エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. VIO脱毛
  4. VIO脱毛の事前処理はどこまで?長さは全剃り?シェーバー・カミソリ

VIO脱毛の事前処理はどこまで?長さは全剃り?シェーバー・カミソリ

VIO脱毛
  230 Views
VIO効果

今では、VIO脱毛をすることは女性としてのたしなみにもなっています。

脱毛サロンにてVIOラインのケアを行うことが一般的な中、セルフでの事前処理について、どこまで行うといいのか、どんなアイテムでセルフケアをすることがベストなのか、女性の中ではまだまだわからない疑問がたくさんあるようです。

脱毛サロンに通いながら、VIOの事前処理について、用意するアイテムや処理するアンダーヘアの長さなど、知っておきたい情報をわかりやすくご紹介していきます。

アンダーヘアの事前処理で用意するものは何?

脱毛サロンでVIOのケアを行うと、次回施術を受けるまでに、セルフにてアンダーヘアの事前処理が必要となってきます。

その際の自己処理方法やアイテムをいくつかご紹介しますので、参考にしていきましょう。

カミソリ

手軽で使いやすいカミソリは、アンダーヘアの事前処理をはじめて行う女性でもスムーズに使うことができます。

カミソリであれば、ドラッグストアやコンビニ、スーパーなど、身近な場所にてリースナブルに購入でき、使い方もカンタンなので、時間をかけずにアンダーヘアの事前処理を行うことができます。

カミソリ

実際の口コミ

VIO処理にはデリケートゾーン用のソープが重要。

前日の夜、お風呂場で、デリケートゾーン用のソープを泡立て、カミソリで処理しています。
電動カミソリが一番負担なくできると思うのですが、VIOをやるにはお風呂場が一番やりやすいと思います。
デリケートゾーン用のソープを使わないと、しみやすかったり、痛くなりやすく、カミソリ負けして赤くなりやすいので注意が必要だと思います。

シェーバー

電気シェーバーも、VIO脱毛の事前処理に使いやすいアイテムのひとつ。

カミソリによるお肌への負担や、肌質がデリケートな方の場合は、刺激や負担が少ない電気シェーバーを用意しましょう。

シェービング

実際の口コミ

コツをつかめば簡単にできます。

顔そり用の電気シェーバー、大きい手鏡、ハサミ、新聞紙、保湿剤くらいあればOKです。新聞紙を広げて、まず、長い毛をカットします。
このカットは大事です。
後から使うシェーバーは顔そりようなので、長いままだと絡んで剃れなくなります。カットが終わったら、Vラインを希望の形シェーバーで剃ります。ポイントは必ず電気シェーバーを使う、逆さ剃りはNGです。
とてもデリケートな場所なので、傷を作ると施術してもらえません。
その後保湿をしっかりします。次はIラインです。こちらも同じ手順ですが、場所がもっとデリケートで見えづらい場所なので少し大変ですが、鏡をまたいで、和式トイレに座るときのスタイルにするといいです。
毛を少し引っ張る感じでシェーバーをあてていくと、わりとスムーズに剃ることができます。Oラインは場所的に難しいので、少しお金がかかっても、サロンでお願いするのが一番いいと思います。もちろん無料のサロンもたくさんあります。
おすすめグッズとして、私は赤ちゃん用の爪切りハサミが使いやすいと思います。刃先も尖っていないので、安全です。

前日までに必ず処理しています

脱毛サロンで「vio」の施術を受けるとき、何でもギリギリでやるのが好きじゃないので前日までには必ず処理しておきます。使うのは最も理想とされている電気シェーバーです。
持っていなかったので、脱毛サロンの事前処理のために購入しました。鏡を使うこともありますが、使用しなくてもうまくできます。

vio脱毛前の事前処理は顔用のシェーバーがオススメ

前日までに、電動のシェーバーで処理を行います。
タイミングはお風呂上りがおすすめ。
肌がしっとりとしているし、毛も柔らかくなっているので、処理がしやすいです。
カミソリで処理をすると肌を痛めてしまい、施術が断られてしまうことがあるので、シェーバーが基本。
顔用の電動シェーバーが一番肌負担が少なく処理できるのでおすすめです。
毛が長い場合は先にハサミでカットしてからシェーバーを使います。
1㎜程度の長さで処理できたらOK。
処理する時は手鏡を使うと、剃り残しや怪我を防ぐことができます。
人に見せられないような格好になるので虚しさが漂いますが、心を無にして作業するのがコツです。

yui
シェーバーでの処理が口コミでは一番多かったですね
ANRI
そうですね、最近はシェーバーが一番処理方法として多いです

ハサミ

デリケートゾーンをカミソリや電気シェーバーにて事前処理する際には、あらかじめハサミを用意し、アンダーヘアのカットをしておくと、スムーズに事前処理を行うことができます。

