エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌
  4. ビタミンC誘導体とは?効果やメリットデメリットをご紹介!

ビタミンC誘導体とは?効果やメリットデメリットをご紹介!

ビタミンC誘導体

化粧水によく配合されている「ビタミンC誘導体」
特に美白効果のある化粧水や、エイジングケアに力を入れている化粧水に配合されていますよね。

「ビタミンCは分かるけど、ビタミンC誘導体っていったい何?どんな効果があるの?」

こんな方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビタミンC誘導体の効果や、メリット・デメリットについてわかりやすくお話ししていきます!

ビタミンC誘導体とは?

もともとビタミンCは、女性の美肌に良い効果を期待することができると言われている成分です。
肌荒れはもちろんですが、抗酸化作用に優れているため、エイジングケアや美白にまで良い変化を期待することができます。

美肌

このようなことからも、ビタミンCが配合されているサプリメントを飲んでいる方はたくさんいますよね。

しかし、ビタミンCを化粧品に配合する場合、ビタミンCそのままの状態で皮膚に浸透させていくのは、非常に困難だと言われています。

なぜなら、ビタミンCは安定力に欠けているからです。

壊れやすい不安定なビタミンCを肌に直接塗っても、ビタミンC本来の効果を実感することができません。

そこで、不安定なビタミンCを人工的に安定化させ、皮膚に浸透するように作られたのが、ビタミンC誘導体になります。

ビタミンC

ビタミンC誘導体が開発されたことにより、ビタミンCの効果を皮膚からも得ることができるようになりました。

ただし、1つ気をつけなければいけないのは、ビタミンC誘導体はあくまで人工的なものであり、生のビタミンCと全く同じ効果を実感することができるものではないということです。

最近では、ビタミンC誘導体を生のビタミンCに限りなく近づける技術も研究されており、様々な種類のビタミンC誘導体を見かけるようになりました。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体の種類を見てみると、「水溶性」「油溶性」「水溶性+油溶性」の3種類あることがわかりました。

まず水溶性のビタミンC誘導体ですが、こちらは非常に吸収力に優れているため、化粧水に使われています。

そして、水溶性のビタミンC誘導体はさらに細かくいくつかの種類に分類されており、それによって持続時間や吸収力などに違いがあることがわかります。

水溶性ビタミンC誘導体の種類

  • L -アスコルビン酸-2グルコシド
  • リン酸アスコビルナトリウム
  • リン酸アスコビルマグネシウム
  • ビタミンCエチル

L -アスコルビン酸-2グルコシド

L-アスコルビン酸-2グルコシドですが、こちらの水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、持続時間に優れているところです。

安全性に非常に優れていることから、化粧水に配合されてきましたが、近年では新たなビタミンC誘導体が登場したことにより、徐々に使用される頻度が少なくなってきました。

リン酸アスコビルナトリウム

リン酸アスコビルナトリウムは、吸収率に非常に優れた特徴を持ちます。

皮膚に吸収させると、私たちの肌に存在している「酵素フォスファスターゼ」と呼ばれている成分に触れることで、ビタミンCに戻っていきます。

リン酸アスコビルマグネシウム

リン酸アスコビルマグネシウムは、肌に優しい特徴があります。

ビタミンC誘導体特有の刺激が苦手な方であっても、問題なく使えることが多い水溶性ビタミンC誘導体になるため、化粧水に配合しやすいメリットのある成分です。

そして、水溶性ビタミンC誘導体の中で最も新しいのが、ビタミンCエチルになります。

リン酸アスコビルナトリウムの特徴でお話ししたように、通常のビタミンC誘導体の多くは、肌に存在する酵素と触れることによりビタミンCに戻る特性があります。

ビタミンCエチル

しかし、ビタミンCエチルに関しては、従来までのビタミンC誘導体と構造が異なり、肌に浸透してすぐにビタミンCとして活躍することができます。

このような特徴により、最も即効性のある水溶性ビタミンC誘導体としても注目されています。

続いて、油溶性ビタミンC誘導体ですが、こちらは化粧水にはあまり配合されていない成分で、主に美容液またはクリームなどに配合されています。

クリーム

水溶性ビタミンC誘導体と比較しても持続力に優れていることから、長時間働きかけてくれるのが特徴的です。

油溶性ビタミンC誘導体は、通称「VCIP」と呼ばれていて、正式名称はテトラヘキシルデカン酸アスコビルと言います。

最後に、水溶性+油溶性ビタミンC誘導体ですが、こちらはエイジングケア化粧品に配合されていることが多い、大注目のビタミンC誘導体となります。

APPSと呼ばれているビタミンC誘導体となりますが、正式名称はパルミチン酸アスコビルリン酸3ナトリウムです。

APPS

水溶性ビタミンC誘導体の特徴と、油溶性ビタミンC誘導体の特徴の両方を併せ持つ、新しいビタミンC誘導体となっていて、浸透力や持続力に優れているのが特徴的です。

かなり期待度の高いビタミンC誘導体となっているため、他のビタミンC誘導体と比較すると高額になってしまうのがデメリットであるとも言われています。

ビタミンC誘導体の効果は?

