女性の美容と癒しの総合マガジン

VIO脱毛は恥ずかしい?アンダーヘア脱毛が恥ずかしい体勢や服装

VIO脱毛をする女性が増えていますが、その一方でVIO脱毛は恥ずかしいのではないかと心配している方も多いと思います。

ここでは、

・VIO脱毛は恥ずかしいのか
・VIO脱毛をサロンやクリニックで行う時の姿勢や服装
・VIO脱毛前の自己処理

などについてご紹介していきます。

目次

VIO脱毛は恥ずかしいと思う女性が多い

VIO脱毛は恥ずかしい

VIO脱毛をするのが恥ずかしいと思っている人が多いです。

恥ずかしいと思う主な理由として

・VIOの毛をすべて脱毛すると思っている
・脱毛後にキレイになった毛を見られるのが恥ずかしい
・VIO脱毛でデリケートゾーンの臭いが恥ずかしい
・脱毛中に濡れるのが恥ずかしい

といったことです。

VIOの毛をすべて脱毛するわけではない

それはVIO脱毛後のデリケートゾーンの毛の状態がどうなるのか気になってしまうからです。

VIO脱毛というのはアンダーヘアの脱毛ということは、ご存知の方も多いでしょう。
ただ、VIO脱毛はアンダーヘアを全て脱毛するものだと思っている人がいます。

VIO脱毛というのはアンダーヘアを全て無くすと思っているため、恥ずかしいのではないかという思いが出てしまうのでしょう。
日本人女性は特にアンダーヘアというのは生えているのが当然の部分なので、それが全て無くなると思うと恥ずかしくなってしまいますよね。

しかし、VIO脱毛は、全ての毛の処理ではなく、部分的な毛の処理になります。
そのため、全ての毛が無くなるから恥ずかしいといった考えはもたなくても大丈夫です。

脱毛後の毛を見られるのが恥ずかしい

もう1つ恥ずかしいと思うのは、脱毛をした後のデリケートゾーンの毛の形です。脱毛をすると形がキレイに整います。
脱毛後に、キレイになったアンダーヘアを見られるのが恥ずかしいと思う女性は多いです。

多くの方は自然なアンダーヘアになっているため、そこまで目立ちません。
ただ、脱毛をすると良い意味でキレイに整うため、恥ずかしいといった意見が出てきます。

しかし、デリケートゾーンの毛が整うことで自信につながるとい女性もいます。

毛深いと特に恥ずかしい

vioは毛深いと恥ずかしい

先ほど紹介したのは脱毛後のアンダーヘアの状態を考えた時に恥ずかしいという意見です。
そうではなく、VIO脱毛をしてもらうこと自体が恥ずかしいと思っている女性もいます。

VIO脱毛をするということは、アンダーヘアの毛を見られるということになります。
そのため、毛深い人は、デリケートゾーンの毛をスタッフに見られるのも恥ずかしいと思うのものです。
たしかにスタッフに見られるのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、脱毛をせずに毛深いアンダーヘアをパートナーに見られることにも恥ずかしさを感じてしまいますよね。

アンダーヘアの脱毛に関していえることは、スタッフは今までに何十人もの人のアンダーへアを見てきているということです。

VIO脱毛をする人の多くが、毛がはみ出している、毛の量が多い、毛が濃いといった悩みを解決してほしくて脱毛しています。そのため、多くのそういった方のアンダーヘアを見慣れているため、皆さんが思っているより何も思っていないことがほとんどです。

スタッフに見られるのが恥ずかしいと思っている人の意見も口コミなどで見られますが、そこは割り切って、キレイになるためにするものと思うと良いでしょう。

VIO脱毛でデリケートゾーンの臭いが恥ずかしい

デリケートゾーンの臭いを気にしてなかなkVIO脱毛に進めない人も多いですが、デリケートゾーンは正常な状態でもある程度は臭いがあります。
反対に全く無臭という人はほとんどいません。

