エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 合成界面活性剤とは?石鹸やシャンプーに配合されているけど毒性なの?

合成界面活性剤とは?石鹸やシャンプーに配合されているけど毒性なの?

界面活性剤

市販の化粧品に配合されている成分表示を見てみると、「合成界面活性剤」が配合されていることがあります。

合成界面活性剤について説明してくださいと言われても、よくわからない方がほとんどなのではないでしょうか。

なんとなく、合成界面活性剤は肌に悪いイメージがありますが、よくわからないので特に気にすることなく使用している方もたくさんいます。

今日は、そんな合成界面活性剤が私たちの肌にどのような影響を与えているのか、特徴や肌への役割について詳しくご紹介していきます!

合成界面活性剤とは?肌との関係性は?

界面活性剤には、「合成」と「天然」の2種類があります。

私たちはなんとなく、天然と合成があったら、天然の方が良い気がしてしまいますよね。

界面活性剤に関しては、合成よりも天然が優れているという常識は一致しません。

なぜなら、天然界面活性剤でカバーできないデメリットを改善するために、合成界面活性剤が開発されたからです。

確かに天然の界面活性剤は合成よりも作用が弱いため、体にかかる負担が小さいと思われがちです。

しかし、そもそも界面活性剤が化粧品やシャンプー、石鹸などに使われている大きな理由は、必要性があるからですよね。

界面活性剤

必要性があるのに、界面活性剤としての効果が低くなってしまうと、そもそもなぜ配合されているのかが分からなくなってしまいます。

合成界面活性剤は、界面活性剤が必要な商品に対し、最大限の効果を発揮するように人工的に作られた界面活性剤となります。

そこで、なぜ界面活性剤が化粧品に多く配合されているのか、肌との関係性を見てみると、さまざまなことがわかりました。

合成界面活性剤と派だとの関係性

例えば乳液やクリームといった化粧品は、成分の多くが水分で作られていることをご存知でしょうか。

必ず水分と油分の両方が配合されていますが、私たちが普段使っている乳液やクリームを見てみると、水と油がしっかりと馴染んでいるとは思いませんか?

水と油が分離してしまっている状態の乳液やクリームであれば、化粧品として正しく使用することができなくなってしまいます。

界面活性剤は、水と油を乳化させ、本来なら交うことのない2つの成分を馴染ませることができます。

つまり、化粧品に配合されている合成界面活性剤の大きな目的は、水と油を馴染ませることで使いやすくしているのです。

オールインワンジェル

さらに、合成界面活性剤には他にも多くの役割がありました。

合成界面活性剤の役割は?

洗浄作用

すべての商品ではありませんが、多くのシャンプーには合成界面活性剤が配合されています。
その理由は洗浄力を強くするためです。

もともとシャンプーは、頭皮や髪の毛に付着した汚れを取り除くためのものですよね。

シャンプーの洗浄力を強く安定化させるために、合成界面活性剤は使われています。

シャンプー

浸透力を助ける作用

衣料用洗剤にも、合成界面活性剤は含まれています。

衣料用洗剤に合成界面活性剤が必要な理由は、浸透作用に優れているからです。

洋服の繊維にしっかりと浸透しなければ、汚れを落とすことができません。

そこで、通常なら水分をはじいてしまう浸透しにくい繊維であっても、合成界面活性剤が配合されていれば、問題なく浸透させることができます。

洗剤

分散作用

合成界面活性剤には、均一に粒子を分散させることができる分散作用が期待できます。
この分散作用を期待する代表的なものが、日焼け止めになります。

日焼け止めは、均一に肌に塗らなくては日焼けをしっかりと防止することができません。

そこで、均一に日焼け止め成分を塗ることができるように、この合成界面活性剤の分散作用が役立ちます。

界面活性剤との違いは?

先程もご紹介したように、界面活性剤には天然と合成があるので、合成界面活性剤は、人工的に作られた界面活性剤を指します。

天然界面活性剤と合成界面活性剤の大きな違いは、天然と人工的に分けられるだけではなく、安定性と効果にも違いがあることがわかりました。

まず天然の界面活性剤は安定力に欠けています。

これは天然だからこそ当たり前のことなのですが、界面活性剤としての役割を果たすためには、不十分なこともあるのです。

例えば、化粧品に配合した天然界面活性剤がすぐ酸化してしまったら、肌には大きな悪影響を与えます。

しかし、人工的に作られた合成界面活性剤の場合、天然界面活性剤のデメリットを改善して作られているため、安定性に優れているのです。

さらに界面活性剤の特徴である洗浄力に関しても、合成界面活性剤の方が優れていることがわかります。

界面活性剤

合成界面活性剤は肌への負担が大きすぎると批判する方もいますが、天然界面活性剤ではしっかりと機能を果たせないこともあるため、逆に肌に負担がかかってしまうケースもあるのです。

合成界面活性剤の肌へのデメリットは?メリットは?

