女性の美容と癒しの総合マガジン

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

レチノールの効果を実感する女性

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか?
最近美容効果が高いと噂のレチノール

レチノールはビタミンAの一種で、ピーリング効果があり、最近では化粧品としてアイクリームや美容液に配合されていることが多いです。

レチノールの効果は強く、間違った摂取の仕方をすると、女性にとってとても後悔するような副作用があります。
正しく摂取してアンチエイジングに生かしましょう♪

目次

レチノールとは?

レチノールはビタミンAの一種

ビタミンAの一種とされています。

レチノールは最近その効果が注目され、多くの化粧品に配合されています。
また、レチノールよりも成分効果が高いレチノイン酸は医薬品ですので、医師によるクリニックでの処方が必須です。

肌に乗せることにより、一部がレチノイン酸に変化し、その作用は、レチノイン酸の約1/20とされています。

レチノールは、肌への浸透力がとても良く、肌のサイクルであるターンオーバーを整える手助けをする働きをします。

またピーリングと同じ効果があり、表皮の角層はもちろん、その下にある真皮層のコラーゲンの手助けをする作用があることが有名です。

そのため、シワやたるみにアプローチし、ハリのある美肌を生成する働きがあると言えます。

肌のハリ

レチノールは化粧品に配合されていると表記がありますが、そのほとんどがレチノール自体の成分を低刺激化したビタミンA誘導体です。

成分としては、レチノールと表記されていることがあり、他にはパルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなど表記は様々です。

レチノールとビタミンAの関係!

アンチエイジング系の基礎化粧品に含まれることの多いレチノールが具体的にどのような効果があるかご存知でしょうか。

レチノールという言葉を聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、レチノールは実はビタミンAのことなのです。

私たちの体の血液中にあるビタミンAのほとんどがレチノールで、本来体に備わっている栄養分なのです。

レチノール

食事から摂取する場合は、緑黄色野菜に多く含まれるカロチンがそれにあたります。

カロチンは体内でビタミンAに変化し、栄養素として運ばれます。
緑黄色野菜は野菜の王様と言われるように、レチノールは健康的な体に必要な役割をしています。

レチノールの主な作用

主な作用は免疫力の向上や、眼機能の維持、美容面では皮膚や粘膜を強化する働きをしています。アンチエイジングにレチノールが使用されるのはこのためですね。

加齢により肌にシワやたるみが出来てしまうのは、肌のハリやツヤを支えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が30歳を超えるあたりから急激に減少していってしまうからです。

アンチエイジングの視点から見ると、これらのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をいかに維持していくかが美しさを保つための秘訣となるわけです。

レチノールはこれらの美容成分の親となる線維芽細胞に作用し、新しい美容成分を作るよう働きかけてくれます。

真皮

美容成分が新しく作られれば肌のターンオーバーは活性化し、加齢とともに気になってくるしわやたるみ、シミ、黒ずみなどの肌トラブルが起こりにくくなります。

レチノールはピーリング効果が高く、美肌、美白にも効果があると言えます。

また、古い角質がはがれて新しい皮膚が次々と作られれば肌は乾燥することなくうるおいを保った状態を維持することが出来ます。

肌の乾燥の原因は、空気の乾燥だけではなくターンオーバーの遅れからもくるので、レチノールが肌にうるおいを取り戻してくれるかもしれません。

ターンオーバー

レチノールを配合する基礎化粧品はお肌に針とツヤを与えてくれることで、今後ますます注目されていく美容成分と言えます。

レチノールの効果とは?

レチノールには皮膚のハリを保つためのタンパク質からなる、コラーゲンやエラスチンを生成します。

また、アンチエイジングに欠かせない皮膚のターンオーバーを早める効果があるとされています。
レチノールをニキビ跡に塗ってみて、効果のほどを試してみてはいかがでしょうか。
また、肌がたるむ前の対策をしたりシワの改善をしてみるというのも良いでしょう

point1皮膚のたるみ・シワに○

角層ケアをすることで、肌のハリや弾力の元となっているコラーゲンやエラスチンを活性化します。
その結果、シワやたるみというアンチエイジングに大敵な症状を目立ちにくくします。

point1ニキビ跡やシミが消える!

