女性の美容と癒しの総合マガジン

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

しわ

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。

一方で、あるきっかけから活性酸素が大量発生し細胞を攻撃するため、肌の張りが失われシミ黒ずみたるみなど耳をふさぎたくなるような老化現象の原因になります。

また、活性酸素は、肌細胞だけでなく体のすべての機能に悪影響を及ぼすため、アレルギーやがん、白内障、認知症などのリスクが高まるといいます。

この記事では老化を早める原因といわれる活性酸素についてまとめました。

目次

活性酸素とは?

活性酸素とは私たちが生まれた瞬間から肌をさび付かせるものです。

バナナの切り口が黒くなるのは酸化する為におきます。
体内で活性酸素が大量発生すると、細胞を傷つけ肌老化を引き起こします。

現在の病気の90%は活性酸素といわれる位重要なものです。

活性酸素と運動・老化の関係

活性酸素と水素水の関係

水素水とは、水素が溶け込んだ水のことを言います。
水素は(H2)は活性酸素(O2)と結びついて水(H2O)になり、無害にして体外に排出することができると言われています。

水素イメージ

しかも酸化力の高いと言われる「悪玉活性酸素」のみを除去してくれるのです。
非常に小さい分子なので、体内のどこの細胞でも入りこむことができ、全身の活性酸素を除去してくれます。

水素水は選び方も大切です。アルミパウチのものでなければ抜け出てしまいます。
そして水素量が1.2ppmi以上含まれている高濃度のものを選ぶようにしましょう。

ただし、水素水の有効な効果についてのいろいろな研究結果が出ていますが、現時点では普通の「飲料水」として販売されています

活性酸素と動脈硬化・老化の関係とは?

動脈硬化は血管の病気で、高血圧、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気につながります。その動脈硬化に活性酸素はどのように関係しているのでしょうか。
血管の老化
動脈硬化は血管が硬くなることから始まります。

それは、「血管が老化する」ということ。血管も年齢を重ねるとともに、もろくなりますし、しなやかさもなくなります。
動脈の老化によって、血管の中が狭くなる、詰まるという状態になります。

血行

そうなると、必要な酸素や栄養素が全身に行き渡らなくなり、いろいろな臓器や組織に支障が出てくるようになります。
活性酸素が体内に多いと、血管の老化も早めてしまうことになります。

活性酸素が増える原因は?

実は活性酸素が発生する原因は本当に様々な要因があります。

・加齢
・紫外線
・コレステロール
・ストレス
・睡眠不足
・喫煙
・アルコール
・ハードなトレーニング
・スマートフォンやパソコンの使用
・食品の消化・吸収
・加工食品の摂取

 

加齢

活性酸素という言葉が気になり始める年齢は、個人差があるものの、免疫力や新陳代謝の衰えを自覚し始める30才を過ぎた頃ではないでしょうか?

体内には活性酸素を処理する力が誰にでも備わっているのですが、20才を境にどんどん下降していきます。

それを上回って活性酸素が増えてしまうと、体にさまざまな害を及ぼすようになります。

紫外線

体に活性酸素が増えるきっかけは、さまざまありますが一番に挙げられるのが紫外線です。

紫外線の量は1日両掌に10分程度の量で良いといわれていますが、多くの方はそれの何倍もの紫外線を日中に浴びています。

それが蓄積すると、活性酸素を発生させます。
紫外線

紫外線を多く浴びながらする屋外での運動

紫外線に当たることで、日焼けだけでなく活性酸素も増えてしまいます。

屋外でのスポーツをする時には、日焼け止めやサングラスなどをして紫外線対策をするようにすると良いでしょう。肌の老化も防げます。

コレステロールを変性させる

動脈硬化の原因の一つに、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが多いことは知られています。
しかし、それだけではなく、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化して、「変性LDL」になることで、血管壁が詰まるようになることが大きな原因であることが分かってきました。

強いストレス

ストレスが強いことも活性酸素の原因になります。
常に悩み癖がある方は活性酸素だけではなく薄毛や肌荒れの原因や女性ホルモンにも影響がでます。

睡眠不足

睡眠不足になると肌の新陳代謝が正常に働きません。
ターンオーバーの正常周期は28日といわれておりますが、加齢により40日になったります。
加えて睡眠不足などだとさらに長く遅くなる可能性があります。

