女性の美容と癒しの総合マガジン

シミ予防には美白成分を!種類とハイドロキノン、アルブチンなどの特徴!

シミ

30代以降になると、顔のシミに悩まされている女性が増えますよね。

シミは一度発生してしまうと、なかなか改善するのが難しく、美容皮膚科で行われているレーザー治療を受けても、再発してしまう方がとても多いと言われています。

そんなシミ予防対策として効果を期待することができるのが、美白成分が配合された化粧品です。

美白成分にもさまざまな種類があるので、今日は代表的な美白成分の種類と特徴についてわかりやすくお話しします。

しみ予防の美白成分とは?

シミを予防してくれる美白成分には、これから発生する可能性のあるシミを抑制したり、すでに肌表面に表れているシミを薄くする効果を期待することができます。

そもそもシミが発生してしまう1番の原因はメラニンです。

私たちの肌表面に存在している表皮は、想像しているよりも非常に薄く、わずか0.2ミリ程度しかありません。

メラニン

そんな薄い表皮を保護するために存在しているのが、外的刺激から私たちの肌を守ってくれるバリア機能になります。

しかし、バリア機能は肌の乾燥や加齢によって損なわれてしまうことがあるため、年齢を重ねるごとに外的刺激に弱い状態を作り出します。

そこで、肌に大きな影響を与えてしまうのが紫外線です。

外的刺激に弱い状態の肌は、紫外線を浴びることにより、メラニンが過剰に生成されてしまうと、チロシナーゼと呼ばれている酵素が活性化して、色素沈着を引き起こします。

これがシミやそばかすの元です。

予防するためには、メラニンを定着させないように働きかける成分が必要です。

美白

化粧品に含まれている美白成分には、メラニンを定着させない役割があります。

そこで、注目したい2つの美白成分を見てみましょう。

アルブチンとは?

アルブチンは美白化粧品に含まれている代表的な美白成分の1つとなります。

もともと皮膚の漂白剤としての役割を果たす、ハイドロキノンをもとに開発された成分となりますが、ハイドロキノンとの大きな違いは安全性です。

コケモモ

ハイドロキノンは漂白作用に優れていますが、肌に大きな副作用を引き起こす可能性が高いため、主に医療機関で取り扱っている成分となります。

しかしアルブチンは、ハイドロキノンと比較すると肌に優しく、副作用が少ない成分になります。

アルブチンが、いったい肌の中でどのような役割を果たすのかと言うと、メラニンの色素沈着を引き起こす際に発生するチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあるのです。

ハイドロキノン

これにより、色素沈着を防ぐことができるようになるため、シミの予防につながります。

シミをこれ以上増やしたくない!と思ったときには、とても役立ってくれる成分となります。

甘草エキスとは?

甘草エキスとは、漢方薬に使われている「甘草」から抽出されたエキスです。

幅広い効果・効能を期待できる成分となりますが、美白成分としても大きな注目を集めています。

甘草エキスが美白効果を発揮する理由は、アルブチンと同じようにチロシナーゼを阻害し、抑制することができるからです。

甘草エキス

さらに、肌を整える役割も果たしてくれることから、肌荒れ予防にも嬉しい効果を期待できる成分となります。

迷ったら医薬部外品を

どんな美白成分を取り入れれば良いのか迷ってたら、医薬部外品が配合された化粧品を選ぶことで、実感力を高めることができます。

医薬部外品とは、国が認めている一定の効果・効能が証明されている成分となります。

医薬品と比較すると効果は劣りますが、化粧品よりは科学的根拠が判明しているため、医薬部外品である美白成分を一定期間使い続けることにより、良い変化を期待することができるからです。

先ほどご紹介したアルブチンも、医薬部外品となります。

さらに、20代から40代の女性に増えている「肝斑」に効果が期待できる美白成分として注目を集めているのが、トラネキサム酸になりますが、こちらも医薬部外品です。

医薬品と医薬部外品の違いがよくわからない方も多いと思いますが、

「医薬部外品は、医薬品ほど作用は強くないが、化粧品よりも根拠がある」

病院

と思っておくとわかりやすいですね。

ただし、必ずしも医薬部外品だから化粧品原料よりも優れているというわけではないので、迷った際の選ぶ目安にして下さいね。

紫外線は5月から9月に向けて最も強いのですが、この時期にメラニンを過剰に生成させ、シミを作り出してしまうケースが少なくありません。

少しでもシミを予防するためには、紫外線を予防するUVケアをきちんと行いながら、外的刺激から肌を守る肌のバリア機能を高めてあげることも大切です。

さらに美白効果の高い成分を日々のスキンケアに取り入れることにより、5年先、10年先に発生するシミを予防することにつながります。

また、私たちの肌の内部には「シミ予備軍」と呼ばれているものがたくさん発生しています。

このシミ予備軍を肌の表面に発生させないためにも美白成分はとても有効なので、ぜひ活用して下さいね。

ほうれい線

セラミドの種類と役割とは?美肌のためには〇〇セラミドが効果的!

美容業界で何かと話題になる「セラミド」 基礎化粧品にも多く含まれていることから、気になっている方がたくさんいま…

コメントなし
シミ

シミ予防には美白成分を!種類とハイドロキノン、アルブチンなどの特徴!

30代以降になると、顔のシミに悩まされている女性が増えますよね。 シミは一度発生してしまうと、なかなか改善する…

コメントなし
野菜ジュース

シミをつくりにくくする食品とは?美白効果のある食べ物まとめ!

夏が来るたびにシミやそばかすが増えてしまい、悩みの種になっている方は多いのではないでしょうか。 シミを予防する…

コメントなし
幹細胞コスメ

幹細胞コスメとは?植物由来やヒト由来化粧品?効果はどうなの?

世の中にこんなに沢山の化粧水や乳液、美容液などが溢れていながら、多くの人達がコスメに満足できないのは何故でしょ…

コメントなし
肌のキメ

シミ消しクリームランキング|美白効果のある成分と化粧品まとめ

目次シミ消しクリームとは?シミの種類シミが出来る原因は?シミ消しクリームの選び方シミ消しクリームランキングシミ…

コメントなし
シミ

シミに効く美容液ランキング|口コミ人気の安い美白商品!

20代後半で目立ってきたかなと思ったらあっという間にシミになってしまった。 年齢の証になってしまうシミをなんと…

コメントなし
化粧水

シミに効く美白化粧水ランキング!口コミ人気の高いプチプラ商品

20代後半で目立ってきたかなと思ったらあっという間にシミになってしまった。 年齢の証になってしまうシミをなんと…

コメントなし
ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは?効果やメリットデメリットをご紹介!

化粧水によく配合されている「ビタミンC誘導体」 特に美白効果のある化粧水や、エイジングケアに力を入れている化粧…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です