女性の美容と癒しの総合マガジン

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか?
毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず処理しますよね。

またパートナーがいる方はかなり気にされている

ここでは、
アンダーヘアの自己処理をしないとどうなるのか
・アンダーヘアの自己処理方法
・アンダーヘアの自己処理の注意点

などについてご紹介していきます。

目次

アンダーヘアの自己処理の方法

上記でご紹介したメリットを得るためには、どのような自己処理ができるのでしょうか?

具体的な自己処理の方法をご紹介していきます。

カミソリを使用する

アンダーヘアを処理する際に、カミソリを使用している方もおおいのではないでしょうか?代表的な自己処理方法だと思います。

購入するとしても費用が安く、手軽に処理できる点が人気の秘密です。

カミソリ

しかし、カミソリは皮膚もそぎ落とされてしまうので、出血や乾燥、炎症などの症状が現れてしまいます。肌が弱い方や敏感肌の方は特にご注意ください。

シェーバーを使用する

シェーバーはアンダーヘアの自己処理には特におすすめです。

カミソリは肌にキズを付けてしまう可能性もありますが、シェーバーはそのような心配は必要ありません。刃が直接肌に触れないので安心です。

シェービング

女性用のシェーバーで優しく処理をしていきましょう。

毛抜きを使用する

毛抜きを使用して処理している方もいらっしゃいますが、毛抜きは時間がかかる上に、皮膚に悪影響も及ぼします。毛を抜いた部分の毛穴から、水分が蒸発し、乾燥してしまうこともあるのです。

毛抜き

また、VIOの部分は皮膚が敏感なため、強い痛みも生じます。

したがって、毛抜きを使用しての自己処理は方法のひとつではありますが、あまりおすすめできるものではありません。

家庭用脱毛器を使用する

ここまでご紹介した、アンダーヘアの自己処理の方法は、時間がかかったり肌に負担がかかったりするものが多くありました。

また、使っていくにつれ消耗してしまうというデメリットもありました。しかし、そんなデメリットを解消してくれるのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器

参考⇒家庭用脱毛器ランキングをもっと詳しく

自己処理の効率も上がり、安心して使用できるという特徴があります。

ヒートカッターを使用する

ヒートカッターについてご存知でしょうか?

ヒートカッターとは、金属の熱で毛をカットするものです。

ヒートカッター

ハサミで毛をカットすると毛先がとがってチクチクすることがありますが、ヒートカッターでカットした場合は、毛先が丸みを帯びるという特徴があります。カット後のチクチク感がないので、後で不快な思いをすることもありません。

除毛クリームを使用する

除毛クリームはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、毛を溶かすことによりムダ毛を処理する方法です。

臭いが気になる商品もありますが、徐々に香りが気にならない商品も増えているようです。

クリーム

参考⇒除毛クリームランキングをもっと詳しく

肌の弱い方は、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

アンダーヘアの自己処理の注意点

ここまで、アンダーヘアの自己処理の方法について解説してきました。参考になりましたでしょうか?

では、アンダーヘアの自己処理をする際に、どのような点に注意する必要があるのかについてご紹介していきます。肌トラブルを引き起こしやすい部位なので、以下の点に注意して自己処理をするようにしましょう。

肌への負担を減らす

アンダーヘアの自己処理において、特に気を付けて頂きたい点がこちらです。肌への負担を軽減するように心がけましょう。

毛抜きを使用したり、カミソリを使用したりすると、どうしても肌に負担がかかり、かゆみや炎症の原因となる可能性があります。

赤み

その処理の方法に、こだわりがなければ、シェーバーなどの肌への負担が小さいものを使用することをおすすめします。

衛生面に注意する

こちらもアンダーヘアの処理をする際には気を付けて頂きたい点になります。デリケートな部位なので、特に衛生面は注意が必要です。

ご自身が意図せずに、衛生的に良くない処理をしていることもあるからです。特に、浴室でカミソリを使用している場合は、カミソリが錆びたり、菌がついていたりするかもしれません。