レチノールは、ターンオーバーを正し、促進する手助けをしてくれます。
ターンオーバーが乱れる原因は、加齢や紫外線などの影響です。

メラニン色素を含む細胞を外は追しだすため、ニキビ跡のような色素沈着を目立たなくしてくれます。シミやくすみも同じ原理です。

point1目の下のクマにも効く!
加齢により、どうしても肌の一番奥の根の部分が衰えてきます。

レチノールは、真皮層のコラーゲンの手助けをするために、目の下のクマにもアプローチします。
そのために肌にハリや弾力を与え、ふっくらとした印象にします。

レチノールは美容効果抜群!

レチノールは肌の美容効果が高い

女性は美容効果が高いと聞いたら試してみたいと思うのが普通だと思います。

レチノールはしわやシミに働きかけ、目の下のクマにも効果があるとされています。

アンチエイジングに効果抜群ですので、早速意識して使用していただくことをおすすめします!

レチノールの種類

レチノールは主に2種類あり、それぞれメリット、デメリットが違います。
どちらも知っておいて、自分の医薬品や基礎化粧品を選ぶときの1つの基準にしましょう。

パルミチン酸レチノール

1つ目のレチノールはパルミチン酸レチノールです。

レチノールは美容成分として基礎化粧品に配合するにはとても不安定な成分です。

熱や光による影響を受けその美容要素が壊れてしまいやすいため、レチノールをそのまま基礎化粧品に配合するのは不向きなのです。

化粧品

基礎化粧品に配合しても、使用するときにはダメージを受けていて美容効果が半減してしまうようでは商品として不十分ですね。

そこでレチノールを商品化しやすいように安定した成分に改良を加えたものがパルミチン酸レチノールになります。

パルミチン酸レチノールはレチノールの化粧品としてのデメリットとなる刺激も抑えられ、肌に優しく、安定した美容効果を高めた成分になります。

トレチノイン

2つ目のレチノールはトレチノインです。

トレチノインはビタミンA誘導体のことを指します。

ビタミンAよりも一般的に広く知られているビタミンCのビタミンC誘導体を耳にしたことがある人は多いと思います。

ビタミンは熱に弱い成分なので、安定化させるために工夫が必要なのです。

ビタミンAもビタミンC同様に安定化させるためにビタミンA誘導体に変化させて使用することが出来ます。
トレチノインは本来のビタミンAの50から100倍もの美容作用を兼ね備えており、働きかけるターンオーバーの力も強力です。

ビタミンA誘導体

医薬品として使用されることが認可されており、その高いアンチエイジング効果が立証されています。

現在ではまだ化粧品への導入は認可されていないため、トレチノインを試してみたい人は医薬品の中から探してみましょう。

レチノールとレチノイン酸の関係

レチノールの誘導体として用いられるレチノイン酸ですが、実際誘導体と聞いてもピンとこない人が多いかもしれません。

誘導体はビタミンを体の外側から吸収しやすいように改良したのもで、誘導体としてビタミンAを使用することで本来の50から100倍の美容効果を出すことが出来るのです。

逆に言えば実際ビタミンAを化粧品として直接肌につけてみても、ビタミンAは肌に浸透しにくいためその美容効果を十分に吸収することが出来ないのです。

美肌

ビタミンA誘導体のレチノイン酸は、肌に塗布すると皮膚で酵素と反応し、皮膚内でビタミンAに還元されていきます。

肌の外側ではレチノイン酸として扱われますが、肌内に吸収されるとレチノールの働きをするということです。

レチノイン酸の方がレチノールよりも強力に作用するのは、吸収力の違いなのです。

レチノイン酸=トレチノイン?

