女性の美容と癒しの総合マガジン

VIO自己処理はどこまでやれば良い?カミソリ、シェーバーなどのおすすめ処理法

VIO処理

女性にとって欠かすことのできないデリケートゾーンの処理ですが、実際これって聞けない悩みですよね。

デリケートゾーンの悩みは深いけど友人などには聞きづらい、そんな方の為に今回はVIOラインの処理についてのまとめと口コミをご紹介します。

VIO脱毛とは?

VIOとはデリケートゾーン全体のことをいいます。
脱毛サロンなどではハイジニーナ脱毛ともいったりします。

Vラインはビキニやパンツからはみ出たりするので多くの人が処理していると思いますが、最近はIOラインの処理も多くの女性が取り組んでいます。

VIO脱毛

実際にニオイやムレなどの原因になるのはこの部位でして男性との性行為でも考慮されるといわれている部位です。

脱毛前のVIOの自己処理はどこまでやるべき?

VIO脱毛をうけるための準備段階の自己処理をどこまでやるべきかは、脱毛を受けるVIOの範囲によって異なります。

VIO脱毛を行う人の多くが、処理したい部分のみをシェービングしていけばいいと思っていると思いますが、VIO脱毛を受ける場合は脱毛処理をしたい範囲よりも少し大幅に処理していくことが理想的です。

毛が生えているギリギリのラインは、火傷などの肌トラブルを避けるためにサロンによっては処理することが出来ません。

せっかくお金を払って脱毛するのであれば、1回ごとの処理をしっかりとやってもらいたいですね。
自己処理はしっかりと行えていないと、脱毛を断られてしまったり、場合によってはシェービング代として追加料金がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

脱毛サロン前の一番理想の処理方法

一番理想的なのは脱毛する範囲に関わらず全部剃った状態で挑むことです。

脱毛サロンでは初回から始めの数回は、毛の量を減らすために全剃りを勧められるところが多いです。
また、それだけではなく全て剃った状態で行けばそり残しも出来にくくなり、施術する側もスムーズに施術出来るようになります。

衛生面も保ちやすく、脱毛の施術を受ける前にもう一度赤ちゃん用のおしりふきなどで拭き取ることも簡単です。

また、当日急に気が変わっても剃る範囲を直前に変えることも可能です。
VIOの毛は他の部位の体毛よりもすぐに生えてくるので、躊躇せずに思い切ることが大切です。

いつやるべきなの?
・自己処理するタイミングは一般的に脱毛当日を除く2日前から3日前です。
・毛深くてすぐに毛が生えてきてしまう場合は、脱毛当日の朝一番にシェービングしています。
・VIO脱毛前の自己処理をする場合、肌を傷つけてしまわないように十分注意する必要があります。
・脱毛する日から何日前と計算するのではなく、場合によっては自己処理するタイミングを毛が生える時間で計算するといいでしょう。
・ほんの少しだけチクチクした状態で脱毛に行くのがベスト。

みんなVIOはどんな方法で自己処理している?

最近はVIOを生えっぱなしにしておくのではなく、ある程度形を整えたり、生えている範囲を狭くしてキレイに見せるのが主流になってきています。

脱毛エステや脱毛クリニックなどに通っている人でも、脱毛施術の前にシェービングをする必要があります。

VIOは自己処理しにくい部分ではありますが、場所によってはシェービングに別料金がかかるところもあるので出来れば自分で処理してから出向きたいところです。

今回は皆が気になってもなかなか人には聞きにくい、VIOの自己処理方法を説明していきたいと思います。

VIOラインの自己処理脱毛の種類とは?

カミソリ

カミソリ

カミソリは皆が人生で1回は使うであろう代表的なムダ毛処理方法ですね。
カミソリはコストも安く、薬局やコンビニでも手軽に購入できるため身近な方法です。

最近のカミソリは1枚刃ではなく2枚刃になっていたり、カミソリのヘッドにソープや潤滑剤などが付いていて肌へのダメージを最小限に抑える工夫がされています。

しかしそれでも刃が直接肌にあたることには変わりありません。

広範囲を短時間で処理するためには手軽で便利な方法ですが、特にVIOなどのデリケートな部分には肌へのダメージも考慮しおすすめしません。

実際の口コミ

私なりのOラインの処理方法

私のOラインの処理方法はカミソリです。
しかし足などに比べてOラインはデリケートなので、特別気を使って剃っています。
まずは湯船に使って肌を柔らかくして、その後さらにホットタオルで毛穴を広げてから、シェービングクリームを使って丁寧に剃ります。
最後に冷水で毛穴をしっかり閉めて、保湿すればカミソリ負けなどしなくてすみますよ。