スタッフがマスクをしていても臭いは隠すことが出来ませんが、スタッフも慣れているので仕方がないこととして受けとめてくれます。
しかし十分にシャワーを浴びていなかったり、不衛生な状態のまま施術に向かうのはマナー違反です。
出来るだけ清潔な状態を保って脱毛に出かけるようにしましょう。

VIO脱毛が進んでいけば、デリケートゾーンの衛生面も改善され、臭いが改善することもあります。

脱毛中に濡れるのが恥ずかしい

デリケートゾーンは性的な興奮状態で濡れた状態になるだけでなく、おりものが分泌されて濡れた状態に感じられる場合もあります。

性的興奮で濡れる場合の膣分泌液は、無色透明で粘性のある液体です。
VIO脱毛中にこの膣分泌液が分泌されるのを心配する人もいますが、多くの場合脱毛施術時の痛みが勝つのですごく濡れたという状態になることは少ないです。

一方、おりものは細菌の繁殖を防ぐ働きをしていて、正常な状態で常に分泌されています。

どちらも女性が生殖機能を守るために働く自然の能力で、そもそも問題ではありません。
また、スタッフはどちらが原因で濡れた状態になっているのかも分かりません。

脱毛の前にはしっかりと拭き取ってケアしておけば、スタッフも気にせず対応してくれます。

それでも気になる人は、ジェルを使用する脱毛サロンなどに行けばジェルで濡れているのか分泌液で濡れているのかさらに分かりにくくなります。

Iラインを触られることもある?

VIO脱毛では際どい部分に触れられるのではと心配する人もいますが、Iラインをしっかり手で触られることはほとんどありません。

Iラインにあたるのは基本的に脱毛器のヘッドのみです。
粘膜ギリギリを目指して脱毛してくれる脱毛サロンが多いので、境界線のギリギリまでヘッドがあたると予測していても手で触られるのとは全く感覚が違うので心配ありません。

特に粘膜ギリギリを照射しているときは、痛みの方が気になるという人が多いのが実際のところです。

参考⇒アンダーヘアの自己処理方法について詳しく

VIO脱毛のサロンクリニックでの姿勢や服装は?

VIO脱毛の姿勢について

VIO脱毛の姿勢

VIO脱毛をするってことはアンダー部分を見られることになります。

しかし、そこまで心配する必要はありません。基本的には仰向けの体勢で行いますが、股を開いて全体が見られることはありません。

紙パンツをはいて少しずつずらしながら脱毛をしていくところが多いです。

Vライン

Vラインは天井を向いてあお向けに寝た姿勢で処理することが多いです。
ガウンやタオルを下半身だけ露出して、紙パンツやショーツを必要な個所だけずらします。
場合によっては、サージカルテープなどでショーツが元に戻らないように止めることもあります。

上向きの姿勢はそれほど恥ずかしいと感じることはなく、Vラインは割れ目からも遠いので比較的スムーズに脱毛することが出来ます。

Iライン

Iラインを処理する際の姿勢は脱毛サロンによってばらつきがあります。
片足を大きく肩幅程度に開いて施術する場合や、片足をあぐらをかく方向に開く場合もあります。
姿勢を決めてから紙パンツやショーツをずらして施術していきます。

Iラインの施術は割れ目から近いので少し緊張しますが、割れ目を直接露出することはないので大丈夫です。

Oライン

Oラインの施術方法も2通りあります。
下向きのうつ伏せ状態になって足を開いて施術する場合と、横向きに寝た状態で施術する場合があります。

どちらの方法も施術スタッフが手でおしりのお肉を開いた状態で照射していきます。

Oラインも恥ずかしさはありますが、施術しているのが直接視界に入って来ないのでIラインの施術時よりは恥ずかしさのハードルが低いです。

VIO脱毛の服装について

多くのサロンではエステガウンを着て、全身は隠して、照射をする部分だけ見えるようにします。

Vラインだけの脱毛であれば、その細い部分しか見えないようになるため、そんなに恥ずかしさを感じることはありません。

サロンやクリニックによって上半身は着替えずそのままで、下半身だけ紙パンツを履くということもあります。
その場合、足は寒くなってしまうため、タオル等をかけてくれるところがほとんどです。