短めにカットしたおいたほうが、カミソリや電気シェーバーでの事前処理に時間がかかることもなくなります。

はさみ

保湿クリーム

VIO脱毛を受ける前の事前処理では、お肌を外的な刺激から守るためのケアが必須となっています。

そこで用意すべきアイテムが保湿クリームです。
保湿クリームは、カミソリや電気シェーバーによって少なからず負担がかかってしまったデリケートゾーンをいたわり、十分なうるおいを与えるメリットがあります。

保湿クリーム

デリケートゾーンは、他のお肌の部位よりも敏感で、刺激を受けやすい部分となっているため、無添加処方の商品を選び、安心・安全なケアを心がけましょう。

手鏡や全身が写る鏡

デリケートゾーンの事前処理を安全に行うため、鏡を見ながらケアをすると、直接お肌を見るよりも広いパーツが映し出されるため、ケアがスムーズになります。

鏡

脱毛サロンで処理してもらう場合

実際の口コミ

脱毛サロンでの処理について

自己処理は自分で出来ている場合です。施術前に肌の状態を見ながら電気シェーバーで除毛されます。
顔に使用が出来るシェーバーを使っているサロンが多いです。毛をどうするか確認されるのはうなじがあります。後れ毛をどうすのか確認されて必要でなければ電気シェーバーで剃ってくれます。
自分ではなかなか処理しきれないところがあるし、しっかり除毛してくれるとより効果も高まるので嬉しい気持ちでいます。

<strongVIOのサロン除毛

電気シェーバーで剃られますが、Vラインの毛があればあるところは残して剃ってくれます。
Iラインもしっかり肉を引っ張って剃ってくれますし、Oラインも割れ目をしっかり広げて処理してくれます。
私の通っているサロンはスタッフに余裕あれば2人制になるのでしっかりそり残しがないようにしてくれます。

VIO脱毛前の自己処理の手順

VIOラインを自分で処理する場合、小型の電動シェーバーが一番理想的です。

電動シェーバーならカミソリのように直接刃が肌にあたることがなく、肌を傷つけずにムダ毛処理することが出来ます。

VIOの中でも特にIラインは自分では見にくい部分なので、電動シェーバーの中でも特に刃に対してガードのついているものがおすすめです。

Saori
VIOのムダ毛処理の際は、以下の流れを参考にしてみてくださいね♪

VIOのムダ毛を電動シェーバーで処理する場合、

  1. シャワーを浴びたり、ウェシュレットやおしりふきウェットティッシュなどで処理する部位を清潔にする
  2. シェーバーだけでなく、剃りやすいようにするための鏡や椅子、毛が飛び散っても大丈夫なように広告などを用意する
  3. 処理する部分を決める
  4. (余裕があれば蒸しタオルをしてムダ毛を柔らかくすると、さらに剃りやすくなります。)
  5. シェービングする
  6. 剃ったムダ毛を片付ける
  7. 剃った部分の肌を保湿する
  8. シェーバーを除菌する

の手順で行っていきます。

VIOの事前処理はいつまでに行うといいの?

事前処理のタイミングって、なかなか掴みにくいことも多いのではないでしょうか?

VIO脱毛のアンダーヘアの事前処理は、遅くてもサロンでケアを受ける前日までに処理をしておくことが、各脱毛サロンの公式ホームページでも推奨されています。

VIO脱毛をサロンで受ける当日になって事前処理をしてしまうと、デリケートな性質を持つVIOラインに赤みや炎症、熱を持つなどのお肌トラブルが起きやすくなり、このことで施術を断られてしまうこともあります。

赤み

特にデリケートゾーンのお肌が弱い方の場合は、サロンでケアを受ける3日前までに事前処理を行いましょう。

基本的には、サロンで脱毛を受ける1~3日前の事前処理がもっとも適した期間となっています。

実際の口コミ

vio脱毛前の事前処理について

私が脱毛サロンのvio脱毛前にやる事前処理というのは市販の剃刀を使って脱毛サロンのvio脱毛を受ける前日に剃るようにしています。
それで毛穴に毛が残る程度の長さにして行くようにしています。
この時の気持ちはやはり伸び放題の状態でvio脱毛の施術を受けるよりは良いだろうという
気持ちで処理します。
ただそれによって脱毛サロンのスタッフに変な処理の仕方をしてないかという風に
思われないかという気持ちはありました。