潤い

使用後は必ず水分をふき取って、清潔な状態を保つようにしましょう。

アンダーヘアを自己処理するメリット

どのようなメリットがあるのか、ご紹介していきます。

アンダーヘアの処理には

清潔がある

臭いが気にならないようになる

かゆみ予防

などのメリットがあります。

アンダーヘア自己処理のリスク

ヒートカッター

ヒートカッターは熱を使用してムダ毛を処理するため、肌ギリギリまで処理することが出来ません。ヒートカッターで処理した場合、5ミリほどムダ毛が残ってしまうので触った感じはチクチクします。

ビキニライン

しかしこの問題を解消するためにヒートカッターを強く肌に当てつけたり、ヒート部分のカバーを外して利用したりすると火傷のリスクが高いです。
また、ヒートカッターは熱による商品の劣化や破損が起こることがあるため、耐久年数や使用上の注意はよく読んでから使用しましょう。

カミソリ

カミソリは手軽に手に入れることが出来る自己処理用具ですが、カミソリの肌への負担は大きいです。

特にアンダーヘアは部位的にもカミソリでは処理しにくい形状をしていて、毛も濃いのでしっかり剃ろうと思うと思わず力が入ってしまいやすいです。

炎症

カミソリは刃がむき出しになっているので処理の方法では出血させてしまう可能性があります。
出血を伴う傷をつけてしまうと、その後の傷の管理も難しく、衛生が保ちにくいです。

アンダーヘアーの部位は皮膚が薄く、些細な刺激で傷が出来やすいので目で出血が確認できなくても処理の方法には注意が必要です。

肌を傷つけてしまうと、体が身を守ろうとしてアンダーヘアがさらに濃くなってしまう恐れもあります。

シェーバー

シェーバーは自己処理の中では一番安全で肌に負担がかからない方法ですが、それでも肌の再表面を削ってしまうのは同じです。

電気シェーバー
シェーバーではカミソリと同じくらいしっかり深くまでそることが出来ますが、その分肌も削られているので繰り返して自己処理することでアンダーヘアの毛をさらに濃くしてしまったり、肌の黒ずみの原因になります。

シェーバーを使用するときも力を入れずぎず、優しく処理するように心がけましょう。

毛抜き

毛抜きでアンダーヘアを処理する場合はかなりの痛みが伴います。

毛が太い分、毛穴もしっかりしていて、毛抜きで抜くことで毛穴にかかる負担も大きいです。

毛穴が傷ついてしまうと、出血を伴ってかさぶたが出来たり、目では出血が確認できなくても毛穴が固くなり次に生えてくる毛が肌表面を通って来れなくなる埋没毛という症状が起こる可能性があります。

毛抜き
また、毛穴が炎症を起こすことでニキビのような状態の毛嚢炎を引き起こす恐れもあります。アンダーヘアの部分は肌が弱いため、手荒い自己処理方法はおすすめしません。

除毛クリーム

除毛クリームはそもそもアンダーヘアのような敏感な肌の部分には適していません。

除毛クリームは毛を溶かす程の強い成分が含まれているため、敏感な肌は炎症を起こしたり、熱感や赤みなどを引き起こしやすいです。

また、アンダーヘア部分は粘膜にも近いので、肌トラブルを避けるためにも多くの商品の注意書きに使用不可能と記載されています。

除毛クリーム

除毛クリームで毛を処理しても、結果的には2、3日後にまた再びアンダーヘアが生えてきてしまうので、高いリスクを背負ってまで除毛クリームを使用するメリットはないでしょう。
アンダーヘアに除毛クリームの使用は避けましょう。