カミソリのリスク

特にVIOは皮膚が薄く弱いだけでなく、形状も肌に対して水平にカミソリをあてるのが難しく、失敗すると出血してしまう可能性が高いです。

出血などの明らかな肌にダメージを受けてしまうと脱毛サロンや脱毛クリニックでは対応してもらえなくなってしまうので要注意です。

肌が一度ダメージを受けて出来た黒ずみなどを改善するのはなかなか容易ではないため、注意が必要です。

VIO肌荒れ

さらにダメージを受けた皮膚は固くなり、肌を守ろうと働くので次に生えてくる毛に蓋をしてしまって埋没毛の原因にもなりやすいです。
埋没毛は脱毛サロンや脱毛クリニックでは処理できません。

カミソリは簡単な方法なので皆が使用しますが、使い方には注意が必要ですね。

実際の口コミ

Vラインをカミソリで処理していたらカミソリ負けした時の体験

下着や水着からムダ毛がはみ出ないようにVラインのお手入れをカミソリでずっと続けてきました。
ところが度重なるカミソリの使用でVラインがカミソリ負けしてしまって、ブツブツとした湿疹様の肌荒れを起こしてしまったのです。
あわてて湿疹用の軟膏を塗って様子をみてみたのですが一向に治らず結局恥ずかしながら皮膚科を受診する羽目になってしまいました。
皮膚科医によるとVラインは皮膚が弱いのでカミソリのように皮膚刺激が強い方法での手入れはしてはいけないということでした。
確かに私は敏感肌でもあるので、余計にVラインがカミソリ負けを起こしやすい状態だったようです。
それ以来カミソリでのお手入れは完全にやめて、現在は家庭用脱毛器でのお手入れに乗り換えました。
今の所はVラインの皮膚トラブルもなく順調に脱毛できています。

シェーバー

シェーバー

ムダ毛自己処理方法として一番おすすめなのが電動シェーバーです。

顔用などのヘッドの小さいタイプのものから、広範囲でも短時間で処理できるようなヘッドの大きいものまで様々です。

毛を処理するためにヘッドには刃がついていますが、肌に直接刃が触れないようになっているため肌へのダメージも少ないです。

長く伸びている毛や産毛をを処理するのに適したシェーバーと、短くて太い毛に適したシェーバーがあるので自分のムダ毛の状態に合わせて活用できると理想的ですね。

シェーバーを使用してもある程度肌がダメージを受けることに変わりはないので、もし脱毛サロンや脱毛クリニックに通う際は2日前までに処理すると指定しているところもあります。
自分の通う脱毛の方法をよく理解しておきましょう。

実際の口コミ

専用のシェーバーでキレイに処理

VIOラインのムダ毛はハサミやカミソリを使ってしまうとムダ毛の断面が鋭利になってしまいます。
これがチクチクの原因になると聞いたので、処理をするのであれば、ヒートカッターで断面を丸くするとよいそうです。
そこでVIOライン専用のヒートカッターを購入して処理をしています。
均一に処理できるので便利です。

たまのお手入れで満足しています

私は一度エステで光脱毛をしているので、まばらに生えてくる部分だけのお手入れをしています。
電気シェーバーが一番いいと聞いたので、生えてきたらVIOの気になる部分に使います。
場所が場所だけに難しい所もありますが、スタンド型の鏡を見ながら処理します。
恥ずかしながら白髪も混じってきたので、それだけは根元からカットします。

除毛クリーム

クリーム

除毛クリームなどの名目で発売されている除毛クリームは、クリームを塗布してから一定時間放置し、その後拭き取ることで毛がなくなります。

薬剤を使用して毛を処理するのでもちろん肌に負担になります

これもカミソリ同様広範囲を簡単に処理するのに向いていますが、敏感肌の人など肌トラブルの起こりやすい人は湿疹や赤みなどの肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

炎症

特にVIOは粘膜がすぐ隣にありクリームでの処理はおすすめしません。
それでも使用するという場合は腕の内側などの狭い範囲で必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。
参照:除毛クリームで自己処理

家庭用脱毛器

脱毛器

伸びてきた毛を照射することで脱毛処理するのでもちろん痛みを伴います。

特にVIOの毛は毛が濃く肌も敏感なので痛いは伴います。

ただ脱毛サロンの光脱毛と同等程度の効果を見込める為に効果は抜群です。
唯一はVIOの場合形も重要なのでその形に関して、相談出来ないことはデメリットになるでしょう。