1日〜3日前までには事前処理を済ませます

綺麗に脱毛するためにも、事前処理は必須です。処理をしておいた方が、毛根に光が届きやすくなるからです。お肌のトラブルが起こりにくい場合は1日前までに、お肌が弱い場合は3日前までには処理を済ませておきます。
カミソリで行いましたが、肌トラブルが起きやすい方は電気シェーバーでしっかりと処理する事をオススメします。
雑菌などを避ける為にも、入浴中でなく入浴後に処理をします。少し面倒ですが、トラブルを避ける為にもこれらを守る事は大切です。

VIOの自己処理はどこまで行う?全剃り?長さは?

セルフでVIOの事前処理を行うとき、毛量を残しておくのが良いのか、全部剃ってしまうことが良いのか、こちらについても見極めが難しく、疑問に思う女性が多いようです。

自己処理をどこまで行うと良いのかは、それぞれのアンダーヘアの理想のカタチによって変わってきます。

ここで、その詳細をまとめていきます。

ビキニライン形

Vラインのカタチをキレイに整えたい場合

サロンでのVIO脱毛にて、Vラインのアンダーヘアを残したい場合は、希望の形を決めておくことが大切です。

Vラインの形にもいろいろな種類があるので、専門的な知識を持つサロンのスタッフとの相談もオススメできます。

Vラインの希望の形を決めたうえでその希望に合わせてに処理していきます。

vline

一般的に、Vラインの形で人気がある種類は、逆三角形となっているので、特に理想の形に希望がない場合は、逆三角形になるよう、アンダーヘアを整えながら自己処理を行いましょう。

Iラインの自己処理方法

Iラインの自己処理方法は、

  • 完全にツルツルの状態にする
  • 全体的に量を減らして自然に整える

の2通りの方法があります。

Iラインは粘膜部分に一番近い部分でもあり、完全にツルツルにするととても衛生的になる反面、割れ目が見えやすくなります。

Vラインの毛を自然に残していても、Iラインがツルツルの状態だと意外と割れ目が良く見えます。

Iラインの脱毛は1度で全てが完了するわけではないので、回数を重ねながら量を調節していくのもいいでしょう。

Iラインはツルツルにする人が多い?

Iラインをツルツルにするなんて恥ずかしいと思う人も多いかもしれませんが、最近は脱毛人気に伴い日本でもVIO脱毛でIラインをツルツルの状態にする人が増えています。

海外ではVIOの毛はワキの毛と同じ「ムダ毛」として扱われ、剃っていないと女子力に欠けるイメージがあります。

日本ではまだ海外ほどVIOをツルツルにする文化は浸透していませんが、それでも脱毛をきっかけにしてVIOをツルツルにする人が増えています。

VIOをツルツルにすることで、生理中でも蒸れにくくなり快適に過ごすことが出来ます。

始めは全体的に量を減らす目的でVIOの脱毛を行っていたけど、結局VIOに毛がない状態にはまってツルツルの状態を目指す人が多いです。

Iライン脱毛で後悔しないためには?

Iラインの脱毛をして後悔した人の口コミを見てみると、

「スタッフに勧められてIラインの脱毛をしたけどやっぱり残しておけばよかった。」

「VIOの脱毛が全身脱毛の中でも激痛。特にIラインは本当に痛い!」

「脱毛してるけど毛の濃いVIOの毛は脱毛効果を感じるまで時間がかかる。」

などのコメントが挙げられています。

Saori
後悔する人も多いIライン脱毛。。
後悔しないためのポイントをまとめてみました♪

Iライン脱毛で後悔しないためには、

  • Iライン脱毛を行う前に、銭湯など公共の場で裸になる機会をもう一度考えてみる
  • パートナーにVIO脱毛の希望を聞いてみる
  • 痛みに弱い場合は脱毛サロンを選択するか、麻酔の使用できる脱毛クリニックを選択する
  • 脱毛器の痛み違いを理解する
  • 早くVIO脱毛の効果を実感したい場合は、脱毛クリニックを選択する

などの準備をしておきましょう。

Oラインの自己処理方法

Oラインを自分で処理する場合、小型の電動シェーバーが一番理想的です。

電動シェーバーなら見にくいOラインでも直接刃が肌にあたることがなく、肌を傷つけずにムダ毛処理することが出来ます。

OラインもIラインの処理と同様に、刃に対してガードのついているシェーバーがおすすめです。

Saori
Oラインの自己処理方法もIラインと同様です♪
ここでもう一度おさらいしておきましょう!