本数が多い喫煙や副流煙

喫煙は体内にとってよくないですしガンの危険性もまします。
また副流煙にも注意しましょう。

アルコール

アルコールを摂取すると、この成分をカラダの中で分解するための酵素が分泌されます。

この過程において、活性酸素も一緒に発生するため、アルコールの大量摂取はアンチエイジングにタブーだといわれているのです。

ハードなトレーニングによるもの

意外に知られていないのですが、カラダを激しく動かすハードなトレーニングは、活性酸素が大量に発生するといわれています。

激しい運動をすることで呼吸の量が急増し、活性酸素も大量発生しやすくなります。

ですが、比較的軽めの運動であれば、活性酸素の発生を抑えるための抗酸化酵素のはたらきが高まり、カラダやお肌、細胞の酸化を防ぐことができます。

激しい筋トレのような運動
激しい筋トレのような運動をすると、どうしても呼吸が早くなり酸素を多く取り込むことになります。
そうすれば、必然的に発生する活性酸素も増えてしまうのです。

無理な運動

また、無理に激しい筋トレを行うと、身体にも精神的にも負荷を与えてしまうこととなり、ストレスによって活性酸素が増えやすくなります。

嫌々しているしんどい運動
活性酸素はストレスによって増えると言われています。運動は楽しく適度に行うと、ストレス解消になるのですが、運動嫌いな人が嫌々していると、それはストレスになり、自律神経が乱れ、活性酸素が発生してしまいます。

ストレスを感じる女性

スマートフォンやパソコンの使用によるもの

スマートフォンやパソコンには、強力なプラスの電位があります。

とくにスマートフォンを肌身離さずに持っていることで、カラダの電位がどんどんプラスに帯電し、活性酸素が増えてしまいます。

食品の消化・吸収によるもの

栄養学の専門家からは、食事を食べた後、内蔵によって食品が消化吸収されるだけでも、大量の活性酸素が発生すると報告されています。

食品の消化や吸収は、カラダの自然な現象であるため、この場合の活性酸素発生を防ぐことは難しくなってしまいます。

食事を食べた後には、抗酸化作用のある成分が含まれたサプリや飲み物を摂取することが推奨され、食品の消化・吸収による活性酸素の発生を最小限に抑えられることができます。

加工食品の摂取によるもの

人工甘味料や合成着色料、香料などは、加工食品に大量に使われているといわれています。

カラダの中にこのような添加物が入ると、免疫細胞が異物であると判断し攻撃をはじめます。
この経過によって活性酸素が大量に発生するといわれています。

身体に及ぼす活性酸素の悪影響とは何?

強力な酸化力を持つ活性酸素は、切ったリンゴが赤く酸化していくように、殆どの生き物の細胞を毎日すこしずつ酸化させていきます。

私たちが毎日、息をしているだけでも体内では1日に100リットルを上回る活性酸素が発生することが分っています。

酸化したりんご

肌に紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生しその活性酸素を取り除くため「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されメラニンが生成されます。

メラニンが大量に増えると、抑制しようとする力が働き体内のビタミンCを大量に消費して余分なメラニンを抑制しようとします。

 

また、タバコを吸う女性が増えていますが、タバコでも活性酸素が増えるためビタミンCを大量に消費します。
ニコチンはターンオーバーを低下させることでも知られています。

ターンオーバー

その結果、肌の老化が促進し、シミができやすい環境を作り出しているといいます。美肌を考えるならタバコはなるべくだったら控えた方が良さそうですね。

ここからはこの活性酸素のさまざまな悪影響について具体的に見ていきましょう。

①活性酸素は多くの脳神経細胞を死滅させてしまう?!

脳の働き

脳細胞と活性酸素には密接な関係があり、近年この活性酸素は社会問題の一つとして注目されています。

脳の神経細胞の数は大脳と小脳を合わせた脳全体で、千数百億個にも及び、一方で、人が生活しているだけでも一日に数万単位の細胞が自然に死滅しているといいます。

そこに、紫外線などのさまざまな原因が複雑に絡み合い、活性酸素が体内に大量に発生すると、さらに脳神経細胞の死滅が加速されていきます。これが近年、認知症の患者が急増している理由と考えられています。

 

②活性酸素は肌の重要なバリア機能を奪う?!

保湿

乾燥した空気は肌の老化を促進するといわれ、しっとり潤っている柔らかい肌質の人に比べ、乾燥しやすく保湿が重要とされる敏感肌の人にとっては厳しい季節になりますね。

肌細胞は、ダメージを受けるとかたくなって潤いがなくなる傾向にあるため、肌がますます乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると細胞間脂質とよばれる「セラミド」が傷つき、外部からのちょっとした刺激でも肌荒れを起こしやすくなり、ウイルスや雑菌などが侵入しやすくなりますね。

つまり、肌バリア機能が奪われてしまい、もともとアレルギーを持っている人であればアトピーのリスクも高くなってしまいます。

 

③活性酸素は体内のコラーゲンを破壊する!

