エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 脂性肌、敏感肌など肌に悪い成分ってあるの?洗顔、乳液、化粧水まとめ

脂性肌、敏感肌など肌に悪い成分ってあるの?洗顔、乳液、化粧水まとめ

肌に悪い成分

私たちが普段から何気なく使っている化粧水や乳液、クリームの成分表示を見てみると、見慣れない文字がいくつも並んでいますよね。

カタカナで書かれていることも多いので、いったいそれがどんな成分なのか、ふと不安に感じてしまう事はありませんか?

そこで今日は、私たちが普段使っている化粧品にも配合されている可能性がある、肌に悪い成分についてまとめてみました!

肌に悪い成分は?

肌に悪い成分とは、一言で言ってしまうと、私たちの肌に負担をかけるものになります。
例えば、化粧品を使っていて、肌がピリピリすると感じた事がある方も多いはずです。

そのピリピリする成分の正体は、防腐剤だったり、アルコールだったりします。

では具体的にどんな成分が悪いのか詳しく説明していきますね。

防腐剤

どんな成分がどう肌に悪いの?

肌に悪い成分として1番最初に思いつくのがパラベンです。
パラベンは、化粧品の多くに含まれている防腐剤となっています。

化粧品をどのように保管するのかは、人によって全く違ってきますよね。

室内で保管される方もいれば、毎回冷蔵庫に入れて保管している方もいます。

化粧品を作るメーカーでは、いったいどんな方法で保管されるのかがわからないため、誰が使ったとしても一定の品質を保つ必要があります。

そこで、配合されている成分の品質をキープさせるために、防腐剤であるパラベンを使用しているケースが多いのです。

さらに、化粧品には使用感だけではなく、商品を印象づけるために香料が含まれていることもあります。

香料によってリラックス効果を得られるという方もいますが、これは肌にとってかなり負担がかかるものとなります。

自然由来の香料であればそこまで気にすることなく使えるものもありますが、人工的に作られた香料は要注意です。

他にも酸化防止剤などが肌に悪い成分として当てはまりますが、化粧品の種類によっても含まれている成分が変わってきます。

肌荒れ

クレンジング剤によく含まれている肌に悪い成分は?

クレンジングは、メイクを落とすために欠かすことができない女性にとっての必需品です。

そんなクレンジングに含まれている肌に悪い成分を見てみると、「合成界面活性剤」が当てはまります。

合成界面活性剤の役割は?

合成界面活性剤の大きな役割は、クレンジングに含まれている油分と水分を乳化させるものです。

まず油分は、メイクを浮き上がらせるために必要不可欠となります。

界面活性剤

さらにメイクを落とすためには、クレンジングを水で洗い流さなくてはいけません。

合成界面活性剤を配合することによって油分と水分をしっかりと馴染ませることができるので、クレンジングに合成界面活性剤は必要不可欠とも言われています。

合成界面活性剤と一言で言っても、様々な種類が存在するため、どのような種類の合成界面活性剤が配合されているのかをチェックするのがポイントです!

比較的肌に優しい合成界面活性剤もありますが、石油系界面活性剤は肌に大きな負担をかけてしまうので、できるだけ避けるようにして下さい。

「石油系界面活性剤の表記例」

  • スルホン酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラブレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

一般的には、「スルホン酸」と記載されていたり、「硫酸」と記載されている場合には要注意だと言われています。

他にも、「ミネラルオイル」と記載されている鉱物油は肌に負担をかけてしまうため、避けた方が良いと言われている成分の1つになります。

洗顔料によく含まれている肌に悪い成分は?

続いて、毎朝私たちが使っている洗顔料によく含まれている肌に悪い成分について調べてみたところ、こちらも「合成界面活性剤」と「機能性成分」が当てはまります。

合成界面活性剤については上記で紹介したように、石油系の成分が配合されていることが多く、泡立ちが良いと感じる商品は要注意となります!

界面活性剤

最近では、洗顔は泡で洗うのが主流だと言われているので、私たちはついつい泡立ちの良い洗顔料を選んでしまいがちです。

しかし、洗顔料が泡立つのは、石油系の合成界面活性剤が使われている可能性が高く、私たちの肌にとってはかなり刺激を与えてしまいます。

肌に優しいはずの泡洗顔で、肌に大きな負担を与えてしまっては、泡で洗う意味がなくなってしまいますよね。

クレンジングでご紹介したような表記の、石油系界面活性剤が配合されていたら、肌に負担が大きいと理解して下さい。

ただし、合成界面活性剤の中には、赤ちゃんでも使えるような肌に優しいものもあります。

「カリ石けん素地」と記載されている商品に関しては、肌への負担をそこまで心配しなくても大丈夫です。

機能性成分の役割は?

機能性成分に関しては、「エタノール」や「サリチル酸」が当てはまります。

エタノールは消毒液のことで、サリチル酸と同じようにニキビ肌の炎症に効果があると言われています。

エタノール

しかし、エタノールにしてもサリチル酸にしても、肌に刺激を与える成分となっているので、肌状態が悪化している時や、敏感肌体質の方にはおすすめすることができません。

美容液によく含まれている肌に悪い成分は?