Oラインを電動シェーバーで処理する場合、

  1. シャワーを浴びたり、ウェシュレットやおしりふきウェットティッシュなどで処理する部位を清潔にする
  2. シェーバだけでなく、剃りやすいようにするための鏡や椅子、毛が飛び散っても大丈夫なように広告などを用意する
  3. シェービングする
  4. 剃ったムダ毛を片付ける
  5. シェーバーを除菌する

の手順で行っていきます。

Oラインを処理した後は、特にしっかりとしたシェーバーの除菌が必要です。

シェーバーから刃を外せる場合は丸洗いして、外せない場合はアルコールを含ませた脱脂綿やアルコール除菌シートなどで拭き取りシェーバーの清潔を保ちましょう。

全体的にアンダーヘアを薄くしたい場合

今のアンダーヘアの量を少なく、薄くしたい場合には、事前処理の最初の1~2回を全部処理する方法がオススメです。

このときに、アンダーヘア全体を全処理しても、毛周期によってあらたに毛が生え、薄くナチュラルな仕上がりに整っていきます。

ハイジニーナ(アンダーヘアがまったくないデリケートゾーンのこと)にしたい場合には全処理

海外セレブは、ハイジニーナにすることが一般的で、日本でもこのように整える女性が増えてきています。

ハイジニーナ

VIO脱毛にてハイジニーナを希望している際には、事前処理を行うたびに、全処理をしておくと、サロンでの脱毛もスムーズになり、個人差はあるものの、およそ12回程度でアンダーヘアがまったくない状態へと仕上げることができます。

脱毛サロンごとのシェービング料金

Saori
剃り残しがあるとシェービングサービスを受けられることがほとんどです♪
サロンごとに料金や対応が違うので、チェックしてみてくださいね!
サロン名 シェービング料金
ミュゼ 手の届きにくい襟足、背中、ヒップ奥は無料。
それ以外の部位は基本的にシェービングサービスなし。
キレイモ パックプランの場合:無料でシェービング
月額制プランの場合:1,000円
(手が届きにくい襟足、背中、Oラインは無料)
銀座カラー スピード脱毛コースの場合:手の届きにくい襟足、背中、腰、お尻、Oラインは無料。
リーズナブル脱毛コースの場合:3,000円

剃り残しの対応

ミュゼ

襟足、背中、ヒップ奥以外の部位は基本的にシェービングサービスはなく、そり残しがある場合はそり残しの部分を避けて施術。

キレイモ

シェービングのお手伝いをしてもらうことが出来るが、シェービング代はコースや部位によって異なる。

銀座カラー

シェーバーを持参すればシェービングのお手伝いをしてもらうことが出来る。
シェービング代はコースや部位によって金額が異なる。

みんなはどんな方法でVIO脱毛の事前処理をしているの?

脱毛サロンに通い、VIO脱毛の事前処理をしている女性たちの情報、気になりませんか?

ここでは、VIO脱毛の事前処理を実際に行っている女性たちの方法について、口コミを集めてみました。

実際の体験談を参考にし、これからの事前処理に役立てていきましょう。

カミソリで事前処理をしています!

「カミソリを選んだのは、肌質が丈夫なことと、手軽に購入できることです。100均で3個セットで販売されているカミソリは、長持ちもするのでとっても便利ですよ。

カミソリを使う前には、お肌のコンディションを確認したり、シェービングクリームを活用して、なるべく負担をかけない事前処理を心がけています。」

自己処理脱毛

ブラジリアンワックスもカンタンですよ!

「わたしは、デリケートゾーンにも安心・安全に使用できるブラジリアンワックスを使用しています。

カミソリなど、お肌に負担がかかることもないし、天然成分のみでつくられているので、お肌をいたわりながら事前処理ができます。

ブラジリアンワックス

コストパフォーマンスも良いので、サロンで脱毛を受けていないパーツにも活用しています!」

電気シェーバーでラクラク事前処理!

「ただお肌に滑らせるだけの電気シェーバーがイチバン使いやすいですね。カミソリだとお肌に直接刺激を与えてしまうし、赤みが出ることも心配…。

電気シェーバーは、お肌を傷つけない製法がされているし、細かい部分もしっかり除毛できます。」

電気シェーバー

ハサミでカットするのみ!