紙パンツを履く場合は、前はとても小さくなっていて、後ろだけ全て見えるような感じです。
ヒモパンの下着をイメージしてください。

どんな場合であっても、アンダーヘア全体が見えるような服装や姿勢にはなりません。
特にエステサロンの場合は、接客を重視しているのでそのあたりはサービスが充実しています。

参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら

VIO脱毛前の自己処理はどこまでやる?

VIO脱毛の自己処理が必要な理由

VIO脱毛の自己処理

事前の自己処理は脱毛したい部分をシェーバーでシェービングします。
カミソリを使う場合は、クリームなどをつけて肌を傷つけないように剃っていきます。

VIO脱毛の施術をしてもらう時は、施術前に自己処理をしてきてくださいと言われます。
多くの方が、脱毛の施術はお店に行って脱毛マシンを当ててもらうものと考えています。
確かにそれは間違いではないのですが、脱毛効果を最大限に高めるためには、脱毛したい部分を事前に処理(自己処理)していくことが大切です。

脱毛の機械というのは黒いメラニンに反応して脱毛をしていきます。
機械のパワーを一点に集めるためには、脱毛したい部分の毛を出来るだけ処理することが必要です。

事前処理ってそこまで重要と思っていない人が多いですが、事前処理範囲=脱毛範囲となるため、怠ってはいけません。
事前処理はどこを脱毛したいのか、どこの毛を無くしたいのかに合わせて、その部分の毛をシェービングしていきましょう。

自前処理を忘れて何もしない状態でいくと、ほとんどのお店で当日の脱毛は受けることは出来ません。
したがって、どこで脱毛をするにしても施術前は事前処理してきてくださいと案内があるのです。

参考⇒VIOの自己処理はどこまで?

自己処理をしないとどうなる?

サロンやクリニックよっては「剃り残し」に対してシェービングサービスをしてくれるところもあります。
それはあくまで剃り残しに対するものです。自己処理を忘れた人の対応はしてくれない場合がほとんどです。

どうして自分で自前処理をしてこなければならないのか、それはお店の施術時間に関係してきます。脱毛のお店を利用する人はどんどん増えてきています。
脱毛のお店でしてもらいたいこと、脱毛のお店でしか出来ないことというのは、脱毛器を施術部位に当てることになります。

多くの人その施術を受けてもらいたいため、自分で出来ることはしてきてほしいということなのです。
それが予約の取りやすさにつながります。

忘れた人の対応が出来ないのは、それによって他の人の施術時間に影響してくるからです。
ほとんどのお店は1人あたりの時間はそこまで多くとっていない場合が多いため、調整は難しいということになります。

当日はのVIO脱毛の流れや施術方法

VIO脱毛の流れ

どんな流れで当日施術を行っていくか順をおって説明していきます。

  1. 個室で着替え
  2. 準備ができ次第スタッフに声掛け
  3. 施術ベッドへ
  4. 脱毛前にジェルを塗る
  5. VIOの施術開始
  6. 着替え

