい方にオススメです。

股関節ストレッチをしよう!

股関節ストレッチ
そして、酵素ドリンクやスムージーを使った断食ダイエットと是非、併用して行って欲しいのが股関節ストレッチです。

 

股関節の歪み=骨盤の歪み。

となり、太ももやヒップなどの下半身に余計な脂肪がついてしまいますので、せっかくの断食ダイエットの効果が半減してしまいます。
なので、股関節ストレッチをして美しくスリムになっていきましょう。

 

簡単な股関節ストレッチのやり方は以下の通りです。

 1.足を肩幅まで開きます。
2.お腹に力を入れて、腰を回します。
(右回り、左回りとそれぞれ10回)
3.椅子に座ります。
4.背中を壁につけます。
5.足先を真っ直ぐに上になるように足を伸ばします。
6.左手をお腹にあてます。
7.右手を右膝に置きます。
8.左足をトントントンと上下させます。(左右、共に10回ずつ)

股関節が歪んで、骨盤が歪むと婦人科系の病気にかかるリスクも高まりますので、
日頃から股関節の歪み=骨盤の歪みを正していきましょう。

腸痩せダイエットをしよう!

腸痩せダイエット
どうしたら痩せられるのか?
特にどうすれば痩せ体質になれるのか?
その答えは、腸にあります。

 

腸痩せダイエットと言うダイエット方法を知っているでしょうか?

 

痩せやすい人の特徴として、腸内環境が整っているということがあります。

 

どうしても痩せたいという場合、確実な痩身効果を得る必要があります。
確実に痩せるには、痩せやすい体質になることが重要です。
腸痩せダイエットを行うと夢の痩せ体質になる事が出来ます。
何故なら腸痩せダイエットでは、腸が正常に機能するように腸内環境を綺麗にしていくからです。
腸内環境が整えば、代謝機能が正常に働いてくれるようになります。

これにより、消費カロリーがアップして、自然と体重が落ちてきますので、どうしても痩せたい方は、是非、腸痩せダイエットを行ってみてくださいね。

 

腸痩せダイエットをやる際に、以下にあるようなサプリを飲みながらやるとベストです♪

 

腸痩せダイエットのやり方は以下の通りです。

1.1日に1.5リットルの水を飲む

お水を飲むことで、老廃物、毒素などの排出が促進されて、腸内環境が綺麗になっていきます。ポイントは、こまめに飲むことです。一気に飲んでしまうと腸に負担がかかりますので注意しましょう。

2.発酵食品を食べる

毎日、ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品を食べて、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。
そして、主食をにんじん、ゴボウ、かぼちゃ、里芋などの野菜とイチゴ、モモ、キウイなどの果物、わかめやひじきなどの海藻類など食物繊維が豊富な食品にしたり、低カロリーでビタミン、ミネラルが豊富な玄米にすることで、痩身&健康&美肌3つの効果を得る事ができます。

足指しばりダイエットをしよう!

足指ダイエット
腸痩せダイエットと是非、併用して行って欲しいのが足指ダイエットです。

 

足指ダイエットには、なかなか落ちないお腹の脂肪を落としてくれる効果があります。
と同時に骨盤を引き締めて、くびれを作ってくれる効果もありますので、美しくスリムになりたい方は是非、行ってみましょう。

足指ダイエットのやり方は以下の通りです。

 

1. 仰向けのまま両足をぴったりつける
2. 左右の足の親指をゴムで縛る
3. 腰の下にクッションを敷く
4. 全身を伸ばすように両手を上げる(5分間)

 

毎日、続けていく事で、効果を実感する事が出来ますよ。
また普段から腹式呼吸を行って、腸を動かすのもオススメです。

 脳ダイエットをしよう!

脳ダイエットは痩せる
「断食ダイエットはわかるがダイエットが長続きしない、だから痩せられない・・・」
「どうしても痩せたい!しかし、酵素ドリンクで痩せられるか分からない・・・」

 

と、お悩みの方の為に今回は脳科学的なアプローチ方法をご紹介します。
その方法とは、ズバリ、脳ダイエットです。

 

痩せられない原因は、脳にあります。
脳には痩せやすい状態に導く「痩せる脳」と太りやすい状態に導く「太る脳」があると言います。
ですので、どうしたら痩せられるか?

 

その答えは上手に「太る脳」から「やせる脳」にスイッチを切り替えることです。
これにより、ダイエット効果は大幅にアップしていきます。

 

太る脳=ストレスがある脳であり、対して、痩せる脳=ストレスがない脳となります。

 

食事制限が辛い。
運動が面倒。
またリバウンドしそうで怖い。
など、ダイエットにはストレスがつき物です。

 

ストレスを感じれば感じる程、痩せる脳へ変換されにくくなります。
そこで味方となってくれるのが脳内に分泌されるセロトニンと言われるホルモンです。
セロトニンは、リラックスしているときや気持ちが良いときに分泌される為、別名、幸せホルモンとも呼ばれています。
セロトニンには、ストレスを取り除いてくれる働きがあります。
ストレスを取り除く
ですので、太る脳から痩せる脳に変換するには、セロトニンを増やすことが大切となります。