では続いて、合成界面活性剤の肌へのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

まずメリットになりますが、

・水分と油分を乳化させることにより、肌に均一に化粧品を塗ることができる。

・洗浄力に優れているので、メイク汚れなどをしっかりと落とすことができる。

この2つがとても大きいのではないでしょうか。

デメリット

・肌のバリア機能を破壊する可能性がある。
・肌の乾燥状態を悪化させてしまうことがある。

この2つが代表的です。

合成界面活性剤にも様々な種類がありますが、なかには肌のバリア機能を壊してしまうものがあるため、外的刺激に弱い肌を作り出してしまう可能性があります。

保護機能

もともと乾燥肌体質の方はバリア機能が低下している恐れがありますが、合成界面活性剤を使うことによって、さらにバリア機能が破壊されてしまうため、乾燥状態はますます悪化します。

これはすべての合成界面活性剤に共通していることではないので、極端に合成界面活性剤を怖がる必要はありませんが、このようなデメリットが存在する事は覚えておいた方が良いかもしれませんね。

肌に悪い合成界面活性剤の成分は?

数ある種類の合成界面活性剤の中で、特に肌への悪影響があると言われているのが、「ラウリル硫酸ナトリウム」になります。

ラウリル硫酸ナトリウムは、原料の価格が非常に安いため、基本的には高級化粧品に配合されている事はほぼありません。

コスパが良いと言われている「プチプラコスメ」によく配合されている成分となります。

ラウリル硫酸ナトリウム

なぜ合成界面活性剤の中でも特に肌への悪影響が重要視されているのかと言うと、分子が非常に細かいという特性があるからです。

分子の大きさがある程度大きければ、皮膚に浸透していく事はありません。

皮膚に浸透しなければ、肌への悪影響を避けることができますが、ラウリル硫酸ナトリウムの場合、粒子が細かいことから皮膚に浸透してしまう可能性があるのです。

もともと合成界面活性剤は肌にとても良い成分とは言えないので、必要性があるときに使う成分と考えられます。

肌への悪影響は?

必要性のない皮膚への浸透が可能になってしまうと、私たちの肌に炎症を引き起こすこともあります。

また、歯磨き粉にもラウリル硫酸ナトリウムが配合されていることがありますが、発がん性があるのではないかと懸念される声もあります。

赤み

厚生労働省は発がん性物質に関して否定していますが、実際のところはどのように影響するのか不透明なため、非常に怖いですよね。

あらゆることを想定しても、できるだけ使用したくない合成界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウムであるということを覚えておいてください。

シャンプーによく使われている合成界面活性剤

シャンプーによく使われている合成界面活性剤は、アミノ酸系の合成界面活性剤だと言われています。

以前は石油系の合成界面活性剤が目立ちましたが、刺激が強く、頭皮や髪の毛に良い影響を与えないため、最近ではアミノ酸系が使われるようになってきました。

アミノ酸系の合成界面活性剤の表記を見てみると、

  • ラウロイルサルコシンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • N-アシル-L-グルタミン酸ナトリウム
  • パーム脂肪酸グルタミン酸ナトリウム

代表的な成分がこのようになっています。

他にもいくつかの種類がありますが、シャンプーの成分表示を確認してみると、このいずれかが配合されているケースが多く見られました。

シャンプー

他の合成界面活性剤と比較してしまうと、洗浄力はそこまで優れていません。

なかには、石油系の合成界面活性剤が配合されているシャンプーと比較して、アミノ酸系の合成界面活性剤が使用されている商品は、泡立ちが悪いと感じる方もいるでしょう。

頭皮や髪の毛のことを考えると、決して悪い合成界面活性剤ではないので、泡立ちが気になる方は2度洗いするか、しっかりとお湯で汚れを流してから洗うようにするのがおすすめです。

石鹸によく使われている合成界面活性剤

石鹸によく使用されている合成界面活性剤を見てみると、アルカリ性と呼ばれている合成界面活性剤が使用されていることがわかりました。

なぜ石鹸にアルカリ性の合成界面活性剤が使われているのかと言うと、安全性にとても優れていて、肌への刺激も少ないからです。

アルカリ性の代表的な合成界面活性剤の種類を確認してみたところ、

  • カリ石鹸素地
  • ステアリン酸ナトリウム
  • ラウリン酸ナトリウム

このようになっています。

赤ちゃんが使用するベビーソープにも、こちらの合成界面活性剤は含まれていることがあります。

小さい子供でも使うことができることを考えると、それだけ私たちの肌にとって優しい成分であることがわかりますね。

合成界面活性剤は肌に悪いから使いたくないと思う方はたくさんいます。

もちろん必要性がないのであれば、できるだけ合成界面活性剤は使わないのが理想的ですよね。

しかし、むやみに合成界面活性剤を怖がってしまうと、結果的に肌に大きな負担をかけてしまうこともあるので、合成界面活性剤の正しい知識を身に付けておくことも大切です。

The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

界面活性剤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • アルガンオイルのおすすめメーカーは?ジョンマスター?無印?効果と使い方は?

  • 頭皮脂で髪の毛がベタつく・・不快な臭いの原因と解決法

  • 女性用育毛サプリランキング!薄毛・抜け毛に効くサプリを口コミで効果比較!

  • 更年期の抜け毛の原因と対策方法!薄毛が酷くなる前にすべきこと!

  • 女性のつむじの薄毛におすすめ育毛剤3選|頭頂部の薄毛改善方法

  • べたつかない育毛剤おすすめランキング【口コミあり】サラサラした育毛剤で薄毛対策!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。