アンダーヘアの自己処理と脱毛サロンを比較した際のメリット・デメリット

アンダーヘアの自己処理は、誰にも見られず自分が必要なときに自分の好きなタイミングで処理できるというメリットがあります。

自分で処理する分には誰にも見られないので恥ずかしい思いをすることもなく、自分の好きな方法で、自分の好きな形や毛の長さにシェービングすることが出来ます。

水着
細かい調節も自分の思い通りに出来るのがメリットです。

脱毛サロンで脱毛する場合、サロンに通わなければならないという手間と、施術の際に脱毛スタッフに見られてしまうという恥ずかしさがあります。

サロンに定期的に通うためには予約が必要で、予約はサロンの空き状況にもよってくるので、必ずしも自分の好きなタイミングで施術が出来るとは限りません。

来週海に行く予定になったからと言ってそれに合わせて脱毛に行けるとも限りません。
また、脱毛中は日焼けも厳禁なのでアウトドアのアクティビティに支障を及ぼすことがあります。

自己処理のデメリット

しかしアンダーヘア部分は自分では見にくい部分で、自己処理を失敗しやすい部位にもなります。
自己処理方法が上手くいかないと陰部を出血させてしまったり、肌荒れを起こすなど自分の体に傷をつけてしまうリスクも伴います。

サロンでアンダーヘアを処理する場合、プロの手によって施術してもらうことが出来るので安心して身を任せることが出来ます。

肌荒れ

自分で処理することに比べてそり残しが少ないのもサロンの脱毛です。
アンダーヘアの形や脱毛のプランなども相談しながら進めていけるというのもメリットです。自己処理とは違い、脱毛を進めていけばいずれは毛が薄くなっていくので、最終的にはムダ毛の悩みからも解消されます。

アンダーヘアのIラインの自己処理はみんなどうしている?

恰好は?

アンダーヘアのIライン処理方法は人によってばらつきがあります。入浴時に処理する人もいれば、自分の部屋で処理するという人、トイレで処理するという人まで様々です。

体の柔らかい人は座った状態で前かがみになり、利き手ではない方でそる部分の肌がしっかり見える状態にして剃っていきます。

Iライン
体が硬い人特に自分では見にくい部分になるので、小さい手鏡などを利用して剃っています。

Oラインに近いところまでしっかりと毛が生えているという人は、立った状態で片足を浴槽の淵や椅子などに上げて、鏡を利用して剃っています。

頻度は?

Iラインの毛は毛が太く、伸びるのも早いので、常に毛がない状態を保ちたい人は、2から3日に1回の頻度で剃る必要があります。
特別ツルツルの状態にしていなくても、毛が長くなりすぎないように気が向いたときに剃るという人も多いです。

水着
また、プールや海水浴、デートの前など、特別なイベントの前に剃るという人も多いです。

整え方やその後のケアは?

アンダーヘアの整え方は様々です。
毛が長くなりすぎないように長さだけを整える人や、Vラインにあたる前側の毛の形を整える人、全て毛がない状態にする人がいます。

Vラインの形は形を小さくしたり、角がなくなるように丸く見えるようにしたり、ハート型にするという遊び心のある人もいます。

Iラインは幅を狭くしたり、Vラインだけ残してIラインは完全に毛がない状態にするという人もいます。

Iラインのアンダーヘアを1度無くすと、その快適さからやみつきになる人が多いです。

アンダーヘアを整えた後は、化粧水や保湿クリームなどで保湿をキープするのが望ましいです。粘膜部分にも近いため、肌への刺激の弱い商品を選択するようにしましょう。

参考⇒Iライン脱毛について詳しく

アンダーヘアのOラインの自己処理はみんなどうしている?

恰好は?

OラインはIラインよりもさらに自分では見にくい位置なので、自己処理するにはテクニックが必要です。立った状態で全身鏡など固定できる鏡を利用して、利き手でシェーバーやカミソリを持ち、非利き手でおしりを開くようにします。

Oラインの周囲の毛は触って確認することもできるので、剃った後は手で触ってそり残しがないかどうかを確認します。

Oライン

Oライン周囲は衛生的にも配慮が必要な部位なので、処理後は自分の手やシェーバー、カミソリの刃を洗浄、アルコール除菌しましょう。

頻度は?

