エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 化粧品
  4. 日焼け止めの選び方!パウダーなどの種類や紫外線が多い場所は?

日焼け止めの選び方!パウダーなどの種類や紫外線が多い場所は?

紫外線対策

一年中やっぱり綺麗でいたい!
なるべく老化したくない!

女性なら誰しもがそう思うものではないでしょうか?

いつまでも若々しくいたいけど…何を一番気をつけたらいいの?

それは紫外線対策なんです。

紫外線の落とし穴とは?

「え、でも日焼け止めを使ったUVケアは夏にするもの…」なんて思っていませんか?

実は一年中必要なんです。

紫外線は春夏秋冬、曇った日でも雨の日でも存在しています。

UVケア

しっかり紫外線対策しながら美容成分や美肌効果も大切にしたあなたにぴったりの日焼け止めを選んで行きましょう♪
日焼け止めを拘って選ぶことが、アンチエイジングへの一番の近道なんです!

紫外線とは?

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。
紫外線は、その中で最も波長の短い光なんです。

紫外線

紫外線を浴びると、すぐに肌が黒くなる人と黒くならずに赤くなるタイプの人がいますよね。

また日本人に比較的多いのが赤くなってから黒くなるというタイプです。
このように日焼けは個人差があり、肌によって合う日焼け止めも合わない日焼け止めも出てくるのが普通です。

たくさん塗ってるのにあまり効果が出ない…肌が荒れてしまった…など、紫外線対策は自分の肌やその日の行動パターン、お天気によって変えてみるなどの工夫が必要になってきます。

紫外線で気を付けるべき場所

まずは紫外線とはどんなものなのか、特にどんな場所で気をつけた方が良いのかを簡潔にまとめてみました♪

夏の海紫外線は赤道に近いほど強くなってくるという特徴があり、それに従い場所によって紫外線の量も差が出てきます。

水の中

中でも水の中は紫外線を90%も浸透させてしまうんです。

水の中だから安心!

紫外線

なんて思っていたら大変なことに…特に夏は紫外線も強くなり、レジャーで海に行く機会も増えてくるので、しっかり紫外線対策をしていきましょう。

日焼け止めを塗って終わり!ではなく、日傘や防止、サングラスなどで全身の紫外線対策を意識しながら夏の海を楽しんでくださいね。

冬の雪山

え?冬も紫外線対策って必要なの!?と思った方もいるかもしれませんね。

実は冬の雪山は紫外線をたっぷり浴びてしまう場所なんです。
真っ白な新雪では雪と紫外線が反射し、人間の体に紫外線を約80%も浴びせてしまうので、注意しましょう。

スノボー

楽しいスノーボードやスキーも、帰ってきたら一気にシミが増えて老け込んでしまった…なんてことにならないようにしっかり強めの紫外線対策をして行きましょう。

車の中

車の中ってなんだか安心…なんて思っていませんか?

もちろん今の時代なので車の窓には紫外線をブロックしてくれるような素材も出てきています。ですが、だからと言って100%守ってくれる訳ではありません。

車種が古めで窓に何の加工もされていなければ紫外線ももろに浴びてしまうことになります。

車だから平気…という考えはとても危険です。

車

気づかないうちに手や顔がしわしわになってしまったり、シミができたりしてしまう前に、車での外出時もしっかり紫外線対策をしておきましょう。

紫外線の対策方法とは?

紫外線が危険なのはわかったけど…紫外線対策に最適な日焼け止めが分からない!

そんな方も多いのではないでしょうか。
昨今は様々な日焼け止めが売られるようになったので、それ故どの日焼け止めが一番良いのかというところがかなりわかりづらくなっているのも事実です。

UV-A

よく目にするは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波の防止効果を表す目安の数値なんですよ。

日焼け止めやファンデーションに表示してある+の多さがUV-Aに対する効果の高さなんですね。++++、+++、++、+の4段階があります。

ファンデーション

日焼け止めの種類とは?

日焼け止めの種類をわかりやすく分けてみました!

自分の肌や生活スタイルに合った日焼け止めをチョイスしていきましょう

パウダータイプ日焼け止め独特の質感が嫌という方

普段のメイクに気軽に取り入れられるパウダータイプがおすすめです。

今はファンデーションにPAが入っているので日によって使い分けてみるのもいいかもしれません。ただしこまめに塗り直す方がベターでしょう。

パウダー

スプレータイプ手で日焼け止めを塗ってしまうとムラができてしまってちょっと不安

今流行のスプレータイプがおすすめです。
気軽に、手を汚さずに塗れて、比較的さっぱりしているのが人気の理由です。
ただし塗り忘れがわかりにくいので、スプレーをする時はしっかり鏡を見ながら丁寧にトライしてみてくださいね。

スプレー

ローションタイプ敏感肌や乾燥肌の方

しっとり感のあるローションタイプの日焼け止めがおすすめです。
こちらは市販の日焼け止めでとても多い種類ですよね。
日焼け止めだけでなく美容成分も入っていたり、乾燥対策や化粧下地にも最適です。
ただし油分が多めなのでこまめにパウダーファンデーションをのせるのがポイントです。

化粧品

シートタイプ

いつでもどこでもさっと塗ることの出来るシートタイプは、レジャーの際や夏にはとても便利です。
普段の日焼け止めだと塗ることが難しい首なども気軽に塗ることができるのが特徴です。

ただしシートタイプの日焼け止めは効果が少なめのものが多いので、こまめに使うのがおすすめです。

いかがでしたか?
紫外線は私たちに一年中ふりかかっています。

知らず知らずの間に蓄積されたお肌への負担が、1年、5年…と時間が経過するうちに「老化」として現れてきます。
「あの時ちゃんと紫外線対策しとけばよかった…」

そんなことにならないよう、今からでもしっかり紫外線からお肌を守り抜きましょう!

自分に合った日焼け止めをしっかり丁寧に選ぶことで、より対策しやすい状況を作ってみて下さいね♪

アンチエイジングへの近道は、自分に合った日焼け止めを選ぶことから始まりますよ。

The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

紫外線対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • LUSH(ラッシュ)のみつばちマーチの使い方や成分・特徴は?洗顔にも使える?

  • シミに効く美白化粧水ランキング!口コミ人気の高いプチプラ商品

  • ハーブティー界の救世主!ルイボスティーのエイジング効果がスゴい

  • シミ予防には美白成分を!種類とハイドロキノン、アルブチンなどの特徴!

  • 美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

  • フジコ眉ティントの口コミや使い方!こんな人には向いている!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 赤ニキビの原因や白ニキビの違い!即効で治す方法は皮膚科?

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。