ビタミンC誘導体の効果について見てみると、

  • 美白
  • エイジングケア
  • 肌荒れ対策

大きく分けてこの3つが挙げられると思います。

なぜこの3つの効果を期待することができるのか、わかりやすく分けて紹介していきますね。

美白

ビタミンC誘導体で美白効果が得られる理由は、簡単に説明してしまうとメラニンの生成を抑えることができるからです。

私たちの顔に、シミやくすみを引き起こしてしまう最大の原因は、紫外線などの影響によりメラニンが活性化されてしまうことです。

メラニン

このメラニンを抑える効果があるのはもちろんですが、さらに既に発生してしまったメラニン色素を還元することができるため、シミの予防や改善に良い変化を期待することができます。

エイジングケア

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用を期待することができます。

抗酸化作用には活性酸素を抑える力があることから、肌細胞の老化現象を進行させないように導いてくれます。

もともと肌の老化現象が気になる大きな原因として挙げられているのが、活性酸素による「酸化」です。

美肌

この酸化を防ぎながら、肌をみずみずしい状態に保つために、ビタミンC誘導体は働きかけてくれます。

肌荒れ

肌荒れとして代表的なのがニキビですよね。

ニキビは、古い角質や皮脂などといった老廃物が肌に蓄積され、炎症を引き起こすことにより発生します。

ニキビ

ビタミンC誘導体は、肌の状態を安定化させて、再生能力であるターンオーバーを促進する役割を果たしてくれます。

新しい肌を作り出す再生能力を向上させてあげることで、肌荒れの改善に役立ちます。

ビタミンC誘導体のメリットデメリット

ビタミンC誘導体の効果を見ていると、かなり優れた特徴を持つことがわかりますよね。

しかし、ビタミンC誘導体に存在するのはメリットだけではありません。

美白効果、エイジングケア効果、肌荒れ改善効果が期待できるメリットがある反面、実はビタミンC誘導体によって肌状態を悪化させるケースもあります。

なぜこのようなデメリットが存在するのかと言うと、ビタミンC誘導体は種類によって刺激が強いものもあり、さらに肌を乾燥状態に追い込んでしまうものがあるからです。

ビタミンC誘導体の中には、皮脂の分泌を抑制してくれるものもあり、これによりニキビの改善には役立つものの、もともと乾燥肌の方はさらに乾燥が悪化しやすくなります。

「皮脂=肌に悪い」

こんなイメージをお持ちの方もいると思いますが、皮脂は私たちの肌にとって悪いことばかりではなく、肌の表面に膜を作ってバリア機能を高める働きもします。

保護機能

ビタミンC誘導体をどんどん改良することにより、肌に良い変化が現れるメリットが期待できるのと同時に、肌に負担をかけてしまう可能性があることも、覚えておいた方が良いかもしれませんね。

ビタミンC誘導体商品の選び方

ビタミンC誘導体が配合された化粧品を購入する場合、選び方としては配合されているビタミンC誘導体の成分の種類を確認することです。

上記でビタミンC誘導体の種類と特徴についてご紹介していますが、人によっては合うビタミンC誘導体と合わないビタミンC誘導体があります。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品はどれも同じではないかと思われがちですが、種類によって浸透力や持続時間にも変化があり、肌への刺激も変わってきます。

どのビタミンC誘導体が自分の肌と1番相性が良いのか、しっかりと考えてから選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体はこんな肌の方に向いている

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品がおすすめな方は、

  • シミやそばかすを予防したい。
  • エイジングサインが気になる。
  • 肌のベタつきが気になる。
  • ニキビが頻繁に発生する。

こんな悩みを抱えている方です。

また、ビタミンC誘導体は種類によって乾燥しやすいものもあるので、もともと乾燥肌が気になる方よりも、どちらかと言うと皮脂分泌が活発でベタつきを抑えたい方に向いています。

乾燥肌の方がビタミンC誘導体が配合されている化粧水を使用する場合、その後にしっかりと保湿してあげると良いですね。

化粧水

ビタミンC誘導体の肌への取り入れ方

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水を使う場合、肌への取り入れ方として1番おすすめなのは、シートパックを使う方法です。

どんなに優れた成分であったとしても、しっかりと肌に浸透させることができなければ、本来の効果を発揮することができません。

人により化粧水の使う量は異なりますし、コットンを使う方もいれば、手で化粧水を塗る方もいますよね。

誰もがわかりやすく、肌へしっかりとビタミンC誘導体を取り入れるためにも、市販のシートパック(マスク)を使い、5分程度パックしてあげると浸透力が高まります。

保湿

ただし、シートパック(マスク)を使用する場合には、長時間放置しないようにしてください。

パックしている状態が長すぎてしまうと、逆に水分が蒸発しやすくなってしまうので、肌の乾燥状態を作り出します。

水分を蒸発させないようにパックを使用する目安の時間は、だいたい5分程度になるので、必ず時間を見ながら行うようにしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ビタミンC誘導体

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • シングのオーガニック炭酸ホワイトパックの使い方や効果をご紹介♪ニキビに効く?

  • 話題のエテルノ濃縮プラセンタドリンクの成分・効果

  • シミ消しクリームランキング|美白効果のある成分と化粧品まとめ

  • クエン酸の効果・効能とは?飲むサプリで健康促進や重曹掃除などの使い方

  • シミをつくりにくくする食品とは?美白効果のある食べ物まとめ!

  • 黄ぐすみ原因と改善方法!化粧品・サプリで美白な肌が復活!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!