女性の美容と癒しの総合マガジン

背中のムダ毛の自己処理方法!カミソリ・シェーバー・除毛クリーム?

コツ

自分では見えない部位である背中。
うなじや背中のムダ毛は自分が思う以上に周囲から気になるものです。

今回は、

・背中のムダ毛の自己処理方法
・家庭用脱毛器の背中脱毛の効果
・背中の肌荒れの対処法

などについてご紹介していきます。

目次

背中のムダ毛の自己処理方法

背中のムダ毛処理

背中の脱毛にはさまざまな自己処理の方法がありますがそれぞれにメリットとデメリットがあります。

デメリットや注意点を知ることでより安全に脱毛ができるという部分からもデメリットを知ることは大事になってきます。

カミソリ

カミソリ

・メリットと肌リスク

カミソリのメリットは簡単に除毛ができることと、安価で購入できる面になります。

肌リスクは非常に大きく、表面のむだ毛だけではなく皮膚ごとそぎ取ってしまい傷をつくることなども珍しくありません。

・自己処理での注意点は?

カミソリの注意点は安全用のガードを外さずに使用することになります。ガードなしのカミソリの場合などは皮膚に傷を作りやすいと考えてもいいでしょう。

また、カミソリは使用後に消毒をして乾燥させて補完するタイプのものと、使い捨てのものがあります。衛生面を考慮した場合は使い捨ての方がおすすめといってもいいでしょう。

シェーバー

・メリットと肌リスク

電動シェーバーは安全に背中のむだ毛を処理することができるものになり、肌への負担も少ないことも大きなメリットになります。背中はもちろんですがアタッチメントを使うことで全身のむだ毛の処理を安全にすることができます。

・自己処理での注意点は?

電動シェーバーなので刃先にむだ毛や皮膚の破片などが挟まった際にしっかりと手入れをしておかないと錆などの原因になり、動作不良などを起こしやすくなります。

使用後はシェーバー部を手入れしての保管が基本になります。

クリーム

除毛クリーム

・メリットと肌リスク

クリームは肌にすりこみ、時間を置いてシャワーなどで流すことで毛穴の浅い部分までの除毛が可能になります。毛根は残っていますが、カミソリや電動シェーバーよりも深めに除毛ができ、除毛期間も長くなるのが特徴です。

クリームの種類によっては保湿などの効果を兼用しているものもあり、肌への負担は製品によって大きな幅が出てくる。

・自己処理での注意点は?

説明書などの規定時間を超えないようにすることが基本であり、時間を置き過ぎることで肌そのものを傷つけてしまうことにも繋がりやすくなります。

また、シャワーなどでの洗い残しが無いようにすることも大事です。

長時間クリームを肌に乗せてしまうことで肌の乾燥を促してしまうこともあります。

参考⇒除毛クリームランキングをもっと詳しく

家庭用脱毛器

・メリットと肌リスク

家庭用の光脱毛器はエステサロンと同様の効果を得やすいものになります。肌へのリスクも少なく、毛根からの脱毛が可能なので最もむだ毛をへらすことができるものになります。

家庭用脱毛器は効果は高いですがその分高額なものも多く、簡単に購入できない部分などがデメリットになります。

・自己処理での注意点は?

効果も高い分、短期間に何度もくりかえりフラッシュを当てることで肌そのものを乾燥しやすくしてしまうことが懸念されます。

基本的に家庭用脱毛器は2週間に1度の使用を守るようにすることで効率よく脱毛が可能になり肌を傷めにくくなります。

参考⇒家庭用脱毛器ランキングをもっと詳しく

ワックス

・メリットと肌リスク

脱毛ワックスは毛根からむだ毛を抜くことができるものであり、効果の高さと脱毛の期間の長さや持ちの良さがメリットになります。背中はもちろんですが全身の脱毛が可能であり、肌への負担も少ないものがほとんどになります。

・自己処理での注意点は?

ワックスの使用の注意点は短期間に繰り返しの脱毛を行わないことと、脱毛後は毛穴が開いている状態なので毛穴の収れんなどを行う必要が出てきます。

通常のスキンケアに収れん化粧水などを併用し、毛穴の開きなどをカバーすることが大事になります。

タオル

脱毛タオル

・メリットと肌リスク

脱毛用のタオルはむだ毛を絡ませて引き抜いている状態になります。一度に広範囲の脱毛ができる部分がメリットであり、手の届きにくい背中なども脱毛が簡単にできます。

ナイロンなどに絡ませての脱毛行為になるので強くこすりすぎることで肌を傷めやすくなることがあるので、こすりすぎないことが大事になります。

・自己処理での注意点は?

