エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 若年性更年期障害かな?と思ったら【女性編】

若年性更年期障害かな?と思ったら【女性編】

若年性更年期障害女性

若年性更年期障害とは、通常40代でくる更年期の症状が20代30代できてしまうことを言います。
原因は、女性ホルモン低下や閉経、ストレスがあげられます。
ここでは若年性更年期障害を理解するとともに、治療方法をご紹介します。

■若い女性が更年期障害になってしまう理由■

更年期障害と同じ症状に悩む、若い女性が増えています。

40代後半から始まる卵巣機能の低下で、女性ホルモンの分泌が減り、やがて閉経に至ります。
閉経前後の約10年間を更年期といい、この時期に起こる心身の不調を更年期障害と呼びます。

 

女性の身体は、卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体モルモン)の影響が大きく作用しています。

更年期には、この卵胞ホルモンが減少することで、更年期障害特有の症状が現れます。

また、女性ホルモンが分泌されなくなると、からだの「恒常性」のシステムが働き、卵巣に女性モルモンを分泌するよう指令を出します。
この卵巣刺激ホルモンが過剰に分泌されることで、ホルモンバランスが崩れ、自律神経にも影響を及ぼします。
自律神経がアンバランス
自律神経が乱れると、さまざまな症状となって現れます。
身体的な症状ではホットフラッシュ」といわれる体温調整機能の乱れが挙げられます。
寒くもないのに突然大量の汗をかくなど、人目が気になる症状です。
そのことがまたストレスとなって、症状を悪化させることもあります。

その他にも、「肩こり」「倦怠感」などの症状があり、症状が重い人では寝込んでしまうような場合もあります。

さらに、精神的な症状が現れるのも特徴です。「何となくイライラする」「気分が落ち込み、やる気が起きない」などの症状を訴える女性も多いのです。

 

そんな更年期障害特有の症状が、若い女性の間に増えているのはなぜでしょうか。
その理由は、自律神経の乱れにあります。

更年期障害は自律神経失調症のひとつと言うことができます。
つまり何らかの原因によって、自律神経のアンバランスが起きると、更年期障害と同じ症状がどの世代に起こると言うことです。
若年性更年期障害
そのことから、若い女性に更年期障害と同じ症状が現れる原因が見えてきます。
まずは「ストレス」です。
ストレスがかかると、自律神経の「交感神経」が働き血流を増やしたり、心拍数を上げたりして緊張や危険に備えます。
本来この反応は、自分に生命の危機を感じた場合に起こるのですが、大きなストレスを脳は生命の危機と判断するのです。
交感神経ばかりが過剰に働きつづけると逆に、副交感神経が働かなくなります。

そのような状態が長く続くと、自律神経は乱れ、やがて自律神経失調症となってしまうのです。

「日本総ストレス時代」と言われる現代に生きる若い女性が「若年性更年期障害」となってしまうのも不思議ではありません。

また、若い女性が夢中になるダイエットや偏った食事、さらには不規則な生活習慣が原因となる場合もあります。
生理不順や無月経を、一時的なものと考えて放置することは大変危険です。
早めに、専門医に相談して正しく治療することが大切です。

■忙しい女性に若年性更年期障害が多い理由とは■

忙しい女性
独身女性はもちろんのこと、結婚しても仕事を続ける女性も多く、忙しい毎日を過ごしています。
仕事をしていれば避けられないのはストレスです。責任ある役職についている女性も少なくないでしょう。
そうでなくても、人間関係での悩みや仕事の緊張感は誰にでもあるはずです。
さらに、長時間の勤務やパソコン作業などによる身体的な疲労など、働く女性は大きなストレスに晒されています。

更年期障害は自律神経失調症のひとつです。ストレスによって自律神経の働きが乱れることで、若い世代にも更年期障害の症状を訴える人が増えているのです。

更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下することで起こります。
卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が減ってしまうと、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響が出ます。
そうして起こる「自律神経失調症の症状」とストレスが引きおこす「精神的症状」が重なって、更年期障害の症状が複雑になってしまうのです。

過度なダイエットによってもホルモンバランスの乱れが起きます。
特に急激な体重の減少が「無月経」を引き起こし、悪化すれば子宮や卵巣の機能が低下して「不妊」になるケースもあります。
1年で体重の10%を落とすと「無月経」になる可能性高くなります。
また、激しい運動によって体脂肪が極端に少なくなってしまった場合にも、ホルモンの分泌量が減って生理が止まってしまうことがあります。

■自律神経のバランスを崩す原因■

自律神経のバランス
“若年性更年期障害と似た症状が現れるものに「自律神経失調症」や「PMS(月経前症候群)」があります。とくに、自律神経失調症はどの年代にもみられる疾患です。

ストレスの多い生活が続くと、自律神経のバランスがくずれます。
リラックス神経である「副交感神経」と働く神経である「交感神経」がバランスよく働いているのが健康な状態です。
しかし、長時間の仕事や夜までパソコンを見るなどの生活では、「交感神経」が常に働いている状態になっています。
休めない脳が自律神経の乱れを引き起こすのです。

また、PMS(月経前症候群)も、倦怠感などの自律神経症状や情緒不安定などの精神症状が現れます。症状が出るのは、月経前の数日間であることが特徴です。

そのほかにも、同じような症状が現れるものに「月経不順」や「無月経」があります。
過度なダイエットや偏った食事による栄養失調が大きな原因と言われています。
脂肪が作る「レプチン」というホルモンが、急激な脂肪減少によって作られなくなると、ホルモンのバランスが崩れ月経が止まると考えられています。

■若年性更年期障害を治すには■

若年性更年期障害を治す
若年性更年期障害を正しくは「卵巣機能低下症」といいます。閉経を伴う更年期とは違い、閉経以外の何らかの原因があって引き起こされます。
まずは、その原因となる生活習慣を改善することが大切です。
同時に、心身の変化をそのままにせず、専門医を受診しましょう。
とくに無月経や生理不順の症状がある場合は、早期に治療しないと回復せずに、閉経してしまうことがあります。

若年性更年期の治療法には次のものがあります。

①エストロゲンなどのホルモン補充療法(HRT)
②漢方薬による症状の緩和
③注射やサプリメントによるプラセンタ療法
④食事療法やカウンセリングによって自律神経を整える

効果的な治療をするためには、症状は「早期閉経」によってなのか、卵巣の機能低下や自律神経の乱れによってなのかの判断が必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

若年性更年期障害女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 飲みやすい青汁9選!市販も含めたダイエットにも使える口コミランキング

  • ホルモンバランスの乱れを改善して、美しい女性へ♪

  • 活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

  • 知ってる?更年期障害と自律神経失調症って違う?同じ?

  • 更年期障害?耳鳴りやめまいがする時の対処法

  • 足・ふくらはぎのむくみを感じ始めたら《原因と解消対策》