①個室で着替え

基本的には個室になっており、そこで先ほど紹介した服装(ガウンや紙パンツ)に着替えをします。
個室空間になっているため恥ずかしさは軽減できます。

②準備ができ次第スタッフに声掛け

スタッフから声かけがあるか、もしくはベルなどを押して、準備ができたことをお知らせします。
だいたい5分くらいしたらスタッフから声かけがあります。

③施術ベッドへ

ベッドに仰向けになり、目かくしをするためにタオルなどが渡されます。
美容院で髪を洗ってもらう時と同様なイメージです。

そこからスタッフが脱毛する部位の確認と、その部分の事前処理が出来ているか確認をします。
剃り残しがあれば、スタッフが対応してくれます。

④施術部位にジェルを塗る

多くのお店では脱毛効果を出す意味と、痛みを緩和するという意味で脱毛部位にジェルを塗っていきます。このジェルは少しひやっとします。

お店によってはジェルを塗らないサロンやクリニックもあります。

⑤VIOの施術開始

脱毛をしたい部位に機械を当てていきます。
痛みも感じることもありますが、リラックスして受けていきましょう。

⑥施術が終わればジェルの拭き取り

施術が終わるとジェルをふき取ってもらうことができます。
そしてさらにアフターケアのクリームを塗ってくれるため、痛みも少し和らぎます。

⑦最後は着替え

施術が終われば、スタッフは退出するため、後は着替えて終わりです。
もし抜き残しや気持ち悪い部分があれば、ウェットティッシュなどが用意されているので、それでキレイにできます。

施術時間について

施術時間には個人差がありますが、目安として15分と考えておくと良いでしょう。

脱毛の初回は長い可能性もあります。
しかし回数をこなしていくと、照射範囲も減ってくるため時間も減ってきます。

部位によっても施術時間は少し変わってきます。

・Vライン 10分から15分
・Iライン 5分から10分
・Oライン 5分

それぞれの部位を別々に脱毛していき、全ての部位が見られている状態ではないため、安心してください。

脱毛スタッフとしてはVIO脱毛で何を感じているの?

脱毛スタッフは1日に何十人、1カ月で何百人の人を施術しています。
恥ずかしさが見てて伝わってくる人も中にはいますが、スタッフはそこまで気にしていません。

元々毛深い人ほど恥ずかしいと感じる人が多いようですが、スタッフの本音としては、
「毛深いお客様ほど、脱毛しがいがあります。」
「ムダ毛で悩んでいたんだなと思うと、キレイになって前向きになってほしいと思います。」
「以外と大変な仕事なので、仕事中の特に施術中は施術に集中してあまり何も考えていません。」
という意見が多かったです。

医療脱毛は永久脱毛の効果があるの?

医療脱毛の永久脱毛効果

参考⇒永久脱毛とは?

VIO脱毛のことを調べていると、永久脱毛という言葉をよく目にすると思います。
えっ、逆に脱毛って種類によって永久脱毛ではなのと思った女性もいるかもしれません。

脱毛は実は永久脱毛とそうではないものがあります。

脱毛クリニックで行う医療脱毛であれば永久脱毛は可能になります。

一方脱毛サロンの光脱毛は脱毛をすることは可能ですが、永久脱毛することは出来ないので覚えておいてください。

どうして永久脱毛できるものとできないものがあるのか、解説していきましょう。

脱毛クリニックの医療脱毛

毛の生える元となっている毛根組織を破壊するものです。毛根を破壊していくため、毛が生えてこないようにする効果を期待できます。

脱毛サロンの光脱毛

毛根組織の毛が生えてくる力を抑制する医療脱毛クリニックでは毛根組織自体を破壊して、毛の生える元がなくなるため、永久脱毛をすることができます。

ただ、毛根組織を破壊するほどの力が機械から出ることになるため、肌が受けるダメージも強くなり、痛みも出やすいというデメリットがあります。

永久脱毛ではない脱毛サロンの光脱毛の場合は、脱毛が完了してからの持続期間は約5年間と言われています。5年経過以降は個人差がありますが、毛が生えてきてしまうことが多いです。

医療脱毛と脱毛サロンのどっちが良い?