コラーゲン効果

活性酸素はもともと外部から侵入しようとする、ウイルスなどを攻撃して侵入を食い止めるなど、基本的には体にとって良い働きをします。

しかしながら、必要以上に増えすぎると活性酸素は、肌細胞だけではなく、体内のあらゆる臓器の細胞をも攻撃するようになります。

また、活性酸素は、体を構成するコラーゲンなど、重要な成分まで酸化させて破壊してしまいます。

その結果、潤い、保湿、張りが失われ、肌に、シミ、シワ、タルミなどの老化を早める結果になります。

インナードライ

早い人では数か月で、悪影響が現れ、お化粧のりが悪い、老けて見られるようになった、肌が黒ずんできたなど、ターンオーバー機能の乱れにもつながってきます。そうならないためにも、本気で活性酸素に取り組むことが必要ですね。

 

④ブルーライトが白内障や眼病のリスクを高める。   

 

白内障は、眼球内の水晶体が紫外線などの影響から細胞が酸化することで変性するため濁り、物がかすんだりぼやけたりして見えるようになります。

白内障などの眼病は、細胞を酸化させる紫外線A(UV-A)を日常的に受けることで、活性酸素が増え、眼球内の水晶体、網膜、黄斑部の細胞が酸化して、白内障などの眼病のリスクが高まるといいます。

めまい

特に近年、スマホやテレビなどの液晶から発生する「ブルーライト」が、驚異的な活性酸素を発生させることで知られるようになり、その影響が特に問題視されています。

活性酸素の発生を減らし対策する方法!

活性酸素の発生を減らすことは肌老化やがんリスクの予防などにも繋がります。

この活性酸素を減らす対策を
「抗酸化対策」
と呼びます

抗酸化には

・化粧品
・サプリ
・食品
・生活習慣

などが有効といわれています。

抗酸化に有効な成分

抗酸化に効果的な成分を下記にてご紹介します。

・ビタミンC誘導体
・ナイアシン
・リコピン
・オウゴンエキス
・カテキン

保湿

ビタミンC誘導体

しわ・シミ・たるみ・毛穴開き、ニキビすべてに効果的な万能成分がビタミンC誘導体です。
コラーゲン生成を促したり皮脂量を抑制する効果もあります。

ナイアシン

肌の代謝を活発化させ、コラーゲンなどの生成を助ける役割もします。

リコピン

トマトなどに含まれる赤い色素です。
強い抗酸化力をもちます。紫外線対策には最適です。

オウゴンエキス

保湿や抗酸化作用、美白などの効果もあります。

カテキン

お茶で知られるカテキンは美白や毛穴開き、保湿などの予防効果があります。

おすすめの抗酸化化粧品ランキング

1位:サイクルプラス

サイクルプラス
・ビタミンC誘導体の100倍の浸透力をいわれるAPPSを利用
・美白成分のアルブチン、しわ対策の5種のヒアルロン酸も配合された万能商品
・お試しトライアル送料無料1600円

2位:アスタリフト

アスタリフト

・抗酸化成分のアスタキサンチン、リコピン、
・3種類のコラーゲンとセラミドでしわ対策も可能
・トライアルは1000円で送料無料

ベーシックトライアルキット

3位:サエル

サエル

・抗酸化成分のムラサキシキブエキス、アルニカエキス配合
・美白成分のアルブチン
・ビタミンC誘導体ももちろん配合!
・トライアルは1468円

美白訴求

4位:フラセラ

フラセラ

・トライアルは1800円
・ビタミンC誘導体の10倍浸透のAPPS配合
・皮膚の専門家が開発したドクターズコスメ
ベーシックトライアルキット
5位:グラングレース
グラングレース

・ビタミンC誘導体APIS配合
・セラミドとヒアルロン酸配合
・トライアルは2800円

グラングレース

抗酸化力の強い食べ物

抗酸化食品
亜鉛

【カシュウナッツ、牛肉(肩)卵黄、そば、チーズ】

新陳代謝を高め、細胞を酸化から守る抗酸化作用があります。亜鉛の摂取が少ないと体内の免疫機能が低下してしまい、肌の自然治癒力が下がってしまいます。

 

オメガ3脂肪酸

【亜麻仁油、エゴマ油、さんま、いわし、ブリ、サケ、マグロ、ウナギ】

大変認知度が高く、厚生労働省も摂取を奨励している栄養素です。オメガ3脂肪酸α-リノレン酸は、体内に入ると、DHAとEPAに変化し強烈な抗酸化作用で体に発生した活性酸素を取り除く効果お発揮します。

 