次に美容液によく含まれている肌に悪い成分ですが、特に注意したいのが美白美容液に含まれている「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは美白有効成分として注目されていて、肌の漂白剤とも言われている非常に強い成分です。

病院で処方されるハイドロキノンとは違い、市販品の美容液には高濃度のハイドロキノンが使われている可能性は低いです。

しかし、ハイドロキノンは肌荒れを引き起こす可能性がある成分で、過去に化粧品に含まれているハイドロキノンで白斑を引き起こした例がありました。

肌荒れ

使い方を間違えると、非常に肌に悪い成分となります。

そして、美容液に限らず、化粧水にも多く含まれているDPGと呼ばれている成分は、敏感肌の方に刺激を与える可能性があります。

この成分は「ジプロピレングリコール」という成分で、殺虫剤にも含まれている成分となります。

大きな害がある成分とは言えませんが、できるだけ避けたい成分の1つではあります。

化粧水によく含まれている肌に悪い成分は?

化粧水に含まれている成分で1番気をつけたいのは、先ほどご紹介したエタノールです。
エタノールは、化粧水の品質を安定させるために配合されています。

ご存知の方も多いと思いますが、化粧水の成分の80%以上を占めているのは水です。

エタノールの役割は?

水をそのままの状態で放置すると、どうしても腐ってしまいますよね。
この腐敗を避けるためにも、エタノールが含まれていることが多いのです。

逆に、エタノールやパラベンといった防腐剤を使用しない無添加化粧水に関しては、保管にある程度の注意が必要となります。

それでも、肌への負担を考えれば、添加物が配合していない無添加を選ぶのが良いでしょう。

また、化粧水の80%は水だとご紹介させていただきましたが、この水にも問題があることがあります。

どのような水を使っているのかは商品によって大きく変わってきますが、「ハマメリス水」は、敏感肌の方には刺激が強いようです。

収れん効果のある化粧水には含まれていることが多いので、成分表記をしっかりと確認してください。

化粧水

敏感肌によくない成分は?

上記でご紹介した成分を見ていただくとわかりますが、肌に悪い成分はだいたい特定されてきますよね。

そこで、通常の肌質の方であればあまり問題がない成分であったとしても、敏感肌の方には良くない成分についてまとめてみました。

「敏感肌によくない成分」

  • エタノール
  • パラベン
  • ハイドロキノン
  • 香料
  • 石油系界面活性剤
  • プロピレングリコール
  • オルトフェニルフェノール
  • ジブチルヒドロキシトルエン

エタノールから石油系界面活性剤までの上記5つの成分については、だいたい理解できる方が多いと思いますが、そこから下の3つの成分に関してはよくわからない方も多いと思います。

まず、プロピレングリコールですが、こちらは「PG」と記載されていることが多く、化粧品にもよく配合されています。

敏感肌の方の場合には、肌に炎症引き起こす可能性がある成分なので、注意が必要です。

次に、オルトフェニルフェノールですが、こちらは「OPP」と記載されていることがあります。

主に防腐剤としての役割を果たしますが、口に入ると危険な成分としても知られているので、肌にも負担のかかる成分です。

そして、ジブチルヒドロキシトルエンですが、こちらは「BHT」と記載されていることがあります。

酸化防止剤になっているので、化粧品の安定性を保つために配合されていますが、敏感肌の方には炎症を引き起こす可能性があります。

脂性肌によくない成分は?

次に、脂性肌の方によくない成分についてです。

脂性肌の方は日ごろから皮脂分泌が活発となっているため、ニキビができやすくなっていますよね。

普段から使用する洗顔、化粧水などの基礎化粧品を「アクネケア」と記載されているものを選択する方も多いはずです。

ニキビ

しかし、アクネケアと記載されている基礎化粧品の多くには、サリチル酸が配合されています。

サリチル酸には殺菌効果が期待できますが、市販されている化粧品に配合して良い濃度が定められています。

なぜなら、サリチル酸は防腐剤としても使用されていた肌に強い成分だからです。

ニキビができてしまっている肌状態は非常に不安定で、私たちが想像している以上にデリケートに扱ってあげなくてはいけません。

ニキビの原因でもあるアクネ菌の殺菌効果が期待できるからと、すでに炎症を引き起こしてしまっている肌状態に使用すると、ますます状態が悪化する恐れがあります。

サリチル酸は脂性肌に良い

このように考える方もいますが、一概にそうとは言い切れず、肌状態によってはサリチル酸は負担をかけてしまうということを覚えておいてもらいたいです。

脂性肌

自分の肌にとって良い成分と悪い成分をしっかりと見極めることができれば、化粧品によるトラブルは未然に防ぐことができます。

 

肌に悪い成分が気になっていた方は、是非この機会に自宅にある化粧品の成分表示を確認してみてくださいね!!

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

肌に悪い成分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • クエン酸の効果・効能とは?飲むサプリで健康促進や重曹掃除などの使い方

  • セラミドの効果とは?種類やサプリ・化粧品・食べ物の摂取方法をご紹介!

  • 市販のハイドロキノンを使って美白治療をしてみよう

  • 気になるプラセンタの効果はどうなの?種類や摂取方法は?

  • 鼻のテカリの原因は?防止法を知ってテカリ知らずな美肌へ!

  • 肌断食って何?ニキビや乾燥肌に効果あり?正しいやり方は?

人気記事

  • ダイエットにも効果的!わさびの美容効果とアレコレ

  • お尻や太もものセルライトがひどい!潰す?原因と除去法を伝授!

  • まぶたが下がるのは老化のせいじゃない?眼瞼下垂とは?

  • 食べ過ぎで便秘&吐き気があり苦しいときの対処法

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。