ただサロンやクリニックと比較すると恥ずかしくないというメリットもあります。

毛抜き

毛抜き

毛抜きで抜くのもやはり毛を抜くという行為には変わりないので、肌が受けるダメージは大きいです。
毛抜きによる処理は時間もかかる上痛みも伴い、肌ダメージも受けて埋没毛にもなりやすいのでメリットの方が少ないです。

毛抜きが十分に消毒されていないとダメージを受けた毛穴から雑菌に感染する可能性もあるので、毛抜きを使用する場合は十分に殺菌処理をしてから使用しましょう。

実際の口コミ

IOラインの自己処理は毛抜きで行なっています

IOラインのムダ毛が生えていると生理中にムレやすくニオイも気になるので自己処理をずっと続けています。
自己処理の方法は、一番確実な毛抜きでやっています。
ムダ毛量はすごく多いというわけではないので毛抜きで十分なのですが、埋没毛が時々Iラインにできたりするので、そろそろ家庭用脱毛器に切り替えようかと考えているところです。

参照:家庭用脱毛器ランキング

ハサミ

はさみ

はさみは毛の長さを調節するにのおすすめです。

長く伸びた毛を短くするのはOKですが、肌に近い位置でハサミを使っても処理は肌も一緒に切ってしまう恐れもあるので要注意です。
毛をそるという行為はハサミでは不可能なので他の処理方法を考えましょう。

アンダーヘアをカミソリで処理するやり方

アンダーヘアーをカミソリで処理する場合は、カミソリが肌を傷つけないようにまずしっかり泡立てたソープをアンダーヘアーに塗り、カミソリが肌の上を傷つけずに滑れる準備をします。

体が硬かったりするとアンダーヘアーはどれくらいしっかり剃れているか見にくいので、鏡等を利用してしっかり剃れているかチェックします。

一通り沿った後は手で触ってそり残しがないか確認しましょう。

自己処理後はしっかりとソープを流して水分を拭き取り、化粧水や保湿液で肌を保護して肌の水分量をキープしましょう。

実際の口コミ

自己処理は安全第一

下着姿になったとき気になるVIOライン。
そのなかでも難しいのがIOライン。下着からはみ出さないように、自己処理ではカミソリや小さなはさみを使っています。
肌を傷つけないように処理の前後にはクリームを塗り、やさしく時間をかけてカットしていきます。鏡を見ながら、ファッション性より清潔感を意識して処理しています。

アンダーヘアがちくちくする?カミソリ処理の問題点

普通に生えてきて自然と抜け落ちる毛は毛先が細く肌にあたっても刺激が少ないですが、カミソリで自己処理した後の毛は、剃られたことで毛先が太くなるため次に生えてくるときに毛先が肌にあたりチクチクします。

アンダーヘアちくちく

慣れない間は特に敏感な肌が刺激されてかゆいような感じがして不快に思う人も多いです。

自己処理は自宅で簡単に行えますが、処理後に不快感を感じるのはあまり好ましくないですね。

その他アンダーヘアの自己処理トラブル一覧

アンダーヘアは自己処理することで埋没毛、肌荒れ、傷などのトラブルが発生する可能性があります。

埋没毛

埋没毛とはダメージを受けた肌表面が肌を守るために硬くなってしまい、次に生えてくる毛が表面に出てこれず肌の中に毛が滞ってしまうことを指します。

埋没毛

触った感覚では分かりにくいですが、視覚的によく見ると肌の下で毛が渦を巻いたようになっているのが見てとれ、肌を黒っぽく見せてしまいます。
毛穴が詰まっている状態なので皮脂も詰まりやすく二次的な炎症も起こしやすいです。

赤み、毛嚢炎

アンダーヘアの自己処理では処理に使う刃が肌や毛穴を傷つけてしまうことで赤み、毛嚢炎、出血を通なう傷などを作ってしまう可能性もあります。

毛嚢炎とは毛穴が自己処理によるストレスで炎症を起こし、ニキビのように赤くブツブツとしてしまう現象を指します。

毛嚢炎
炎症症状なので自然と改善していきますが、肌がダメージを受けるので毛嚢炎改善後も黒ずみや肌の硬化の原因にもなります。

これらの自己処理の繰り返しによるダメージを予防するためにも、アンダーヘアを処理したい人は脱毛サロンや脱毛クリニックでの半永久的な処理を活用することをおすすめします。

V・I・Oそれぞれの部位でどの自己処理方法がむいている?