レチノールやビタミンAアルコール、レチナール、ビタミンAアルデヒド、レチノイン酸、ビタミンA酸は全てビタミンAとビタミンA誘導体を指す名称になります。

科学的な名称か、一般的な名称かによって異なる名前が付けられているので混合してしまうことがありますが、これらの成分が配合されている場合はビタミンAの作用をもたらすと理解しておきましょう。

レチノールの摂取方法

レチノールの摂取は化粧品から

レチノールを肌または体内に摂取する方法としては1つしかありません。

レチノールはビタミンAの一種だとみなさん理解していただけたと思います。
そんなみなさん、食事にビタミンAの成分が入っている食品で摂取すれば良いのでは?と思うかと思います。

しかし、レチノールは食品から摂取することは出来ません
その理由は、体内に摂取されると普通のビタミンAとして処理され、レチノールとして肌に働きかけずに、健康面へのエネルギーとして作用してしまうためです。

そのため、お肌に直接塗ることというのが摂取方法です。
レチノールが直にお肌にアプローチし、美肌効果が発揮されます。

実際の口コミ

ほうれい線に効き目がありました

資生堂のエンリッチド リンクルクリームSを使っています。30歳を過ぎてから、ほうれい線が気になってきたので使い始めました。
百貨店の資生堂コーナーで購入しましたが、初めてつけてもらった時からしっとりと潤っていたところが気に入っています。
使い始めて1か月ほどすると、気になっていたほうれい線周辺にハリが出てきました。少々高いですが、効果は抜群です。

エイジングケアに欠かせないレチノール

30代になり、肌のもつ水分量が減り、毛穴のたるみや小じわが気になりだし、エイジングケアに取り組もうと思い、百貨店の化粧品売り場にて、資生堂のエリクシール シュペリエルのエンリッチド リンクルクリームSを試したところ、肌なじみがよく、しっとりし、3カ月ほどで小じわやほうれい線が薄くなっていきました。
目元や口元の小じわに特に効果がありました。

レチノール配合の化粧品の選び方

point1レチノール濃度が高すぎないもの
レチノールはピーリングと同様の働きをするため、ターンオーバーを正す手助けを強力にします。

ピーリング

配合濃度が高い化粧品は、かゆみや赤みが発生し、ヒリヒリした症状が出る場合があります。

化粧品に配合させて良いと定められているのは、0.1%以下です。
しかし、自分で肌が弱いと思う方や不安に思うかたは、パッチテストを事前に行うと良いと思います。

point2保湿成分配合も大切な選択
真皮層と表皮はとても深いつながりがあるために、真皮層にダメージがあるときは角質層ダメージを何らか抱えている場合が多いです。

レチノールが配合されていることだけを重視して選択するのではなく、保湿成分がしっかり配合されているかを見ましょう。

保湿

point3思春期ニキビには刺激が強い
レチノールは肌表面の毛穴のつまりを除去する働きがあります。

思春期ニキビには刺激が強いため、レチノール配合に化粧品はおすすめしません。
大人ニキビには効き目があるとされていますので、刺激がそこまで強くないものを選びましょう。

レチノールクリームの効果的な摂取方法

レチノールの美容効果はすでに理解して頂けたかと思いますが、ビタミンAを食事から摂取すればいいのでは、と思っている人は注目です。

レチノールは食事から摂取するとそのほとんどがエネルギーとして消費されてしまい、肌までいきわたるのはほんのわずかとなってしまうのです。

レチノールの美容効果を最大限に活用するのであれば、基礎化粧品として直接肌に塗るのが効果的です。

レチノールはクリームタイプになっている商品が多いです。
レチノールの美容効果も大切ですが、スキンケアでは肌の水分量を守るために肌に浸透しやすい粘度の低いものから塗布するのが望ましいです。