医療脱毛と脱毛サロンのどちらが良いのかはよく考える必要があります。

痛みはあってもいいが、効果の出やすい医療脱毛をして永久脱毛をするのもいいです。

永久脱毛は出来なくてもある程度キレイになって、痛みが少なくて受けられる光脱毛にするのもおすすめです。

ご自身に合う脱毛方法を選びましょう。

参考⇒脱毛サロンと医療脱毛の違い

VIO脱毛の恥ずかしい思いをした方の体験まとめ

・元々かなり毛深くて、VIO脱毛をするときにもかなりどきどきしました。
勇気を振り絞ってVIO脱毛に進んだのですが、脱毛回数を増やして契約させたかったのか施術中に、
「少し毛深いので脱毛回数の追加をおすすめします。」と言われてしまいました。
自分でも毛深いのはわかってはいるのですが、少し複雑な気持ちにさせられました。

・毛量を全体的に減らすので最初の数回は全剃りがおすすめと言われて全剃りしました。
 その次の週に友達と銭湯に行くことになって、深い仲の友達でも割れ目が見えてしまわないかと思うとやっぱり少し恥ずかしかったです。

・私は衛生面も考慮して完全に毛がない状態にしたいのですが、カウンセリングで「毛がない状態にしたいです。」と伝えるのはかなり恥ずかしかったです。
 スタッフの方は慣れているので特別なことではないと思いますが、毛がない状態と伝えるのに抵抗感を感じました。
 スタッフの対応が親切だったので救われましたが、伝えるときは緊張しました。

・今は脱毛サロンに通っていますが、元々シェーバーでの自己処理を繰り返していたためデリケートゾーンが黒ずんでいます。
 スタッフの方も黒ずみを評価して、初めは低い出力から始めますと言ってくれたのですが、施術の際痛みを感じてクーリングも少し長めにしてもらいました。
 他の人より黒ずんでいるのかと思うと恥ずかしい気持ちでした。

・毛深いのが若い頃からの悩みで、全身脱毛をついに申し込みました。
 前回1回目の脱毛だったのですが、Oラインにもフサフサと毛が生えているのでとても恥ずかしかったです。
 シェービングも含まれているということと、自分で処理するリスクも心配で自己処理していかなかったのですが、初めの数回は自己処理すればよかったと後悔しました。

参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら
参考⇒全身脱毛のランキングはこちら
参考⇒家庭用脱毛器ランキングはこちら
参考⇒医療脱毛のおすすめランキングはこちら

vio脱毛の痛み

VIO脱毛が痛い理由と痛くない脱毛方法|医療レーザーの痛みをなくすには?

可愛い水着や下着を楽しむために、VIO脱毛をする女性が増えています。 ただ、デリケートゾーンの脱毛になるため、…

コメントなし
vio脱毛効果の回数

VIO脱毛の回数は何回必要?ハイジニーナ脱毛の効果が出るまで回数は?

VIO脱毛はきれいになるまでの脱毛回数が他の部位よりも多いと言われています。 ただ、どれくらいの脱毛回数で効果…

コメントなし
水着

VIOの黒ずみの原因とは?デリケートゾーンの黒ずみにはニベアのクリーム?

デリケートゾーンは黒ずみができやすい部位の一つです。 クリームなどでケアをすることもできますが、ここでは ・V…

コメントなし
全身脱毛の痛み

全身の光脱毛の痛みはどう?脱毛器は痛いの?

光脱毛や、医療脱欧をした人の口コミを見ると「痛かった」という方も多いです。一方、「全く痛みはなかった」という方…

コメントなし
脱毛トラブル

脱毛サロン・医療脱毛クリニックのトラブルとは?エステでの光脱毛の被害

女性だけでなく、男性の人気も上がっている脱毛。 ただ、脱毛サロンやクリニックでの脱毛にはトラブルのリスクもあり…

コメントなし
ミュゼのVライン脱毛について

ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼは両わき+Vラインで100円という破格の料金プランを打ち出しました。 そんな激安プランに含まれているVラ…

コメントなし
VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

目次キレイモのVIO脱毛とは?キレイモの全身脱毛プランでVIO脱毛もできる?料金は全身料金?キレイモのVIO脱…

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています…

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ…

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い…

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です