Oラインの毛はIラインの毛と同様で毛が強いので、常に毛がない状態を目指そうと思うと2、3日に1回はケアしなければならないことになります。

OラインはIラインやVラインよりも気にならない人が多いので、明らかに手で触れるくらい毛が長くなったらケアするという人もいます。

整え方やその後のケアは?

Oラインのまわりは皮膚が薄いため、整えるときは肌を傷つけないように十分に注意する必要があります。

特に肛門に近い部分は肌が滑らかになっていないため、カミソリでの処理は肌を傷つけてしまう恐れがあります。出来れば電気シェーバーで肌に刃を肌に押し付けすぎないように優しくケアしましょう。

シェービング後は保湿が望ましいです。Iライン同様低刺激のスキンケア用品を利用して、保湿を心がけましょう。

参考⇒女性のOライン脱毛について詳しく

アンダーヘアの臭いを解消する方法にはどんなセルフケア?

アンダーヘア部分の臭いの原因は主に雑菌です。
デリケートゾーンは尿や汗、経血などで雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

汗には脂肪やアンモニアなどの臭いを発生する成分が含まれています。

臭い

特に強い臭いを発生させるアポクリン腺という汗腺がデリケートゾーンには多くあり、他の部分よりも臭いが発生しやすいのはこのためです。

さらに女性はおりものが定期的に分泌されていて、おりものに含まれるたんぱく質は雑菌類のえさとなります。

おりものは女性ホルモンのバランスによって分泌量が変化し、おりものの状態で雑菌がより繁殖しやすく、デリケートゾーンの臭いに繋がりやすいです。

雑菌類はさらに衣類で守られており、高温多湿な状態になることが多いです。この環境がさらに雑菌の繁殖を助けてしまうのです。

雑菌

アンダーヘア部分の臭いを解消するためには、なるべく雑菌を繁殖させない事が大切です。アンダーヘアをケアして、量を減らしたり、無くすことでデリケートゾーンがむれにくく、雑菌が繁殖しにくい環境になります。

また、おりものの量や状態はホルモンバランスによっても左右します。規則正しい食生活や睡眠リズムでホルモンバランスを整えることで、おりものの量や状態もコントロールすることが出来るので、普段の生活リズムから整えていきましょう。

アンダーヘアの肌トラブルを解消するにはどんなセルフケア?

アンダーヘアの肌トラブルを解消するためには、まずシェービングで肌に優しいカミソリやシェーバーを利用することが大切です。

シェービングのときが一番肌に負担をかけやすいので、切れ味の良い刃を利用して、肌に押し付けるようにシェービングするのではなく、手に力を入れすぎず優しく丁寧にシェービングすることが大切です。
カミソリやシェーバーも、アンダーヘアのサイズに合った小さいものを利用すると便利です。

カミソリを使用する場合は、ソープを使用することをおすすめしますが、デリケートゾーンに普通のソープを利用するのは刺激が強すぎます。

デリケートゾーンには外部の最近からデリケートゾーンを守る常在菌が存在しますが、普通のソープでその常在菌まで洗い流してしまうと外部の最近から身を守る力が弱くなり、さらにおりものの量が増えるなどの悪循環を繰り返すことがあります。

ボディーソープ

 

デリケートゾーンにはデリケートゾーン用の低刺激なソープを利用しましょう。
また、はさみを利用する場合は先のとがったハサミではなく、先の丸まったハサミを利用して肌を傷つけないようにしましょう。

利き手で毛を挟んで、手で挟んだ根本を少しづつカットしていくと整えることが出来ます。 目で見にくい部分は特に肌まで切ってしまわないように注意をしましょう。

肌トラブルが起こった場合は、炎症や症状がおさまるまではアンダーヘアのケアを中止して、症状に合った適切なケアが必要です。

赤みや腫れがある場合は、タオルで巻いた保冷剤などで冷やして炎症を抑えます。

保冷剤
また、乾燥によるかゆみを感じる場合は化粧水や保湿液などで肌の保湿を心がけましょう。
湿疹等が発生した場合は、軽いものであれば薬局で販売している軟膏等を塗って様子を見て見ましょう。

もちろん症状がひどい場合や、セルフケアで改善が見られない場合はさらに悪化する前に皮膚科など専門の機関で診察してもらいましょう。

アンダーヘアを柔らかくするにはどんなセルフケア?