クリーム

まず化粧水をしっかりと肌に吸収させて、美容液を使う場合は美容液を浸透させます。

クリームタイプのレチノイン酸を使用する場合は、この美容液の後に塗るのがおススメです。
しっかりと肌に浸透しているのを実感しながら、時間をかけてスキンケアを行うとより高い効果を得ることが出来ます。

レチノールクリームの使い方

スキンケアは朝メイクをする前と、夜入浴後の1日2回が基本ですが、日中でも日焼け止めクリームを使用したり、汗をかいてタオルで拭いたりした場合は定期的にレチノールクリームを塗りなおすのが理想的です。

小さなケースに入れておいて、メイク直しのときに肌を保湿するためにもレチノールクリームを塗りなおしてからファンデーションを塗るといいでしょう。

ファンデーション

朝晩のスキンケアでは特に自分コンプレックスが気になる部分に集中的にクリームを塗布することをおススメします。

シワやたるみにも効果が高いですが、クリームを塗る際に肌を引っ張り過ぎてしまうと逆効果になってしまいます。

しわたるみ

肌に優しく浸透させるイメージで塗り伸ばしていきましょう。

夜は特にしっかりレチノールクリームを塗布すると、睡眠中に分泌される成長ホルモンとの相乗効果で高い美容効果を期待できます。

入浴後に1度レチノールクリームを塗布して、就寝前に再度レチノールクリームを塗りなおすとよりしっかりとレチノールの効果を実感で来ます。
さらに言えば夜トイレで起きたときも塗りなおすことをおススメします。

つまり、1度に分厚く塗るのではなく、こまめに何度も塗ることが成功のコツです。

レチノールの副作用

レチノールには良い効果がたくさんあることを理解して頂けたと思います。

しかし、そんなレチノールには副作用もあります。
やはり効果が大きい分、副作用も大きいため、正しく摂取することが大切です。

皮膚がむける

レチノールには協力なピーリング成分があります。
そのために、過剰に使用したり、濃度が高いものを使用してしまうと、皮がむけて肌が真っ赤になってしまう可能性があります。

効果が大きい分、皮膚にとてつもなく負担がかかっていることを理解しましょう。

安易に外国製の輸入品などを塗ってしまうと、後悔することもあります。
成分や配合濃度をしっかり確認してから使用するようにしましょう。

毛穴ケアエステ

毛穴エステのおすすめランキング!口コミ体験と効果は?

毛穴の汚れやたるみ 女性にとって毎日のお化粧や加齢によるコラーゲンの減少などで、 年々黒ズミや肌のたるみはあり…

コメントなし

毛穴に効く化粧品ランキング!毛穴開きに引き締め効果のあるプチプラ商品!

「毛穴の黒ズミが気になる」 「毛穴を引き締めたい」 など毛穴ケアを気にする方はとても多いです。 しかし毛穴の改…

コメントなし
美白化粧品

シミに効く美白化粧品ランキング|効果が高いおすすめプチプラ化粧品!

あれっこんなところにシミが と感じた女性も多いのではないでしょうか 30歳前後になると気になるのがシミですね。…

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思…

コメントなし
フェイシャルエステランキング

フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!

「毛穴が気になる」 「しわやシミが気になる」 「ニキビができてきた」 など顔の悩みが深くなってきた際に気になる…

コメントなし
化粧品

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー…

コメントなし
セラミド

セラミドの効果とは?種類やサプリ・化粧品・食べ物の摂取方法をご紹介!

「最近なんだか肌に元気がない」 「数年前の写真と比べてみると明らかにたるんでる」 「乾燥でしわが気になる」 な…

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません…

コメントなし
しわ

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。…

コメントなし
しわ

ゴルゴラインを消す方法!原因は加齢しわ?パソコンのみすぎ?

ゴルゴラインがあると険しい顔つきになって、ガクンと老けて見られます。 ほうれい線は有名ですが、最近はゴルゴライ…

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上…

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい…

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか…

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気…

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで…

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線…

コメントなし
コラーゲンの効果

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物…

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です