 

セロトニンが増えると精神が落ち着くことで、満足感・満腹感が増して、過食が減っていきます。
これにより、食事の量を無理なく減らすことが可能になる事で、ストレスのないダイエット行えるようになります。

 

ダイエットを成功させるには、ダイエットの大敵であるストレスをなくすことが重要です。どうしても痩せたい方は、特にこのストレスをなくすことをまずは考えましょう。

 

 

セロトニンを増やして、ストレスをなくすにはトリプトファンを摂取すると良いでしょう。

 

トリプトファンは、セロトニンの材料となります。
主に豆腐や納豆などの大豆食品やバナナや牛乳、そば、ヨーグルト、たらこなどに多く含まれています。

 

理想の体重をキープすることが目的である場合、単に体重を落として、ダイエットに成功すれば良いというわけにはいかないですよね。

理想の体重をキープし続けるには、太る脳から痩せる脳に上手く切り替え続けていく、すなわち脳ダイエットが重要となっていくのです。

脳ダイエットの豆知識

脳ダイエットの説明
失恋して、ヤケ食いしたら太った。
と、良く聞きますよね。

 

これは無意識のうちに食べることで、ストレスを発散してしまっているせいなのです。

 

空腹感が強くなるとお腹はギュ~っと音を鳴らします。
お腹が鳴った事で、私たちは「お腹が空いた、何か食べよう」となります。
また「もうお腹が一杯」と膨れたお腹を触ったり、見たりすることで、満腹だと感じます。

 

 

この「空腹感」と「満腹感」を決定しているのはお腹であると思っている方は多くいるかと思いますが実はそうではありません。

 

「空腹感」と「満腹感」を決定しているのはお腹ではなく、実は脳なのです。

 

脳が食欲をコントロールしているのです。

大脳の中には、食欲のスイッチと言われる視床下部があります。
この視床下部には、摂食中枢、満腹中枢があります。

 

摂食中枢は、食べなさいと指示を出すのに対し、満腹中枢は、食べてはいけないと指示を出します。
この摂食中枢と満腹中枢が交互に上手く働く事で、食欲がコントロールされるのです。
食欲をコントロール
しかし、不満や悩み、不安、苛立ち、疲労などが蓄積してくると脳にストレスがかかってくるようになります。
これにより、摂食中枢、満腹中枢の働きが低下する事で、食欲がコントロール出来なくなっていきます。
つまり、いくら食べても何を食べても満足感・満腹感を得られない「太る脳」へと変化していくのです。

 

 

太る脳=太る体となりますので、だからこそダイエット中は、ストレスを溜めないことが大切だと言われているのです。
ストレスがあればその原因を知り、きちんと取り除いてからダイエットを行う事が重要です。

 

 

ストレスを取り除かないままダイエットを続けてもリバウンドする可能性大です。

 

ストレスを取り除けば、痩せる脳=痩せる体になるだけでなく、心も晴れ晴れと明るく、安定していくことで、顔色や肌ツヤも良くなっていきます。
よく悩みを誰かに打ち明けたら心がスッキリした。
思いっきり泣いたことで、心がスッキリした。
などと良く言いますよね。
ですので、ストレスをスルーするのではなく、きちんとご自分のストレスと向き合うことが大切ですので、ストレスを抱えている方は是非、ダイエットを行う前にそのストレスの原因を知り、きちんと取り除く「脳ダイエット」をしましょう。

結局ダイエットは生活習慣が大事

ライフスタイルが重要
「これまで様々なダイエット方法に挑戦してきたけど殆ど痩せられなくて、失敗に終わってしまった」
「一旦、痩せてもすぐに元に戻って(リバウンド)しまった」
と言う方は、再び別のダイエットを探して、チャレンジすること多いかと思います。
しかし、雑誌で特集を組まれているような人気のダイエット法にチャレンジしたところで、結果はまた同じ事です。

 

 

ダイエット系雑誌の中には「私はたった数日で、○○キロも痩せました」
「お金も手間もリバウンドも0で、1週間でマイナス5キロ痩せた!」
などと、怪しげな体験談がたくさん載っていることも多くあります。
その上、毎月、違うダイエット方法が2ページくらいで紹介されて、その度に同じような体験談が並んでいきます。
このように次から次へと新しいダイエット法を紹介する事で雑誌の売り上げを狙うのが目的ですので、雑誌の記事を鵜呑みにして、ダイエットを行う事は良くありません。
生活習慣が大事
人気のモデル、女優が高級エステに通っているという記事が出れば、どこのエステに行けば、どんなコースに通えば、綺麗になれるのか、痩せられるのかなど女性としては大変気になるところかもしれません。

 

しかし、他の人と同じような結果を得られるとは限りませんので、納豆ダイエット、ホットヨガ、岩盤浴ダイエットなど、ただ流行っていて、人気があるからという理由だけで、安易にダイエット繰り返していてはなぜ、太ってしまったのか?その原因を知るチャンスはいつまでも得られません。
よって、いつまでも太ったままとなっていきます。

 

 

ですので、どうしても痩せたいのならどうしたら痩せられるかを真剣に考えることが重要です。
その為には、太った原因を知り、その原因を取り除くことが大切です。
太る原因は、ライフスタイルにあることが殆どですので、まずは上記の生活習慣を見直し、断食ダイエットを試しにやってみてください!