「サロンで脱毛するだけでも負担がかかってしまうと思い、わたしのセルフケアはハサミでなるべく短くカットするのみにとどめています。

シェーバーやカミソリ、ワックスや除毛クリームでは、肌荒れから色素沈着や黒ずみになってしまうことが心配です。

ハサミでカットするだけなら、お肌への負担は一切ないので、あとの脱毛はすべてプロの方にお任せしています!」

はさみ

除毛クリームでスムーズに!

「脱毛を受ける前から除毛クリームを愛用しています。

塗って10分ほどおいて、後は拭き取るか洗い流すだけで脱毛したようにお肌がスベスベになります!

カンタンで時間もかからないので、はじめて事前処理をする方にもオススメだと思います。」

口コミを参考にしてみると、いろいろな事前処理の方法があることがわかるため、自身に合ったセルフケアが見つけられるのではないでしょうか。

VIOの事前処理はどのアイテムがいいの?それぞれのメリット・デメリットとは?

VIO脱毛において、事前処理に最適なアイテムはいくつもあり、どれを使用することがベストなのか、気になるところです。
ここでは、口コミでも紹介されていた事前処理のアイテムひとつひとつにフォーカスを当てて、メリットとデメリットをリサーチしていきたいと思います。

良い部分と悪い部分の両方を知ることで、自身で使っているアイテムの見直しに役立てていきましょう。

カミソリのメリット・デメリットは?

カミソリのメリット

◆時間がないときでも購入しやすい

◆使い方がカンタンでスムーズに除毛ができる

◆価格が安く、コストがかからない

カミソリのデメリット

◆正しい使い方をしないとお肌を傷つけてしまうことがある

◆錆びたり傷んだりしやすいため、繰り返し使用することが難しい

 

毛抜きのメリット・デメリットは…。

毛抜きのメリット

◆アンダーヘアの根元からしっかりと毛を抜くことができ、スベスベのお肌状態が長く続く
◆毛を抜く事前処理のため、脱毛サロンでの効果をスピーディーに実感できる

毛抜きのデメリット

◆抜くときにお肌に負担がかかり、皮膚が引っ張られるようになることで内出血などのトラブルが起こりやすい

◆アンダーヘアを抜いたときにかかる力によって、赤みが出て、色素沈着へとつながってしまうことが多い

 

電気シェーバーのメリット・デメリットとは!?

電気シェーバーのメリット

◆お肌に当たる部分の外刃がなめらかにコーティングされているので、負担をかけずに事前処理ができる

◆カンタンに使用でき、スピーディーにアンダーヘアの除毛ができる

電気シェーバーのデメリット

◆カミソリに比べると、深剃りが難しいため、アンダーヘアがすぐに生えてきてしまう

◆アンダーヘアがすぐに生えてきてしまうことで、お肌にチクチクとした不快感を感じることも多い

 

除毛クリームにはこんなメリットとデメリットが!

除毛クリームのメリット

◆数分の放置でムダ毛を溶かすことができる

◆アンダーヘアの毛質や量によっては、使うことで脱毛に近い効果が実感できることも多い

 

除毛クリームのデメリット

◆デリケートゾーンに使える商品がまだまだ少ないこと
◆無添加処方であっても、場合によってはお肌に負担がかかり、赤みや炎症を起こすことも
◆ニオイが独特のため、使用中に気分を悪くしてしまうことがある

そもそも、脱毛するのに事前処理する必要があるのはナゼ?

こちらのギモンについても、多くの女性が抱えていることがわかり、気になる詳細をリサーチしてみました。

事前処理をする必要性は、次のような理由があります。

脱毛の施術時間を短縮できるため

あらかじめ、セルフでVラインの事前処理をしておくと、サロンに行った時に効率よく施術を受けることができます。

事前処理をしていない場合は、サロンにてカットやシェービングなどのケアを行うことになり、脱毛をするまでの余計な時間になってしまうこともあります。

ただ、サロンによっては有料または無料で事前処理をしてくれるところもあるため、情報をリサーチしてプロによる安心な施術を受けましょう。

火傷のリスクが抑えられるため

VIO脱毛では、レーザーを直接毛根に当てながら脱毛する方法となっています。

脱毛で使われるレーザーは、毛のある部分に反応するため、事前処理をしておくと、短い毛や毛根のみの最小限のダメージでおさまるようになります。

事前処理をしていないと、レーザーのパワーを上げることになり、その分毛を伝って皮膚にもレーザーが当たり、火傷のリスクが高まってしまいます。

万が一剃り残しがあった場合、施術は受けられるの?