タオル式の脱毛はむだ毛を広範囲で処理できますが、ムラができやすいともいえます。

可能であれば他の誰かに使用してもらったほうがよりむらなく綺麗な脱毛が可能になるといえます。

それぞれの自己処理方法の脱毛頻度

脱毛頻度

せなかの脱衣毛などは2週間~1か月に1回が基本になります。

短期間に何度も脱毛を繰り返すことは肌を傷めやすくなり乾燥などはもちろんですが、皮膚組織そのものを痛めしてしまうこともあります。

説明書などにかかれている期間を守ることと、薬剤などは時間を厳守する事、カミソリなどはむだ毛の流れに沿って剃っていくのが基本になります。

むだ毛の逆に剃っていく逆ぞりなどは深めに剃ることはできますが肌を一緒に削り取ってしまうことも多く、傷などもできやすいので控える方が良いといえます。

背中のムダ毛に効果が期待できるのは家庭用脱毛器のみ?

むだ毛を根元から処理していく方法として家庭用脱毛器とワックスがありますが、毛根の動きそのものを止めていくものとしては家庭用の光脱毛器になります。

光脱毛の場合は毛根のメラニン色素にフラッシュを反応させていくのでエステサロンと同じ効果を自宅で得ることができ、エステサロンなどに通う時間の無い人などにおススメであり、繰り返していくことで確実なむだ毛の減少にも繋がっていきます。

家庭用の光脱毛器以外はむだ毛が目立ってくるころに再度使用していくことで処理を繰り返すことになります。

根本からのむだ毛を無くという部分は家庭用の光脱毛器だけが可能であるといえます。

家庭用脱毛器の効果

光脱毛器はどんな効果があるの?

エステサロンで使用している脱毛器に近い効果を出すことができるので、自宅で気になる部分をしっかりと納得いくまで脱毛できることがメリットになります。

ですが、基本的に家庭用の脱毛器は5万円前後で決して安価ではなく、脱毛後は自分でスキンケアを行うことになります。

カミソリなどで処理することに限界を感じた際には光脱毛器やエステサロンの脱毛を視野にしれたほうがいいといえます。

2年ほどの時間で見ると家庭用脱毛器のほうがエステサロンの脱毛よりも安価になり、期間も短期間で脱毛終えることにも繋がります。

背中の肌荒れの対処法は?

背中の肌荒れ対処法

背中は自分で手入れのしにくい部分であり、炎症などもおきやすい部分になります。

背中のトラブルは主に下記の三つに分類されることが多いです。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は毛抜きなどでむだ毛を抜いた時に、毛抜きの刃先やカミソリの先端に残っていた雑菌などが毛穴に入って起こされる炎症になります。

痒みや痛みなどがない場合には自然に完治することも多く、化膿や痛みを伴う場合などは皮膚科などで専門の薬を処方してもらうことがおすすめになります。

毛嚢炎は軽度から重度のものまで幅広く、判断が難しいときは皮膚科などの診断をうけることで短期間での完治につながっていきます。

赤み、炎症

赤みや炎症などは毛嚢炎の場合も多く、判断に迷うときは専門医の診断をうけることになります。

基本的には背中などをこすりすぎない、ボディソープなどの被膜を張るものではなく石鹸などのしっかりと洗い流せるものを使用することで緩和や完治につながることも多いです。

こすり洗いよりも汚れを落とすことを主体にすることと、化粧水などで保水をすることで肌の乾燥などを防ぎながら症状を監査わせることにも繋がります。

背中ニキビ

背中ニキビは男女ともに悩みの一つであり、背中ニキビ専用のケア用品なども多く市場展開しているほどです。

これらのケア用品を使用することもおすすめですが、幹部の汚れや毛穴のつまりなどをとることなどがケアの基本であり、清潔な状態に軟膏や炎症剤を使用することで痛みや赤みを退かせることにも繋がっていきます。

ニキビで大事な部分はハリなどで潰したりしないことであり、あくまで自然に潰れた場合などを除けば無理に潰すことは雑菌などを侵入させやすくなってしまうことと、シミなどにも繋がりやすくなるので控えるべきといってもいいかもしれません。

