エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白・しみ
  4. シミ予防には美白成分を!種類とハイドロキノン、アルブチンなどの特徴!

シミ予防には美白成分を!種類とハイドロキノン、アルブチンなどの特徴!

美白・しみ
  10 Views
シミ

30代以降になると、顔のシミに悩まされている女性が増えますよね。

シミは一度発生してしまうと、なかなか改善するのが難しく、美容皮膚科で行われているレーザー治療を受けても、再発してしまう方がとても多いと言われています。

そんなシミ予防対策として効果を期待することができるのが、美白成分が配合された化粧品です。

美白成分にもさまざまな種類があるので、今日は代表的な美白成分の種類と特徴についてわかりやすくお話しします。

しみ予防の美白成分とは?

シミを予防してくれる美白成分には、これから発生する可能性のあるシミを抑制したり、すでに肌表面に表れているシミを薄くする効果を期待することができます。

そもそもシミが発生してしまう1番の原因はメラニンです。

私たちの肌表面に存在している表皮は、想像しているよりも非常に薄く、わずか0.2ミリ程度しかありません。

メラニン

そんな薄い表皮を保護するために存在しているのが、外的刺激から私たちの肌を守ってくれるバリア機能になります。

しかし、バリア機能は肌の乾燥や加齢によって損なわれてしまうことがあるため、年齢を重ねるごとに外的刺激に弱い状態を作り出します。

そこで、肌に大きな影響を与えてしまうのが紫外線です。

外的刺激に弱い状態の肌は、紫外線を浴びることにより、メラニンが過剰に生成されてしまうと、チロシナーゼと呼ばれている酵素が活性化して、色素沈着を引き起こします。

これがシミやそばかすの元です。

予防するためには、メラニンを定着させないように働きかける成分が必要です。

美白

化粧品に含まれている美白成分には、メラニンを定着させない役割があります。

そこで、注目したい2つの美白成分を見てみましょう。

アルブチンとは?

アルブチンは美白化粧品に含まれている代表的な美白成分の1つとなります。

もともと皮膚の漂白剤としての役割を果たす、ハイドロキノンをもとに開発された成分となりますが、ハイドロキノンとの大きな違いは安全性です。

コケモモ

ハイドロキノンは漂白作用に優れていますが、肌に大きな副作用を引き起こす可能性が高いため、主に医療機関で取り扱っている成分となります。

しかしアルブチンは、ハイドロキノンと比較すると肌に優しく、副作用が少ない成分になります。

アルブチンが、いったい肌の中でどのような役割を果たすのかと言うと、メラニンの色素沈着を引き起こす際に発生するチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあるのです。

ハイドロキノン

これにより、色素沈着を防ぐことができるようになるため、シミの予防につながります。

シミをこれ以上増やしたくない!と思ったときには、とても役立ってくれる成分となります。

甘草エキスとは?

甘草エキスとは、漢方薬に使われている「甘草」から抽出されたエキスです。

幅広い効果・効能を期待できる成分となりますが、美白成分としても大きな注目を集めています。

甘草エキスが美白効果を発揮する理由は、アルブチンと同じようにチロシナーゼを阻害し、抑制することができるからです。

甘草エキス

さらに、肌を整える役割も果たしてくれることから、肌荒れ予防にも嬉しい効果を期待できる成分となります。

迷ったら医薬部外品を

どんな美白成分を取り入れれば良いのか迷ってたら、医薬部外品が配合された化粧品を選ぶことで、実感力を高めることができます。

医薬部外品とは、国が認めている一定の効果・効能が証明されている成分となります。

医薬品と比較すると効果は劣りますが、化粧品よりは科学的根拠が判明しているため、医薬部外品である美白成分を一定期間使い続けることにより、良い変化を期待することができるからです。

先ほどご紹介したアルブチンも、医薬部外品となります。

さらに、20代から40代の女性に増えている「肝斑」に効果が期待できる美白成分として注目を集めているのが、トラネキサム酸になりますが、こちらも医薬部外品です。

医薬品と医薬部外品の違いがよくわからない方も多いと思いますが、

「医薬部外品は、医薬品ほど作用は強くないが、化粧品よりも根拠がある」

病院

と思っておくとわかりやすいですね。

ただし、必ずしも医薬部外品だから化粧品原料よりも優れているというわけではないので、迷った際の選ぶ目安にして下さいね。

紫外線は5月から9月に向けて最も強いのですが、この時期にメラニンを過剰に生成させ、シミを作り出してしまうケースが少なくありません。

少しでもシミを予防するためには、紫外線を予防するUVケアをきちんと行いながら、外的刺激から肌を守る肌のバリア機能を高めてあげることも大切です。

さらに美白効果の高い成分を日々のスキンケアに取り入れることにより、5年先、10年先に発生するシミを予防することにつながります。

また、私たちの肌の内部には「シミ予備軍」と呼ばれているものがたくさん発生しています。

このシミ予備軍を肌の表面に発生させないためにも美白成分はとても有効なので、ぜひ活用して下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

シミ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ホホバオイルの効果とは?ニキビや毛穴に効く?使い方やおすすめは?

  • 話題のエテルノ濃縮プラセンタドリンクの成分・効果

  • 美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

  • ピクノジェノールの効果はビタミンの600倍?成分や効果口コミ

  • 北海道純馬油本舗の馬爽油(マーシュアンヨー)とは?口コミ・使い方など!

  • 3CEのウユクリームは美白やニキビ効果?値段や口コミ

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!