事前処理をしっかりと行っていても、毛周期やカラダのコンディション、ホルモンバランスなどによって、脱毛当日にアンダーヘアのムダ毛が生えてしまうこともあります。

この剃り残しは、自然な現象となっているため、サロンに行ってからきちんと伝えることが大切です。

すると、施術を断られることはないため、安心してケアを受けましょう。

ただ、銀座カラーや湘南美容外科は、どんな理由があっても剃り残しがあると、施術ができなかったり、スタッフによる事前処理のための別料金がかかることもあるようです。

サロンやクリニックによって、剃り残しに対するフォローは違いがあるようですので、事前処理についての情報もしっかりとリサーチしておきましょう。

自己処理によるチクチクの対処方法

VIOを自己処理すると、生えてきたときにチクチクするという問題に悩まされることが多いです。

チクチクになってしまった場合は、

  • 生えてきた毛をコームでとかす
  • 次回から自己処理の際にヒートカッターを利用する
  • 肌が乾燥して敏感にならないように、化粧水や保湿液で肌の保湿を心がける

の3つの方法で対応してみましょう。

VIOの毛は毛が太く肌が薄いため、毛先が肌に当たることで敏感に刺激を感じてしまいます。
毛の処理の方法を工夫したり、肌をいたわることで改善するので是非試してみて下さい。

おわりに

いかがでしたか?

VIO脱毛の事前処理には、いろいろな方法があり、ぞれぞれにメリットとデメリットがあることがわかりました。

事前処理をしておくと、脱毛の効果もスムーズになることあらためて認識し、みなさんそれぞれに合った事前処理でキレイなVIOラインを叶えていきましょう!

vio脱毛の痛み

VIO脱毛が痛い理由と痛くない脱毛方法|医療レーザーの痛みをなくすには?

可愛い水着や下着を楽しむために、VIO脱毛をする女性が増えています。 ただ、デリケートゾーンの脱毛になるため、 […]

コメントなし
vio脱毛効果の回数

VIO脱毛の回数は何回必要?ハイジニーナ脱毛の効果が出るまで回数は?

VIO脱毛はきれいになるまでの脱毛回数が他の部位よりも多いと言われています。 ただ、どれくらいの脱毛回数で効果 […]

コメントなし
水着

VIOの黒ずみの原因とは?デリケートゾーンの黒ずみにはニベアのクリーム?

デリケートゾーンは黒ずみができやすい部位の一つです。 クリームなどでケアをすることもできますが、ここでは ・V […]

コメントなし

VIO脱毛は恥ずかしい?アンダーヘア脱毛が恥ずかしい体勢や服装

VIO脱毛をする女性が増えていますが、その一方でVIO脱毛は恥ずかしいのではないかと心配している方も多いと思い […]

コメントなし
全身脱毛の痛み

全身の光脱毛の痛みはどう?脱毛器は痛いの?

光脱毛や、医療脱欧をした人の口コミを見ると「痛かった」という方も多いです。一方、「全く痛みはなかった」という方 […]

コメントなし
脱毛トラブル

脱毛サロン・医療脱毛クリニックのトラブルとは?エステでの光脱毛の被害

女性だけでなく、男性の人気も上がっている脱毛。 ただ、脱毛サロンやクリニックでの脱毛にはトラブルのリスクもあり […]

コメントなし
ミュゼのVライン脱毛について

ミュゼのVライン脱毛の範囲や料金・効果を徹底解説|自己処理や紙パンツ

ミュゼは両わき+Vラインで100円という破格の料金プランを打ち出しました。 そんな激安プランに含まれているVラ […]

コメントなし
VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

Contents1 キレイモのVIO脱毛とは?2 キレイモの全身脱毛プランでVIO脱毛もできる?料金は全身料金 […]

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています […]

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ […]

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い […]

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどう悩んでる?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ […]

コメントなし
お尻

女性のOライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも […]

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に […]

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

VIO効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • アンダーヘアがチクチクして不快…。そんな悩みは○○で解決しよう!

  • VIO脱毛は生理中は出来るの?効果は?生理中でもOKなサロンは?

  • VIO脱毛が痛い理由と痛くない脱毛方法|医療レーザーの痛みをなくすには?

  • アンダーヘアの役割やトラブルは?かゆい、ニオイ、毛嚢炎など

  • 恋肌のVIOの効果は何回ででる?シェービングサービスや事前処理は?

  • VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!