ニキビもあまりにも痛みやかゆみ、膿などが多い場合は皮膚科で抗生物質などを処方してもらうことで完治に繋がりやすくなります。

毛嚢炎と同時に背中ニキビを発症することも多く、広範囲だったり化膿してる部分が多い場合は皮膚科などで専門薬を処方してもらうことで体や皮膚に負担を掛けることなくケアが可能になります。

背中ニキビはシミや痣になりやすいので気になるときはすぐに皮膚科に通った方が良いともいえる存在の一つといってもいいかもしれません。

脱毛石鹸

脱毛石鹸の効果とは?メリットやデメリットもご紹介!

モデルやアイドルなども使用していると言われている脱毛石鹸。 ここでは、 ・脱毛石鹸とは ・脱毛石鹸のメリット …

コメントなし
効果

ヴィート除毛クリームの脱毛効果はない?使い方なども徹底解説!

目次ヴィート除毛クリームとはヴィート除毛クリームの効果!VIOや背中にも?ヴィート除毛クリームの使い方ヴィート…

コメントなし
ヤーマン脱毛器

ヤーマン脱毛器の効果や痛み・口コミをご紹介!ケノンとの違いは?

ヤーマンの家庭用脱毛器シリーズ商品について ・ヤーマン脱毛器の特徴 ・レイボーテの製品とケノンの比較 ・ヤーマ…

コメントなし
センスエピの脱毛効果

センスエピの脱毛効果の口コミは?センスエピXとJの違いも解説

可愛いデザインの家庭用脱毛器「センスエピ」。 今回は、 ・センスエピの特徴 ・センスエピXとセンスエピJの違い…

コメントなし
ケノンレベル10の痛み

ケノン脱毛器レベル10は痛い?ワキ・顔で効果のあるレベルと回数は?

ケノンは自分に合った出力レベルで施術が行えるように出力レベルやショット数をカスタマイズできる仕組みになっていま…

コメントなし
ミュゼのカウンセリング

ケノンのカートリッジ種類!プレミアム・ストロング・エクストラの使える回数から違いまで

目次ケノンのカートリッジの種類ケノンのカートリッジの使い分けについてケノンのカートリッジのバージョンの違いにつ…

コメントなし
スキンケア

ケノンで顔の産毛脱毛!使い方や美顔器機能で毛穴・ニキビ対策!

目次ケノンは顏の産毛脱毛に効果なし?顏脱毛のリスクとは?ケノンは顔の産毛脱毛にも向いている?ケノンの顔脱毛のや…

コメントなし
キレイモ全身脱毛

キレイモの全身脱毛の料金は?月額、学割プラン・支払い方法は?

キレイモといえば全身脱毛特化サロンとして有名のサロンです。 月額制もコースプランも安価な上に個室だったり雰囲気…

コメントなし
毛深い女性

ケノンは剛毛女子にも効果あり?VIO・すね毛・男にも効く使い方は?

ケノン愛用者の中でも、剛毛な人ほど脱毛後に手に入れるツルツル肌に満足しています。 元々ムダ毛が濃い人ほどその変…

コメントなし
背中

ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

楽天で6年連続で売上1位を記録している爆発的大ヒットのケノン。 脱毛サロンに通わずに脱毛サロンと同等の効果が期…

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています…

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
ワキのちくちく

ワキ毛がチクチクしてかゆい時はどうしたら良い?原因や対策方法!

ワキ毛を処理したはずなのに、すぐにチクチクしてしまう。 そんな悩みはありませんか? ワキは毎日処理するもので肌…

コメントなし
うなじの毛の処理について

毛深いうなじの脱毛処理は?シェーバー?キレイなうなじの作り方とは?

普段は自分で確認することも少ないうなじの毛。 しかし男性はうなじを結構見ているって知っていますか? 女性の毛深…

コメントなし
谷間のムダ毛処理について

胸の谷間の剛毛・産毛は処理すべき?毛が濃い原因と対処法

胸の谷間の毛が気になる、しかも剛毛で毛深い! これは本当にきつい悩みですね。 水着なんて着る際はかなりしんどい…

コメントなし

乳首・乳輪の脱毛は恥ずかしい?自己処理の方法は?クリーム?毛抜き?

乳首・乳輪に毛が生えてきて困るという方は実は結構いますよね。 パートナーからどう見られるかなど、気になってしま…

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です