アンダーヘアを柔らかくするためには、まず肌ケアが基本です。
アンダーヘアは陰部を守る役割を果たしているので、アンダーヘア部分の肌にストレスがかかると余計に太くなる傾向があります。デリケートゾーンのケアをすることで、アンダーヘアが太く、硬くなるのを予防することもできます。

脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を受ければ、回数を重ねるごとに毛は薄く、細くなっていきます。

脱毛サロン
脱毛サロンでは特にアンダーヘアのような太い毛はゆっくり細くなっていくので、完全にアンダーヘアを無くしたくないという人は脱毛サロンで回数を重ねて自分の好きな細さや量にコントロールしましょう。

また、アンダーヘアを柔らかくするクリームなどもありますので、それを使うという方法も試してみるのも良いでしょう。

アンダーヘアの自己処理よりも脱毛がおすすめ

ここまで、アンダーヘアの自己処理について詳しく解説してきました。

アンダーヘアのムダ毛をどうにかしたい方に一番おすすめなのは脱毛サロンやクリニックに通うことです。時間や費用が必要になりますが、脱毛が終わると、自己処理の手間がなくなります。

つまり自己処理が原因の肌トラブルに悩むこともなくなるのです。

最近の脱毛器は痛みも感じないように進化しているので、安心して始めることができます。

サロンやクリニックでの脱毛も考えてみてはいかがでしょうか?

vio脱毛の痛み

VIO脱毛が痛い理由と痛くない脱毛方法|医療レーザーの痛みをなくすには?

可愛い水着や下着を楽しむために、VIO脱毛をする女性が増えています。 ただ、デリケートゾーンの脱毛になるため、…

コメントなし
vio脱毛効果の回数

VIO脱毛の回数は何回必要?ハイジニーナ脱毛の効果が出るまで回数は?

VIO脱毛はきれいになるまでの脱毛回数が他の部位よりも多いと言われています。 ただ、どれくらいの脱毛回数で効果…

コメントなし
水着

VIOの黒ずみの原因とは?デリケートゾーンの黒ずみにはニベアのクリーム?

デリケートゾーンは黒ずみができやすい部位の一つです。 クリームなどでケアをすることもできますが、ここでは ・V…

コメントなし

VIO脱毛は恥ずかしい?アンダーヘア脱毛が恥ずかしい体勢や服装

VIO脱毛をする女性が増えていますが、その一方でVIO脱毛は恥ずかしいのではないかと心配している方も多いと思い…

コメントなし
全身脱毛の痛み

全身の光脱毛の痛みはどう?脱毛器は痛いの?

光脱毛や、医療脱欧をした人の口コミを見ると「痛かった」という方も多いです。一方、「全く痛みはなかった」という方…

コメントなし
脱毛トラブル

脱毛サロン・医療脱毛クリニックのトラブルとは?エステでの光脱毛の被害

女性だけでなく、男性の人気も上がっている脱毛。 ただ、脱毛サロンやクリニックでの脱毛にはトラブルのリスクもあり…

コメントなし
ミュゼのVライン脱毛について

ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼは両わき+Vラインで100円という破格の料金プランを打ち出しました。 そんな激安プランに含まれているVラ…

コメントなし
VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

目次キレイモのVIO脱毛とは?キレイモの全身脱毛プランでVIO脱毛もできる?料金は全身料金?キレイモのVIO脱…

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています…

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ…

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い…

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です