エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美白・しみ
  4. シミをつくりにくくする食品とは?美白効果のある食べ物まとめ!

シミをつくりにくくする食品とは?美白効果のある食べ物まとめ!

美白・しみ
  13 Views
野菜ジュース

夏が来るたびにシミやそばかすが増えてしまい、悩みの種になっている方は多いのではないでしょうか。

シミを予防するために美白化粧品も有効ですが、シミをつくりにくくする食品を取り入れることにより、予防と対策を行うことができます!

そこで今日は、シミの原因に注目しながら、シミをつくりにくくする食品をご紹介していきます。

シミをつくりにくくする食品とは?

シミをつくりにくくしながら美白を期待できる食品として注目されているのが、

  • アセロラ
  • キウイ
  • トマト
  • 乳製品
  • ナッツ類

このような食品です。

ぱっとみると、これらの食品には全く共通点がないように感じますが、シミをつくりにくくしてくれる理由は、上記でご紹介した食品に含まれている成分になります。

例えば、アセロラやキウイにはビタミンCがたっぷりと含まれていますよね。

アセロラ

ビタミンCは美肌に欠かすことのできない栄養素となりますが、シミの原因とも言われているメラニン色素を作り出す酵素として知られている「チロシナーゼ」を阻害する作用が期待できます。

さらに、ビタミンCには抗酸化力も期待できるので、シミの予防に効果的な成分が総合的に含まれています。

そしてトマトですが、トマトの代表的な栄養素として知られているのがリコピンです。

リコピンはトマトを赤くしている色素成分となります。

トマト

大きな特徴は強い抗酸化力となっていて、紫外線を浴びることにより増加する活性酸素を抑制することができます。

活性酸素が過剰に発生してしまうと、肌の元気な細胞まで攻撃してしまうことがわかっているため、肌の再生能力が衰えます。

リコピンは抗酸化作用で活性酸素を抑制することにより、肌の再生能力であるターンオーバーを高める手助けを行ってくれるのです。

この抗酸化作用に関しては、ナッツ類も同様です。

ナッツ類には抗酸化作用に優れたビタミンEがたっぷりと含まれています。

ナッツ

最後に乳製品ですが、牛乳やチーズといった乳製品の多くにはL-システインが含まれています。

美白サプリなどにも含まれているL-システインは代謝を向上させることによりメラニンの蓄積を予防する効果が期待できます。

肌の内部にメラニンが蓄積されてしまうと色素沈着を引き起こしてしまうため、シミやそばかすにつながるからです。

シミの原因の1つは活性酸素、活性酸素とは?

先ほどもご紹介した活性酸素ですが、活性酸素はシミの原因の1つだとも言われています。

シミ

そもそも活性酸素の本来の働きは、体内に侵入した菌やウイルスを攻撃し、私たちの体を守るものです。

健康に生きていくために、活性酸素は欠かすことのできないものとなりますが、過剰に発生してしまうと健康な細胞にも攻撃するため、元気な肌細胞も弱ってしまいます。

なぜこのようなことが引き起こされるのかと言うと、紫外線には人間の体に良くない物質が大量に含まれているからです。

活性酸素は人体に害がある有害物質を攻撃しようと、体内で過剰に発生します。

結果的に体内で過剰に発生した活性酸素は、敵と味方の区別がつかなくなってしまい、健康な細胞まで攻撃する羽目になるため、肌の新陳代謝が低下します。

日焼け

これにより肌のターンオーバー周期が乱れてしまうため、色素沈着を引き起こしやすくなりシミやそばかすを発生させるようになります。

ビタミンCには抗酸化作用がある

美しい肌を維持するために欠かすことのできないビタミンCですが、ビタミンCにはさまざまな働きがあります。

その働きの中の1つに抗酸化作用が存在します。

ビタミンCが豊富に含まれる野菜や果物を日常的に摂取することにより、美肌や美白効果を期待できると言われているのは、コラーゲンを活性化したり、活性酸素を抑制してくれる抗酸化作用があるからです。