ビタミンCとE

Cは、【レモン、イチゴなどの果物、ピーマン、ブロッコリー】

Eは、【アーモンド、カボチャ、ゴマ、いくら、ピーナッツ、】

水溶性のビタミンCは強い抗酸化作用があることで良く知られていますね。ビタミンCとビタミンEはセットで良く紹介されていますが、両方とも抗酸化作用の強い代表的な栄養素であるため、同時に摂ると相乗効果がありより効果的です。

 

ポリフェノール

【ぶどうやワイン、ココア、緑茶、ブルーベリー、たまねぎ】

ポリフェノールには、抗菌・抗酸化作用があり、アンチエイシング対策としては欠かせない栄養素です。

 

活性酸素とフリーラジカルの違い

活性酸素とフリーラジカルは良く一緒に聞くことがありますが、同じものではありません。フリーラジカルは、不対電子を持っている不安定な分子。他の分子から電子を奪い取る力が強いのです。
それは酸化させる力、老化させる力が強いということ。

質問

フリーラジカルといわれるのは、活性酸素の中の「スーパーオキシドアニオンラジカル」と「ヒドロキシラジカル」と言われるものです。
活性酸素の中には「過酸化水素」や「一重項酸素」もありますが、これらはフリーラジカルではないのです。

活性酸素とお茶・コーヒーとの関係

毎日お茶やコーヒーを飲むという人は多いですよね。
それが活性酸素除去に役立っていることをご存じですか?
上手にお茶やコーヒーを取り入れてみて下さい。

カフェイン

お茶の抗酸化物質

日本人になじみの深い緑茶には、「カテキン」や「タンニン」などの抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。
緑茶の渋み成分で、ダイエット、がん予防、血圧を抑える、アレルギー症状緩和など様々な健康や美容効果があることが知られています。

お茶

また、抗酸化作用のあるビタミンCも含まれています。ビタミンCは美白効果、コラーゲン生成の促進をしてくれるので、肌老化にも効果があります。

コーヒーの抗酸化物質

コーヒーと言えば、一番にカフェインが浮かびますが、「クロロゲン酸」というポリフェノールも注目の成分です。「コーヒーポリフェノール」とも言われ、カフェインの量よりも多く含まれているのです。

クロロゲン酸にはダイエット、糖尿病予防、アンチエイジングなどの効果が知られています。

リラックス効果

緑茶やコーヒーを飲んで、ほっと一息つけるという人は多いのではないでしょうか?

緑茶には「テアニン」という旨味成分が含まれています。
それは、ストレス解消に効果的なのです。また、コーヒーには香りによって癒されるという効果があります。

コップ

活性酸素はストレスによっても増加してしまいます。イライラとしてしまう時には、緑茶やコーヒーを飲んでリラックス、リフレッシュしてみて下さいね。

飲み過ぎには注意

いくら身体に良いとはいえ、飲み過ぎは注意が必要です。
緑茶やコーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは過剰に摂取すると、頭痛や興奮、血圧上昇にもつながってしまいます。

頭痛女性

また、胃酸の分泌を促す作用があるので、胃が弱い人は特に胃を傷めてしまうことにもなります。1日に2~3杯くらいにするなど、適量を心がけるようにしましょう。

活性酸素についてのまとめ

体内にはもともと活性酸素を除去する働きの抗酸化力が備わっています。ピークの20才を過ぎる頃から降下していき、65才を過ぎる頃には6分の1に減少してきます。つまり、老化が、6倍進んだということですね。

単純に考えれば、「細胞の酸化」と「抗酸化力」のバランスがとれていれば余分な活性酸素を除去することが出来、老化を遅らせることが出来る訳ですね。

抗酸化

アンチエイジングを考え、普段から意識して抗酸化食品を体内に摂りこみたいですよね。次に抗酸化力が強いといわれる食品を紹介いたします。

病気の約9割が活性酸素の影響であるといわれています。

紫外線が活性酸素を増やすことで知られていましたが、近年、テレビやスマホ、パソコンからの「ブルーライト」が体の活性酸素を増やすことで問題視されています。

紫外線に比べ浴びる頻度は少ないですが、毒性の強い強力なブルーライトは目に悪影響が出ることが分っています。長い時間のスマホやパソコンの継続使用は避け、途中に軽いストレッチなどの休憩を入れ、目を休めることがオススメですね。

毛穴に効く化粧品ランキング!毛穴開きに引き締め効果のあるプチプラ商品!

「毛穴の黒ズミが気になる」 「毛穴を引き締めたい」 など毛穴ケアを気にする方はとても多いです。 しかし毛穴の改…

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思…

コメントなし
化粧品

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー…

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません…

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上…

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい…

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか…

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気…

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで…

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線…

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で…

コメントなし
コラーゲンの効果

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物…

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です