それぞれのやり方は?

Vラインの脱毛方法

Vラインの脱毛は、電動シェーバーまたはブラジリアンワックスがおすすめです。

電動シェーバーで処理する場合

1、処理したい部位を清潔にする
2、処理しやすい姿勢をとる
3、シェービングした毛が飛び散らないように広告の上で処理したり、掃除機を用意する
4、シェービングしたい部位を毛の流れに逆らってそる
5、シェービングした毛をしっかりとはらってスキンケアを行う

ブラジリアンワックスで処理する場合

1、処理したい部位を清潔にする
2、処理しやすい姿勢をとる
3、処理する部分の水分をしっかりと拭き取って、準備出来る場合はベビィパウダーをはたく
4、適度な粘度に調節したワックスを脱毛したい部位にのせる
5、ストリップスを上からのせる
6、毛の生えている向きになるべく逆らうようにして、一気にストリップスをはがす
7、ワックスをしっかりと拭き取る
8、スキンケアを行う

Iラインの脱毛方法

Iラインの脱毛もVラインと同じように電動シェーバーやブラシリアンワックスがおすすめです。
VラインよりもIラインの方が自分からは見えにくい部位になるので少しコツが必要になりますが、慣れてしまえば自己処理でもキレイにすることが出来ます。

電動シェーバーで処理する場合

1、処理したい部位を清潔にする
2、処理しやすい姿勢をとる(足を開きやすい姿勢をとるのがポイント)
3、シェービングした毛が飛び散らないように広告の上で処理したり、掃除機を用意する
4、シェービングしたい部位を毛の流れに逆らってそる(お尻側から前に向かって剃る)
5、シェービングした毛をしっかりとはらってスキンケアを行う
Iラインは粘膜部分により近く、肌も薄いので肌に優しいスキンケア商品を利用しましょう。

ブラジリアンワックスで処理する場合

1、処理したい部位を清潔にする
2、処理しやすい姿勢をとる
3、処理する部分の水分をしっかりと拭き取って、準備出来る場合はベビィパウダーをはたく
4、適度な粘度に調節したワックスを脱毛したい部位にのせる
5、ストリップスを上からのせる(ストリップスはあらかじめIラインに合わせたサイズに切っておくのがおすすめ)
6、毛の生えている向きになるべく逆らうようにして、一気にストリップスをはがす
7、ワックスをしっかりと拭き取る
8、スキンケアを行う
一度で上手く抜けきらなかった場合でも、1回で何度も繰り返してブラジリアンワックスの施術を行くのは肌にとって負担がかかりすぎます。
上手く抜けきらなかった場合は、その時はシェーバーなどで残った毛をシェービングしましょう。

Oラインの脱毛方法

Oラインの自己処理も電動シェーバーがおすすめです。
電動シェーバーなら見にくい上手も届きにくいOラインでも、比較的丁寧にシェービングすることが出来ます。

電動シェーバーで処理する場合

1、処理したい部位を清潔にする(ウォシュレットを利用すると便利)
2、処理しやすい姿勢をとる(足を開きやすい姿勢をとるのがポイント)
3、シェービングした毛が飛び散らないように広告の上で処理したり、掃除機を用意する
4、シェービングした毛をしっかりとはらってスキンケアを行う
Oラインもシェービング後はしっかりとスキンケアを忘れないようにしましょう。
Oラインの処理後は、シェーバーの消毒も必要になります。

VIO形

キレイモのVIOの料金や効果の回数は?自己処理?紙パンツ?など疑問解決!

目次キレイモのVIO脱毛とは?キレイモの全身脱毛プランでVIO脱毛もできる?料金は全身料金?キレイモのVIO脱…

コメントなし
デリケートゾーン

ケノンでVIO脱毛は効果ある?回数や黒ズミ、色素沈着は改善する?

ケノンはネット脱毛家電ランキングでも常に1位に上がってくる人気の家庭用脱毛器です。 脱毛サロンで一般的に使用さ…

コメントなし
VIOの形ランキング

VIO脱毛の形ランキング|男性にも人気のアンダーヘアの形とは?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を始めようとは思ったものの、恥ずかしさがぬぐいきれなかったり、どこまで脱毛したら良い…

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
VIO脱毛

VIO脱毛のおすすめランキング!安いサロンや医療クリニックとの違い!

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいというのが昔は定説でしたが、 脱毛サロンが普及した事で多くの方が脱毛サロンや…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です