ビタミン

抗酸化作用はポリフェノールやカロテノイドもある

抗酸化作用に優れた成分はビタミンCだけではなく、その他のビタミンやポリフェノール、カロテノイドも挙げられます。

ポリフェノール食品例

イチゴ、ブルーベリーなどのベリー系果物。

ぶどうをふんだんに使った赤ワイン。

コーヒー、紅茶、緑茶といった飲み物。

豆腐、納豆などの大豆食品。

納豆

カロテノイド食品例

ほうれん草やブロッコリー、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜。

スイカ、パパイヤ、オレンジなどの果物。

エビやカニといった甲殻類。

β-カロテン

ご紹介した食品名を見ていただくとわかりますが、ポリフェノールはベリー系の果物やぶどうに多く含まれていることがわかります。

さらに私たちが日常的に飲んでいるコーヒー、紅茶、緑茶といった飲み物にもポリフェノールはしっかりと含まれていることが判明しました。

私たちは無意識の間に毎日のようにポリフェノールを摂取していますが、抗酸化作用を期待してポリフェノールを摂取するのであれば、さらに意識的に取り入れていくのがオススメです。

そしてカロテノイドですが、カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれていることがわかりますよね。

緑黄色野菜

緑黄色野菜は免疫向上に効果があると言われていますが、抗酸化作用がたっぷりと含まれることによりアンチエイジングにも嬉しい効果を期待することができます。

また、活性酸素を抑制することにより得られる効果は、美肌や美白だけにとどまりません。

抗酸化力に優れた食品を日常的に摂取することにより、生活習慣病の予防にもつながると言われているので、毎日しっかりと摂取していくことが健康や美容全てにおいて効果的です。

野菜からもビタミンCが摂取できる

ビタミンCは果物だけでなく、野菜からも摂取することができますが、効率よく摂取するためには生野菜に限定されます。

生野菜に限定されてしまう理由は、ビタミンCが熱に弱い特性を持つからです。

沸騰したお湯でビタミンCが含まれている野菜を加熱してしまうと、ビタミンCの成分が壊れてしまうため、効率的に補給することができなくなります。

このようなことから、野菜からビタミンCを摂取する場合は、サラダなどの生野菜から摂取するのが1番良いと言われているのです。

また、ビタミンCは水溶性ビタミンとなるため、日常的に摂取しなければ意味がありません。

水溶性ビタミンは尿と同時に排泄されてしまうため、日常的に摂取することによりビタミンCの効果を期待することができます。

ただし、野菜によっては加熱してもビタミンが損なわれないものもあります。

例えば赤いパプリカ。

パプリカ

パプリカはビタミンCだけではなく、ビタミンPが豊富に含まれています。

ビタミンPが含まれることにより、ビタミンCを熱から保護してくれる役割を果たしているため、加熱調理してもビタミンCを損なわずに摂取することができます。

生野菜を食べるのがあまり好きではない方もいるので、ビタミンCを加熱しても効率的に摂取したい方は、パプリカを積極的に食べるようにしてください。

なお、パプリカには赤と黄色がありますよね。

より熱に強いのは赤いパプリカとなるので、どちらでも良いという場合には、迷わずに赤いパプリカを選ぶようにしましょう

紫外線がますます強くなる夏本番に向けて、少しでもシミを予防したいと考えているのなら、抗酸化作用に優れた食品を積極的に摂取してください。

上記で抗酸化作用に優れた食品についてご紹介しましたが、種類は豊富に存在するので、自分が日常的に取り入れやすい食品を選ぶことで長く続けていくことができますよ!

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

野菜ジュース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

  • ビーグレンの商品の特徴や効果は?毛穴、ニキビ、しわ、シミへの効果!

  • ビタミンC誘導体とは?効果やメリットデメリットをご紹介!

  • メラノCC美容液でシミは消えない?効果的な使い方と成分は?

  • 話題のエテルノ濃縮プラセンタドリンクの成分・効果

  • ハトムギ保湿ジェルの効果は美白、ニキビ、毛穴に効く?コスパ最強!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!