Ms.アンチエイジング専門ライターが選ぶ「今」期待できる商品

【随時更新中】

<商品ご提供メーカー様へ>
当サイトへの数多くの掲載のご相談を有難うございます。こちらのコーナーは多くの方に本当に有用性があると期待でき、かつ専門スタッフによる厳正な選定基準をクリアし、複数人のモニター様より評価を頂いた商品のみ掲載させて頂いております。そのため、ご紹介できない商品が多々あること何卒ご了承下さい。

ダイエットは日進月歩です。色々な手法が出てきます。

その中でもMs.アンチエイジングスタッフが「今」効果がある!期待できる!と思った商品をドンドン更新していくコーナーです。

現在、一押しのサービスは漢生爽楽〈防風通聖散〉です。

年を取ってくるとなかなか脂肪が落ちにくくなります。ただ食事制限をしたりウォーキングしただけではダメ・・・、10代20代とはまた違ったダイエット方法をとる必要があります。

それは「内側から」もアプローチする方法です。

もちろん運動や食事も大事なのでやりながら、内側のアプローチをすると落ちにくい脂肪が落ちやすくなります。

さらに痩せにくい方でも効果が期待できる理由に、こちらの商品は遺伝子検査を行い科学的にアプローチをするのです。

詳細は、公式サイトでぜひ確認してみてください。

>>公式サイトで詳しく<<

参考記事:酵素ドリンクで断食ダイエットする方法と酵素の効果まるわかり

500円エステ

500円体験エステのおすすめ痩身エステ4選!1回で痩せる効果?口コミはしご体験

「痩身エステ」「ダイエットエステ」と呼ばれ、セルフダイエットでは除去しにくいといわれているセルライトを除去出来 […]

コメントなし
エステ料金割引

痩身エステ料金比較ランキング!いくらかかる?おすすめは?総額・相場について徹底調査!

痩身エステとかダイエットエステとか呼ばれますが、最近話題になってきたのがこの痩身エステですね。 しかし多くの痩 […]

コメントなし
価格

定額制ダイエットエステ5選|痩身効果があり安い月額制サロン!

「ダイエットを自分自身で行ったけど中々痩せない」 そういった方が来るのが痩身エステですね。 その痩身エステが月 […]

コメントなし
下半身エステサロン

下半身痩せエステの口コミ人気ランキング|効果のある安いサロン!

「上半身は痩せるのに下半身だけ痩せない」 「昔のジーンズはもう履けない」 など下半身だけ痩せたいのに痩せないと […]

コメントなし
痩身エステランキング

痩身エステのおすすめランキング|口コミ・実体験・料金を徹底比較!

「この時期までに痩せたい」 「スリムに見られたい」 「昔履けたジーンズは履けない」 などセルフダイエットに何度 […]

コメントなし
全然痩せない女性

全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

~この記事で学べる事~ 運動や食事制限で、めちゃくちゃ努力しているのに全然痩せない方へのダイエット方法 運動や […]

コメントなし
運動

筋肉をつけない運動で痩せる!ふくらはぎに効果的なダイエット♪

ダイエットをしているとき、筋トレのし過ぎで筋肉がついて、よけい足が太くなってしまったという経験がありませんか? […]

コメントなし
お腹の皮下脂肪が気になる女性

お腹の皮下脂肪がなかなか落ちないのは運動方法に問題が?

ダイエットをする方法は様々ですが、食事でカロリー制限をしたり、運動や筋トレで体重が落ちても、例えばお腹などの外 […]

コメントなし

内臓脂肪とは何?原因や皮下脂肪との違いや減らす方法!お茶・運動・筋トレ・サプリなど

ぽっこりお腹の原因は、皮下脂肪だけじゃなく内臓脂肪です。 内臓脂肪はつきやすく落としやすいってよく言うけれど、 […]

コメントなし
【産後・授乳中】全然痩せない・・負担をかけずに痩せるために

【産後・授乳中】全然痩せない・原因(ストレスやホルモン)と痩せる方法

産後は、妊娠中に増えた体重を元に戻そうとダイエットをスタートさせる方も多くいるかと思います。 「出産したら自然 […]

コメントなし
本当に痩せたい人

本当に痩せたい!痩せたいのに痩せない人がやるべき方法

本当に痩せたいと思っている方は、ダイエットに対して本気で向き合う傾向にありますので、より確実に痩せるダイエット […]

コメントなし
短期間ダイエット

【短期間ダイエット】短期集中で痩せる方法まとめ

近く、デートや同窓会、結婚式など大切なイベントがあると女性は、短期間で痩せる必要が出てきます。 「でも短期間ダ […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

どうしても本気で瘦せたい女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。